トップ10
» 2007年03月06日 21時37分 公開

つくばエクスプレスとMSX/X68000の意外な関係Biz.ID Weekly Top10

ある日曜日の午後、つくばエクスプレスに乗車した。そこで分かった、往年の名機「MSX」「X68000」とつくばエクスプレスの意外な関係とは――。

[鷹木創,ITmedia]

 すっかり春めいて来た2月26日〜3月5日のBiz.ID Weekly Access Top10。首位は類語辞典の記事だった(2月26日の記事参照)。

 話は変わるが、先日とある用事でつくばエクスプレスに乗車し、終点つくば駅まであと数駅というところまで行った。乗っていて気付いたのだが、つくばエクスプレスには「流山セントラルパーク」「流山おおたかの森」「柏の葉キャンパス」など比較的長い駅名が多い。

 やわらかな陽光を浴びながら田園風景を走る車中、ぼんやりと車内案内版を見ていた。「次は○○駅」と表示するアレだ。案内板では「かな混じりの漢字」「カタカナ」「アルファベット」の3種類でナビゲーションを表示していたのだが、駅名が長いと2行に渡って表示したり、半角文字を使う場面があった。ちょっと驚いたのは、アルファベットやカタカナ以外に「ひらがな」の半角文字を表示していたことである。

ちょうど表示されたのは「流山おおたかの森」。「おおたかの」が半角だった
全角表示はこちら

 遠い昔に半角ひらがなを見たことがあるような、ないような――。自宅に帰って早速検索したところ、「機種依存文字劇場」というWebサイトを発見した。このサイトによると、なんとMSXとX68000に半角ひらがながあったという。

 道理でX68000ユーザーの筆者に見た記憶があるわけだと、しばし納得。つくばエクスプレスという最新の電車に乗って、MSXやX68000という往年の名機に思いを馳せた週末だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ