ニュース
» 2007年11月03日 08時40分 公開

Plaxo、OpenSocial対応の「公私別プロフィール」を発表

Pulseに、プライベート用と仕事用のプロフィールを使い分けできる新機能「dynamic profiles」が追加された。GoogleのOpenSocialに対応している。

[ITmedia]

 米Plaxoは11月2日、同社のSNS「Pulse」の新機能「dynamic profiles」を発表した。

 Pulseユーザーは仕事用とプライベート用で異なるプロフィールを作成できるようになる。写真や連絡先情報、コンテンツ、プライバシー設定も、それぞれ別なものを作成可能だ。

 PlaxoはGoogleのOpenSocialへの参加を表明しており、dynamic profilesにはOpenSocialのAPIで書かれたウィジェットを張り付けることができる。

関連キーワード

OpenSocial | SNS | API | ウィジェット


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ