ニュース
» 2008年06月10日 14時41分 公開

仕事耕具:読み返すための泣き顔ノート クオバディス「メモリエ」

真っ白なノートを前にしたら、かえって何も書けなくなってしまった――そんな経験はないだろうか。クオバディスのコンセプトノート「メモリエ」を使えば、あなたの日記も続くようになるかもしれない。

[杉本吏,ITmedia]

 真っ白なノートを前にしたら、かえって何も書けなくなってしまった――そんな経験はないだろうか。毎日の睡眠時間や食事、運動時間を記録しようとしても、数日のうちに書くのが面倒になってしまい、長続きしない。クオバディスのコンセプトノート「メモリエ」を使えば、こうした問題を解決できるかもしれない。

 メモリエは、全12色を揃えるソフトカバーノート。グリーンの「スポーツ&ヘルスブック」、ブルーグレーの「友だちノート」など、各色ごとにコンセプトが設定されている。カバーデザインだけでなく、中身のページデザインもそれぞれで異なっている。

カバー上部にはそれぞれのコンセプトを表すモチーフが型押しされている。写真(右)はつらかった出来事やチャレンジした経験を記録するノート「ペンヌ」

(左)「ペンヌ」のページデザイン。ただつらかったことだけを書くのではなく、「失敗から学んだこと」「ためになったアドバイス」などをまとめてほしいという(右)スポーツ&ヘルスブック「ランドネ」のページデザイン。運動した場所や時間、体重の推移などが書き込めるようになっている

 カバー上部にはそれぞれのコンセプトを表すモチーフが型押しされている。例えば、泣き顔のモチーフが採用されている「ペンヌ」は、つらかった出来事やチャレンジした経験を記録して、自分を振り返るためのノート。ページインデックス部分には鍵、浮き輪、子どもなどのアイコンが印刷されており、それぞれ「失敗から学んだこと」「ためになったアドバイス」「幼いころの記憶」などを書き込むためのページデザインになっている。

 黒いカバーに泣き顔のモチーフと、一見すると暗い内容ばかりを記録するノートではないかとも思えてしまうが、「つらかったときに友人から掛けられた温かい一言や、問題を乗り越えたきっかけなど、今の自分に活かせるような言葉」をまとめてほしいという。「書いたらそれで終わりではなく、何度も読み返してほしい。デスノートになるか自分を助けるノートになるかは書き方次第」(クオバディス・ジャパン)

 グリーンのカバーの「ランドネ」は、健康・運動・アウトドアをテーマに情報をまとめるノート。体重や体脂肪率の推移、運動した場所と時間などの記録を書き込み、健康管理に役立てるためのページデザインとなっている。単に数字や結果だけをまとめるのではなく、一緒に運動した人やそのときの心境なども併記するのが効果的な使い方だという。読み返したときに「そういえば、この日はこんなにランニングを頑張ったんだった。今日はこの日よりも1キロ長く走ろう!」などと、やる気を起こさせるような効果が期待できるからだ。

 「何でも書けるような真っ白のノートを前にすると、反対に何も書けなくなってしまうという人が多い」(クオバディス・ジャパン)。このノートでは健康管理、このノートでは週末の過ごし方、といったように、目的に合わせてノートを使い分けることで、自分の大切な“ライフスタイルノート”にしてほしいという。

 サイズは10.5×15.5センチで、ページ数は240ページ。ソフトカバーは合皮製で、カバー見返し部のポケットにはメモやレシート、名刺を収納できる。カバーと同系色のゴムバンド、ひもしおりが付属する。

製品名 カラー コンセプト 価格
ジョワ ホワイト 楽しいひと時の記録ダイアリー 3570円
ペンヌ ブラック チャレンジした経験やつらい出来事の記録ダイアリー
レーヴ ペールブルー 将来や未来への夢をつづるダイアリー
アンファン ベビーブルー 育児ダイアリー
アムール レッド ラブノート
アミ ブルーグレー 友達ノート
ウィークエンド カーキ 週末やオフタイムのプランノート
ヴォヤージュ ブルー トラベルブック
カルチャー ブラウン アート・カルチャーブック
キュイジーヌ オレンジ クッキングブック
ワイン ワイン ワインブック
ランドネ グリーン スポーツ&ヘルスブック

関連キーワード

ノート | デザイン | 健康 | メモ帳


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -