ニュース
» 2008年07月29日 11時07分 公開

3分LifeHacking:証明写真をキレイにカットする

うまくカットするのが難しい証明写真。そんな時はこの専用ツールを使って、証明写真を上下左右のズレなくカットしよう。

[kizuki,ITmedia]

 各種身分証明に使われる証明写真。1枚の台紙あたり5〜6枚ほど連なってプリントされるこの証明写真を指定サイズにあわせてカットするのは、意外に難しい作業だったりする。サイズにぴったり合わせてカットしたら上下左右にズレが生じてしまったり、上下左右をぴったり合わせてカットしたら今度はサイズが小さくなりすぎてしまったり。特に、履歴書に張るのが目的である場合、これが元で書類選考の印象が悪くなったらどうしよう……などと、余計な心配をしてしまったりするものだ。

「証明写真用フォトカッター」本体。これは30×40ミリ用

 こんな心配を解決してくれるのが、その名もズバリ「証明写真用フォトカッター」だ。これを使えば、金属の枠に証明写真の台紙を挟み、グリップをグッと握るだけで、上下左右にズレがない証明写真を切り抜くことができる。

 切り取った写真は角が丸まっており、カッターで真っ直ぐ切り落として角が尖ったままの写真と比べると、受ける雰囲気もどことなく柔和。台紙の厚さにもよるが、裏にあらかじめ両面テープを張ってからカットすれば、張る手間も省けるし、美しく張れるだろう。

証明写真を切り抜いているところ。台紙を挟んでグリップをグッと握るだけで、指定サイズでカットできるというスグレモノ。カットした写真は角が丸まっているなど、個人でカットしたとは思えない出来栄え

 製品はサイズ別に、履歴書用の30×24ミリ、免許証用の30×40ミリ、パスポート用の35×45ミリと3種類をラインアップ。コンセプトからしてそう頻繁に利用する製品ではないだろうが、例えば就職・転職時の履歴書のように短期間にまとまった枚数が必要となる場合であれば、手間と効果を考慮すると、個人で1台所有しておくもいいだろう。就職・転職活動を間近に控える方に、ぜひお勧めしたい一品である。

本日のレシピ
製品名 実売価格 購入元
証明写真用フォトカッター 3480円 アキバガレージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -