ニュース
» 2008年12月22日 17時00分 公開

デザインフィル、クラッチバッグにもなる革製書類ケース仕事耕具

デザインフィルは、革製の書類ケース「“knoxbrain”ドキュメントクラッチ」を発売する。折りたたんでクラッチバッグのように持ち歩いたり、A3書類を収納するケースにしたりと、シーンに応じて形を使い分けられる。

[杉本吏,ITmedia]

 デザインフィルは、革製の書類ケース「“knoxbrain”ドキュメントクラッチ」を、2009年1月20日に発売する。価格は、素材に山羊皮を使用した「エクスプローラ」が3万4650円、牛革を使用した「ステュワード」が3万1500円。

素材に山羊皮を使用した「エクスプローラ」(左)と、牛革の「ステュワード」(右)

 「“knoxbrain”ドキュメントクラッチ」は、革製の書類ケース。シボの入った山羊革を使用した「エクスプローラ」と、牛革につやのあるパール加工を施した「ステュワード」の2種類を用意する。外側と内側に計7つのポケットを備え、ペンケースや携帯電話なども整理して収納できる。

 本体を4つ折りにしてクラッチバッグのように持ち歩ける「クラッチスタイル」、A4サイズの書類を収納できる「ドキュメントケーススタイル」、側面のホックを外して、A3書類も収まる「フルオープンスタイル」の3つの形を、用途に応じて使い分けられる。

左から、クラッチスタイル、ドキュメントケーススタイル、フルオープンスタイル

 エクスプローラは、重さ400グラムでクラッチスタイル時の厚みは22ミリ。本体カラーはブラック/デザート/スキンの3色をそろえる。ステュワードは重さ440グラムで、厚みは20ミリ。本体カラーはブラック/ホワイト/アイスグレー/シャンパンゴールドの4色。

関連キーワード

書類 | デザイン | ペン | 文具


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ