ニュース
» 2009年05月07日 12時03分 公開

3分LifeHacking:応答なしアプリを簡単に強制終了する方法

Windowsユーザの方ならば「応答なしアプリケーション」という理不尽な局面に必ず直面したことがあるはず。いちいちタスクマネージャーから強制終了してもいいですが、もっと簡単な方法があります。

[The How-To Geek(訳:まいるす・ゑびす),ライフハッカー[日本版]]
ライフハッカー[日本版]

 Windowsユーザーの方ならば「応答なしアプリケーション」という理不尽な局面に必ず直面したことがあるかと思いますが、そんなときタスクマネージャーから強制終了しますよね? でもこんなに何度も使う機能ならばショートカットを作成してそれで強制終了する、って方法もありじゃないですか?

 HaxAttackブログに、「『応答なし』となってしまったアプリケーションを自動的に強制終了するバッチファイルの作成方法」が紹介されていますのでそれをご紹介!(Biz.ID編集部注:ただし、Windows XP Home Editionではtaskkill.exeがインストールされていないので使用できないようです)

 ちなみにバッチファイルでなくても直接のショートカットも作成出来ますよ。しかも超簡単。

 クイック強制終了を作成するには下記のロケーションへの新規ショートカットを作成するだけ。:

taskkill.exe /f /fi "status eq not responding"

 それが終わったらアイコンを変更したり、ショートカットキーをプロパティーダイアログにアサインしたりすればさらに便利。ホットキーで使いたい方はショートカットをデスクトップまたはスタートメニューに置いておくことをお忘れなく(Windowsのホットキーは、クイック起動からだと機能しません)。Thanks, Cyrus!

 ほかの選択肢としては「Task Killer」「ClickGone」や「Process Explorer」あたりのフリーアプリも探って見て下さいな。

copyright (c) mediagene Inc. All rights reserved.

注目のテーマ