ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  W

「Windows」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Windows→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows関連の質問をチェック

企業のChromebook導入が進む?
「ChromebookでWindowsアプリを使う」がソフトで実現 もうChromebookで十分?
GoogleとParallelsは、Chromebookの法人向けモデルでWindowsアプリケーションの利用を可能にする「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」を発表した。Chromebookの企業利用が広がるきっかけとなるのか。(2021/1/23)

Windowsの老舗エディタ「WZ Editor」、四半世紀を経てMacに移植 M1 Macにもネイティブ対応
WZ EditorがまさかのMac対応。しかもM1ネイティブ。(2021/1/22)

Apple製OS用プログラミング言語比較【中編】
いまさら聞けない「Swift」の基礎 Windowsアプリも作れるApple製オープン言語
Apple製OS用アプリケーションを開発可能なプログラミング言語として2014年に登場した「Swift」は、それまで主流だった「Objective-C」と何が違うのか。Swiftの特徴を整理する。(2021/1/22)

「Windows Insider Program」の基本【前編】
Windows 10プレビュー版が使える「Windows Insider Program」の利点と課題は?
「Windows Insider Program」は一般公開される前のWindowsプレビュー版を利用できるプログラムだ。これを利用することでどのようなメリットが期待でき、どのような潜在的な問題があるのか。(2021/1/22)

2021年のWindows【前編】
Windows 10のUI刷新が意味するMicrosoftの対アプリ開発者戦略
既知の通り、2021年のメジャーアップデートでWindows 10のユーザーインタフェースが刷新される。そこからアプリケーション開発者に対するMicrosoftの戦略を垣間見ることができる。(2021/1/22)

Tech TIPS:
エクスプローラーの「応答なし」がデスクトップ全体を道連れにしないようにする【Windows 10トラブル対策】
エクスプローラーが「応答なし」になると、デスクトップも反応しなくなってしまう。「応答なし」になることがあるなら、エクスプローラーをデスクトップと別プロセスで起動するようにすれば改善できる。その方法を解説しよう。(2021/1/21)

学校を襲うランサムウェア攻撃【中編】
学校を襲うランサムウェアはなぜ「Chromebook」よりも「Windows」を狙うのか
教育機関を狙ったランサムウェア攻撃の標的になりやすいのは、「Chromebook」や「iPad」よりも「Windows」デバイスだという。それはなぜなのか。(2021/1/21)

バッファロー、Windows Server IoT 2019 for Storage搭載法人向けNASに2ベイモデルを追加
バッファローは、Windows Server IoT 2019 for Storageを搭載した法人向けの2ベイNAS「WS5220DNS9」シリーズを発表した。(2021/1/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(177):
Microsoft公式ドキュメントに記された「Sconfig.exe」と「Scregedit.exe」の謎を追え!
前回は、Windows ServerのWindows Updateの設定に関して、「Sconfigサーバー構成ユーティリティー」について触れました。今回は、その調査中に見つけたMicrosoft公式ドキュメントの内容の謎を追います。(2021/1/20)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】無線LANの見える化で、「ネットが遅い」を解決
無線LANを利用してネットワークに接続していると、Webページの表示が遅くなることがある。インターネット回線やサーバ側に問題がある場合もあるが、無線LANの通信速度が落ちてしまっている可能性もある。無線LANを見える化して、通信速度が遅くならないように対策しよう。(2021/1/18)

「動かないWindows Update」の対処法【前編】
Windows 10で「Windows Update」が失敗したらまずやることは?
Windows 10を安全に使い続けるために不可欠な「Windows Update」は、予想外の問題を引き起こすことがある。問題を解決するためのシンプルな手順を紹介しよう。(2021/1/17)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】Windowsが遅い! その原因と対策「Windows Update」編
Windows 10の反応がなんだか鈍くなった、と感じることはないだろうか。いろいろな原因が考えられるが、Windows Updateによってバックグラウンドで更新プログラムがダウンロード、インストールされていることが原因となっていることがある。Windows Updateが原因でWindows 10が遅くなる場合の対処方法を紹介しよう。(2021/1/15)

「Windows」の主要パッチ管理ツール【第3回】
Windowsパッチ管理を効率化する「Patch Manager Plus」「PDQ Deploy」の基礎
「Windows」のパッチ管理の効率化や自動化に有効なサードパーティー製ツールとして、「Patch Manager Plus」と「PDQ Deploy」を紹介する。これらはどのようにしてパッチ管理作業を効率化するのか。(2021/1/13)

MSI、ビジネスノートPC「Prestige 14」にAmazon限定モデルを追加 Windows 10 Proを導入
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製ビジネスノートPC「Prestige 14」のバリエーション構成モデル「Prestige-14-A10SC-280JP」を発売する。(2021/1/12)

「Microsoft 365」による「Windows 7」延命策【後編】
「Microsoft 365」の“Windows 7延命”以外のメリットとは?
「Windows 7」を安全に利用する方法として「Microsoft 365」が提供する延長サポートがある。これは確かに組織にとってメリットだ。ただし当然ながらMicrosoft 365がもたらすものはそれだけではない。(2021/1/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(91):
2021年にサポートが終了するMicrosoft製品まとめ
前回(第90回)は、Windows 10とMicrosoft Office製品について、2021年以降のサポートライフサイクルを再確認しました。今回は視点を変えて、2021年内にサポートが終了するMicrosoftの製品/技術についてまとめます。(2021/1/12)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(3):
Microsoft TeamsをDXのハブに、ローコードツール連携など最新オススメ機能とは
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第3弾は、「新たなコラボレーション環境がもたらすDX」を見ていく。(2021/1/14)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDチップス編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)の賢い使い方は? マイクロソフトに聞く
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を使う際、仮想デスクトップにどうアクセスすればよいのか。他社製品との連携がもたらす利点とは。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。(2021/1/12)

CES 2021:
Lenovo、5面ディスプレイ表示可能なARメガネ「ThinkReality A3」を年内発売予定
Lenovoは、Windows PCと接続して仮想ディスプレイを最大5つまで表示できる法人向けARスマートグラス「ThinkReality A3」を発表した。(2021/1/11)

Windows 10時代のレジストリクリーニング【後編】
Windows 10向け「レジストリクリーナー」を使う利点と“落とし穴”とは?
「Windows」が動かなくなった場合のトラブルシューティング手段として、不要なレジストリを整理する「レジストリクリーナー」がある。そのメリットと注意点を整理しよう。(2021/1/11)

CES 2021:
Lenovoが軽量スマートグラス「ThinkReality A3」を発表 2021年半ばに発売予定
Lenovoが、軽量な新型スマートグラスを発表。Windows PCとつなぐバージョンと、Motorola製スマートフォンにつなぐバージョンが用意されるという。(2021/1/10)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(176):
Windows Updateの設定権限を「Sconfig」に取り戻せ(Windows Serverの話)
ある日、Windows Updateを「手動」に設定していたと思っていたWindows Serverの数台で「カスタム」になっていることに気が付きました。あらためて「手動」や他の設定に変更してみても「カスタム」のまま変わりません。一体どういうことでしょう。調査を開始します。(2021/1/7)

「Windows」の主要パッチ管理ツール【第2回】
Windowsパッチ管理ツール「Ivanti Security Controls」「Kaseya VSA」の基礎
「Windows」のパッチ管理作業を最適化するには、Microsoft純正の管理ツール以外にもサードパーティー製ツールが選択肢になる。本稿は「Ivanti Security Controls」と「Kaseya VSA」を紹介する。(2021/1/6)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDセキュリティ編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)のセキュリティ対策はどうする? マイクロソフトに聞く
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」のユーザー企業が取り得るセキュリティ対策とは何か。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。(2021/1/6)

Windowsフロントライン:
2021年のWindows 10を改めて見渡す
2020年は控えめなアップデートが続いたWindows 10だが、2021年は大きなトピックが控えている。まずは直近のバージョン別シェアから2021年のWindows 10を見ていこう。(2021/1/4)

Windows 10時代のレジストリクリーニング【中編】
“動かないWindows 10”を「レジストリクリーニング」で解消する
「Windows」のレジストリクリーニングは、遅くなったPCの改善効果はそれほど期待できないが、動かなくなったOSやアプリケーションのトラブルシューティング手段にはなる。どのような効果があるのか。(2021/1/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2021年のパソコンはどう進化する? 注目はやはりApple、Intel、Microsoftのプラットフォーム変革
2020年は、AppleがMac向けの独自プロセッサで圧倒的な「電力あたりのパフォーマンス」を見せつけ、Intelが新しいプラットフォームでWindowsノートPCのさらなる進化を促した。2021年もプラットフォームをまたいだ競争に注目が集まりそうだ。(2021/1/3)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年)
Windows 10フリーズの対処法は? 「Windows 10X」と普通のWindowsの違いは?
「システム運用管理」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/12/31)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年)
「Windows 10」を無料で安全にする方法は? ZoomなどのWeb会議の危険性とは?
「セキュリティ」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/12/31)

Windows 10時代のレジストリクリーニング【前編】
「“遅いWindows 10”をレジストリ掃除で解消」は危険なだけで無駄だった?
「Windows」のレジストリ編集は危険を伴うが、うまくクリーニングできれば遅くなったPCの動作を改善できる――。こうした考え方は、現在では必ずしも正しいとは言えないという。どういうことなのか。(2020/12/29)

「Microsoft 365」による「Windows 7」延命策【前編】
「Windows 7」を2023年1月まで安全に使う方法 いまさら聞けない「ESU」とは?
「Windows 7」の公式サポートは終了した。ただし「Microsoft 365」を契約すればWindows 7を安全に使い続けることが可能だという。どういうことなのか。(2020/12/28)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(90):
今使っているWindows/Officeは大丈夫? 2021年以降を見据えて、各バージョンのライフサイクルを再確認
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響を大きく受けた2020年も残すところあとわずか。その影響はどうやら2021年も続きそうです。企業はテレワーク導入の推進を求められたこともあって、企業クライアントPCの更新管理やシステム更改に大きな影響を受けたことでしょう。Windows 10とMicrosoft Office製品について、現時点でのサポートライフサイクルを再確認し、2021年以降の計画に生かしましょう。(2020/12/28)

Apple「T2」との比較も
Windows 10の新セキュリティ「Pluton」は有用か? 「Xbox One」にも搭載
Microsoftが発表した新セキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」は、攻撃者がPCを物理的に盗んだ場合でもデータを保護できるという。一方、この説明に対して疑問を抱く専門家もいる。(2020/12/26)

Tech TIPS:
【Windows 10】Ctrl+Vと間違えてCtrl+Cを押してクリップボードを消してしまったら
[Ctrl]+[C]キーを押した後に[Ctrl]+[V]キーを押すつもりで、また[Ctrl]+[C]キーを押してしまい、クリップボードの中身を失ってしまった……。そんな操作ミスは誰にでも経験があることだろう。こうした操作ミスをしてしまっても、簡単にリカバリーできる方法を紹介しよう。(2020/12/25)

用途に合わせ柔軟に対応:
PR:「わが社のWindowsサーバ」をどう選ぶ? 一人情シスの強い味方を探せ
数あるWindowsサーバをどのように選び、活用していくかは、スタートアップ企業や中小企業の「一人情報システム部門」にとって大きな課題だ。主にこのようなユーザーに対応している国際産業技術に、日頃どのようなサービスを展開しているのか聞いた。(2020/12/25)

Microsoftの「Flight Simulator」がVR対応に OculusやHTCのヘッドセットもサポート
飛行シミュレーションゲーム「Microsoft Flight Simulator」がアップデートで、VRヘッドセットに対応した。HTC Vive、Oculus、Windows Mixed RealityなどのSteamVR互換またはOpenXR準拠のヘッドセットをサポートする。(2020/12/23)

山市良のうぃんどうず日記(197):
Windows 10で面倒になった「Windows Update」のコントロールを取り戻す方法はあるのか?
Windows 10になってWindows Updateはコントロールが難しくなりました。Windows Updateのコントロールを取り戻す方法の一つに「Windows Update Agent API(WUA API)」を利用したスクリプト化があります。しかし、Windows 10で導入された新たな更新サービスの影響なのか、Windows 8.1以前と同じようにはいかないことも……。(2020/12/23)

CADニュース:
Azure基盤でSOLIDWORKS製品群を利用できるサービスを提供開始
大塚商会は、Windows Virtual Desktop基盤でSOLIDWORKS製品群を利用できる「CAD導入支援・構築サービスfor Windows Virtual Desktop」を発表した。製造業の設計部門のリモートワーク導入を支援する。(2020/12/23)

「Windows」の主要パッチ管理ツール【第1回】
Microsoft純正パッチ管理「MECM」「WSUS」の基礎 他社製との違いは?
Microsoftは「Windows」のパッチ管理ツールとして「MECM」(旧SCCM)や「WSUS」を提供している。両者はどのような機能を持つのだろうか。サードパーティー製ツールとの違いと併せて紹介する。(2020/12/23)

Web会議のエフェクトツール「mmhmm」、2021年春にWindows対応へ プライベートβ版を提供開始
米All TurtlesはWeb会議のエフェクトツール「mmhmm for Windows」のプライベートβ版の提供を始めた。(2020/12/22)

ドン・キホーテ、着脱キーボード付きで税別1万9800円のCeleron搭載Windowsタブレット
ドン・キホーテは、着脱式キーボードを付属したエントリー価格帯のWindowsタブレット「ジブン専用PC&タブレットU1C」を発売する。(2020/12/22)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVD概要編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)とは何なのか? マイクロソフトに聞く
日本マイクロソフトが提供する「Windows Virtual Desktop」とは、どのようなサービスなのか。読者からの質問と同社による回答を基に、Windows Virtual Desktopの基本的な情報をまとめた。(2020/12/22)

Microsoft、自社サーバやSurfaceシリーズ向けの独自プロセッサ開発か──Bloomberg報道
Microsoftが、Azureなどのクラウドサービス提供の自社サーバ向けにArmベースの独自プロセッサを開発しているとBloombergが報じた。オリジナルWindows端末「Surface」シリーズ向けプロセッサも開発している可能性があるとしている。(2020/12/21)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(74):
Windows Subsystem for Linux(WSL) 2入門 その導入からベンチマーク評価まで
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第74弾では、Windows 10上で互換性の高いLinux環境を実現する「Windows Subsystem for Linux(WSL) 2」に関する記事をまとめてお届けする。(2020/12/21)

OS仮想化ソフト「Parallels Desktop」がM1 Macに対応 Arm版Windows 10動作に意欲
M1 MacでWindowsを動かすための試みとして、Parallelsが仮想化ソフト提供を開始した。(2020/12/18)

Windows 10 Hyper-V入門:
Hyper-VでWindows 10をゲストOSにする場合の設定と落とし穴
アプリケーションのテスト目的などで、Windows 10上のHyper-Vで、ゲストOSとしてWindows 10を動かしたいというケースも多いのではないだろうか。インストール自体はそれほど難しくないのだが、意外な落とし穴もある。そこで、本稿ではWindows 10をゲストOSとする場合の注意点をまとめてみた。(2020/12/18)

クラウドやサーバの保護にも活用へ
いまさら聞けない「BitLocker」の基礎 単なるWindowsの暗号化機能ではない
「Windows」標準の暗号化機能として登場した「BitLocker」は、さまざまな場面で活用されている。BitLockerがどのような形で、どう機能するのかを確認しよう。(2020/12/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(130):
Azureポータルの“IEサポート”が2021年3月末で終了、その後はどうする?
最新のWebエクスペリエンスを得るには、「モダンブラウザ」と呼ばれる最新のWebブラウザを利用する必要があります。かつて、Windowsの標準ブラウザであった「Internet Explorer(IE)」はモダンブラウザではなく、IE非対応のWebサイトやサービスが多くなりました。Azureポータルもまた、2021年3月末でIEのサポートを終了します。(2020/12/17)

CPUレベルでWindowsセキュリティを再定義:
Microsoft、セキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」を発表
MicrosoftはAMD、Intel、Qualcomm Technologiesとともに、セキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」と、これに基づくWindowsセキュリティの新たなビジョンを発表した。TPMチップとCPUのやりとりを傍受するといった攻撃に対応する。(2020/12/16)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(175):
Windows 10 Homeだってできるもん――Homeエディションでも「できること/できないこと」まとめ
Windows 10は、ProやEnterpriseエディションにはあって、Homeエディションではサポートされない機能が幾つかあります。しかし、できることも増えてきました。今回は、ここ最近、Homeエディションでもできるようになったことを紹介します。ただし、これは2020年12月時点の話です。もし本稿を数年後に読んでいるのなら、できることがもっと増えているかもしれません。(2020/12/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。