ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  M

「Microsoft」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft」に関する情報が集まったページです。

Windowsフロントライン:
2020年代にMicrosoftとPCの世界はどう変化する?――オフデバイスやノーデバイスの世界
MicrosoftやWindowsの動向をウォッチする本連載だが、2020年代はどのような見通しになるのか。普段とは違った視点で、今後のMicrosoftを見ていこう。(2020/1/20)

Microsoft、2030年までに「カーボンネガティブ」になると宣言 10億ドルファンド設立
Microsoftが2030年までにカーボンネガティブ(排出するよりも多くの二酸化炭素を除去する)になり、2050年までに同社が創業以来排出してきた二酸化炭素をすべて除去するという目標を掲げた。関連技術開発のために向こう4年間で10億ドルを投じるファンドも設立した。(2020/1/17)

ソフトウェア開発者に朗報?
「Microsoft Teams」がLinuxで利用可能に 背景には「Slack」との競争
Microsoftは「Microsoft Teams」のLinux版の提供を開始した。昔は競合するソフトウェアやOSに対して排他的な傾向にあった同社が、LinuxユーザーにTeamsを提供するのはなぜなのか。(2020/1/17)

Chromium版新「Microsoft Edge」ロールアウト中 ダウンロードも可
MicrosoftがChromiumベースの新しいWebブラウザ「Microsoft Edge 79 stable」を公開した。Windows 10版はすぐにダウンロードすることも可能。向こう数カ月をかけてロールアウトしていく。(2020/1/16)

2020年4月に1.0版を予定:
Microsoft、「Windows Terminal Preview v0.8」を公開
Microsoftは、ターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.8」を公開した。オープンオースソフトウェアとして利用できる。今回は検索機能を追加し、設定やUIにも改良を施した。(2020/1/16)

2020年2月に正式リリース予定:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 3.8」のβ版を公開
Microsoftは「TypeScript 3.8」のβ版を公開した。TypeScript 3.8は、ECMAScript規格の新機能や強化機能に加え、型のみのインポート/エクスポートのための新構文など、多くの新機能を提供する。(2020/1/15)

Oracle EPM Cloudで損益表作成が10日間から2時間に ビームスが「脱・表計算」
セレクトショップ「BEAMS」を展開するビームスホールディングスは、Oracleのクラウド型経営管理ソリューションを導入し、店舗と事業部の損益表作成業務を効率化して、早期開示を実現。経営層や事業本部長に精緻な経営指標をタイムリーに報告できるようになった。(2020/1/15)

Microsoft、NSAが報告した危険度1の脆弱性修正を含む月例セキュリティ更新プログラムを公開
Microsoftが1月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。米国家安全保障局(NSA)が報告した暗号化を悪用する危険度1の脆弱性修正を含む。(2020/1/15)

Windows 7、きょうサポート終了 いまだに1400万台のPCが稼働中
米Microsoftは1月14日、「Windows 7」のサポートを終了する。同社はWindows 10への移行を勧めているが、日本国内ではいまだに約1400万台のWindows 7搭載PCが稼働していると推測されるという。(2020/1/14)

Weekly Memo:
ソフトウェアベンダー大手4社の動向にみるエンタープライズIT市場の行方
2020年、エンタープライズIT市場はどう動くか。Microsoft、Oracle、SAP、Salesforce.comのソフトウェアベンダー大手4社の動向から、同市場の行方を筆者なりの視点で探ってみたい。(2020/1/14)

Microsoft Focus:
“MaaS”に“RaaS”に“BaaS”が登場 MSが成果を上げるクラウド推進の体制とは
日本マイクロソフトのインダストリー別専門組織体制は、クラウド事業の推進において重要な役割を担っている。どのような役割で、どのような成果をあげているのだろうか。(2020/1/15)

「ITアセットの把握」はデジタルトランスフォーメーションの前提:
PR:日本企業が「自社にどんなITが存在するのか分からない。ITで何をしたらいいのか分からない」4つの原因
デジタルトランスフォーメーションの取り組みが進む中、自社のIT環境をどう可視化するかがあらためて課題になっている。ハイブリッドクラウド/マルチクラウドの進展で、IT環境はますます複雑化している。従来のIT資産管理ツールやITアセスメントでは十分に対応できないケースが増えているのだ。そのような中、日本マイクロソフトが提案するのが“ITの人間ドック”となるプログラムだ。(2020/1/14)

クラウド専門のバックアップ対策とは
Office 365の落とし穴「ユーザーデータの消失」 防ぐためには何が必要?
「Microsoft Office 365」などのクラウドサービスは非常に便利だが、ファイル共有や管理の仕方が従来と異なることで思わぬところでデータ消失の可能性がある。クラウド時代に必要な「しかるべきデータ保護の対策」とは何だろうか。(2020/1/14)

Microsoft Teamsで民事訴訟事件の争点整理 2020年2月から裁判所に順次導入
民事訴訟手続きをIT化する取り組みに「Microsoft Teams」が採用された。TeamsのWeb会議機能によって裁判所だけでなく、弁護士事務所などからでも争点整理に参加できる。Teamsの画面共有を利用して、関係者全員が書面や図面の同じところを見ながら協議できる。(2020/1/10)

「Microsoft Teams」にトランシーバーやSMSサインインなどの新機能
Microsoftのチームコラボレーションサービス「Teams」にトランシーバー機能が追加される。この他、共有端末の1タップログアウトやSMSサインインなど、主に店員やフィールドサービスなどの従業員向けの機能が上半期中に利用可能になる見込みだ。(2020/1/10)

日本マイクロソフト、障害者でも自由にゲームを楽しめるカスタマイズ対応コントローラー
日本マイクロソフトは、任意のスイッチ接続やボタン割り当て機能を利用できるカスタマイズ対応ゲームコントローラー「Xbox Adaptive Controller」を発売した。(2020/1/9)

東京地裁など、民事訴訟の争点整理に「Microsoft Teams」活用 意思疎通を円滑化、裁判の期間短縮へ
日本マイクロソフトが、複数の裁判所に「Microsoft Teams」を提供する。関係各所の意思疎通の円滑化と、裁判の期間短縮を目指す。提供先は、知的財産高等裁判所、東京地方裁判所、大阪地方裁判所など14カ所。(2020/1/9)

Windows 10 The Latest:
開発が進む「Windows Terminal」、タブ内の複数ペイン分割や日本語IMEの利用も可能に
Microsoftが開発中のターミナルソフトウェア「Windows Terminal」の現在の状況を解説する。正式リリースが近づいており、タブ内を複数ペインに分割したり、日本語IMEの利用が可能になったりしている。(2020/1/9)

製造マネジメントニュース:
NTTとMicrosoft、新たなデジタルソリューションで戦略的提携
Microsoftと日本電信電話は、ユーザーのデジタルトランスフォーメーションを推進する新たなデジタルソリューションの提供に向けた戦略的提携に合意した。ICTインフラやクラウド、AIなど両社の強みを融合させる。(2020/1/9)

Surface Pro X、14日に発売 今日から予約受付 LTE常時接続に対応した2in1
日本マイクロソフトは、LTE常時接続に対応した2in1スタイルのノートPC「Surface Pro X」と対応アクセサリーを14日に発売すると発表した。(2020/1/7)

予約も受け付け開始:
「Surface Pro X」の日本発売は1月14日 約13万円(税別)から
Qualcommと共同開発された独自プロセッサ「Microsoft SQ1」を搭載するSurface Pro Xの国内発売日が決定。販売予約も受け付け始めた。一般(個人)向けモデルの参考価格は、税別で約13万円からとなる。(2020/1/7)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:CIOを待ち受ける罠
CIOを待ち受ける数々の落とし穴に着目。新任CIOがやりがちな4つの失敗、ハイパーコンバージドインフラ導入にまつわる失敗にCIOはどう対処すべきか。他にMicrosoftが語る機械学習の懸念点、SD-WANの理想的な事例、コラボツール導入成功の見極め方などの記事をお届けする。(2020/1/7)

Windowsフロントライン:
2020年のMicrosoftとWindowsは何が変わる?
さまざまな大型イベントが交錯する2020年が幕を開けた。MicrosoftとWindowsを巡る事情はどのような変貌を遂げるのだろうか。(2020/1/6)

「Windows 7のアプリやマクロの99%は動く」:
Windows 7のサポート終了まで残り1週間、日本マイクロソフトがWindows 10への移行を改めて訴求
Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了する。日本マイクロソフトは同社の公式ブログで、Windows 10への移行を改めて促した。(2020/1/6)

Tech TIPS:
【Windows 10】「付箋」アプリで予定忘れを防ぐ
Windows 10に標準装備されている「付箋」アプリを使うと、備忘録などをデスクトップに表示しておける。Microsoftアカウントでサインインすれば、スマートフォンと同期することも可能だ。その使い方を紹介しよう。(2020/1/6)

CES 2020:
LenovoがB2B向けスマートディスプレイ「ThinkSmart View」を発表 PCレスでMicrosoft Teamsが使える
Lenovoのオンライン会議システム「ThinkSmart」に、スマートディスプレイタイプの製品が登場。机の上に置くだけで、PCレスで「Microsoft Teams」を使えるという。(2020/1/4)

「Windows Server 2008」のサポート終了 「Azure」への移行はアリか?【後編】
Windows Server 2008の延命策に「Azureへの移行」を選ぶ際の注意点とは?
Microsoftは「Windows Server 2008」のサポートを2020年1月に終了するが、「Azure」に移行したユーザー企業に対して追加のサポートを無償で提供する。ただし考慮すべき点もある。(2019/12/31)

それぞれどのような機能があるのか、どのくらい使われているのか
「Microsoft Teams」のユーザーが2000万人を突破、「Slack」の対抗策は?
「Office 365」の2億人のユーザーの間で、「Microsoft Teams」の利用が増え続ける見通しだ。競合の「Slack」もシェアを拡大すべく、機能の追加やUIの改善を進めている。(2019/12/30)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(18):
そう来たかMicrosoft……! 全く楽じゃないWin 7拡張サポートと混迷のWin 10アップデート最前線を解説
Windows 7拡張サポートが間近に迫る中、Win 10へ思い切って移行するか、それとも拡張サポートを活用するか迷っている企業もあるのではないでしょうか。今回は、どちらを選んだとしても見ておくべき話題を3つお届けします。(2019/12/27)

Tech TIPS:
コアエンジンが一新される新版Edgeへの自動更新をブロックする
2020年1月のWindows Updateで、新しいGoogle Chrome互換(Chromium版)のMicrosoft Edgeの配信が開始される。Windows Updateにより、自動的に更新されると、互換性の問題などから混乱が生じる可能性もある。そこで、Windows Updateによる意図しない自動更新をブロックする方法を紹介する。(2019/12/27)

Innovative Tech:
文字列を移動させ手書きメモを挿入 Microsoftなど「SpaceInk」開発
これからの電子校正は変わるかもしれない。MSなどが新しいアプローチを編み出した。(2019/12/29)

Microsoft Focus:
高まらない中堅・中小企業のIT活用意欲、DXを後押しするMSの3施策
日本マイクロソフトは、中堅・中小企業やスタートアップ企業のDXを3つの施策から支援する。どのような支援なのだろうか。(2019/12/26)

Windows 10 The Latest:
Windows 10をより使いやすくするMicrosoft製ツール「PowerToys」とは
Microsoftがオープンソースで開発しているユーティリティーソフトウェア「PowerToys」。Aero Snapよりも柔軟なウィンドウ配置を可能にする「FancyZones」など便利なツールが提供されている。この便利なツール群について解説する。(2019/12/26)

Innovative Tech:
文書画像のゆがみや明るさ、深層学習で補正 香港科技大学やMicrosoftなど開発
読み取りにくい書類を正しい姿に戻す技術が開発された。OfficeLensに採用されるとスキャンがはかどりそうだ。(2019/12/27)

国内では1492万台が稼働中:
日本マイクロソフトがWindows 7のサポート終了3週間を前に改めてWindows 10への移行を呼びかけ
2020年1月14日にサポートが終了するWindows 7に対し、日本マイクロソフトが改めてWindows 10への移行を強く呼びかけている。(2019/12/25)

ベンダーごとに異なるハードウェアの管理も統合できる:
PR:増え続ける管理ツール地獄を劇的に改善――無料で、軽くて、操作がシンプルで、そしてハイブリッドクラウドの管理もできる新しいWindows Server管理ツール「Windows Admin Center」
2019年11月に米国フロリダ州オーランドで開催されたテクニカルカンファレンス「Microsoft Ignite 2019」では「Windows Admin Center」の最新版が発表された。華々しい最新機能がラインアップされたクラウドの発表の陰に隠れているようにも見えるが、Windows Server管理者にとっての大きな進化がそこにはあったといわれている。そこで、Windows Admin Centerとはそもそも何か、どのようなメリットをユーザーにもたらすのか。日本マイクロソフトの高添修氏に話を聞いた。(2019/12/24)

オンプレミスの考え方を脱却
日本マイクロソフト、ヴイエムウェア、JBCC3社によるクラウドの相乗効果
情報漏えい対策の一環として、仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入を検討する企業は少なくない。だが、想定以上に利用が増えてキャパシティーを超え、“使えない”VDIになってしまう残念なケースもある。解決の鍵とは。(2019/12/25)

京都信用金庫が情報系システムをAzureに移行、日立がシステム構築
京都信用金庫は、情報系システムをMicrosoft Azureのクラウド環境に全面移行させる。日立製作所がシステムを構築する。西日本リージョンにシステムを構築し、東日本リージョンにバックアップデータを保管する。(2019/12/24)

Microsoft Teamsに勝てるか
Slackがパートナー戦略でMicrosoftやCiscoに攻勢 大企業での利用は広がるか?
Slack Technologiesは「Slackサービスパートナープログラム」を開始し、さまざまな導入・活用支援サービスを提供する。アナリストは「パートナーエコシステムは長期的な存続に不可欠」と評価する。(2019/12/24)

Facebook、OculusやARメガネ用独自OS開発か?──米報道
Facebookが、Oculusのヘッドセットや開発中のARメガネ用独自OSを開発していると、米The Informationが報じた。Microsoftで「Windows NT」を開発し、2017年にOculus入りしたマーク・ルコフスキー氏が手掛けている。(2019/12/20)

BEMS:
鹿島とMS、建物管理プラットフォーム「鹿島スマートBM」を提供開始
鹿島建設、鹿島建物、日本マイクロソフトによる建物管理プラットフォーム「鹿島スマートBM」が提供開始。空調や照明、室内環境、エネルギー消費量など、建物データをAIで分析することで、機器の異常や設備の最適調整、維持費の削減などが可能となる。(2019/12/20)

KubeCon+CloudNativeCon North America 2019報告(3):
「マイクロサービスアプリ構築を容易にする」、Microsoftが始めたOSSプロジェクト「Dapr」について、生みの親に聞いた
Microsoftは2019年10月、マイクロサービスアプリケーションの開発を容易にするオープンソースソフトウェアのプロジェクト、「Dapr(Distributed Application Runtime)」を開始した。その「生みの親」であるルーク・キム(Luke Kim)氏とヤーロン・シュナイダー(Yaron Schneider)氏に、2019年11月開催のKubeCon+CloudNativeCon North America 2019で聞いた。(2019/12/19)

ハイブリッドクラウドが向かう先【後編】
Microsoft、AWS、Google、VMware、IBMがハイブリッドクラウドで狙うもの
Microsoftはハイブリッドクラウド環境を構築する製品として2017年に「Azure Stack」を投入した。そして2019年、「Azure Arc」を発表した。同社の動きが意味するものとは。(2019/12/19)

「セキュアコンテナ」で安全性を確保
IEやEdgeのセキュリティ機能「Application Guard」のOffice 365版はどうなる?
Microsoftは「Internet Explorer」「Microsoft Edge」向けに提供しているセキュリティ機能「Microsoft Defender Application Guard」と同様の機能を、「Office 365」向けにも提供する計画だ。その詳細とは。(2019/12/19)

Chromium版「Microsoft Edge」は自動更新で配信(ブロック方法あり)
Microsoftが2020年1月15日に配信予定のChormium版新Webブラウザ「Microsoft Edge」は、Windows 10のバージョン1803以降を搭載する端末には自動配信されることが同社のドキュメントで分かった。(2019/12/18)

それでも進まぬIT活用:
ITの魅力、もっと知って! 3年間かけて中小企業1万社を直接訪問へ 企業DXの後押しに注力する日本MS
日本MSが中堅中小企業へのDX推進支援に関する発表会を開催した。中堅中小企業の働き方改革を進めるため、東京商工会議所とタッグを組み、3年間で1万社へIT導入を啓蒙していく。日本MSはその他、データ活用支援やスタートアップ支援にも注力していく。(2019/12/18)

「R 4.0.0」は参照カウントシステムを導入:
統計処理言語「R」の最新版が公開、次期「R 4.0.0」版の主な新機能も明らかに
Microsoftは、オープンソースの統計処理言語の最新版「R 3.6.2」の公開と、次期メジャーバージョン「R 4.0.0」の主な新機能について、同社のRコミュニティーブログで紹介した。(2019/12/18)

Genesys新CEOが語る:
「パーソナライゼーション」は「ターゲティング」とどう違うのか?
Cisco Systems、Skype、Microsoftで要職を歴任し、2019年5月にGenesysのCEOに就任したトニー・ベイツ氏が来日。記者向けのイベントでGenesysの現状と2020年に向けた戦略を語った。(2019/12/17)

中小企業のIT活用「発火点に達していない」 東商が「Office 365」「マネーフォワード」試用版など提供
東京商工会議所が、日本マイクロソフトなど8社と提携し、会員企業向けにクラウドサービスなどを無償提供する取り組みを始めた。(2019/12/17)

検索機能やカーソルなどを改良:
Microsoft、「Visual Studio Code」の「November 2019」リリースを公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「November 2019」リリース(バージョン1.41)を公開した。検索機能やカーソルなどを改善した。(2019/12/17)

システム管理は新たなステージへ:
PR:MicrosoftのWindows管理ソリューション“Windows Admin Center”とデル テクノロジーズの”OpenManageシステム管理ソリューション”で実現するクラウド時代のWindows Serverの新たな管理手法とは
サーバプラットフォームの変化は運用管理を変化させる。だが、サーバ管理者は既存のノウハウや知見を生かせずに負荷ばかり増えてしまう――。そんな中、登場したMicrosoftの新しいWindowsの管理ツール「Windows Admin Center」は、従来通りの運用管理機能を提供しつつ、新しい技術/サービスを活用する機能も搭載。デル テクノロジーズの「PowerEdge」サーバおよび同社が提供するシステム管理ソリューション「OpenManage」を組み合わせれば、ハードウェアからソフトウェアまで統合的な運用管理を実現できる。(2019/12/19)

山口フィナンシャルがAzure上に統合データベース構築、傘下の地銀の顧客情報活用へ
山口フィナンシャルグループが、「Microsoft Azure」に統合データベースを構築した。勘定系と情報系システムの顧客データを集約し、データ分析に関する知見やノウハウと統合データベースを組み合わせて、地域の中堅・中小企業のDX推進を加速する。(2019/12/16)

Windowsフロントライン:
Microsoft TeamsとSlackは舌戦で火花を散らす
SlackとMicrosoft Teamsの舌戦が激しさを増している。これまでの経緯とこれからをまとめてみた。(2019/12/16)

専門家は脆弱性を指摘
TwitterやFacebookがユーザーの電話番号を広告に利用 SMSでの二要素認証に懸念
Twitterは、二要素認証(2FA)用の電話番号を、ユーザーの許諾なしにターゲティング広告に使用していたことを明らかにした。Facebookでも明らかになった電話番号の広告利用。その影響とは。(2019/12/14)

Xboxの次世代機「Series X」発表 20年のホリデーシーズンに発売
米Microsoftが「Xbox」の新モデル「Xbox Series X」を発表した。2020年のホリデーシーズンにリリースする予定。(2019/12/13)

日本マイクロソフトが「Azure Red Hat OpenShift」の一般提供開始、東日本リージョンで
日本マイクロソフトは、「Azure Red Hat OpenShift」の一般提供を、Microsoft Azureの東日本リージョンで開始する。レッドハットとマイクロソフトが共同で、サービス管理や技術サポートを提供する。(2019/12/13)

なりすましSMS対策に「認証バッジ」 Google、Android向け新機能を発表
9カ国を対象に、メッセージを送信しているのが正規の企業かどうかを受信した相手が確認できる機能や、迷惑メッセージに警告を出す機能を提供開始する。(2019/12/13)

Tech TIPS:
【Windows 10】現在使用しているユーザーアカウント名を変更する方法
すでに設定されているWindows 10のアカウント名(ユーザー名)を変更する方法を紹介する。ただし、Microsoftアカウントでサインインしている場合は、アカウント名の変更が難しい。また、アカウント名は変更できるが、ユーザーフォルダ名は変更できないので注意してほしい。(2019/12/13)

「Azure SQL Data Warehouse」が刷新
Microsoftの「Azure Synapse Analytics」とは? BIや機械学習をより身近に
Microsoftが新たに発表したクラウドサービス「Azure Synapse Analytics」は、BIと機械学習のメリットをより容易に得られるようにする。現在はプレビュー段階にある同サービスの特徴を解説する。(2019/12/13)

「Azure Red Hat OpenShift」も同日に発表:
レッドハットがOpenShiftマネージドサービスで、日本独自のパートナープログラムを発表
レッドハットは、マネージドサービスを提供する企業を対象とした日本独自のパートナープログラム「Red Hat Managed Practice Program」を発表した。また、日本マイクロソフトはこれに合わせ「Azure Red Hat OpenShift」を提供開始すると発表した。(2019/12/12)

「Windows 10 Mobile」予定通りサポート終了
Microsoftが12月10日、「Windows 10 Mobile」のサポートを予告通り終了した。2003年6月に「Windows Mobile 2003 Software for Pocket PCs」として登場したMicrosoftのモバイル向けOSは、これで終了することになる。(2019/12/12)

ハイブリッドクラウドが向かう先【前編】
Microsoftの「Azure Arc」は「Anthos」や「AWS Outposts」と何が違うのか?
Microsoftは「Azure Arc」の投入でハイブリッドクラウド分野をより強化する狙いだ。Azure Arcとは具体的にどのようなサービスで、競合ベンダーのハイブリッドクラウド製品/サービスと何が違うのだろうか。(2019/12/12)

EDRだけじゃない、Microsoft Defender ATP を使い倒すための近道:
PR:Microsoft Defender ATP による脆弱性管理と Microsoft 365 E5 との連携により一層広がる活用の幅をご紹介
本稿では、インシデントレスポンスに必要な機能の一つである「Endpoint Detection and Response(EDR)」の機能を統合的に管理、運用できる「Microsoft Defender Advanced Threat Protection(Microsoft Defender ATP)」による脆弱性管理と「Microsoft 365 E5」との連携による活用方法を紹介します。(2019/12/13)

パスワードリスト攻撃に弱い:
Microsoft、流出済みのパスワードを使用する4400万以上の同社ユーザーを発見
Microsoftは、パスワードを再利用することで被る「パスワードリスト攻撃」について、自社のサービスを利用しているユーザーを対象に調査した。その結果、4400万件ものアカウントがパスワードを再利用していたことが分かった。毎年同社が発表する「Microsoft Security Intelligence Report」を補完する内容だ。(2019/12/11)

Linux版「Microsoft Teams」のパブリックプレビュー公開
Microsoftが、「Office 365」のチームコラボレーションのハブである「Microsoft Teams」のLinux版をパブリックプレビューとして公開した。.debおよび.rpm形式のネイティブLinuxパッケージをダウンロードできる。(2019/12/11)

Microsoftの月例セキュリティ更新プログラム公開、既に悪用の脆弱性も
今回の更新プログラムでは計36件の脆弱性が修正された。このうち7件は「緊急」に分類されている。(2019/12/11)

サプライチェーンの保護、パスワードの終結、AIの悪用――2020年のセキュリティトレンドとは
マイクロソフトは、サイバーセキュリティ業界に関する2020年の主要トレンドを発表した。近年のサイバー攻撃にはAIが活用されており、従来型のシグネチャに基づくアンチウイルス検知機能を回避してしまうことなどが述べられている。(2019/12/10)

Microsoft、「Wunderlist」を2020年5月6日にシャットダウン
Microsoftが、2017年に予告していたタスク管理アプリ「Wunderlist」のシャットダウンを2020年5月6日に実施すると発表した。ユーザーにはそれまでに「Microsoft To Do」に移行するよう勧めている。(2019/12/10)

Weekly Memo:
日本マイクロソフトはDXについてビジネスリーダーに何を訴えたか
日本マイクロソフトがビジネスリーダー向けにDXをテーマにしたイベントを開いた。テクノロジーベンダーの同社が、ビジネスリーダーに果たして何を訴えたのか。(2019/12/9)

Microsoft、モバイル版OfficeアプリでのFluentとFluid採用を発表
Microsoftが、Outlook、OneDrive、Word、Excel、PowerPointのモバイルアプリで、同社のデザインシステム「Fluent Design System」と共同作業向けフレームワーク「Fluid Framework」を採用したと発表した。(2019/12/6)

AI分析で建物管理を最適化する「鹿島スマートBM」 省エネルギー化や故障の早期検知も支援――鹿島建設が提供開始
鹿島建設、鹿島建物総合管理は、日本マイクロソフトとの協業のもと、AIを活用した建物管理プラットフォーム「鹿島スマートBM」の提供を開始した。建物の稼働状況に関するデータをAIで分析し、運用管理を最適化する。設備の最適な調整、省エネルギー化、異常の早期検知などを支援する。(2019/12/6)

法人向け端末をサブスクリプション化する「DaaS」、菱洋エレクトロが2020年春に提供開始
菱洋エレクトロは、企業で使う端末やソフトウェアをサブスクリプション形態で提供するDaaS(Device as a Service)を発表した。高性能プロセッサ、OS、Microsoft 365、業務支援サービスを含めてPCをカスタマイズして提供し、機器の導入から運用支援、保守までをトータルでサポートする。(2019/12/5)

SlackのDAUが1200万人以上に 売上高は60%増の1億8610万ドル
Slackの8〜10月期決算は、売上高は60%増の1億8610万ドル、純損失は8777万ドルだった。DAUは1200万人以上になったが、競合するMicrosoft TeamsのDAUは11月時点で2000万人だ。(2019/12/5)

Windowsフロントライン:
Windows 10Xのリリース時期は? 最新事情と「Windows 10 2004」の謎を探る
今回は、Microsoftが2020年に発売を予定している2画面デバイス「Surface Neo」に採用されるOS「Windows 10X」を巡る最新情報と、Windows 10の命名ルールについてチェックする。(2019/12/5)

AWSやMicrosoftも支援する「最も愛される言語」
プログラミング言語「Rust」が「C」「C++」の後継になるこれだけの根拠
Amazon Web Services(AWS)がプログラミング言語「Rust」をシステム開発言語として採用し、支援に乗り出した。MicrosoftもRustを「C」「C++」の代替言語と見なすことを表明し、注目が集まっている。(2019/12/5)

リアルタイムの自動音声認識サービスも:
Microsoft製品のサポート終了対応や機械学習など、多様な製品サービスをAWSが発表
Amazon Web Services(AWS)は米ラスベガス市で開催中の「AWS re:Invent 2019」で、多数の新しい製品やサービス、機能の提供を開始することを発表した。新製品のプレビュー版の紹介もある。(2019/12/4)

IIFES2019:
月8万円で始めるエッジコンピューティング、MSがクラウド連携端末を国内初披露
日本マイクロソフトは「IIFES2019」(2019年11月27〜29日、東京ビッグサイト)において、AI対応のエッジコンピューティングデバイスである「Azure Stack Edge」を日本の展示会で初展示した。(2019/12/4)

「HoloLens 2」でコールセンターの働き方改革 製品を3D化、客の「使い方教えて」に自宅から対応
日本マイクロソフトなど4社が「HoloLens 2」を活用してコールセンター業務を支援する実証実験を開始。製品を3Dオブジェクト化して表示し、オペレーターが社外から内容を確認できるようにする。自宅などからの顧客対応を実現し、働き方の柔軟性を高める狙い。(2019/12/3)

Facebookに投稿した写真と動画をGoogleフォトに転送するツール、来年世界で提供へ
昨年Google、Microsoft、Twitterとともに「Data Transfer Project」(DTP)を立ち上げたFacebookが、ユーザーがFacebookに投稿した写真と動画をGoogleフォトに転送するツールを発表。2020年前半には世界中で利用できるようにする計画だ。(2019/12/3)

Windowsフロントライン:
Chromium EdgeとWindows on ARMの最新情報を整理する
正式版のリリースが迫るMicrosoftの「Chromium Edge」だが、動き出したChromium Edge on Arm、今後注目が集まるであろうx64アプリケーションのArmエミュレーションといった話題の最新動向をまとめた。(2019/12/2)

ペイン表示やタブ並べ替えが可能に:
Microsoft、「Windows Terminal Preview v0.7」を公開
Microsoftは、オープンソースターミナルアプリケーションの最新プレビュー版「Windows Terminal Preview v0.7」を公開した。今回はウィンドウのペイン分割機能などを追加した。(2019/11/29)

「モダンPC」って何? どこがすごい? マイクロソフトやPCメーカーが語る
最近「モダンPC」という言葉をよく耳にする。しかし、それが何なのか分からない人も多いと思う。それを踏まえてか、日本マイクロソフトが報道関係者向けにモダンPCの説明会を開催した。(2019/11/28)

Outlook.comがPWAに 次期「Microsoft Edge」でもインストール可能に
MicrosoftがWebメール「Outlook.com」をPWA(Progressive Web Apps)に対応させた。ChromeブラウザでOutlookのWebアプリをデスクトップにインストールできる。来年1月15日リリースのChromium採用Edgeでも利用できるようになる見込みだ。(2019/11/28)

進化を続けるマルウェア、巧妙な潜伏の手口と対処の経緯をMicrosoftが報告
2018年10月ごろから大規模感染が起きた仮想通貨採掘マルウェアの「Dexphot」について、Microsoftが潜伏の手口と対処の経緯を報告した。「日常的な脅威がどれほど複雑に進化しているかを物語る実例」と位置付けている。(2019/11/27)

まずはダラスで提供開始:
AT&T、5Gネットワークエッジ拠点でAzureサービスの顧客向け提供を始めると発表
AT&TとMicrosoftは2019年11月26日(米国時間)、AT&Tの5Gエッジコンピューティング拠点におけるMicrosoft Azureサービスの提供を開始すると発表した。両社は2019年7月、5G関連を含む包括的な提携を発表していたが、Azureを採用したネットワークエッジコンピューティングサービスの提供を具体的に発表したのは今回が初めて。(2019/11/27)

ティム・バーナーズ=リー氏、Webの“誤用”を阻止する「Contract for Web」発表 Google、Facebookらがサポート
“Webの父”、サー・ティム・バーナーズ=リー氏が、政府や企業によるWebの誤用を阻止するための「Contract for Web」を発表した。9原則から成るこの契約の作成には、GoogleやMicrosoftが協力し、FacebookやTwitterもサポーターに名を連ねる。(2019/11/26)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(62):
Officeの更新に起因するトラブル、緊急時の回避策まとめ
今回はWindows 10ではなく、Microsoft Officeの更新管理に関係する話です。Windowsの場合、毎月の品質更新プログラムや年に2回の機能更新プログラムで問題が発生すれば、更新プログラムのアンインストールや以前のバージョンへのロールバックで一時的に対処できます。しかし、Officeの更新で問題が発生した場合は、そう簡単にはいきません。(2019/11/26)

AWS、IBM、Oracle、Google、Microsoftが受注でしのぎ
米国防総省はなぜ「AWS」ではなく「Azure」を選んだのか 100億ドルのJEDI契約
米国防総省は、クラウドプロジェクト「JEDI」の契約先として、本命視されていたAWSではなく、Microsoftを選定した。その背景には何があったのか。(2019/11/26)

RC版前の最終プレビュー版:
Microsoft、「PowerShell 7 Preview 6」を公開
Microsoftは、「PowerShell 7 Preview 6」を公開した。Webコマンドレットのエラーチェックスキップや変数のNullチェックのスキップなど、多くの新機能を追加した。(2019/11/26)

Twitchの人気プロゲーマーがまた1人拠点移動 今度は「Facebook Gaming」へ
ゲーム実況サービスTwitchの人気ゲーマー「Ninja」が8月にMicrosoftのMixerに拠点を移して話題になった。今度は「Disguised Toast」がFacebook Gamingに移った。「あらゆるプラットフォームからオファーを受けた」が可能性を買ってFacebookを選んだと語っている。(2019/11/25)

製造業DX:
PR:マイクロソフトの製造業担当トップが強調する、DX4つの論点とその前提にあるもの
製造業向けのデジタルトランスフォーメーション支援に力を入れるマイクロソフト。製造業がDXを進める上で重要視すべきポイントは何か、またマイクロソフトが支援する中でどういう点を重視しているのか。マイクロソフトで製造業分野を統括するチャリオン・アルカン氏に話を聞いた。(2019/11/25)

Android向けOutlookに脆弱性、Microsoftが更新版で対処
認証された攻撃者が細工を施した電子メールを送り付けることによって、この脆弱性を悪用できてしまう恐れがある。(2019/11/22)

Microsoftの無線イヤフォン「Surface Earbuds」、発売が来春に延期
Microsoftがホリデーシーズンに予定していた無線イヤフォン「Surface Earbus」の発売を来春に延期した。「最高のユーザー体験を提供するため」とパノス・パネイCPOがツイートで発表した。(2019/11/22)

独自言語サポートもある:
Facebookが社内の標準開発環境を変更、「Visual Studio Code」のリモート開発拡張も強化
Facebookは、Microsoftのオープンソースのクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」を自社のデフォルト開発環境として採用した。Microsoftが進める同エディタのリモート開発拡張の強化に協力していることも明らかにした。(2019/11/22)

プレミアムコンテンツ:
クラウド版Windows「Windows Virtual Desktop」の衝撃
Microsoftの「Windows Virtual Desktop」は、仮想デスクトップをクラウドサービスとして提供するDaaS(Desktop as a Service)だ。DaaS市場に一石を投じる同社の製品戦略や、他社サービスとの違いを紹介する。(2019/11/22)

目当ての情報を見つけやすくするルールが必要
「Microsoft Teamsを入れたら共有ファイルだらけ」を避ける5つの注意事項
「Microsoft Teams」を導入する際は、業務目的のファイルやメッセージ、予定が無秩序に作成されてしまう状況に陥らないようなルールや戦略を立てる必要がある。そのために注意すべき5つのポイントを紹介する。(2019/11/22)

北國銀行、勘定系システムにMicrosoft Azure採用 2021年に稼働へ
北國銀行が、オープン勘定系システムの稼働基盤に「Microsoft Azure」を採用する。2021年の稼働を目指す。(2019/11/21)

英Graphcoreのアクセラレーター:
AzureでAIチップにアクセス可能、機械学習を高速化
Microsoftは、同社のクラウドプラットフォーム「Azure」の顧客に対し、英国の新興企業GraphcoreのAIアクセラレーターチップ「Colossus Intelligence Processing Unit(IPU)」の利用提供を開始した。(2019/11/21)

「Microsoft 365」の障害が解消 「Teams」など全サービス復旧
「Microsoft 365」で発生していた障害が解消。「Microsoft Teams」「Skype for Business」などが利用しづらい状態だった。(2019/11/20)

「Microsoft 365」で障害発生 「Teams」「Skype」など利用しづらい状況 アップデートが影響か
「Microsoft 365」で障害が発生。「Teams」「Skype」など複数のクラウドサービスが利用しづらい障害が続いている。アップデートが影響した可能性があるという。(2019/11/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。