ニュース
» 2010年09月27日 20時30分 公開

タッチパネルでぐるなびも印刷――HP、専用アプリ搭載A4インクジェット複合機仕事耕具

日本HPはメールやプリンタのタッチ操作で印刷ができる個人向けA4インクジェット複合機3種類を発売する。全機種にカラータッチスクリーンを搭載し、操作性の向上を図っている。価格は1万9950円から。

[藤村能光,Business Media 誠]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、メールやプリンタのタッチ操作で印刷ができる個人向けインクジェットA4複合機3機種を、9月30日から直販サイト「HP Directplus」で順次販売する。インターネット接続に対応した上位機種「HP Photosmart Premium C310c」、3.45インチタッチスクリーンを搭載した標準機種「HP Photosmart Plus B210a」、新ブランド「HP ENVY(エンヴィ)シリーズ」の第1弾である「HP ENVY100」の3モデル。

 全機種に大型カラータッチスクリーンを搭載し、物理的なボタンは電源ボタン1つのみ。無線LAN(IEEE802.11b/g/n)機能を備え、対応スロットはSDカード/メモリースティックDuo/マルチメディアカード。

 プリンタに割り当てられたメールアドレスにデータを送信して印刷ができる「メールdeプリント」機能を持つ。iPhone 4/3GS、iPad、iPod touch(第3世代以降)にも対応する見込みで、2010年11月に提供予定のiOS 4.2で印刷できるようになる見通しだ。

 液晶パネルに表示した専用アプリから対応するWebサイトにアクセスし、必要な情報を直接印刷できる「アプリdeプリント」機能も備える。標準装備の「ライトアプリ」とサードパーティのWebサイトを利用できる「プレミアアプリ」の2種類で、B210aはライトアプリのみ、C310cとENVY100は両方のアプリに対応する。ライトアプリは各種罫線やカレンダーなどのフォーマットを収録した「クイックフォーム」など、プレミアアプリは割引クーポンや地図を印刷できる「ぐるなびレストラン検索」などをラインアップしている。

HP Photosmart Premium C310c

C310c C310c(出典:日本HP)

 C310cは、4.3インチカラータッチスクリーンと5色独立インク、自動両面印刷機能を搭載する複合機「HP Photosmartシリーズ」の最上位モデル。フリック操作で写真の移動や画面スクロールができる。

 印字速度はモノクロが毎分33枚、カラーが毎分32枚。大きさは455×473×199ミリ(幅×奥行き×高さ)、重さは7.7キロ。価格は2万7930円、10月下旬に発売する。


HP Photosmart Plus B210a

C310c B210a(出典:日本HP)

 B110aは、3.45インチのカラータッチスクリーン、4色独立インクシステムを搭載している。2種類の用紙をセットすることで、用紙交換の手間が省ける2段給紙トレイを備える。

 印字速度はモノクロが毎分32枚、カラーが毎分30枚。大きさは452×401×199ミリ、重さは7.45キロ。価格は1万9950円、9月30日に発売する。


HP ENVY100

ENVY100 ENVY100(出典:日本HP)

 ENVY100は、ガラス製でメタリックな質感のスキャナーカバー、3.45インチカラータッチスクリーンを搭載したモデル。印刷時のみ自動的に開くフロントパネル、突起部のない内蔵自動両面印刷機能、電源部を本体に内蔵したACアダプタなど「フラットなデザインを実現している」(日本HP)。

 印字速度はモノクロが毎分30枚、カラーが毎分25枚。大きさは427×336×102ミリ、重さは7.3キロ。価格は2万9820円、11月中旬に発売する。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ