ニュース
» 2010年10月14日 19時52分 公開

ビジネス版ほぼ日手帳は「WEEKS」――見開きページに「週間予定+方眼メモ」仕事耕具

「ほぼ日手帳」のビジネス版「ほぼ日手帳 2011 WEEKS(ウィークス)」が11月1日に発売。「ウォレットサイズ」と呼ぶ縦長サイズで、左ページが週間予定、右ページが方眼ノート。価格は1890円。

[藤村能光,Business Media 誠]
表紙、見開き、360度回転のイメージ 表紙、見開き、360度回転のイメージ(出典:東京糸井重里事務所)

 「ほぼ日手帳」のビジネス版「ほぼ日手帳 2011 WEEKS(ウィークス)」が発売に――。10月14日、東京糸井重里事務所が運営する「ほぼ日刊イトイ新聞」で明らかになった。発売日は11月1日、価格は1890円。

 「ウォレットサイズ」と呼ぶ縦長サイズで、左ページが週間予定、右ページが方眼ノートとなっている。1ページの面積は「文庫本サイズのほぼ日手帳 オリジナルと同じ」。ほぼ日手帳と同じ用紙「トモエリバー」を使っており、ノートの色はクリーム。

 ほぼ日手帳 オリジナルと同様、WEEKSも糸井重里さんが総合監修を務めている。コンセプトは「動き続ける人の、WEEKS。ビジネスを、スポーティーに」という。

 ビジネスシーンに求められる要素として、スポーツに必要な「先を見通す先見性、どのような状況にも対応できる柔軟性、とっさの時にすばやく反応できる機動性、フェアプレーという美しさ」を想定して、開発を進めた。

 先見性を高める「週間予定+方眼メモの1週間見開きページ」、「スケジューラーにもノートにもなる」柔軟性、「360度回転する」機動性、「日本語にこだわったデザイン、レイアウト」の美しさ――を備えるというわけだ。

 ほぼ日ストア、ロフト、紀伊国屋書店、東急ハンズ、丸善、八重洲ブックセンター、Amazon、楽天市場などで販売する。

関連キーワード

手帳 | ノート | 仕事耕具


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ