ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「ノート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ノート」に関する情報が集まったページです。

トレエン斎藤さんの結婚記念日ショット公開 一輪の花を差し出し手紙や“結婚記念日ノート”を手渡す激キザ対応だぞ
ほれてまうやろー!(2019/12/30)

斜めから照明を当てると“ガイドラインが現れる”ノート発売 まとめやすく見返しやすい
目立たないガイドラインがありがたい。(2019/12/21)

SNSで話題になった「おじいちゃんのノート」新作がMakuakeで登場 水平に開けて「脳を活性化」するノート
青い凹凸のある特殊紙「OKシナプス」を使用しています。(2019/12/6)

キングジム、筆圧4096段階対応の電子ノート PDF編集やDropbox連携も
キングジムは、電子ノート「freno」のクラウドファンディングを始めた。4096段階の筆圧検知に対応し、ノートの検索機能やPDF編集機能も備える。(2019/12/4)

キングジム、6.8型デジタルノート「フリーノ」で新たな筆記文化の創設を目指す
キングジムは、6.8型電子ペーパーを採用したデジタルノート「フリーノ」のクラウドファンディングを開始した。(2019/12/4)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ジャズの即興までこなしていたAI
ニューヨークのブルーノートに行きたくなりました。(2019/11/26)

人気テレビプロデューサー・栗原甚の仕事哲学:
『¥マネーの虎』生みの親が明かす! 難攻不落の社長たちを口説き落とした【準備ノート】のススメ
日本テレビで放送された伝説の人気番組『¥マネーの虎」。その番組の生みの親で、企画・総合演出・プロデュースをすべて担当したのが栗原甚さんだ。注目すべきは各業界の異端児であり多忙を極める社長たちを、いかにしてキャスティングしたのか。“虎”たちを口説き落とした秘密を聞くと、困難な状況を救った【1冊のノート】の存在が浮かび上がってきた。世界的なヒットコンテンツ誕生の舞台裏に迫る。(2019/11/26)

シャープ、ToDo機能も備えた6型電子ペーパー「WG-PN1」
シャープは、6型電子ペーパーディスプレイを採用した電子ノート「WG-PN1」を発表した。(2019/10/16)

リチウムイオン電池 中韓参入、高性能化へ開発にしのぎ
ノートパソコンや携帯電話を普及させ、IT革命の立役者になったリチウムイオン電池は近年、資源・エネルギー問題での役割も重みを増した。(2019/10/10)

吾妻ひでお『失踪日記』、初の電子書籍化 描けなくなった漫画家の流浪生活が生々しく
『失踪日記2 アル中病棟』と『カオスノート』も。(2019/10/2)

「滅殺開墾ビーム」で「滅」を覚える小学生……!? 推しの言葉で漢字の宿題を仕上げた「痛ノート」が楽しい
どうか先生が寛容でありますように。(2019/9/4)

ITはみ出しコラム:
次期「iPhone XR」はカラバリに注目? この機会に懐かしい5色ノート「iBook」を復活させてみた
2019年のiPhone新モデルを発表するであろうスペシャルイベントが、9月10日(日本では11日)に開催されます。イベント告知ページを飾るのは、半透明の5色リンゴ。これを見て、かつての「iMac」や「iBook」を思い出した方も多いのではないでしょうか。(2019/9/1)

この世の全てを表紙にできる「自由すぎる自由帳」が楽しい 市販のノートを切り抜いて風景にかざせば……ほらっ!
ちょっとマネしてみたくなる。(2019/8/25)

中二心をくすぐる「黒魔術ノート」 人の名前を書けばあの“死のノート”を持っている気分?
黒とメタリックでかっこいい。(2019/8/20)

投票用紙みたいにヌルっとした書き味のノート どうして作ったのか製造者に聞いてみた
投票用紙の書き味、気持ちいいよね。(2019/7/25)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPadOS」で今度こそ“iPadがモバイルPC代わり”になるか PCユーザー視点からβ版を試して分かったこと
2019年秋のリリースに向け、「iPadOS」のパブリックβが登場。仕事ではタブレットではなくパソコンを使い続けてきた筆者の視点から、「12.9インチiPad Pro」にiPadOSのβ版をインストールし、ノートパソコン代わりに使ってみたインプレッションをお届けする。(2019/6/26)

デジタルやSNSで人は幸せになれない:
「人類最強のメモ術」を教えよう――発達障害乗り越えた「世界的ベストセラー作家」を直撃
「バレットジャーナル」と呼ばれる箇条書きを使ったノート術に注目が集まっている。発案者のライダー・キャロル氏は、発達障害を抱えながら、自らの思考を整理するためにこの手法を生み出した。なぜバレットジャーナルは世界の人々に受け入れられているのか。ライダー氏に話を聞いた。(2019/6/18)

うっすら緑色で目に優しい「グリーンノート」 視覚過敏者のツイートがきっかけでロフトとハンズが販売へ
「視覚過敏で、白いノートは光の反射で使いにくい」とのうったえを見て、各社が動きました。(2019/6/15)

書く前から黒歴史を約束…… 闇の力が宿りそうな選ばれし者向けノートセットが発売される
凄まじい中二病オーラを感じる。(2019/6/2)

ノートにスペースを継ぎ足せるコクヨの「ノートふせん」が便利そう あと数行足りないときに
キャンパスノートと共通のけい線が入っていてなじみやすい。(2019/5/30)

「ほぼ日の方眼ノート」新登場 ほぼ日手帳のカバーをかけて使える方眼ノート
カスタマイズが捗る!(2019/5/31)

URLクリックカウントと差し込み配信機能:
SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配信機能を追加した最新版が登場。(2019/5/21)

RPGのマップやパラメータがビッシリ! ゲーム開発者が幼少期に書いた設定ノートが熱量すごい
三つ子の魂百まで。(2019/5/20)

思い出のジャポニカ学習帳とキャンパスノートが小さくなって発売 懐かしの表紙デザインで付録も再現
見るだけで当時の思い出がよみがえる“あの頃”のノートです。(2019/4/27)

計算機好きのための技術誌「n月刊ラムダノート」創刊
計算機全般を扱う不定期刊行誌「n月刊ラムダノート」創刊。「いろんなIT系技術書から1章ずつ選んできた解説記事の集まり」をコンセプトに、計算機好きが腰を据えて読みたくなるような解説記事を3〜4本まとめ、“nヶ月”ごとに発行する。(2019/3/25)

何その計算方法!? 「ノートのマス目を九九で埋めて足し算するだけ」の筆算でケアレスミスが減らせるかも
桁数が多いときは意外と便利かも。(2019/3/18)

水平に開く「おじいちゃんのノート」、世界進出に挑戦 海外特許取得のためクラウドファンディング開始
孫のツイートがきっかけでブレイクしたノートが、とうとう世界へ。(2019/3/6)

ベビーシッター見つけられず…… 学生が赤ちゃん連れで大学に 抱っこして授業した教授の“神対応”に反響
「君がノートを取れるように赤ちゃんは私が抱っこしましょう」と教授が申し出てくれました。(2019/3/6)

専門スタッフも予算もないときの選択肢
少数精鋭の組織が直面する「働き方改革」のわな 予算がないなら何を選ぶか
中小企業にとって人材難は死活問題だ。その解決策として「まずはテレワーク制度を始めてみよう」と考えたとき、現実的な投資額で無理なく運用できるツールはなんだろうか。実現しやすく効果も大きいのは、ノートパソコンの見直しだ。(2019/11/5)

クレカやQRコードに対応、Android搭載マルチ決済端末 アルファノートから
アルファノートは、2月20日にAndroid搭載マルチ決済端末「A8」をリリースした。クレジットカード決済やQRコード決済をはじめ、ポイント機能や免税処理システムなど、多種多様な決済手段に対応する。ベンダー・Sireによるカスタマイズも可能で、7月末までキャンペーン価格の2万9800円(税別)で販売する。(2019/2/20)

「“黒歴史ノート”の続きを書いて」 もん絶しそうな謎依頼をこなす漫画が涙の展開で「最高やこれは……」
誰かのために書いていた、あの頃の気持ちを思い出す。(2019/2/14)

ノートに描いたマリオが生き生きと動き出す! 作品愛とこだわりが詰まったストップモーションアニメに称賛の嵐
めちゃくちゃなめらかに動いてる……!(2019/2/10)

ラップみたいなロール紙ノートがコクヨから登場 必要な分だけ引き出して使えるぞ
「コクヨデザインアワード 2011」でコクヨ賞に輝いた作品を商品化。(2019/1/29)

ラップのようなノート、コクヨが発売 箱から引き出し、好きな長さで
コクヨは、円筒形に巻いた紙を箱から引き出して使える、食品用ラップのような形状のノート「ペーパーラップノート」を発売する。(2019/1/29)

CPUやGPUを交換すると保証はどうなる? 「ALIENWARE AREA-51m」の気になるポイントをチェック
デスクトップを“真に代替”できるゲーミングノートPC「ALIENWARE AREA-51m」が、ついに日本上陸。写真を交えつつ、改めて気になるポイントをチェックする。(2019/1/25)

軽自動車が上位独占:
2018年新車販売「N-BOX」が2年連続トップ 登録車は「ノート」が初の首位
2018年の国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が2年連続のトップ。上位を軽自動車が独占した。軽を除く登録車では、日産自動車「ノート」が初の首位だった。(2019/1/10)

CES 2019:
ACアダプターは2つ付属――CPUとGPUを交換できるノート(?)PC「Alienware Area-51m」登場 CPUはもちろんデスクトップ用(Kプロセッサもあり)
Dellのゲーミングブランド「Alienware(エイリアンウェア)」から、CPUとGPUを交換できるというハイエンドゲーミングPCが登場。実物を見た筆者の第一声は「ありえんわー」だったという。(2019/1/9)

富士通、PDF閲覧もできる手書き対応電子ノート
富士通クライアントコンピューティングは、手書き対応の電子ノート「電子ペーパー」シリーズを発表した。(2018/12/18)

13日に届け出:
日産で新たな検査不正発覚 「ノート」「リーフ」など約15万台リコール
日産で新たな検査不正が発覚。「ノート」「リーフ」など約15万台のリコールを13日に国土交通省に届け出る。検査不正を行っていたのは、追浜工場とオートワークス京都。(2018/12/7)

魔力が込められてそう ドラゴンモチーフのノートやスマホケースがファンタジー好きにはたまらないカッコ良さ
持っているだけでドラゴン使いの気分になりそう。(2018/11/11)

Samsung、「Surface Pro」似のSnapdragonノート「Galaxy Book 2」を1000ドルで発売
Samsungが、Arm搭載Windows 10タブレットPC「Galaxy Book 2」を999.99ドルで発売した。「S Pen」とキーボードカバーが付属し、バッテリー持続時間は約20時間。(2018/10/19)

レッツノート秋冬モデル レッツ史上最上位スペックも登場
パナソニックがレッツノートの新モデルを発表。Web直販限定のカスタマイズモデルに、限定250台の記念モデルとして2TB SSDを搭載する最上位スペックが登場した。(2018/9/27)

おぉぉこれは速そうだぁぁ 「ノート e-POWER」にさらなるNISMOチューン済みのハイスペック車「NISMO S」登場
ノート e-POWER NISMOから最高出力を25%高めて高性能化。(2018/9/26)

FacebookのザッカーバーグCEO、「中間選挙に備えてはいるが、政府や他社との協力が必要」
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、来る米中間選挙に向けて2016年に米大統領選挙での問題を繰り返さないために取り組んでいる対策についてのFacebookノートを投稿した。この“軍拡競争”に勝つには他社や政府との協力が必要としている。(2018/9/14)

スパイラルノート「使いにくい」しずく型のおたま「ムリゲー」 左利き“あるある”描いたイラストに共感集まる
右利きの当たり前は左利きの当り前ではないんだ。(2018/9/2)

独自の“喫煙ルール”を設ける人も:
出産後、喫煙を再開した女性は15% 禁煙できない理由は……?
妊娠・出産を機に禁煙した母親の15%が、産後に喫煙を再開している。その理由は?――カラダノート調べ。(2018/8/15)

くらしに役立つ推しグッズ:
文具に書類、タブレットも まとめて便利な「つながるケース」
ホックを使って簡単に連結できる「つながるケース」は4種類。ノートに筆記具、書類など、仕事や勉強に必要なものがすっきりとまとまる。収納したままタッチ操作ができるタブレットケースも。(2018/8/14)

【マンガ】B5サイズのノートが「大学ノート」と呼ばれる理由
小中学生も使うのに、どうして?(2018/8/9)

「英霊になりたい」「期間限定イベント希望」チキンラーメンのひよこちゃんがやりたい放題 「FGO」とのコラボ意欲が全開すぎる
こういう(中二病)ノート、中学校2年生のときに書いたことある……。(2018/7/17)

「MacBook Pro」2018年モデル登場 6コアi9、メモリ32GB、True Toneディスプレイ対応
Appleは7月12日、ノート型Mac「MacBook Pro」の新モデルを発表した。サイズは13型と15型の2種類を用意し、それぞれスペースグレーとシルバーのカラーバリエーションを用意する。同日から公式オンラインストアと一部のApple Storeで発売する。(2018/7/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。