ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「タブレット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タブレット」に関する情報が集まったページです。

パナソニック、USB Type-C搭載の埋込型USBコンセント発売へ 8580円から
パナソニックが、スマートフォンやタブレットなどを充電できるUSB Type-Cポート搭載の埋込型USBコンセントを発売する。価格は8580円〜1万230円。従来品と比較して充電時間が平均で43%短縮できる。(2021/4/20)

ファーウェイ、タブレット「MatePad T」シリーズに大画面モデル2機種を追加
ファーウェイ・ジャパンが、タブレット「MatePad T」シリーズの10.1型/9.7型モデルを投入する。また、発売済みの「MatePad 10.4」のWi-Fiモデルについて、プロセッサをKirin 820、メモリを4GB、内蔵ストレージを64GBにした構成を追加する。【写真追加】(2021/4/20)

スマコン:
安藤ハザマ、コンクリートダムの敷均し締固めをタブレット管理
安藤ハザマは、コンクリート打設における敷均し・締固め管理を、タブレット上でリアルタイムに実施できる「敷均し・締固め統合管理システム」を開発した。(2021/4/19)

NEWS
四国銀行がタブレットで紙ベースの窓口業務をデジタル化 顧客満足度の向上図る
四国銀行はタブレットを活用し、行員が来店者と一緒に画面を見ながら申請手続きを進めることができるシステムを導入した。来店者が紙の申請書を記入する手間を減らし、業務効率と顧客満足度の向上を目指す狙い。(2021/4/13)

サンワ、Type-C搭載デバイスで利用できるカードリーダー
サンワサプライは、USB Type-C対応のスマートフォン、タブレット、PCで使えるカードリーダー「ADR-3TCSDUGY」を発売。SDメモリカードとmicroSDを同時に認識でき、USBポートも搭載している。(2021/4/12)

防じん・防滴+頑丈設計の安心感 小中学生向け2in1タブレットPC「arrows Tab EH」を試す
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が2020年9月に発売した2in1タブレットPC「arrows Tab EH」は、小中学生をメインターゲットに据えている。スペックを見るとエントリークラスだが、ボディーを始めとする設計面でターゲットユーザーへの配慮が見受けられる。筆者の息子(中学生)と娘(高校生)に実際に使ってもらいつつ、その実力をチェックしていこう。(2021/4/6)

サイエルインターナショナル、着脱キーボードを備えたCeleron搭載Windowsタブレットを発売
サイエルインターナショナルは、着脱式キーボードを搭載する2in1タイプのWindowsタブレットPCを発売する。(2021/4/1)

ドコモが「スマホ診断online」をリニューアル 診断項目の増加でショップと同水準に
NTTドコモは、スマートフォンやタブレットの故障診断ができるアプリ「スマホ診断online」をリニューアル。診断項目を従来の17項目から37項目に増やし、ドコモショップの故障診断ツールと同水準で診断可能となる。(2021/3/26)

Amazonで新生活セールを実施中 EchoとFire TV&Fireタブレットがお得に
Amazonが「新生活セール」を3月23日23時59分まで開催中だ。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、FireタブレットやFire TVシリーズも安くなっている。(2021/3/20)

発売記念キャンペーンで税込み3万5800円:
内蔵ペンでタブレットとしても使える2in1モデル「ASUS Chromebook Detachable CM3」を試す
国内のGIGAスクール構想にコミットを続けるASUS JAPANから、新たに2in1のデタッチャブルモデル「ASUS Chromebook Detachable CM3」が登場した。実機を使ってチェックしよう。(2021/3/17)

固定IPアドレスなしでテレワーク環境を構築 NTTPCらが提供開始
No.1とアレクソン、NTTPCコミュニケーションズの3社は、テレワーク環境構築機器「Telework Station」の販売を開始した。同機器をオフィスに設置することで、Webブラウザ経由で自宅のPCやタブレット端末から業務用PCに接続して操作できる。(2021/3/17)

CHUWI、Celeron搭載10.1型Windowsタブレット「Hi10 Go」を予告
CHUWI INNOVATIONは、プロセッサとしてCeleronを採用した10.1型Windowsタブレット「Hi10 Go」を発売する。(2021/3/15)

KDDI、1GB1000円のタブレット専用プラン スマホとの容量シェアも可
KDDIと沖縄セルラー電話は3月12日、月額1000円(税別、以下同様)で最大1GB通信できるタブレット向けの料金プランを発表した。23日から提供を始める。(2021/3/12)

au、月額1000円/1GBの「タブレットプランライト 4G/5G」を提供
KDDIは、3月23日からauのタブレット向け新料金プラン「タブレットプランライト 4G」「タブレットプランライト 5G」を順次提供開始。月額1000円(税別)で1GB利用でき、スマホとのデータシェアにも単体利用にも対応する。(2021/3/12)

ASUS、スタイラス付きで1キロ以下のChromebook「Detachable CM3」の動画公開
ASUSがタブレットとノートを含む4つのモードで使えるChromebook「Detachable CM3(CM3000)」の公式動画を公開した。10.5インチディスプレイで重さはキーボードを入れて920グラムだ。スタイラスを本体に収納できる。価格や販売時期はまだ不明。(2021/3/9)

JR東、新幹線や特急列車の「文字ニュース」を廃止 スマホやタブレットの普及受け
JR東日本が、新幹線や特急列車の車内で2002年から提供している「文字ニュース」を終了すると発表。スマホやタブレット端末の普及が進み、乗客が自分で情報を収集できるようになったためという。(2021/3/5)

Xencelabsがペンタブレットを国内投入 3月中旬からTSUKUMOで販売開始予定
米国を本拠地としてペンタブレットを開発しているXencelabs(センスラボ)が、日本に上陸する。その第1弾として、ミドルサイズの「板タブ」を3月中旬以降に発売する。(2021/3/5)

「仕事がはかどるタブレット」の条件【後編】
「Surface Pro 7」「Surface Go 2」「ThinkPad X1 Yoga」 仕事用で選ぶなら?
仕事に適したタブレットがあればモバイルワークがはかどる。「どのような作業に使いたいか」という目的に基づいて「Surface Pro 7」「Surface Go 2」「ThinkPad X1 Yoga」のスペックに注目し、それぞれの強みと弱みを探る。(2021/3/5)

ワコム、「パルミー」無料体験セットをリニューアル 液晶タブレット3製品に付属して出荷
ワコムは、同社製液晶タブレット製品に「パルミー無料体験セット」を付属して出荷するキャンペーンを開始した。(2021/3/2)

FAニュース:
市販のタブレットに非常停止用押ボタンなどを実装できるセーフティコマンダ
IDECは、タブレットに安全機器を実装できる、セーフティコマンダ「HT3P 形」の販売を開始した。市販のタブレットに非常停止用押ボタンスイッチとイネーブルスイッチを搭載でき、導入コストの低減や安全性の向上を図れる。(2021/2/26)

「仕事がはかどるタブレット」の条件【前編】
仕事ならiPadよりWindows 10? もう“大きなスマホ”ではないタブレットの用途
タブレットは今や百花繚乱(りょうらん)の様相だ。機能も用途も多岐にわたる。タブレットのビジネス用途にはどのようなものがあるのか。どのようなタブレットがビジネスに適するのか。(2021/2/26)

FFF、ミドルレンジCPUを採用したAndroid 10搭載10.1型タブレット
FFF SMART LIFE CONNECTEDは、Android 10を搭載した10.1型タブレット端末「FFF-TAB10H」を発売する。(2021/2/25)

エレコム、PC/スマホ/タブレットを一括管理できるサブスクサービス「イカロスモバイルマネジメント」
エレコムは、社内外の複数のデバイスをクラウド経由で一括管理できるサービス「イカロスモバイルマネジメント」を発売する。(2021/2/24)

サンワ、ノートPC/タブレット画面に設置できるスマホホルダーを発売
サンワサプライは、ノートPCのディスプレイ横やタブレットの縁に設置できるスマートフォンホルダーを発売。価格は2000円(税込み)。(2021/2/19)

アセンテック、学校導入向きの着脱キーボード付き2in1タブレットPC
アセンテックは、ペン入力にも対応した10.1型液晶搭載の2in1タブレットPC「アスコン AT-08」を発売する。(2021/2/17)

20年12月期通期:
アサヒグループHD、最終益3割減 外出自粛でビール需要減 オフィス勤務減で「ミンティア」売上低迷
アサヒグループHDの2020年12月期連結業績は、純利益が前期比34.7%減の928億円。飲食店向けのビールの売り上げが落ち込んだ。オフィス勤務の減少で、タブレット菓子「ミンティア」の売り上げも減少したという。(2021/2/12)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
画面タップで直感的に操作! Fireタブレットの新機能「デバイスダッシュボード」を使ってみた
Amazonのメディアタブレット「Fire」シリーズに、家庭内のスマートホームデバイスをタッチで操作できる「デバイスダッシュボード」機能が追加された。順次提供されている本機能を試してみた。(2021/2/12)

タブレット学習のごほうびに「煉獄さん」 進研ゼミ、小中学生に鬼滅コラボアイテム
「進研ゼミ」会員の小学生・中学生向けに、「鬼滅の刃」の世界観で学べる教材やデジタルコンテンツを提供。小学生には漢字ポスターなどを、中学生には、タブレット教材で学習を進めると、ごほうびにアバターがゲットできるコンテンツなど。(2021/2/8)

PR:大手キャリアの月額2980円/20GBプランより大容量! 「THE WiFi」を導入すべき理由
自宅などでスマートフォンやPC、タブレットの利用が増える中、データ容量不足が気になる人は多いだろう。大手キャリアから月額2000円台の20GBプランが発表されたが、20GBでは大容量のデータ通信はカバーできない。「THE WiFi」なら、家族全員で利用可能なデータ容量を、40GBなら月額2980円から、100GBなら月額3480円からの料金プランで安価に増やし、快適なネット環境を実現できる。(2021/2/4)

ムスビーの1月中古スマホランキング iPhone 8/7人気は変わらず
ムスビーは、2021年1月中古携帯/スマホランキングを発表。iPhone 8、iPhone 7、iPhone SE(第2世代)人気は変わらず。タブレットのランキングではiPad(第5世代)が1位を獲得した(2021/2/1)

Amazonで2021年初のタイムセールを実施中 Echo&Fireシリーズがお得に
Amazonが恒例のセール「タイムセール祭り」を2月1日23時59分まで開催している。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、Fireタブレットもセールで安くなっている。(2021/2/1)

製品動向:
大成建設が希少動植物の保全計画立案を効率化するツールを開発
大成建設は、水辺に生息する希少動植物の保全を支援するツール「水辺コンシェルジュ」を開発した。水辺コンシェルジュは、タブレット端末を介して、保全計画策定に必要な情報を分かりやすく表示し、関係者とのスムーズな合意形成と情報共有を実現して、希少動植物が生息できる適切な候補地の選定といった保全計画の立案を後押しする。(2021/1/28)

ワコムの低価格ペンタブ「One by Wacom」がChromebook対応製品として認定 教育用途での活用を推進
ワコムは、同社製ペンタブレット「One by Wacom」がChromebook対応製品として認定されたと発表した。(2021/1/27)

サードウェーブ、液晶ペンタブ「raytrektab」旧モデルを2万9800円に値下げ 在庫限り
サードウェーブは、同社製の液晶ペンタブレットPC「raytrektab」旧モデルの価格改定を実施した。(2021/1/25)

auのLTE対応「無線LAN STICK」が1月22日に発売
KDDIは、1月22日にAmazon Echoシリーズやタブレットなどのデバイスと接続できるLTE対応小型無線LANルーター「無線LAN STICK」を発売。auスマートフォンの月間データ容量をシェアできる専用料金プランで利用できる。(2021/1/21)

10.1型タブレット「TCL TAB 10s」がau限定で発売 2万2720円のWi-Fiモデル
FOXが、TCL製のタブレット「TCL TAB 10s」を国内で投入する。au +1 collection専用のオリジナルモデルとして、全国のauショップやauオンラインショップで取り扱う。海外版よりスペックを抑えることで、2万2720円(税別)という価格を実現した。(2021/1/21)

“なめ終わる時間”から設計:
「1分半で溶ける」ミントタブレット、リモートワーク向けに発売 コクヨなど共同開発
コクヨは、口の中に入れて一定の時間で溶けるミントタブレット菓子「minute mint(ミニットミント)」の販売を開始した。リモートワークの短い休憩用に、1分半と3分でなめ終わる2種類のタブレットをUHA味覚糖、Whateverと共同開発した。(2021/1/20)

まだまだPCは伸び続ける――NECPCが考える2021〜22年の市場動向
NECパーソナルコンピュータが、PCやタブレットの2021年春モデルを発表した。発表会では、2020年の振り返りと2021年への展望も語られた。新型コロナウイルスは、PCやタブレットの売れ行きにどのような影響を及ぼしたのだろうか?(2021/1/20)

NECPC、11.5型高機能Androidタブレット「LAVIE T11」 有機ELディスプレイモデルも用意
NECパーソナルコンピュータは、11型/11.5型ディスプレイを搭載するAndroidタブレット端末「LAVIE T11」を発売する。(2021/1/19)

CES 2021:
中国TCL、カラー対応の反射型液晶ディスプレイ搭載タブレット発表 動作は電子ペーパーより滑らかで省電力
中国TCLは、反射型液晶を搭載したAndroidタブレット「TCL NXTPAPER」を発表した。TCLのディスプレイ技術「NXTPAPER」を採用した初の商用製品となる。価格は349ユーロ(約4万4000円)。(2021/1/13)

TCLが300ドル以下の5Gスマートフォン「TCL 20 5G」、新タブレット「TCL NXTPAPER」発表
TCLが1月11日(米国時間)、CES 2021に合わせてスマートフォンやタブレットの新製品を発表した。TCL 5Gは300ドル以下という安さを特徴としており、6.67型のフルHD+液晶や3眼カメラを備える。TCLが独自開発した液晶を備えるAndroidタブレットの新製品「TCL NXTPAPER」も発表した。(2021/1/12)

CES 2021:
Lenovoがコンシューマー向けPC/タブレットの新製品を発表 バッテリー駆動20時間以上の5G通信対応モデルも登場
Lenovoが、コンシューマー市場向けの新製品を発表した。Qualcomm製のプロセッサを搭載する5G対応ノートPCなど、豊富なラインアップを用意している。(2021/1/8)

オンライン帰省でタブレットがバカ売れ? 中古iPad対前年比2.6倍に
年末年始に向けて需要が大きく拡大したものの1つに、タブレット端末があるようだ。スマートフォンやタブレットなど携帯電話の買い取り、販売、レンタルを行う携帯市場によると、2020年12月の中古iPadの販売数は、前年の175台に対し451台と2.6倍に増加した。(2021/1/7)

お絵かきの時にだけピタッとくっつく! エレコムが「iPad用着脱式ペーパーライクフィルム」を発売
お絵かき以外でもタブレットを使いたい人へ。(2021/1/5)

情報化施工:
省人化と生産性向上、ダム工事での型枠自動スライドシステム開発
大林組は三重県伊賀市の川上ダム本体建設工事において、型枠自動スライドシステムを適用した。型枠スライド作業をタブレットで操作し自動化することで、省人化や生産性向上を実現する。(2020/12/25)

ドンキの格安タブレットPCに新モデル CPU変更、1kg以下で1万9800円
(2020/12/22)

ドン・キホーテ、着脱キーボード付きで税別1万9800円のCeleron搭載Windowsタブレット
ドン・キホーテは、着脱式キーボードを付属したエントリー価格帯のWindowsタブレット「ジブン専用PC&タブレットU1C」を発売する。(2020/12/22)

シニアのネット通販は60代男性がより多く利用――ドコモ「モバイル社会研究所」が調査
NTTドコモの社内研究所「モバイル社会研究所」が、2020年1月に実施した「一般向けモバイル動向調査」の結果を公表した。シニアのネット通販は60代男性がより多く利用しており、PC/タブレット所有者はネット通販の利用率が高い。(2020/12/21)

デジタル遺品、もうキてる? まだキていない?:
コロナ禍はデジタル終活にどう作用するのか――「第4回 デジタル遺品を考えるシンポジウム」レポート
もし自分が突然この世から去った場合、スマートフォンやタブレット、PCの中身はどうなるのか。残された人たちはどうすればいいのか。今何ができるのか、何をしなければならないのかを考えるシンポジウムがオンラインで開かれた。その模様を振り返る。(2020/12/17)

KDDI、法人向けタフネスタブレット「DIGNO Tab」を2021年2月以降に発売
KDDIは、2021年2月以降に法人向けタブレット「DIGNO Tab」を発売。防水・防塵(じん)や、耐落下、耐薬品性に対応し、電源操作制限やアップデート制御をはじめとした独自の端末管理機能を備える。(2020/12/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。