ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ペン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ペン」に関する情報が集まったページです。

Samsungがフラグシップスマホ「Galaxy S21」シリーズを発表 デザインを一新し、Ultraは「Sペン」に対応
Samsung Electronics(サムスン電子)が、Galaxyスマートフォンのフラグシップモデルを一新する。最上位モデルとなる「Ultra」はGalaxy Sシリーズとしては初めて「Sペン」をサポートする。(2021/1/15)

1万円の“大人のボールペン”、サクラクレパスが創業100周年記念で 軸は金属削り出し
サクラクレパスは、創業100周年記念モデルとしてボールペン「Sakura craft_lab 001S」を発表した。(2021/1/13)

叶美香、“岸辺露伴型ペン”から漂う作品愛 ドラマ再放送で、またしても語彙力を失いかける
「櫻井孝宏さんのとても贅沢な登場もあり心にくい演出ワザにあっ、ぁぁ…ッツ」(2021/1/5)

筆ペンの呉竹、本格的にコスメの製造販売へ
アイライナーの受託製造メーカーとして多種多様なアイライナーを提供していた。(2021/1/4)

個包装のチョコで「簡易チョコペン」作る裏技が話題 湯煎の温度はどれくらい? ロッテに注意点を聞いた
湯煎は必ずぬるま湯で。(2020/12/30)

製造マネジメント インタビュー:
コロナ禍で新規製品開発をどう行ったか、リコー発スタートアップの挑戦
リコー発のスタートアップ企業として全天球カメラ「IQUI(イクイ)」を2020年10月から展開するベクノス。同社は2020年3月にペン型全天球カメラの商品化を発表してから、量産開発および生産準備を進め、コロナ禍で制約を受ける中でも無事に製品リリースを成し遂げた。コロナ禍におけるモノづくりの苦労としてどのようなものがあったのだろうか。(2020/12/16)

“ルマンドのボールペン”を作る方法 お菓子の包装を使ったアイデアに「天才」「真似したい」の声
お手軽に作れてかわいい!(2020/12/10)

新発想 手書きメモが書けるiPhone 12ケース コスモテックから
コスモテック(東京都立川市)は油性ペンなどで手書きのメモが書けるiPhone 12用のスマホケースを発売した。シリコン素材に独自のコーティングを施すことで、油性ボールペンでメモを取ることができ、消しゴムや指で消せる。水に濡れても消えない。(2020/12/10)

ぺんてる公式、毛先がぼさぼさになった古い筆ペンを復活させる方法を伝授 「黙っていれば新しいのが売れたのに」とその姿勢に感謝の声
12月は1年でもっとも筆ペンが売れるシーズンです。(2020/12/6)

サードウェーブ、8型液晶ペンタブ「raytrektab」新モデルを発表 予約販売ページを公開
サードウェーブは、同社製の8型液晶ペンタブレット「raytrektab」シリーズの新モデルを発表した。(2020/12/4)

ワコム、「Wacom One」「Wacom Intuos」などにホワイトボードアプリをバンドル
ワコムは、同社製ペンタブレットなど3製品にオンライン授業向けアプリをバンドルすると発表した。(2020/12/2)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
T字型にディスプレイが回転するスマホ「LG WING」 スタイラスペンを使うと便利
「LG WING」は、ディスプレイが回転する珍しい形状をしたスマートフォン。T型に開くとサブディスプレイも現れ、2つのディスプレイを同時に使うことができます。実はスタイラスペン入力に対応しています。(2020/11/30)

モバイルディスプレイの道:
レノボのペン付き14型モバイル液晶「ThinkVision M14t」はどんな用途に使える?
レノボの「ThinkVision M14t」は、モバイルディスプレイでは珍しい14型というサイズに加え、アクティブペンを標準で備えるなど異色のモデルだ。本製品ならではの強みをチェックした。(2020/11/30)

FOX、13.3型E-ink搭載のAndroidタブレット「BOOX Max Lumi」 約9万円(税別)
FOXは、13.3型のE-inkタブレット「BOOX Max Lumi」発売。Android 10を搭載し、電池不要のワコム製専用スタイラスペンが付属する。価格は8万9800円(税別)。(2020/11/27)

Dynabook、ワコム製デジタルペン付属の新ノートPC 360度ヒンジ採用で23万円
Dynabookがタブレットにもなる“2 in 1”ノートPCの新モデル「F8」を発表。360度ヒンジやペン入力を採用し、リモートワークやオフィスワーク、イラスト制作など趣味での使いやすさを高めたという。価格は23万円で、12月下旬に発売する。(2020/11/10)

Tiger Lake搭載:
コンシューマー向けプレミアム2in1 PC「dynabook V」「dynabook F」登場 ペン操作対応で“5in1”をうたう
Dynabookが、コンシューマー向け2in1 PCの新モデルを発表した。スタイラスペンでの操作に対応し、同社では“5in1”で使えるとアピールしている。(2020/11/10)

ドコモから「Galaxy Note20 Ultra 5G」登場 11月6日に発売 税込み価格は14.6万円
サムスン電子のGalaxy Noteの最新モデルが、NTTドコモからも発売される。Sペンの書き(描き)味が向上した他、1億画素超のアウトカメラを搭載したことが特徴だ。(2020/11/5)

モトローラ、2万円台のミッドレンジ「moto g9 play」、3万円台でスタイラスペン付きの「moto g PRO」発表
モトローラ・モビリティ・ジャパンが、スマートフォンの新モデル「moto g9 play」と「moto g PRO」を10月30日に発売する。moto g9 playは、6.5型の大きなディスプレイやトリプルカメラを搭載しながら2万円台の価格を実現。ビジネス向けのmoto g PROは、本体に収納できるスタイラスペンが付属する。(2020/10/26)

マウス、クリエイター向けPC「DAIV」にワコム製液晶ペンタブが付属するセットモデル
マウスコンピューターは、同社製のクリエイター向けPC「DAIV」にワコム製液晶ペンタブレットを付属したセットモデルを発売する。(2020/10/20)

「クーピーペンシル」がポーチになって付録に! ムック本『サクラクレパスの文具たち じゃばらポーチBOOK』が発売
今回もかわいい!(2020/10/17)

かわいい「ゴジラ」と「モスラ幼虫」のぬいぐるみペンケースが登場 持ち運びしやすいサイズ感
どっちもかわいい。(2020/10/10)

ノーベル物理学賞にロジャー・ペンローズさん 一般相対性理論からブラックホールの存在を導いた研究で 「ペンローズの三角形」など“不可能立体”でも有名
スウェーデン王立科学アカデミーは、2020年のノーベル物理学賞にロジャー・ペンローズさんなど3人を選出したと発表した。いずれもブラックホール関連の研究者。(2020/10/6)

畜ペンの目にも涙! つば九郎、ティモンディ高岸の“号泣始球式”にもらい泣き「さいきんゆるい…」
これは泣いちゃう。(2020/10/6)

プリンストン、木材を使ったペンタブレット「WoodPad」 4096段階の筆圧検知
木材を天板に使用したペンタブレット「WoodPad」が登場。実売予想価格は7.5インチモデルが7000円、10.4インチモデルが1万1000円(税別)。(2020/10/2)

鵜飼いを再現!? くちばしからペンを出し入れする「鵜ペンケース」  フェリシモが商品化
いつでもどこでも鵜飼い気分。(2020/9/29)

「Galaxy Buds Live」全員プレゼントも:
auが「Galaxy Note20 Ultra 5G」を10月中旬に発売 Sペンが進化してさらに使いやすく 1億800万画素カメラも搭載
サムスン電子の「Galaxy Note20 Ultra」が、auから登場する。ミリ波通信に対応することで超高速な5G通信を実現した他、おサイフケータイも搭載。先行する海外モデルと同様に進化したSペンや1億800万画素カメラも搭載も備える。(2020/9/25)

せが四郎のペンスタンドに実物大ゲームギア型バッグ! セガがTGS2020にあわせて新グッズ続々発売
メガドラミニ用のミニチュアカートリッジもセット販売で再登場。(2020/9/24)

イノベーションのレシピ:
リコー発スタートアップに見る、新規事業の育て方とアフターコロナのモノづくり
リコー発のスタートアップであるベクノスは2020年9月16日、第1弾製品としてペン型の全天球カメラ「IQUI(イクイ)」を発表した。本稿では、ベクノスが開発した製品とともに、リコーの新規事業への取り組みとコロナ禍におけるモノづくりの在り方について紹介する。(2020/9/18)

ペンにしか見えない全天球カメラ「IQUI」はカジュアル特化の「THETA」か
ペンにしか見えない全天球カメラ「IQUI」(イクイ)が登場した。リコー発のスタートアップカンパニーであるベクノスの製品で、THETAの元開発者がCEOを務めている。(2020/9/17)

感熱紙を使ったインスタントカメラがケンコー・トキナーから登場 シャッターを切ると、すぐプリント!
フレーム(8種類)をつけられたり、ペンで字を書いたりできるなど、さまざまな楽しみ方が可能。(2020/9/17)

PR:プロ絵師が今、“複数スキルで輝く時代”に必要な高性能PCを勧める理由
人気プロ絵師のrefeia先生が、マウスコンピューターのクリエイター向けノートPC「DAIV 5N」とワコムの液晶ペンタブレットの組み合わせを試し、改めて気が付いたことがあるという。その心得とは?(2020/8/27)

モバイルバッテリー付きのApple Pencil専用ケース、クラウドファンディングで登場
優心は、8月24日にApple Pencil第1世代専用ケース「PenBox-01」をクラウドファンディングで先行販売開始。キャリングケース、ペンスタンド、アクセサリー収納、容量5000mAhのモバイルバッテリーが一体化している。(2020/8/24)

屋外での不満を解消:
ゼブラが「ぬれた紙に書けるペン」発売 コロナ禍で高まった需要に対応
文具メーカーのゼブラは、水にぬれた紙にも書ける頑丈なペン「ウェットニー」(税込660円)を9月23日に発売する。屋外作業者から寄せられた「ぬれた紙に書けない」や、硬い地面にペンが落下し「軸が割れる」との不満を解消するため開発。インクは黒色のみで。本体カラーはガンメタリック、オレンジ、ブルーの3色。(2020/8/24)

濡れた紙にもしっかり書けるボールペン「ウェットニー」、ゼブラが発売 頑丈さも備えたプロユース向け
建築や運送といった屋外で作業する職種から、アウトドアでの筆記シーンに。(2020/8/24)

またカチカチできる! ぺんてる、サイドノック式シャープペン「ピアニッシモ」を数量限定で限定復刻
ノック式シャープペンの発売60周年を記念した製品の第一弾として復刻します。(2020/8/18)

書きづらい理由は「引く」と「押す」の違い?  「なぜ左利きはボールペンで書きづらいのか」に納得
文字の書き順がそもそも右利き向けという罠。(2020/8/15)

ペン先の上でも回る ハンドスピナーの仕組みを応用したコマ
約8分間回ります。(2020/8/12)

Innovative Tech:
手の甲をペンタブにしてスマートウォッチにお絵かきする技術が登場 独大学が開発
スマートウォッチの狭い領域で絵を描くのは無理がある。では、その近くにあるもっと広い場所を使えばいい。(2020/8/7)

ワコム、三菱鉛筆「Hi-uni」とコラボしたデジタルペン 同じ木材ボディーで再現
ワコムが、三菱鉛筆の「Hi-uni」を再現したデジタルペン「Hi-uni DIGITAL for Wacom」を発売する。Hi-uniと同じ木材を使い、軸の部分はHi-uniと同じ木材、同じ生産方法で製造した。価格は3960円(税込)。(2020/8/6)

「Galaxy Tab S7/S7+」発表 5G対応で120Hzディスプレイ搭載、新Sペンが付属
Samsung Electronicsが8月5日、タブレットの新製品「Galaxy Tab S7」「Galaxy Tab S7+」を発表した。Snapdragon 865 Plusを搭載しており5Gにも対応する。ディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応している。(2020/8/6)

約17時間利用可能なスマートペン「Neo smartpen M1+」発売 1万5500円(税込み)
NeoLABは、8月5日に書いた内容をデジタルで保存できるスマートペン「Neo smartpen M1+」を発売。約90分の充電で約17時間利用でき、取り扱いはAmazonで行う。価格は1万5500円(税込み)。(2020/8/5)

5G対応「Galaxy Note20」「Galaxy Note20 Ultra」見参 Sペンの使い勝手をさらに高めて利便性を向上
Samsung Electronicsの「Galaxy Note」シリーズの最新モデルが登場する。2つの画面サイズから選択可能で、Sペンのレイテンシー(遅延)を抑制することでより良い書き(描き)味を得たという。より大きな「Galaxy Note20 Ultra」はリフレッシュレート120Hzの超高速ディスプレイを搭載している。【更新】(2020/8/5)

FOX、Android 9.0搭載E-inkタブレット「BOOX - Nova 2」「BOOX - Max 3」発売
FOXは、Android 9.0を搭載したE-inkタブレット「BOOX - Nova 2」「BOOX - Max 3」を発売。Google Playからアプリをインストール可能で、ワコム製の専用スタイラスペンも付属する。(2020/7/30)

ペン操作も可能:
タッチ&ペン操作対応の「ThinkVision M14t」が日本上陸していた 直販価格5万600円(税込み)
レノボの14型モバイルディスプレイのタッチ操作対応モデルが日本でも販売を開始していたことが判明した。直販価格は税込みで5万600円だが、記事掲載時点では在庫切れで注文できない状態となっている。(2020/7/27)

8万7000ページを保存できる手書きのデジタルノート「フリーノ」 キングジムが発売
キングジムは手書きできるデジタルノート「フリーノ」を7月31日から発売する。6.8インチの電子ペーパーディスプレイを備え、ワコム製のデジタルペンで「まるで紙にペンで書いたようなスムーズな書き心地」(同社)を実現した。(2020/7/15)

専用ペンで書き込める電子ノート、キングジムが一般発売 筆圧検知も搭載、8万7000ページ分を保存可能
キングジムが専用ペンで書き込めるタブレット型デバイスを一般発売する。クラウドファンディングで約6000万円を集めた製品で価格はオープン。(2020/7/14)

富士通、ペン入力も可能な軽量13.3型コンバーティブルノート「LIFEBOOK UH95/E2」
富士通クライアントコンピューティングは、第10世代Coreプロセッサを採用した13.3型コンバーティブルノートPC「LIFEBOOK UH95/E2」を発表した。(2020/7/14)

プロ絵師が夢見た使い勝手と、現実に引き戻されるペン性能――「Yoga A940」をねっとり試したよ
27型で4K表示のタッチ対応ディスプレイに優れたパフォーマンス、さらにペン入力もサポートしたオールインワンPC「Yoga A940」を、人気プロ絵師のrefeia先生がチェックします。(2020/7/3)

筆箱でも推しをアピールできちゃう コクヨの透明ツールペンケース「ピープ」に無限の可能性を感じる
4ポケット付きインナーケースで実用性もばっちり。(2020/6/30)

「純喫茶ぺんてる」のフラットペンケースが付録付きムックに登場 レトロかわいいクリームソーダ柄にときめきが止まらない
文具イベント「文具女子博2019」で大人気だったデザインがペンケースに!(2020/6/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。