ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「液晶」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「液晶」に関する情報が集まったページです。

Amazon、1月2日から「初売りセール」開催 注文前に中身を確認できる「見える福袋」も登場
液晶テレビやPS4、Echo Plusなどが入った福袋も。(2019/1/1)

エイサー、堅牢設計のCore i3搭載ChromeBookなど2製品
日本エイサーは、15.6型ワイド液晶を搭載したChromeBook計2製品を発表した。(2019/12/12)

アイ・オー、4辺フレームレスのスマートデザインを採用したWQHD表示対応27型液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、WQHD表示に対応した27型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MQ272EDB-F」を発表した。(2019/12/11)

キヤノンがカラビナ型カメラ「iNSPiC REC」本格展開 ズーム、画面なし 「不便さ楽しんで」
キヤノンマーケティングジャパンがカラビナ形状の小型カメラ「iNSPiC REC」を店頭で販売する。ズームレンズや液晶画面はあえて付けない割り切った仕様で、「不便さを楽しんでほしい」という。(2019/12/5)

ワコム、Windows 10搭載クリエイター向け13.3型ペンタブPC「Wacom MobileStudio Pro 13」
ワコムは、ペンタブPC「Wacom MobileStudio Pro」のラインアップに13.3型液晶搭載モデルを追加した。(2019/12/5)

顕微鏡画像をチーム全員で共有できる EIZOが4K対応の57.5型手術用ディスプレイを開発
EIZOは、4K UHD解像度に対応した手術用57.5型液晶ディスプレイ「EX5841」を発表した。(2019/12/4)

モバイル液晶ディスプレイの道:
USB Type-CとHDMIをサポートした15.6型モバイル液晶ディスプレイ「Vinpok Split」を試す
クラウドファンディングを経て発売された「Vinpok Split」。15.6型で約635gという軽量ボディーのモバイル液晶ディスプレイをチェックした。(2019/12/3)

PEPPER JOBS、USB Type-C接続も可能なマルチタッチ対応の15.6型モバイル液晶ディスプレイ
リンクスインターナショナルは、PEPPER JOBS製の15.6型モバイル液晶ディスプレイ「Xtendtouch XT1610F」の取り扱いを開始する。(2019/12/2)

直射日光に負けないLEDディスプレイ、JDIが開発
ジャパンディスプレイが次世代ディスプレイの有力候補とされるマイクロLEDディスプレイの試作品を公開。一般的な液晶ディスプレイの10倍近い輝度を実現。直射日光が当たる場所でも使えるという。(2019/11/28)

PR:ビジネス用途に“ちょうどいい”23.8型と21.5型の液晶ディスプレイをデュアルで使って生産性を高めよう!
業務の効率化や生産性能向上といった働き方改革の中で、注目を集めているのが液晶ディスプレイだ。ノートPCに追加する外付けディスプレイとして、デスクトップPCでは手頃なデュアルディスプレイを実現する存在として欠かせないデバイスだ。そういった用途に最適なモデルを紹介しよう。(2019/11/27)

センチュリー、マルチタッチ対応の10.1型ポータブルディスプレイ
センチュリーは、タッチ操作に対応した10.1型ポータブル液晶ディスプレイ「LCD-10000HT2」を発表した。(2019/11/26)

マウス、Ryzen搭載の14型スリムノートPC 限定台数価格は税別7万9800円
マウスコンピューターは、プロセッサとしてRyzenを採用する14型フルHD液晶内蔵ノートPC「m-Book X400B」を発売する。(2019/11/22)

パナソニック、液晶パネル生産から撤退へ 中国とも競争激化
 パナソニックは21日、令和3年中に液晶パネルの生産事業から撤退すると発表した。今年度中の営業黒字化を目指していたが、投資を加速する中国メーカーなど新興国勢との競争が激化し、将来にわたり採算の好転が見込めないと判断した。(2019/11/22)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが液晶パネル生産を終了、中小型に注力するも市場環境の激化で
パナソニックは2019年11月21日、2021年をめどに液晶パネルの生産を終了すると発表した。市場環境の激化により事業継続は困難であると判断した。(2019/11/21)

2021年をめどに:
パナソニック、液晶パネルの生産終了を発表
パナソニックは2019年11月21日、液晶パネルの生産を2021年をめどに終了すると発表した。(2019/11/21)

パナソニック、液晶パネル事業から撤退 2021年めどに生産終了
パナソニックが、液晶パネル事業から撤退。傘下のパナソニック液晶ディスプレイで、2021年をめどに生産を終了する。(2019/11/21)

真っ赤なKoi Editonも用意:
日本語キーボードをひっさげた第10世代Core搭載の超小型PC「OneMix3 Pro」が国内販売開始
One-Netbook Technologyが8.4型の液晶ディスプレイを搭載した超小型PCの上位モデル「OneMix3 Pro」の日本国内モデルを発表、予約販売を開始した。発売は12月23日の予定だ。(2019/11/21)

センチュリー、3系統入力を備えた10.1型液晶ディスプレイ
センチュリーは、サブディスプレイなどに向く10.1型ワイドディスプレイ「LCD-10000VH6」を発表した。(2019/11/21)

体当たりッ!スマート家電事始め:
オーディオとAlexaのいい関係、Amazonの「Echo Input/Link」を試した
液晶画面付きやコンセント直差しタイプまで、Amazonのスマートスピーカー「Echoシリーズ」はますますバリエーションが増えている。今回はオーディオと相性の良い製品を試した。(2019/11/19)

ASUS、低遅延機能も備えたTNパネル採用24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、低遅延表示機能を備えた24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「VG245HE」を発売する。(2019/11/18)

PHILIPS、32:10比率のスーパーワイド表示に対応した43.4型湾曲液晶ディスプレイ
MMD Singaporeは、PHILIPSブランド製のスーパーワイド43.4型湾曲液晶ディスプレイ「439P9H1/11」の取り扱いを発表した。(2019/11/15)

デル、WQHD表示対応の27型ワイド液晶ディスプレイ Type-C接続モデルも用意
デルは、WQHD表示に対応した27型ワイド液晶ディスプレイ「P2720D」など2製品を発表した。(2019/11/13)

アイ・オー、プロゲーマー推奨モードも選べる240Hz対応24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、240Hz駆動に対応した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GC251UXB/A」など2製品を発表した。(2019/11/13)

AOC、240Hz駆動対応の24.5型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ
MMD Singaporeは、AOCブランド製の24.5型フルHDゲーミング液晶ディスプレイ「AG251FZ2/11」など2製品を発表した。(2019/11/8)

レノボ、14型4K液晶と第10世代Core搭載のスリムノート「Yoga S940」など4機種を投入
レノボ・ジャパンは、14型/15.6型スリムノートPC「Yoga S940」「Yoga S740」など計4機種を発表した。(2019/11/8)

ベンキュー、144Hz駆動対応の27型WQHDゲーミング液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、WQHD解像度に対応した27型ゲーミング液晶ディスプレイ「EX2780Q」を発売する。(2019/11/7)

エイサー、144Hz駆動にも対応した23.8型/27型ゲーミング液晶ディスプレイ
日本エイサーは、高リフレッシュレート表示に対応したゲーミング液晶ディスプレイ計2製品の販売を開始する。(2019/11/6)

モバイル液晶ディスプレイの道:
実売2万円前後とお得な日本エイサーの15.6型モバイル液晶ディスプレイ「PM161Qbu」を試す
作業効率を高めるデバイスとして、じわじわと注目を集めているモバイル液晶ディスプレイ。USB Type-C対応ながら、約2万円前後の手頃な日本エイサーの15.6型モバイルディスプレイ「PM161Qbu」を試した。(2019/11/6)

PR:プロイラストレーターがコスパ良好のXP-Pen液タブをガチで触ったら
コストパフォーマンスに優れた液晶ペンタブレット「Artist Pro」シリーズを発売しているXP-Pen Technology。実際の使い勝手はどうなのか、プロイラストレーターのrefeiaさんに試してもらった。(2019/11/1)

エイサー、カラバリ3色を用意した5万円台からのベーシック15.6型ノート 第10世代Core i5モデルも用意
日本エイサーは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを搭載したスタンダードノートPC「Aspire 3」シリーズ新モデルを発表した。(2019/11/5)

動画視聴に最適:
PR:最新ディスプレイ講座――新たな選択肢「OLED(有機EL)」がもたらす動画視聴の大革命
ディスプレイの購入にあたり、新たな選択肢が浮上している。そう、OLED(有機EL)だ。従来の液晶と何が違うのか、どこが優れているのか、気をつけるべきポイントは何かをまとめた。(2019/11/28)

ドコモの「AQUOS sense3 SH-02M」が11月1日発売 税込みで3万円台前半
NTTドコモの「AQUOS sense3 SH-02M」が11月1日に発売される。4000mAhのバッテリーや約5.5型のIGZO液晶ディスプレイで長時間利用でき、オリジナルカラーのディープピンクを加えた計4色で展開する。(2019/10/28)

iiyama、3辺狭額縁デザインを採用した27型フルHD液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、スマートな狭額縁デザインを採用する27型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite XUB2792HSU」を発売する。(2019/10/24)

UQ mobile、10月25日に「Xperia 8」発売 MNPなら1万8000円引き
UQ mobileは、10月25日に21:9の6.0型液晶ディスプレイやデュアルカメラを搭載した「Xperia 8」を発売。価格は5万5440円(税込、以下同)で、36回払いの場合は月1540円、24回払いの場合は月2310円となる。(2019/10/23)

EIZO、広色域表示に対応したクリエイター向けの27型4K液晶ディスプレイ
EIZOは、4K UHD表示に対応した27型ワイド液晶ディスプレイ「ColorEdge CS2740」を発表した。(2019/10/17)

エイサー、外出先でのプレゼンにも向く薄型デザインの15.6型モバイルディスプレイ
日本エイサーは、薄型デザイン筐体を採用した15.6型モバイル液晶ディスプレイ「PM161Qbu」を発表した。(2019/10/17)

iiyama、多機能スタンドを採用した21.5型フルHD液晶ディスプレイ
マウスコンピューターは、フルHD表示に対応した21.5型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite XUB2292HS」を発売する。(2019/10/17)

クリエイター向けPCやビジネスPCを強化:
キヤノンMJとMSIが直販ECサイト「MSIストア」を開設、第10世代Coreの専用モデルや5K液晶を展開
キヤノンマーケティングジャパンとエムエスアイコンピュータージャパン(MSI)が、10月17日から直販ECサイト「MSIストア」を開設し、クリエイター向けPCやゲーミングPC、ビジネスPCの拡販を目指す。(2019/10/17)

Google、10型液晶を内蔵したスマートディスプレイ「Google Nest Hub Max」 11月22日発売
Googleは、10型液晶を内蔵したスマートディスプレイ「Google Nest Hub Max」を発表した。(2019/10/16)

ソフトバンクが法人向けスマホ「DIGNO BX」「AQUOS sense3 basic」を11月中旬に発売
ソフトバンクが11月中旬に法人向けスマートフォンを2機種発売する。耐久性に優れて長期間使用できる「DIGNO BX」と大容量バッテリーとIGZO液晶を搭載した「AQUOS sense3 basic」の2機種を投入する。(2019/10/15)

ワコム、8192レベルの筆圧感知をサポートした4K液晶ペンタブレットPC
ワコムは、4K表示対応15.6型液晶ディスプレイを装備したタブレットPC「Wacom MobileStudio Pro 16」最新モデルを発表した。(2019/10/15)

「AQUOS sense3」がドコモから 4000mAhバッテリーにデュアルカメラ搭載
NTTドコモは、シャープ製のミッドレンジスマートフォン「AQUOS sense3 SH-02M」を11月上旬に発売する。背面に広角と超広角のデュアルカメラを搭載。4000mAhのバッテリーと省電力性に優れた約5.5型のIGZO液晶ディスプレイを搭載する。(2019/10/11)

aptX HD対応イヤフォンが付属 「AQUOS sense3 plus サウンド」がauから登場
KDDIが、「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」を、2019年12月上旬以降に発売する。価格は4万円台の予定。aptX HDに対応したパイオニア製のイヤフォンが付属する。約6.0型のIGZO液晶ディスプレイや4000mAhバッテリーによる高いスタミナも特徴に打ち出している。(2019/10/10)

auがミッドレンジの「Xperia 8」を発売 5万円台、シンプル仕様のホームも
KDDIがソニーモバイルの「Xperia 8 SOV42」を10月下旬以降に発売する。価格は5万円台の予定。Xperia 1や5の特徴を継承しつつも、カメラやプロセッサなどのスペックを抑えたミッドレンジモデル。アスペクト比が21:9と縦長の約6.0型フルHD+液晶を搭載する。(2019/10/10)

ドンキが税別2万9800円の21.5型液晶一体型デスクトップPCを発売
ドン・キホーテは、21.5型フルHD液晶ディスプレイを備えた一体型デスクトップPC「MONIPA」を発表した。(2019/10/10)

Y!mobileが取り扱い:
ミッドレンジの「Xperia 8」登場 21:9の6型液晶やデュアルカメラを搭載【写真追加】
ソニーモバイルコミュニケーションズが10月7日、Xperiaシリーズの新モデル「Xperia 8」を発表した。また同日に、ソフトバンクがY!mobileブランドで取り扱うことを発表した。21:9の6.0型液晶ディスプレイや、広角+望遠のデュアルカメラを搭載する。(2019/10/7)

G-Tune、RTX 2060を装備した144Hz駆動15.6型液晶内蔵のゲーミングノート
マウスコンピューターは、144Hz駆動に対応した15.6型フルHD液晶ディスプレイを備えたゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5580」シリーズを発表した。(2019/10/7)

GIGABYTE、第9世代Core i7+144Hz駆動液晶を備えた17型ゲーミングノート「AORUS 7」
台湾GIGABYTE Technologyは、144Hz駆動対応の17型フルHD液晶を内蔵するゲーミングノートPC「AORUS 7」シリーズを発表した。(2019/10/4)

ViewSonic、144Hz駆動対応の27型ゲーミング液晶ディスプレイ ドスパラ専売
ビューソニックジャパンは、144Hzの高リフレッシュレート表示に対応した27型ゲーミング液晶ディスプレイを発表した。(2019/10/2)

太陽光:
電力不要の「省エネ調光ガラス」実現へ、温度差で太陽光の透過量が変わる新材料
産総研らの研究グループが液晶と高分子の複合材料を開発。温度変化によって太陽光などの透過量を自動制御できる超高ガラスなどの製造が可能な材料で、電力を用いずに利用でき省エネな調光窓ガラスの実現などに寄与できる成果としている。(2019/10/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。