ニュース
» 2013年06月25日 09時42分 公開

名刺管理アプリ「Eight」がアップデート、名刺を「ためる」から「使う」へ

SanSanはクラウド型名刺管理アプリ「Eight」をアップデート。住所や携帯番号を含む名刺に記載されている全ての情報をデータ化する機能などを追加した。

[Business Media 誠]

 SanSanは6月24日、クラウド型名刺管理アプリ「Eight」のアップデートを行った。住所や携帯番号を含む名刺に記載されている全ての情報をデータ化する機能などを追加した。

 Eightは、スマートフォンアプリで読み込んだ名刺情報をオペレータが手入力でデータ化する“人力OCR”が特徴のクラウド型名刺管理アプリ。インターネットにつながっていれば、どこからでも名刺情報を参照できる。

 今回のアップデートで追加したのは主に以下の8項目。

  • 名刺の全項目をデータ化
  • オフラインでも使える
  • 名刺に業種、業態の情報を追加できる
  • 好みの画像をカバー写真として設定可
  • インデックス検索で素早く名刺を確認
  • ラベルで名刺を探しやすくグルーピング
  • 名刺の一覧画面右端に頭文字を表示
  • Web版のデザインを一新


 これまでもクラウド型名刺管理アプリの中でも知名度の高いアプリではあったが、今回のアップデートにより、SanSanでは名刺を「ためる」アプリから名刺を「使う」アプリへ進化したとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ