連載
» 2013年08月23日 11時00分 公開

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:思慮深い人だと印象付ける3つのボディランゲージ (2/3)

[松本幸夫,Business Media 誠]

 さて、「頭がいい」のを見せるために、次の3つのボディランゲージをときどき意識的にやってみよう。特に「考える場面」「決断する場面」など、頭を使わないといけないときは、必ず何回か入れてみることだ。その「見た目」によって、あなたは「真剣に考えているな」「頭をフル回転させているな」というのを周囲に見せることができるようになる。

 先の「考える人」がニコニコして、手を振っているようなことはあり得ないだろう。態度というのは、その人の心の状態を映し出すものだからだ。

 では、思慮深い人がとるべきボディランゲージとは、どんなものがあるだろうか。

  • 1.アゴに手を触れる

 考えながら、アゴに指や手を当ててみよう。それだけでも何か「考えている」という雰囲気が見せられるものだ。

 もちろん「うーん……」と考えながら、手をアゴに持って行ければそれがいい。少々首を傾けるともっといい。「深く考えているな」というボディランゲージになる。

 これはセールスの「買い気信号」としては、迷っているとき、判断しようと熟慮中ということを意味する。だから、もしもあなたが営業マンで、顧客がこのシグナルを見せ始めたら、たたみかけて決断を促すようにするとよい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -