ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「あなたの話の9割は相手に伝わっていません」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「あなたの話の9割は相手に伝わっていません」に関する情報が集まったページです。

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
どんな場合でも反対意見を言う
一般的に、あの人は「頭のいい人だ」というのは、かなりの部分はイメージである。物事の2面性を生かしてどんな場合でも反対意見を出す工夫をすることで、思慮深く知的な人に思われるようになる。(2013/8/28)

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
思慮深い人だと印象付ける3つのボディランゲージ
人とのコミュニケーションにおいては「何をどのように話すか」ということに加え、「真剣に考えている人」を演出するためのジェスチャーを、効果的に“見せる”のが効果的だ。言葉よりも、表情やボディランゲージのほうが圧倒的に伝わることも多いのだ。(2013/8/23)

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
要検討のことは即決しない
何かを決めなければいけないとき、即決するとたいていは失敗する。大事な場面で後悔しないために、また相手に“考え抜いたうえで決断した”と思われるためにも、「考えさせてください」と言おう。(2013/8/16)

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
頼み事には「なぜなら」を付ける
あなたは何かを誰かに頼むとき、断られず、快く引き受けてもらえる話し方をしているだろうか? 理由はハッキリしなくても「なせなら」が付くと、人は納得しやすい傾向がある。私たちは、どのような行動にも「なぜ?」という理由を無意識に求めているのだ。(2013/8/14)

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
話の中に数字を入れると“それらしく”聞こえる
ビジネスにおいて、相手の心に残る話し方をするのは重要だ。便利なのが、話の中に具体的な数字を入れることである。説得力が増す話し方として、押さえておきたいポイントだ。(2013/8/9)

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
考えている“フリ”が重要
じっくり考えることが当然の質問に対して即答してしまうと、適当に答えている、あるいはまじめに考えていないように見えてしまう。少なくとも、「考えているフリ」はしたほうがいい。今回は、考えているように見えて「頭がいい」とまで思わせる方法を紹介する。(2013/8/7)

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
聞く耳を持ってもらうために、まずは徹底して人の話を聞く
実際に話すときは堂々と発言するのが理想的だが、それはなかなか難しい。まずは好印象を与えて、聞く耳を持ってもらうことからはじめたい。そのためのステップを紹介しよう。(2013/8/2)

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
敵対する人も、話し方次第で味方になる
ビジネスでもプライベートでも話し方1つで印象は変わり、その後の人間関係や出世をも左右することもある。誰からも信頼されて仕事を任され、親われて尊敬される。話し方次第で、充実した人生が手に入るのだ。(2013/7/31)

あなたの話の9割は相手に伝わっていません:
なぜ「デキる人」は話がうまいのか?
極度のあがり症とまではいかなくとも、多くの人はいざというときはプレッシャーを感じて緊張するものである。普段の実力を出すにはその感情をコントロールすることが欠かせない。どんなことに気をつけたらいいか、まずはそこから見ていこう。(2013/7/26)

聞き手に反感を持たれる7つの話し方
意図することが伝わっていなかった、そんな経験はありませんか? そんな方のために気をつけたい話し方の落とし穴を7つ紹介します。(2013/7/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。