ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「感情」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「感情」に関する情報が集まったページです。

娘の2歳から5歳まで、4年分の“誕生日”をまとめてみた 「ハッピーバースデー!」に対する応答の成長に感涙の声【海外】
どんどん豊かになる感情表現。(2024/2/23)

NEWS Weekly Top10:
今あえて「mixi」をやってみて気づいた、あのころの良さ
最近筆者は、往年のSNS「mixi」を本格的に再開している。mixiのスタートは2004年。“Web2.0”としては先進的なサービスだった。当時最先端だったサービスを20年後にやってみたら、意外な感情がわき起こってきた。(2024/2/19)

木下優樹菜、韓国移籍の恋人と一家で再会 感情爆発した8歳次女は空港で絶叫「みゆたァァァンっ!!!」
1カ月ぶりに再会した木下さんたちと三幸秀稔選手。(2024/2/19)

「きれいな先輩に失恋した話」、視点を変えると…… 認知の違いが浮かび上がる漫画に「リアリティがエグい」「視点の変化でこんなにも感情が変わるものなのか」
前半と後半で印象ががらりと変わります。(2024/2/18)

「33歳のVTuber」、掲示板のコメントに発信者情報開示請求→東京地裁が棄却 裁判例がWebで公開
東京地方裁判所は、あるVTuberが発信者情報開示請求に失敗した裁判例を公式Webサイトで公開した。「5ちゃんねる」の書き込みに対して、プライバシーや名誉感情、著作権などが侵害されたと主張したが、原告側の主張は全て棄却となった。(2024/2/9)

ダイアモンド☆ユカイ、14歳長女巡る“涙モノ”の決定に感情爆発「離れて暮らし早3年」「こんな日が訪れるとは」
「俺泣く」(2024/2/7)

スマートグラスに周りの声を感情表現豊かに字幕表示するシステム、DNPが開発 
大日本印刷は22日、美術鑑賞会などで解説者や周囲の参加者の声をテキストにしてスマートグラスに字幕表示するシステムを発表した。(2024/1/22)

9200キロ先にアバター 2025年、見たことない世界示せるか
意思や感情を伝え合うコミュニケーションを進化させてきた人類の歴史。はるか遠の人が目の前に−。2025年大阪・関西万博では、近未来の技術が出現する。(2024/1/21)

愛犬をなでていた飼い主、ふと視線を感じると外のデカわんこが…… 感情ダダもれな表情に「CM出れそう」「主演男優賞w」
表情が物語っている……。(2024/1/21)

恋愛感情ってどんな味? AIで分析して開発したパン「恋AIパン」登場 NECと木村屋がタッグ
恋愛番組の参加者の会話などをAIで分析しました。(2024/1/18)

木村屋とNEC共同開発の「恋AIパン」 初めてのデートから失恋までの“味”
パン製造・販売の木村屋総本店とNECは17日、人工知能(AI)を使って恋愛感情を味で表現した蒸しパン「恋AI(れんあい)パン」5種類を共同開発し、2月1日から順次販売すると発表した。初めてのデートから失恋まで、さまざまな恋愛シーンの味を楽しめるようにした。(2024/1/17)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
AIもいずれ感情を持つ――人間に残された仕事は「不完全さ」にある
社員一人一人の「デジタルクローン」を作製し、業務の一部を代行させているAIスタートアップのオルツ。多くの業務をAIクローンが代行できるようになった場合、私たちリアルな人間に求められる役割とは一体、何なのか。米倉千貴CEOに聞いた。(2024/1/16)

菊地亜美、3歳娘の“ランウェイ姿”に感情大爆発「可愛いと微笑ましいと頑張れと」 子育て世代から共感「素敵なママ」「楽しいですよね」
最高の施設。(2024/1/10)

FRUITS ZIPPER、レコ大最優秀新人賞受賞 ネットでは元てれび戦士・鎮西寿々歌に注目集まる 「オレンジの子のビジュもえぐい」「感情が忙しい」
おめでとうございます!(2023/12/30)

GPT対話モードも搭載した「Loona Blue」をお迎えしてみた 感情表現がとても豊かなペットロボット
Ankerのグループ会社、ルーナ・ジャパンが発売したペットロボット「Loona Blue」のファーストインプレッションをお届けする。(2023/12/28)

殺処分対象だった野犬、感情をなくしていたが1週間後…… 感動のビフォーアフターに「すごい変化」「勇気をもらいました」
徐々に穏やかな表情に……!(2023/12/28)

人間的な感情を持たないOL、「低脳な女」と罵る新人に喜んだワケ “普通”に固執する人間の異常な言動を描いたマンガがゾクゾクする
12月7日にコミックス第1巻が刊行された『阿武ノーマル』。(2023/12/21)

ブルドッグが大好きなバァバとサプライズ再会! 放心状態→感情爆発のリアクションに「愛とおシッコがダダ漏れww」
かわいくて笑っちゃう!(2023/12/14)

柴犬、飼い主の「行ってくるね」にジワジワと表情がくもっていき……? 豊かな感情のゆれ動きに「切ない……」「押し寄せてる」
お土産買ってくるからね……!(2023/12/8)

ワンコ、「注射なんて楽勝!」と思ったのもつかの間……? 感情のジェットコースターに「おそかったw」
いっぱい褒めてあげたい。(2023/12/5)

「楽しい」と「楽しむ」は違うのじゃ:
お悩みその20 「仕事が楽しい」とは思えない(31歳 男性 SE)
感情を重視するのは、心のバグじゃよ。(2023/12/4)

「うしろ……」「若干ホラー」「まじでどういう感情ww」 兄猫の背後に映る“感情が謎すぎ”子猫の姿に爆笑の嵐
お分かりいただけただろうか。(2023/11/21)

フクロウが10日ぶりに退院した飼い主を見た瞬間、喜びのあまり…… 驚きとうれしさ爆発のリアクションが「感情豊か」と160万再生
うれしくて大興奮!(2023/11/9)

「ごはん」と聞いて駆けつけた猫、しかし皿は空っぽで…… 感情丸わかりながくぜんの表情に笑ってしまう
ごはんと聞いたら落ちついていられないよね。(2023/11/7)

ChatGPT活用のペットロボット「Loona Blue」、Ankerが発売 月額不要で買い切り
「子犬や子猫のような多彩な動きや豊かな感情表現ができる」という小型のペットロボットをAnkerの子会社が発売する。(2023/11/2)

父の出張で元気がなくなったデカワンコ、1週間ぶりの再会で…… 感情爆発な姿が「涙腺崩壊しました」と415万再生
ふたりの絆の深さに感動。(2023/11/2)

サークル拒否で逃げ出したコーギーを確保!→数日後、再び確保され…… 「解せぬ」の感情ダダ漏れな真顔に笑ってしまう
顔に出ちゃってますよ〜!(2023/11/2)

Netflixアニメ「PLUTO」の予告編が公開 ロボットたちの感情がグラグラ揺さぶられる
配信前の10月20日には世界最速となるジャパンプレミアが開催予定。(2023/10/3)

「侵襲型」と「非侵襲型」でデバイス開発が進展:
念じてコーディングも可能に? 脳波×AI活用「ブレインテック」の今
4年ぶりのリアル開催となった「東京ゲームショウ2023」で展示されていたのは、脳波を活用して感情分析する「NEO×AI.R」だ。ビジネスシーンで脳波を活用する価値とは何か、プロダクト開発に、脳波がどう役立つのか。「BrainTech」の現状と併せて話を聞いた。(2023/9/22)

「小売DXと仕掛学」後編:
店舗と客の接点増には「ムダや遊び」が不可欠 仕掛けで変わる体験価値
好奇心をくすぐる工夫で、人々の行動変容を促す「仕掛け」。仕掛けと小売を掛け合わせたら、どんなシナジーが生まれるのか――。後編では、小売業における仕掛けの活用シーンや、DXにエモーションが欠かせない理由について紹介する。(2023/9/4)

嫌いな上司の特徴、「嫌味を言う」「感情的・怒鳴る」を抑えた1位は?
嫌われる上司は、どのような特徴があるのか。社会人経験のある男女に聞いたところ……。(2023/8/31)

AIの遺電子と探る未来:
“人を動かすAI”は賢くなくてもいい 親しすぎるのは危険だから規制するべき? 専門家と漫画家で議論してみた
今回の記事は、感情に訴えるふるまいをするロボットやAIの可能性について。日本SF作家クラブ会長でもあり、人とエージェントの関係性を研究する慶應義塾大学准教授の大澤博隆さんと、AIの遺電子原作者・山田胡瓜さんの対談でお届けする。(2023/8/25)

ワンコ「なんで!?」 お出迎えワンコをなでるのをやめたら……→感情大爆発でジタバタするかわいさにもん絶
わしゃわしゃしたくなる〜!(2023/8/8)

廣瀬涼「エンタメビジネス研究所」:
YouTube激変で赤字転落「UUUM」 背景に「損したくない」Z世代の感情?
UUUMが過去最高の赤字を計上した。減収の要因の一つは、短尺のYouTubeショートの再生回数増に伴い、長尺の動画の再生回数が当初の想定を下回ったことだ。短尺動画が支持される背景には、Z世代特有の感情があるようだ。(2023/7/29)

「仮面ライダーリバイス」出演の映美くらら、“ジョージ・狩崎”と1年ぶり再会 「メチャ嬉しいショット」「エモーショナルです」
ファンにはうれしい再会ショット。(2023/7/28)

保護されてから20年間ひとりぼっちだったロバ 「友達になってくれる……?」と仲間に駆け寄る姿に感涙の声【米】
感情が高まる様子が見て取れます。(2023/7/2)

解決できた人は少ない:
「蛙化現象」を経験した割合は? 男女500人に聞いた
自分が好きだと思っていた人が、突然まるで蛙(カエル)のように見えてしまい、相手に対する感情が冷めてしまう蛙化現象。この現象を経験したことがある人は、どのくらいいるのだろうか。(2023/6/25)

「帰りたいの…?」「ファンモンのCDジャケット感」 雨の日のお散歩中、全てを悟ってしまったワンコの表情に6万いいね
どういう感情なのだ……。(2023/6/24)

スネる猫を置いて1泊した飼い主、帰宅すると…… 感情爆発で抱きつくギャップ萌えな姿がかわいすぎる
出掛ける前と帰宅後の反応にキュンと来る……。(2023/6/14)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
格安コピー品「自慢する」米Z世代 正規ブランドがとった“常識外れ”の一手とは
米国で「デュープ」という、オリジナル商品にとても似た他社の商品が話題となっている。Z世代の間では、デュープを身に着けることにネガティブな感情はなく、むしろ好意的に受け止められている。正規ブランドはこうした流れにどう立ち向かったのか?ルルレモンの常識外れのキャンペーンを紹介する。(2023/5/30)

「大切なお知らせ」を見たときのオタクあるある 「分かりみが深すぎる」「これ全部経験あるなwww」と共感の嵐
感情の振れ幅がすごい。(2023/5/31)

マネジメント力を科学する:
第14回:ビジネススキルとしてのEQの価値・意味、使い方
経営者やリーダーが発揮すべきEQ、「感情的知性」のファーストステップは「心の鍵を開ける」こと。(2023/5/23)

語りたいおじさん達に朗報?:
部下に嫌われる「自慢話」、代わりに聞きます――森永乳業のシュールなオンラインサービスが面白い
お酒の席で上司から聞かされる自慢話ほど、苦痛なものはない。こうした部下の気持ちを察して、口を閉じてしまったミドル層もいるのではないか。でも、頑張ってきたことを誰かに聞いてほしいと思うのは、自然な感情。そんな思いを受け止めようと、森永乳業がユニークなオンラインサービスを開設した。(2023/5/3)

末っ子の入園前、あることに気づき荒ぶるパパは…… 夫婦愛あふれる漫画に「良すぎて泣いちゃう」「愛がすごい!」の声
感情がジェットコースター。(2023/4/18)

AI・機械学習の用語辞典:
イライザ効果(ELIZA effect)とは?
用語「イライザ効果」について説明。コンピュータプログラム/AIモデルの動作が人間の動作に類似していると無意識に想定する傾向のこと、つまり例えばチャットボット/チャットAIを「擬人化」して感情移入することを指す。(2023/4/17)

一瞬“結婚報告”かと思ったら…… 切ない「ご報告」に笑いと涙の声 休日に働くことになった社会人のツイートに反響
ある意味で感情を揺さぶられる“報告”。(2023/4/15)

横浜国立大らが開発:
AIと心電センサーで手術中の医師の感情を可視化
横浜国立大学とミルウスは2023年3月31日、心電図センサーとAIを用い、手術中の医師の感情変化を可視化するシステムを開発したと発表した。熟練医師の感情を分析することで、研修医教育に役立つと期待される。(2023/4/17)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
管理職は「感情労働」 反発する部下やプレッシャーをかける上司と、どう戦う?
業務量の増加や世代間ギャップなど、管理職の悩みは尽きない。生き残りに必死でプレッシャーをかけてくる上司や経営層と、労働環境に不満をため込む部下に挟まれ、現場で孤軍奮闘する。そんな現実の中、管理職はどのように自分の仕事をとらえ、働くべきなのか──?(2023/4/14)

オウム「目のゴミがとれたぁぁぁぁ!!!」 飼い主と喜びを分かち合うタイハクオウムに「感情豊かで愛おしい」「本当嬉しそうw」
テンションの上がり方がわかりやすくてかわいい。(2023/4/4)

Innovative Tech:
顔にボトックス注射を打つと脳が混乱? 他人の表情を読み取りづらくなる 米国チームが発表
米University of California Irvine(UCI)に所属する研究者らは、ボトックス注射を顔に投与することで、感情に関わる脳活動が変化することを実証した研究報告を発表した。(2023/4/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。