ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感情」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「感情」に関する情報が集まったページです。

チャレンジするマーケター:
データの裏側にある人の感情と向き合う――IKEUCHI ORGANIC牟田口 武志氏
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/18)

「これでシリーズが終わってもハッピーだと思っている」 「トイ・ストーリー4」の監督が公開前に語ったウッディの成長の“完結”
今回は非常にエモーショナルな結末を用意しています(クーリー監督)。(2019/7/5)

調布でバーチャルヒューマンエージェント実証実験:
表情を読み取る「AIお姉さん」が画面から話しかけてくる
6月末に調布で、モニター画面から話しかけてくる等身大のAI(人工知能)エージェントを街角に置く実証実験が行われる。相手の感情を読み取り、自分の表情も変化させながら自律的に会話するAIエージェントは、世界的に見ても新しい。ゲームAIの技術と機械学習に基づくAIの技術を組み合わせた。(2019/6/26)

相変わらず仲いいな! 水川あさみ、片瀬那奈との“謎ダンス”にツッコむ山田孝之へ「目の前で踊ってあげる」
水川さん「よくわからんけどエモーショナルなダンス」。(2019/6/13)

泣きたくても泣けない時に…… ちょっぴり悲しいからくり人形から流れる涙に心が動く
良い意味でいろんな感情に襲われるからくり人形です。(2019/6/11)

なぜ少女ロボットは傭兵の盾になろうとしたのか “相棒”の絆を描いた漫画に涙
人間のような感情をもったロボットと、彼女を道具以上に大切に思う人間の絆のおはなし。(2019/6/1)

トヨタ紡績、国内初出展:
「人の感情を読み取るシート」で快適環境を実現
トヨタ紡績は、「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)で、乗員の感情を判断して車室内環境を快適なものに変化させる動的快適システム「Aces IUS」を国内初出展した。(2019/5/29)

Books&Apps:
正義の心で怒る人たちは、なぜ幸せになれないのか
怒りの感情は扱うのがとても難しい。怒りに飲み込まれ、怒りの狂信者とならないために私たちがすべきこととは?(2019/5/29)

Amazon、人の感情を読み取るウェアラブル開発中──Bloomberg報道
Amazonが、ユーザーの声の調子から感情を分析し、適切なアドバイスをするリストバンドタイプのAlexa端末を開発中だとBloombergが報じた。(2019/5/24)

改札を抜ければどこへでも行ける 地下鉄の駅ですれ違う人を描く漫画に感情がこみ上げる
改札を抜けて電車に乗って乗り換えたら空港も沖縄もその先も、どこへも行ける。(2019/5/23)

開発残酷物語(10):
営業部が発注したシステムを運用部門が受け取り拒否!――ユーザー社内のゴタゴタに巻き込まれた新興システム開発会社の運命
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は、外国人エンジニア同士の感情のもつれが由来のトラブルと、ユーザー企業の営業部門(発注元)と運用部門(納品先)の合意が取れていなかったために納品後1年以上もシステムが塩漬けにされたトラブルの2本立てでお送りします。(2019/5/20)

感情を脳波で可視化、記者が体験 国内大手企業で活用進む
脳波測定により感情を可視化するシステムを、電通サイエンスジャムが5月7日に発表。Japan IT Weekで体験してきた。(2019/5/9)

「感情がない妻」に心は芽生えているのか 家事ロボットとの“結婚”生活描く漫画に胸がうずく
家事ロボットがオムライスに書いた「LOVE」は本当のラブなのか?(2019/5/2)

用途はセキュリティ対策だけではない
患者の気持ちをリアルタイム検知 「顔認証技術」の医療利用シーン4選
医療機関で顔認識技術を利用すれば、患者の感情を分析したり、入院患者の居場所の特定を容易にしたりできる可能性がある。デバイスや施設のセキュリティ対策だけではない、顔認識技術の利用方法について考える。(2019/4/26)

PR:仕事は「自らの方法で」する時代 企業でMacの利用が増えている理由
人は感情で動く生き物だ。海外の成功している企業では、ルールで縛ることよりも先に「心地よく働けること」を重視している姿勢が目立つ。IT業界の動向に精通するジャーナリスト、林信行氏が企業のMac利用と、モバイルデバイス管理システム(MDM)で注目を集める「Jamf Pro」を解説。(2019/6/4)

“対話のコツ”を学習したAIが保険金サービスの電話応対をガイド――損保ジャパン日本興亜、NTT Comと共同開発
損保ジャパン日本興亜は、NTTコミュニケーションズのAI技術を活用し、保険金サービス拠点の電話応対を支援する「電話応対ガイドAI」を開発する。対話品質が高いオペレーターの“対話のコツ”を学習したAIが、通話中の顧客の感情をリアルタイムで分析し、次にかけるべき言葉など、適切な対応をガイドする。(2019/4/18)

PR:ポカリ新CM「魂の叫び」メイキング秘話! 14歳の少女が感情をむき出しにするまでの3週間が最高に胸アツ
正しくあるままで間違えるんだ。(2019/4/15)

美少女登竜門「ポカリスエット」新CMに14歳の茅島みずき 170センチの長身生かしたダンスで綾瀬はるか、中条あやみに続く
それぞれの感情を思いのままに表現した“青ダンス”が見どころです。(2019/4/12)

UIデザインの次の大きな波
Google Empathy Labのアプローチは“デザイン感覚” 共感型UIを追求する
Google Empathy Labの責任者であるダニエル・クレテック氏が、国際カンファレンス「Wisdom 2.0」で、UIデザインの次の大きな波について解説した。それは人々の痛みや幸福といった感情を感じる技術だ。(2019/4/2)

6500社以上に導入:
PR:“感情の変化”を捉えるWeb接客 「ecコンシェル」が購入率アップをサポート
ECサイトの購入率や回遊率を向上させるために導入が進む「Web接客」。NTTドコモのサービス「ecコンシェル」は、ECサイトのみならず、6500社以上の幅広い業種で利用されている。なぜ多くの企業で利用されているのか。その最大の理由は「AI」にあった。(2019/3/18)

リテールテックJAPAN 2019:
見えるぞ! 私にもNECの説明員のストレスが見える!
NECは「リテールテックJAPAN 2019」(2019年3月5〜8日、東京ビッグサイト)において、感情分析ソリューションの実演をブース内で行った。(2019/3/6)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
優勝8回、総額1千万円超の賞金をゲットした起業家に「プレゼンの極意」を聞いてみた――Empath CSO 山崎はずむさん(後編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。なぜ、音声感情解析技術「Empath」は海外のピッチコンテストで注目されているのか、この仕事を始めるきっかけは何だったのかを同社共同創業者でCSOの山崎はずむさんに聞きました。(2019/2/27)

今日のリサーチ:
6秒動画広告が視聴者の感情に与える影響――Teads調べ
効果的な活用方法についての見解もまとめています。(2019/2/22)

普及のネックは体験と機能:
普及率6%のスマートスピーカー 有料でも欲しい機能は?
電通デジタルの調査によるとスマートスピーカーの普及率は6%。Google HomeやAmazon Echoがよく利用されている。利用用途の中心は音楽だが、今後は、気分や感情を読み取ったサービスに期待が寄せられている。(2019/2/18)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
海外ピッチコンテストを席巻! 「声で感情を丸裸にする」技術の使い道って?――Empath CSO 山崎はずむさん(前編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、音声感情解析技術で海外ピッチコンテストを席巻している「Empath」の共同創設者、山崎はずむさんです。(2019/2/15)

かつては競合関係:
米企業による“乗っ取り”? 「オリオン買収」への沖縄県民感情に配慮、TOBの舞台裏
野村ホールディングス(HD)傘下の投資ファンドと米投資ファンドのカーライル・グループがオリオンビール(沖縄県浦添市)に対する株式の公開買い付け(TOB)を進めている。経営陣による自社買収(MBO)の一環で、営業力を強化して海外展開を加速し、地域経済の発展につなげるというストーリーを描く。実は当初、野村HDとカーライルは競合関係にあった。最終的に共同提案の形に落ち着いた背景には、会社の将来性のためだけでなく、複雑な県民感情への配慮があったという。(2019/2/14)

佐々木希、31歳の誕生日に“激動”の1年振り返る 「色んな感情を味わった」「とても目まぐるしい日々」
ママの一面も見てみたい。(2019/2/8)

Gartner Insights Pickup(95):
“感情AI”技術、気付きにくい13の活用法
“感情AI”は企業の顧客エクスペリエンス向上やコスト削減にどう役立つのか。さまざまな業界における、13の気付きにくい活用方法を紹介する。(2019/2/8)

怖さと友情が胸に刺さるホラー漫画『震えてる??』に反響 「温かくて泣けるホラー」「引き込まれる」
登場する2人のどちらにもグッと感情移入してしまう……。(2019/1/29)

「感情」を知らないクローンの少女が愛情を見つけ出す物語 「レナの幸せな時間」に「涙があふれた」の声
生まれた目的が生きる目的になる感動的なお話。(2019/1/25)

感情どこ行った! 死神姿のゴールデンボンバー・樽美酒研二、子どもとの3ショットのギャップが激しすぎる
温度差……。(2019/1/19)

【特集】ネットと銭湯サウナ:
銭湯、天ぷら、レモンサワー。体に溜まっていく毒と、それでもネットが大好きだという話
「私たちはネットで知らない間に“負の感情”を蓄積しており、それをどこかで発散させる機会が必要だ」――御朱印集めが好きなライター・ちぷたそさんによる、銭湯サウナエッセイ。(2019/1/16)

NTT Com、自然言語解析APIサービスに「言い淀み除去」「音声認識誤り検知」「感情分析」などを追加
NTTコミュニケーションズは、自然言語解析APIサービス「COTOHA API」のラインアップを強化。「ええと」などの言いよどみを除去するAPI、言い間違いや音声認識の誤りを検知するAPIなどを追加し、音声認識の精度向上と日本語解析の高度化を図った。(2019/1/16)

CES2019:
音声認識に視線や感情、眠気検知を組み合わせ、より柔軟なエージェントに
Nuance Communications(ニュアンス)は、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、カメラによる視線検知と音声認識技術を組み合わせた開発中の新機能を披露した。開発技術は、POI(Point of Interest)検索やストリーミングサービス、リアルタイムな情報を得る場合にはクラウド連携が必要だが、それ以外については車載情報機器側で処理が終えられるという。(2019/1/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京オートサロンで友山副社長が語ったエモーション
先週開催された「東京オートサロン2019」。初日の朝一番に行われたプレスカンファレンスでマイクを握ったのは、トヨタ自動車の友山茂樹副社長だ。GRカンパニー率いる友山氏が語ったこととは……?(2019/1/15)

ベッドの上でキスしながら「好きにならないでね?」って、残酷過ぎるよ先輩 「やがて君になる」12話
言葉にせず隠している感情が、痛い。(2018/12/21)

「本当に付き合ってほしい」 川口春奈&高橋一生、“カップル風”2ショットがお似合いすぎて言葉も出ない
嫉妬の感情すら湧かないぜ。(2018/12/18)

テキストから感情分析するAIツール、ユーザーローカルが無償公開 いろいろ試してみた
入力したテキストに含まれる感情を分析するWebサービスをユーザーローカルが公開。(2018/12/17)

成功者の悪口を言うのは「自分のダメさを認められない」から? “悪い感情”との向き合い方を考察した漫画が胸に刺さる
自分のダメさを認めるより誰かを責める方が楽だけど。(2018/12/16)

あなたの心に寄り添う仏像はこちらです ユーザーにピッタリの仏像を教えてくれるサイト、奈良大学が開発
ユーザーの顔画像を分析し、その感情を受け止めてくれる仏像を選んで教えてくれます。(2018/12/7)

阿修羅像は推定23歳、「悲しみ」の感情が強い――奈良大学、MicrosoftのAIで仏像の表情を分析
奈良大学の学生プロジェクトが、Microsoftの「Cognitive Services」を活用し、216体の仏像の写真を基に、表情を分析して推定年齢と感情を調査。仏像の平均年齢は38歳で、飛鳥時代の仏像の表情は「喜び」の数値が高いなど、新たな視点から仏像の特色を明らかにした。(2018/12/7)

「あなたの感情受け止めます」 奈良大が仏像マッチングサイト公開 顔写真から感情推定
奈良大学が顔写真をもとに、自分の感情に合った仏像をマッチングするサイト「Buddha Matching(仏顔診断)」を公開した。Microsoftの感情推定技術「EmotionAPI」を活用している。(2018/12/5)

感情どこいった!? 鈴木えみ、“意思を持つマネキン”に挟まれた無表情ショットがゾクゾクする美しさ
アパレル店にいたら間違えそう。(2018/11/30)

「我輩たった今わかったぞ」 ずっと飼い主さんの側にいた“猫ちゃんの感情”を描いた漫画に「感動した」の声
泣ける……。(2018/11/19)

推しがマイナーなオタク女の苦悩を漫画に 『しもべ先生の尊い生活』作者が語る「好きすぎてつらい」の感情
講談社より電子版限定で販売中のオタク女子漫画。制作の裏側を漫画付きでお届けします。(2018/11/11)

感情分析ソリューション:
PR:働き方改革や健康経営を実現する「感情の可視化」とは
製造業をはじめとする企業の働き方改革や健康経営に向けてNECが開発したのが「感情分析ソリューション」だ。ウェアラブルデバイスで計測した従業員の生体データをクラウドに集めて分析し、感情の状態を可視化することで、適切な業務支援や注意喚起を行うとともに、これまで気付いていなかった業務プロセスや職場環境の改善に役立つ。(2018/10/25)

顧客体験指標を基点にしたCRM戦略支援サービス:
NPSと顧客の感情・行動データを融合、電通デジタルとEmotion Techが独自CRM戦略支援サービスを提供
電通デジタルと電通、Emotion Techは、NPSデータと顧客の感情・行動データを融合させた独自のCRM(顧客関係管理)戦略支援サービスを開発した。(2018/10/18)

感情が顔に出ないけど全身に出てしまう女の子の漫画 無表情で喜ぶ姿ががかわいすぎて友だちになりたい
こんな女の子がいたら褒めまくってしまいそう。(2018/10/17)

ゲーマー日日新聞(出張版):
遊ぶにつれて感情を失い、やがて冷酷な資本家となる―― なぜ「ダーケストダンジョン」は“ブラック企業RPG”と呼ばれるのか
次々発狂し、心が壊れていく仲間をどう扱うか。(2018/9/22)

急成長の秘密を探る:
ドンキ創業者が自伝に記した「金銭欲と名誉欲」
ドンキの創業者はたった一代で巨大なチェーンを築いたが、その原動力はどこにあるのか。“きれいごと”抜きの感情を素直に吐露した自伝から読み解いていく。(2018/9/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。