ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「感情」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「感情」に関する情報が集まったページです。

AIがDJプレイ――観客の感情を分析し、音楽がリアルタイムに変化 東京・日本橋でイベント開催中
音楽や映像などによるアート展「FLOWERS BY NAKED 2020 -桜-」に、日本マイクロソフトのAI技術を用いたDJが登場。AIが観客の表情を分析し、最適な音楽を選ぶ。(2020/2/17)

誤解だらけの日韓関係を問う:
日本の若者が「それでも」韓流に熱狂するワケ――中高年が理解できない深層心理
若者を中心にいまだ根強い韓流ブーム。反韓感情も少なくない中高年世代とは裏腹の「憧れの国」に。日韓関係を長く取材してきた毎日新聞記者が真相に迫る。(2020/2/17)

物理的に冷たい「氷」がヒロインの漫画がヤバい 斬新なツンデレ(物理)に編集さんも「感情移入できないでしょ」
作者「保湿すごいんです」(2020/2/15)

これが令和のキューティーハニーか 8人の“ハニー”が活躍する舞台「Cutie Honey Emotional」公開ゲネプロ
スイーツに、サイバーに、ブラックまで。(2020/2/6)

ダイドードリンコの事例:
マーケティングは「無意識」を探る時代に ニューロサイエンスで検証した新商品の効果は?
アンケートやインタビューでは分からない「無意識」を脳波測定などによって可視化し、マーケティングに生かす動きが活発化している。ダイドードリンコはニールセン・カンパニーと共に、新開発の容器の効果を測定した。消費者の感情や記憶に訴える効果はあったのか。(2020/1/31)

市川海老蔵、妻・小林麻央さんの死去から約940日 「ぼちぼち素直になろうかな」と抑えていた感情を吐露
海老蔵さん「とてもとても辛かった そして悲しかった」。(2020/1/30)

人工知能ニュース:
物体や音声を高度に認識、処理性能2.3TOPSのNPUを統合したプロセッサ
NXP Semiconductorsは、NPUを統合したアプリケーションプロセッサ「i.MX 8M Plus」を発表した。産業用マシンビジョン、ロボティクス、ハンドジェスチャー向けの人間や物体認識、自然言語処理を使った感情検出が可能になる。(2020/1/27)

ガチ恋勢に推し被り、ドルオタは心が揺れて大変だ 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」3話
アイドルに向けての理性と感情は一致してくれない。(2020/1/24)

「チ゜ャアアア」「ヘキャ」「イア゛ア゛ア゛ン」 “ねこって感情も鳴き声もたくさんある”漫画に共感と鳴き声報告が相次ぐ
分かるなぁ。(2020/1/15)

映画の予告編を効率的に短縮
Netflixがカスタマーエクスペリエンス向上に利用する「感情分析」とは
感情分析では言葉で表現されない顧客のフィードバックが入手できる。Netflixは加入者を引き付け、つなぎとめる目的で、この手段を利用した。(2020/1/15)

Innovative Tech:
漫画キャラのせりふを、感情のこもった音声合成に変換 北京理工大学などが新技術
漫画に登場するキャラクターのせりふから感情の状態を抜き出し、それに合わせた音声を生成する技術が開発された。(2020/1/8)

2019年のインスタ映えスポットランキング SNS投稿データを分析した結果は?
2020年は「エモーショナル」な場所がインスタ映えスポットに。(2019/12/24)

人の顔写真を分析、感情を判定 ディープラーニング活用の無料サービス登場 「喜び」「怒り」など5種に対応
ユーザーローカルが、ディープラーニングの技術を活用し、人の顔写真から被写体の感情と性別を判定する技術を発表。判定できる感情は「喜び」「怒り」「悲しみ」「驚き」「無表情」の5種類。公式サイトで一般公開する他、法人向けにWebAPIを提供する。利用料は無料。(2019/12/23)

2019国際ロボット展:
“やわらかいハチ公ロボ”降臨 AI搭載で声掛けや触れ合いに反応
白いゲル素材を活用した、頭と前足が軟らかい手触りのハチ公型ロボット「やわらかロボ!ゲルハチ公」が「2019国際ロボット展」に展示されている。AIを搭載し、人の呼び掛けや頭をなでる動作に応じて、感情を解析する機能を持つ。(2019/12/19)

せっかく芽生えた感情を必死で隠すロボット、その理由は? 天才美少女とロボの日常描く漫画がコミカルでかわいい
2人の関係性が良き……。(2019/12/13)

人間のモチベーションを高めるAI、オムロンとスクエニが開発へ 表情から感情を読み取り助言 卓球ロボで実験も
オムロンとスクウェア・エニックスが、人のモチベーションを高めるAIを共同開発する。20年の「CES」では、オムロンの卓球ロボ「フォルフェウス」にこのAIを搭載し、卓球を通して対戦相手のやる気を引き出す実験を行う。将来的には、AIが従業員の表情を分析した上で感情に応じたアドバイスをするサービスの開発を目指す。(2019/12/10)

テクノロジーと人間の関係:
過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる人々が知るべきポイントを紹介する。(2019/11/15)

「まさか菜々緒が押し入れにいたなんて」 みんな驚いた「4分間のマリーゴールド」5話、どんな感情になったらいいの?
福士蒼汰はもっとしっかりしろ!(2019/11/15)

「クッキークリッカー」ガチ勢に聞く、ババアと過ごした6年間 「クッキーを焼くのに感情っていらないんです」
ブームが去ってなおクッキーを焼き続ける2人のガチ勢にインタビュー。(2019/11/16)

「aibo」がプログラミング可能に 同じコードでも動き方は“機嫌次第”
ソニーが犬型ロボット「aibo」のAPIを公開し、aiboの動きをプログラミングできるようにした。aiboの感情次第で同じプログラムを実行しても動き方が変わる仕組み。(2019/11/11)

思春期に出会ったメタル音楽 「特別な感情をくれた秘密の宝物」とメタル愛を語る漫画に共感多数
ジャーマン・メタルのラムシュタインには衝撃を受けました。(2019/11/1)

東京モーターショー2019:
これは鳥肌!? 電気で伸縮する次世代ゴムがAIの感情表現や触覚伝達に大活躍
豊田合成は「第46回東京モーターショー2019」に出展し、電気で伸縮する次世代ゴム「e-Rubber」を用いたコンセプトデモとして、多彩な触覚を疑似的に再現する「Commu-Touchpad」と、触覚による遠隔コミュニケーションを実現する「Commu-Beat」を披露した。(2019/10/25)

【漫画】感情が天気に影響する幼なじみの女の子 晴天になった理由にキュンとする人続出
もきゅ。(2019/10/20)

錦戸亮、ジャニーズ退所から“0秒”で再始動 YouTube、SNS開設で心境明かす「この日の為に色々準備しなきゃなって」
ファンの感情が大忙し。(2019/10/1)

どうしてそんな顔なんだ! 有吉弘行&メイプル超合金、「ヒルナンデス」卒業写真で感情を失ってしまう
卒業後、無。(2019/9/28)

「記憶」や「感情」を備えたAIが広がる? 「AIお姉さん」クーガーの次の一手
ゲーム分野では、シナリオのアイデアで『生きている感じ』を出すテクニックが古くからあった。これまで職人芸だったがコンピュータ資源の進歩で開発が変わってきている。クーガーのバーチャルヒューマンは「記憶」や「感情」に相当する機能を備え、それを活用した対話シナリオを作成できるSDKを公開した。(2019/9/17)

アニメ「ポケモン」でサトシが22年越しの優勝を果たし視聴者から祝福の声 「感情がついていかない」「32歳でついに優勝」
長く苦しい戦いだった……。(2019/9/15)

エスパー少女が唯一伝えられない感情 「好き」を思わぬ形で言ってしまう漫画がカワイイ
大切なことは直接。(2019/9/12)

小池徹平と永夏子に第1子男児が誕生 赤ちゃんを抱いた2ショットも「今までに感じた事のない感情」
9月6日に生まれました。(2019/9/8)

AI技術や精神生理学のアプローチで検証:
「表情から感情を正確に読み取れる」という仮定を実験で否定、南カリフォルニア大
「顔の表情には、人が何を考えているかが表れる」と仮定する通俗心理学やAI表情認識技術の考え方を覆すことを目指した研究の成果を、南カリフォルニア大学などの研究チームが発表した。感情を読み取るアルゴリズムはごく基本的なテストをパスできなかったものの、ある表情には他の表情にはない特徴があることが分かった。(2019/9/6)

メンタリストDaiGo、京アニ放火事件の実名報道に怒りあらわ 動画再生回数は150万回超
感情的に語る場面も。(2019/8/28)

京アニ放火 京都府警、異例の身元公表
京都府警は27日、京都アニメーションの放火殺人事件で亡くなった35人のうち、これまで身元が公表されていなかった男女25人の実名を明らかにしたのにあわせ、実名公表などについての遺族らの意向も報道陣に説明した。遺族感情に配慮してきた府警のこれまでの対応を踏襲したものだ。(2019/8/28)

深田恭子「ルパンの娘」物語は佳境へ Lの一族と因縁ありそうな不穏な空気とプロポーズの幸せ過ぎる流れで感情が忙しい
「私のことも見てください」岸井ゆきの、あざとい。(2019/8/22)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」:
中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた
「報酬は“つらさの代償”なのか」「性悪説はなぜコスパが悪いのか」「なぜ“どうせうちの会社は”という感情が生まれるのか」――。管理ゼロで会社をまわす、ソニックガーデン社長の倉貫義人氏を直撃!(2019/8/20)

Amazonの顔認証システム「Rekognition」で「恐れ」の表情も検出可能に
Amazonのディープラーニング採用画像分析サービス「Rekognition」の感情検出で、新たに「恐れ」が加わり、幸せ、悲しみ、怒り、驚き、うんざり、おだやか、困惑と合わせて8種類になった。性別判定の精度も向上した。(2019/8/14)

Google従業員、「妊婦は感情的になる」などの問題発言に対処しない人事部を社内メモで告発
Googleの従業員が、上司による妊婦差別を人事部に報告したところ、上司に報復されるようになり、人事部はその後も適切な対処をしなかったという詳細なメモを社内掲示板に投稿した。(2019/8/6)

運賃のPayPay支払いも初体験 長良川鉄道に乗って、温泉と風景に癒やされてきた
途切れた線路、転車台。水田、清流、鉄橋に温泉。エモーショナルな旅、してみました!(2019/8/5)

チャレンジするマーケター:
データの裏側にある人の感情と向き合う――IKEUCHI ORGANIC牟田口 武志氏
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/18)

「これでシリーズが終わってもハッピーだと思っている」 「トイ・ストーリー4」の監督が公開前に語ったウッディの成長の“完結”
今回は非常にエモーショナルな結末を用意しています(クーリー監督)。(2019/7/5)

調布でバーチャルヒューマンエージェント実証実験:
表情を読み取る「AIお姉さん」が画面から話しかけてくる
6月末に調布で、モニター画面から話しかけてくる等身大のAI(人工知能)エージェントを街角に置く実証実験が行われる。相手の感情を読み取り、自分の表情も変化させながら自律的に会話するAIエージェントは、世界的に見ても新しい。ゲームAIの技術と機械学習に基づくAIの技術を組み合わせた。(2019/6/26)

相変わらず仲いいな! 水川あさみ、片瀬那奈との“謎ダンス”にツッコむ山田孝之へ「目の前で踊ってあげる」
水川さん「よくわからんけどエモーショナルなダンス」。(2019/6/13)

泣きたくても泣けない時に…… ちょっぴり悲しいからくり人形から流れる涙に心が動く
良い意味でいろんな感情に襲われるからくり人形です。(2019/6/11)

なぜ少女ロボットは傭兵の盾になろうとしたのか “相棒”の絆を描いた漫画に涙
人間のような感情をもったロボットと、彼女を道具以上に大切に思う人間の絆のおはなし。(2019/6/1)

トヨタ紡績、国内初出展:
「人の感情を読み取るシート」で快適環境を実現
トヨタ紡績は、「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)で、乗員の感情を判断して車室内環境を快適なものに変化させる動的快適システム「Aces IUS」を国内初出展した。(2019/5/29)

Books&Apps:
正義の心で怒る人たちは、なぜ幸せになれないのか
怒りの感情は扱うのがとても難しい。怒りに飲み込まれ、怒りの狂信者とならないために私たちがすべきこととは?(2019/5/29)

Amazon、人の感情を読み取るウェアラブル開発中──Bloomberg報道
Amazonが、ユーザーの声の調子から感情を分析し、適切なアドバイスをするリストバンドタイプのAlexa端末を開発中だとBloombergが報じた。(2019/5/24)

改札を抜ければどこへでも行ける 地下鉄の駅ですれ違う人を描く漫画に感情がこみ上げる
改札を抜けて電車に乗って乗り換えたら空港も沖縄もその先も、どこへも行ける。(2019/5/23)

開発残酷物語(10):
営業部が発注したシステムを運用部門が受け取り拒否!――ユーザー社内のゴタゴタに巻き込まれた新興システム開発会社の運命
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は、外国人エンジニア同士の感情のもつれが由来のトラブルと、ユーザー企業の営業部門(発注元)と運用部門(納品先)の合意が取れていなかったために納品後1年以上もシステムが塩漬けにされたトラブルの2本立てでお送りします。(2019/5/20)

感情を脳波で可視化、記者が体験 国内大手企業で活用進む
脳波測定により感情を可視化するシステムを、電通サイエンスジャムが5月7日に発表。Japan IT Weekで体験してきた。(2019/5/9)

「感情がない妻」に心は芽生えているのか 家事ロボットとの“結婚”生活描く漫画に胸がうずく
家事ロボットがオムライスに書いた「LOVE」は本当のラブなのか?(2019/5/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。