ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「芸能人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!国内芸能人・タレント→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で国内芸能人・タレント関連の質問をチェック

「6ヶ月入ったばかりなのにかなり出てます」 ものまねタレントみかん、妊娠中のぽっこりお腹に手を添え幸せ笑顔
優しいママの顔してる。(2019/5/27)

辻希美“億チューバー”現実味? ネットでの実績は十分! 成功なら芸能界に地殻変動も
元「モーニング娘。」でタレントの辻希美(31)が、ついにYouTubeに「辻ちゃんネル」を開設して、ユーチューバーの仲間入りを果たした。たびたび炎上もしているとはいえ、SNSを駆使し、ママタレントの勝ち組でもある“辻ちゃん”のユーチューバー参入に、業界内も注目しているが、果たしてその勝算は。(2019/5/27)

「伯方の塩」声優募集が大盛況、Twitterで1500件超の応募 ネタ動画も増え“大喜利”状態に
伯方塩業が、「は・か・た・の・しお♪」のフレーズを歌う声優の2代目をTwitterで募集した企画の途中経過を公表。11日の発表から10日間で1500件超の応募があったという。芸能人のモノマネをしながら歌う様子なども投稿されており、“大喜利”の様相を呈している。(2019/5/20)

芸能人がアプリで変身! 「オリラジ」藤森慎吾、「NMB48」白間美瑠らがほっぺぷっくりな幼児の姿に
なにこれかわいい。(2019/5/19)

楽天がライブ動画に参入「Rakuten LIVE」 誰でも配信OK、コマース機能も
楽天は、一般ユーザーやタレントなどが、スマートフォンを通じてライブ動画を配信できるサービス「Rakuten LIVE」を始めた。ライブ動画を通じて商品を販売するコマース機能も備えている。(2019/5/17)

山下智久さん、Instagramアカウントを開設 ジャニーズ初、ネットで反響
山下智久さんがInstagramの公式アカウントを開設。ジャニーズ事務所の所属タレントでは初の取り組みだ。(2019/5/16)

アプリで男性化&女性化、芸能人もチャレンジ Mattがハリウッド俳優風、武井壮がビヨンセ風に大変身
武井さんが新しい扉を開きかけてる。(2019/5/16)

芸能人が天皇陛下に「お疲れ様でした」で炎上 → 国語辞典編集「新しい謎ルールの誕生としか言えない」
「目上には失礼」は「新たな謎ルールの誕生」なんだそうです。(2019/5/8)

よく立つ猫ちゃんに続く「よく立つキツネ」さん現る! 高貴なオーラ漂う立ち姿に一目ぼれしそう
美人な横顔に芸能人的なオーラを感じる……。(2019/4/30)

元「おかもとまり」、タレント活動中の“精神科入院”を告白 3カ月の休業で「ボロボロになっていた心が復活」
岡本さん「話すことで、だれかの生きる背中を押せるならと...」。(2019/4/26)

今日のリサーチ:
平成のCM女王は上戸 彩さん――ビデオリサーチ調べ
ビデオリサーチが、平成の30年間にテレビでオンエアされたCM出演タレントのランキングをまとめました。(2019/4/17)

「幸せなことばかりじゃない」 高橋真麻が二世タレントの悩み吐露、周囲とのギャップ埋めるため自虐ネタへ
いろいろな苦労があったもよう。(2019/3/27)

“加圧シャツ”不当表示でヒロミに批判も 「ヒロミプロデュース」で問われるタレントの責任とは
「加圧で痩せる」は根拠がないとして、消費者庁から3月22日に処分を受けていました。(2019/3/26)

芸能人に突然暴言……何が狙い? ファンでもないのに有名人とみるや危害
とかく注目される芸能人は批判にさらされるものだ。しかし理不尽なものや危険なものなら看過できない。元SKE48の女優、松井玲奈(27)が駅で心ない言葉を浴びせられたとツイッターで告白。10日夜、「怖いなあ。どうにかして貰えないのかな」「とってもひどいこと言われて悲しい気持ち」と心境を明かしたのだ。有名人に暴言をぶつける人は何が狙いなのか。(2019/3/26)

「本当に死ななくてよかった」 オネエタレントのゆしん、多額借金や自殺未遂の過去を明かす
壮絶だ……。(2019/3/25)

「おネエキャラ」は異例:
資生堂が化粧品のCMに「マツコ起用」のワケ
資生堂が3月21日に放映開始したファンデーション「薬用 スキンケアハイブリッドファンデ」のCMキャラクターに、タレントのマツコ・デラックスさん(46)が起用された。資生堂のCMキャラクターといえば、芸能人やモデルなら誰もがなりたいと願う憧れの存在で、商品を買いたいと消費者に思わせる「説得力」が必要だ。いわゆる「キレイどころ」が務めるのが一般的だが、意外な人選の裏に何があるのか。(2019/3/25)

不祥事でドラマやCD自粛、「慎重な対応を」 芸能人の権利保護団体が声明
ピエール瀧容疑者の逮捕で、出演作品の放送や配信が中止されたり、CD販売が自粛される中、芸能人の権利を守る団体・日本エンターテイナーライツ協会が、自粛について「冷静かつ慎重な対応を求める」との声明を発表した。(2019/3/20)

芸能人の不祥事によるコンテンツ自粛に権利擁護団体が警鐘 「冷静かつ慎重な対応を」
ピエール瀧容疑者の逮捕に伴い、出演作品の自粛が相次ぐなかで、日本エンターテイナーライツ協会が声明を公表しました。(2019/3/19)

スピン経済の歩き方:
タレントの薬物問題に、企業はどう対応すべきか
ピエール瀧さんの逮捕を受け、多種多様な企業がその対応に追われている。CMや広告はすべてお蔵入りになったわけだが、役者やアーティストとして関わっている作品まで自粛すべきなのか。この問題に対して、筆者の窪田氏は……。(2019/3/19)

悪意なく広める人も:
中高生の3割がフェイクニュース見破れず 「地震で京セラドームに穴」「フラッシュでマグロ死亡」など信用
中高生の26.3%が「フェイクニュース」にだまされた経験があることが、MMD研究所の調査で判明。「タレントのスマイリーキクチさんは凶悪殺人事件の犯人である」「沖縄・美ら海水族館で、カメラのフラッシュのせいでマグロが死亡した」などを信じた人もいた。(2019/3/13)

今日のリサーチ:
2018年の年間テレビCM出稿動向 タレント別トップ(関東地区)は濱田 岳さん
2018年の年間テレビCM出稿動向調査です。(2019/3/11)

2018年のCM出演タレント、竹内涼真が躍進! 1位はau「三太郎」シリーズのあの俳優
見ない日はないほど。(2019/3/7)

「長い間お疲れ様でした」「正直寂しい」 石田ひかり、CHEMISTRY川畑、さまぁ〜ずら今昔庵・店長とのショットで閉店惜しむ
多くの芸能人がコメント。(2019/2/7)

旬のバラエティータレント勢ぞろい! 矢口真里、誕生会に集まったメンツが番組を作れそうな布陣
「バラエティ色強め」と矢口さん。(2019/1/24)

女性芸能人65人が競うeスポーツ大会「eQリーグ」開幕 種目は「ボンバーマン」「太鼓の達人」「オーバークック2」
総合司会はイジリー岡田さん。絶対こういうの得意。(2019/1/11)

伊達“独眼竜”政宗の子孫、ミス・ワールドで日本代表初の部門1位に 6カ国語を話す才色兼備
タレント部門1位を受賞した伊達佳内子さんは伊達政宗から21代目の直系子孫。(2018/11/29)

「これが現状です」 ノブコブ吉村、黄色い声援の“裏側”で電車に座りこむ姿が哀愁たっぷり
芸能人も大変だ。(2018/10/30)

「100年大学 お金のこと学部」の開学イベントで:
「1000円からできるなら投資してみたい」――生駒里奈さん
日本証券業協会が東京大学とコラボレーションしてスタートする「100年大学 お金のこと学部」の記念特別講座が行われた。元乃木坂46のタレント生駒里奈さんも登壇し、投資についてコメントした。(2018/10/4)

「芸能人であろうが普通の人間」 川口春奈、“四重苦”のボロボロショットで親近感が急上昇する
何も隠さない川口さん好き。(2018/10/3)

ブログやSNSは“ネットの空気”をどう変えたのか? 平成最後の夏、「ネット老人会」中川淳一郎が振り返る
この平成、オタクのものだったネットはブログやSNSの登場でどのように一般、芸能人のものになっていったのか。サイバーエージェント・藤田晋社長に取材しながら、中川淳一郎が振り返る。(2018/9/22)

焼き鳥のCMでは効果大:
客単価は平均の2倍以上 ファミマが香取慎吾を引っ張り出して狙う“上顧客”とは?
ファミリーマートは2018年度下期に、タレントの香取慎吾さんを起用し、客単価が平均の2倍以上ある“上顧客”を狙う戦略を打ち出した。平均客単価が約500円なのに、倍以上使うお客とはいったいどんな人たちなのだろうか。(2018/9/18)

「ひたすら祈っております」 里田まいや大泉洋、GLAYのTERUら北海道出身芸能人が地震受けメッセージ
どうか北海道の皆さんが無事でありますように。(2018/9/6)

「VRoid Studio」活用したバーチャルタレント創出プロジェクト始動 ピクシブがSHOWROOMなどと共同で
3Dキャラクターを作れる無料ソフト「VRoid Studio」を活用するバーチャルタレント創出プロジェクト「AVATAR2.0」をピクシブなど3社が共同で開始した。(2018/9/5)

「anicas」が展開:
ペットタレントが撮影現場で「粗相」「機材を破壊」しても、最大5億円を補償するサービス登場
ペットタレント事務所「anicas」などを運営するピーリンク(東京都目黒区)は9月3日から、ペットタレントが撮影現場で起こした事故を補償する「anicas補償サービス」を始めた。(2018/9/4)

障害者はただの「数字」なのか:
障害者雇用水増しに「怒りより痛み感じて」 車いすの歌姫の叫び
障害者雇用水増し問題に障害者タレントが本音を語った。自分たちが企業から受けた差別を踏まえ「やっぱりそうなのか」。「私たちの痛みを自分のことと感じて」と話す。(2018/8/30)

「もう興奮が止まらない」 佐々木希ら秋田出身タレント、“103年ぶり決勝進出”に沸く金足農業に続々エール
決勝は21日14時から。(2018/8/21)

Microsoft Focus:
日本一身近で、“エモい”、国民的AIタレントになる!――女子高生AI「りんな」が“歌”で共感力を磨くわけ
MicrosoftのAIチャットbot「りんな」が、人との“共感”を重視し、文脈を理解してより人間らしく会話ができるように進化。さらに、自然で表現力に富んだ“歌声”に磨きをかけ、国民的AIを目指すという。進化するりんなの“野望”とは……。(2018/8/18)

今泉佑唯、欅坂46からの卒業を発表 夏の全国アリーナツアーには不参加、今後は「タレント活動を続けていきたい」
ブログでは自身の言葉で卒業を選んだ経緯を語っています。(2018/8/7)

スピン経済の歩き方:
剛力彩芽が叩かれる背景に、日本人の国民性
タレントの剛力彩芽さんが、ネット上で壮絶なリンチにあってしまった。交際宣言したスタートトゥディの前澤友作社長と同じタイミングで、ロシアW杯を観戦した写真をInstagramにあげたところ、批判が殺到したのだ。それにしても、なぜこのような「いじめ」が後を絶たないのか。(2018/7/31)

中の人などいない? いえ、います:
Hikakinを超える日も!? アンリアルな謎の人気者「Vチューバ―」を追う
3Dのキャラクターがユーチューバーになる「Vチューバ―」が若年層に人気。特に5人のキャラが台頭しているが世界観の乏しさが課題で、コンテンツとしてもタレントとしても成立する必要がある(2018/7/30)

「ホテルニューアワジ」のCMが10年ぶりリニューアル 朝比奈彩を起用、タレント出演は57年の歴史で初
めっちゃ爽やかになった。(2018/7/26)

「角でパンをくわえて待機する」バイトで1万円ゲットだと……!? へんてこ仕事で一気に稼げる「神マッハバイト」爆誕
コラボ企業&タレントも募集中です(2018/7/5)

番宣に特化した広告商品:
Ameba、芸能人・有名人ブログポータルでテレビ局向けの広告商品を提供
サイバーエージェントが運営する「Ameba」は、IPGと共同で開発したテレビ番組訴求に特化した広告メニュー「Ameba SP TVAD」の正式販売を2018年7月より開始した。(2018/7/3)

「パッと見、本人かと」 ものまねタレントみかん、「Missデビル」菜々緒メイクで悪魔的美女に変身する
しっかり特徴とらえてる。(2018/6/17)

Apple、オリジナルコンテンツでオプラ・ウィンフリー氏と契約
Appleが、トーク番組の司会者として人気のタレント、オプラ・ウィンフリー氏とオリジナルコンテンツ制作で契約した。(2018/6/16)

TGC2018 S/S:
桐谷美玲が紹介して人気沸騰の“ハーフ美少年”翔、11歳で堂々ランウェイデビュー 好きな芸能人は「櫻井翔」
Instagramでかっこよすぎると話題に。(2018/4/3)

radiko、ジャニーズタレント番組がエリア&タイムフリーに対応
ラジオのネット配信サービス「radiko.jp」が提供する2つのサービスでジャニーズ事務所所属タレントの番組が聴取可能になる。(2018/3/27)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
YouTuberのタイアップ起用ランキング、売れっ子の基準は?──サイバーエージェント子会社とエビリーが調査
テレビCMの出演社数はタレントの人気を占う1つのバロメーター。そのYouTuber版といえるのがタイアップ動画起用社数。2017年の動向は?(2018/3/20)

吉本興業「eスポーツ」参入 プロチーム発足、ゲーム実況配信、大会開催も
吉本興業がeスポーツ事業に本格参入。「よしもとゲーミング」としてプロチームを複数運営するほか、ゲーム実況に特化したタレントを育成。eスポーツイベントも主催する。(2018/3/8)

おかもとまりがタレント引退を発表 「元々30歳までには引退予定」「早まったのには“とある理由”が」
“とある理由”については代理人を通して説明するとのこと。(2018/3/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。