ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「芸能人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!国内芸能人・タレント→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で国内芸能人・タレント関連の質問をチェック

関連キーワード

手越祐也、著書の女性芸能人“実名記載”を謝罪 ジャニーズ時代は“守られていた”ことを「痛いほど痛感」
著書に女性芸能人の実名を列挙した理由をあらためて説明した手越さん。(2020/8/11)

三浦春馬さんの訃報に、西川貴教、斎藤工、小手伸也ら芸能人から追悼の声 「ブラッディ・マンデイ」共演の吉瀬美智子は「寂しすぎる」
ご冥福をお祈りします。(2020/7/19)

「ヘキサゴン時代とは大違い」 つるの剛士、大学初の試験結果が“おバカタレント”返上の好成績
保育士を目指して短大生となったつるのさんの初試験。(2020/7/11)

Nizi Projectの完結に「GLAY」TERU、指原莉乃ら芸能人も涙 「13人のみんなに本当にたくさんのことを教えてもらいました」
夜更かしした人も、しなかった人もとりあえず泣いた。(2020/6/26)

「キュンとした」「かわいさが異次元」 安達祐実、YouTuberの“一番大好きな芸能人から祝われるドッキリ”動画出演で神対応
女神ですね(ニッコリ)。(2020/6/23)

「誹謗中傷ログを自動保存」 弁護士事務所が有名人向けサービス 仕組みに疑問の声、一時停止に
アトム法律事務所弁護士法人は、タレントや有名人などに対する中傷ツイートを自動保存し、発信者に対して警告文を送付するサービスを始めた。しかし、「各方面から『Twitter内での表現を萎縮させる』との意見が来た」として、一時的にサービスを停止している。(2020/6/10)

「影分身の術スゴイ」「どちらが本物?」 小林幸子、そっくりタレントと“おうちデュエット”に反響
小林さんが自分とデュエットしてるのかと思った。(2020/6/5)

SNSでの中傷で自殺に追いやる“指殺人” 世界でも問題視、法整備求める声も
ネット上で誹謗中傷を受けた芸能人などが自殺に追いやられてしまう事件が、世界で問題視されている。SNSへの書き込みで人を死に追いやることもあることから「指殺人」とも呼ばれ、法整備を求める声も上がっている。(2020/5/27)

吉本興業とUUUMが資本業務提携 吉本所属タレントの約800チャンネルがUUUMと共同運営に
強力タッグ。(2020/4/28)

UUUMと吉本興業が資本業務提携 芸人YouTubeチャンネル強化やYouTuberのテレビ進出も
吉本興業に所属するタレントのYouTubeチャンネルを共同で運営する他、UUUM所属クリエイターのマスメディア進出などで協業する。(2020/4/28)

バーチャルタレント「キズナアイ」が独立 新会社「Kizuna AI」設立
Activ8からキズナアイのプロデュース・マネジメント事業を分社化します。(2020/4/24)

芸能人“自撮り繋ぎ”浜辺美波、中村倫也、神木隆之介へ 池田エライザ&橋本環奈も参戦で「神リレー」と話題
映画「屍人荘の殺人」で共演した浜辺美波さん、中村倫也さん、神木隆之介の3人がそろう。(2020/4/16)

「宝を奪ったコロナが憎い」「志村早すぎるよ」 ドリフメンバーが志村さん逝去にコメント ネットでは多数の芸能人から悼む声
所属事務所を通してコメントを発表しました。(2020/3/30)

志村けんさん亡くなる ネットに悼む声広がる
新型コロナウイルスに感染し、3月20日から入院していたタレントの志村けんさんが29日夜に亡くなった。ネット上では志村さんを悼むコメントがあふれている。(2020/3/30)

「親も参加できず」「全員体温を測り、マスク着用」 つるの剛士、スザンヌら“芸能人パパ&ママ”が厳戒態勢の卒業式を報告
先生方は本当に大変だ。(2020/3/19)

渡辺直美、YouTubeチャンネル開設 いきなり7時間40分超えの長時間配信でファンの度肝を抜く
芸能人で生配信メインは珍しい。(2020/3/16)

「やっぱ芸能人はオーラがすごい」 桐谷美玲、TikTok初降臨でティーンのカリスマ・山之内すずとの“美女コラボ”に反響
女神降臨。(2020/3/6)

「困ってる人の足元みてる感じ……」 秋野暢子、マスクを60枚8000円で高額購入 中には送料2万円の商品も
芸能人のマスク事情いろいろ。(2020/2/25)

ヒロミが55歳の誕生日 1人バースデーで“あるもの”を自分自身へプレゼントし「こんな55憧れるな〜」「チョイスがプロすぎ」の声
軽トラを乗り回す芸能人。(2020/2/13)

頭いい子が生まれそう! 東大タレント・八田亜矢子、第1子妊娠を報告「期待と不安が半々」
夫は東大の同級生。(2020/2/10)

アイドルグループ「嵐」のチャンネルも人気:
インフルエンサーパワーランキング2019が発表 HIKAKIN、はじめしゃちょーを抑えてトップに輝いたのは?
2019年中のインフルエンサーに関するランキングが発表。チャンネル総再生回数のトップには東海オンエアが輝いた。HIKAKIN、はじめしゃちょーはそれぞれ7位、6位で世代交代か。19年は芸能人のYouTube進出も目立った。(2020/1/20)

成人の日に花が咲いた! 永野芽郁、大原優乃、西野未姫ら、新成人タレントが振袖姿で輝きを放つ
やっぱり振袖は最高だな。(2020/1/13)

「このお仕事してるから仕方ないとは思ってるけど」 ゆきぽよ、盗撮被害訴え自粛を呼びかけ
たびたび芸能人から被害について言及されています。(2020/1/10)

連載「オタクの幸せ」:
署名、公開質問状、調査、そしてオリジナル声優復帰へ “映画版の声優が芸能人問題”を乗り越えた「シンプソンズファンクラブ」12年間の記録
【完全版前編】互いの顔も知らず、映画業界への伝手もなかったファンがなぜ奇跡を起こせたのか。(2019/12/26)

森昌子、48年の芸能人生の終止符 「とても幸せな歌手生活でした」と最後のメッセージを届ける
長い間おつかれさまでした!(2019/12/28)

芸能人の逮捕・起訴相次ぐ〜違法薬物は「他者危害」
自己責任では終わらない。(2019/12/13)

就職支援サービスも登場:
芸能人にも「セカンドキャリア」を “事務所圧力”に公取委が見解 「転職支援サービス」も
SMAPや「のん」さんの件で話題となった事務所の圧力。公取委も問題視し、新たな策をまとめ始めた。また、活動を続ける場合だけでなく、引退後の「セカンドキャリア構築」も課題になっている。そんな中、新たに登場した“エージェント”サービスも。(2019/11/29)

「友として最高の喜び」「アンタは本当にかっこいいよ!」 イモトアヤコの結婚に、竹内結子、バービーら芸能人から祝福の声続々
24日の「世界の果てまでイッテQ!」の緊急生放送で報告していました。(2019/11/25)

ダレノガレ明美、所属事務所に全タレントの薬物検査を願い出る 「素晴らしい行動」「勇気のある宣言」と反響
昨今の薬物関連事件を受けて。(2019/11/20)

血液クレンジングに京都盛り上げツイート、ステマ騒動に学ぶSNSの自己防衛
10月はステマ疑惑が話題になった。「京都市盛り上げ隊」としてツイートしていたお笑いコンビ「ミキ」、血液クレンジングを繰り返し紹介していた芸能人たち、彼らはどこまで意図していたのか。(2019/11/7)

「伝える人が美しくなければ」 Matt、“美意識批判”のネット記事に反論 メディア側の意識改善を求める
Mattさん「メディア側がタレントに対する発言や行動を見直すべきだよ」。(2019/10/18)

有名人サロンやN国も踏襲:
それでもオンラインサロンが受ける理由――「デジタル選民ビジネス」という甘いワナ
有名実業家やタレントなどが主催するオンラインサロンがいまだに盛況だ。筆者はその裏に「デジタル選民意識」の利用があるとみる。あの「N国」も巧みに操るそのビジネスモデルとは?(2019/10/10)

今日のリサーチ:
2019年にチャンネル開設の芸能人YouTuber、登録数トップは藤田ニコルさん――ユーチューバーNEXT調べ
テレビやラジオで活躍する芸能人が、新たな活躍の場としてYouTubeにも進出しています。(2019/9/27)

二階堂ふみ、25歳バースデーの極上笑顔ショット 浅野忠信、玉城ティナら芸能人からもお祝いが続々
二階堂ふみさん「感謝感謝感謝!」。(2019/9/22)

「メディアの企業体質」に苦言:
暴力団取材の第一人者・溝口敦 「刺されてもペンを止めなかった男」が語る闇営業問題の本質
暴力団や新興宗教、同和利権、裏社会など、タブーに斬り込み続けてきたノンフィクション作家・溝口敦氏――。背中を刺されても決してペンを止めなかった溝口氏に、これまでの仕事哲学と、芸能人・反社会的勢力の「闇営業問題」に何を思うのか聞いた。(2019/7/26)

宮迫・田村亮の謝罪会見、AbemaTV視聴数は1100万超 19年度最多記録
タレントの宮迫博之さんと田村亮さんが20日に開いた謝罪会見が、AbemaTVの総視聴数1100万を突破した。(2019/7/24)

吉本・岡本社長「“契約書無しで人間関係で”がベース」「タレント自身に損害賠償請求したこと1度もなかった」 口頭契約問題について会見で見解
「NSCを卒業した生徒には、コンプライアンス順守の書類として誓約書を書いてもらい、うちの仕事をやっていただいている」(2019/7/22)

「セクハラやパワハラで訴えられるレベル」 菊地亜美がファンからの「太った?」に苦言「芸能人も同じ人間」
心無いコメントについて指摘しました。(2019/7/19)

お笑い芸人のキートン、闇営業問題に言及 根絶のための一番現実的な策は「事務所移籍を認めること」
「闇営業問題で嫌なのが、綺麗事ばっかり言ってる芸能人ですかね」との意見も。(2019/7/8)

「6ヶ月入ったばかりなのにかなり出てます」 ものまねタレントみかん、妊娠中のぽっこりお腹に手を添え幸せ笑顔
優しいママの顔してる。(2019/5/27)

「伯方の塩」声優募集が大盛況、Twitterで1500件超の応募 ネタ動画も増え“大喜利”状態に
伯方塩業が、「は・か・た・の・しお♪」のフレーズを歌う声優の2代目をTwitterで募集した企画の途中経過を公表。11日の発表から10日間で1500件超の応募があったという。芸能人のモノマネをしながら歌う様子なども投稿されており、“大喜利”の様相を呈している。(2019/5/20)

芸能人がアプリで変身! 「オリラジ」藤森慎吾、「NMB48」白間美瑠らがほっぺぷっくりな幼児の姿に
なにこれかわいい。(2019/5/19)

楽天がライブ動画に参入「Rakuten LIVE」 誰でも配信OK、コマース機能も
楽天は、一般ユーザーやタレントなどが、スマートフォンを通じてライブ動画を配信できるサービス「Rakuten LIVE」を始めた。ライブ動画を通じて商品を販売するコマース機能も備えている。(2019/5/17)

山下智久さん、Instagramアカウントを開設 ジャニーズ初、ネットで反響
山下智久さんがInstagramの公式アカウントを開設。ジャニーズ事務所の所属タレントでは初の取り組みだ。(2019/5/16)

アプリで男性化&女性化、芸能人もチャレンジ Mattがハリウッド俳優風、武井壮がビヨンセ風に大変身
武井さんが新しい扉を開きかけてる。(2019/5/16)

芸能人が天皇陛下に「お疲れ様でした」で炎上 → 国語辞典編集「新しい謎ルールの誕生としか言えない」
「目上には失礼」は「新たな謎ルールの誕生」なんだそうです。(2019/5/8)

よく立つ猫ちゃんに続く「よく立つキツネ」さん現る! 高貴なオーラ漂う立ち姿に一目ぼれしそう
美人な横顔に芸能人的なオーラを感じる……。(2019/4/30)

元「おかもとまり」、タレント活動中の“精神科入院”を告白 3カ月の休業で「ボロボロになっていた心が復活」
岡本さん「話すことで、だれかの生きる背中を押せるならと...」。(2019/4/26)

今日のリサーチ:
平成のCM女王は上戸 彩さん――ビデオリサーチ調べ
ビデオリサーチが、平成の30年間にテレビでオンエアされたCM出演タレントのランキングをまとめました。(2019/4/17)

「幸せなことばかりじゃない」 高橋真麻が二世タレントの悩み吐露、周囲とのギャップ埋めるため自虐ネタへ
いろいろな苦労があったもよう。(2019/3/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。