ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「芸能人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!国内芸能人・タレント→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で国内芸能人・タレント関連の質問をチェック

戦略的リーダーが取り組む「タレントアクイジション」【中編】
「人材採用」と「タレントアクイジション」はいつやる必要があるのか
長期的な視野で人材獲得経路を構築する「タレントアクイジション」。「人材採用」はその一要素だ。それぞれが必要になるタイミングを整理する。(2021/9/14)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ジェンダーレス男子、タレント二世も起用NG。中国エンタメ界に吹き荒れる大統制
中国の習近平政権が経済に加え教育・エンタメ業界の規制を強め、国内外から「文革の再来」との声が上がっている。特にエンタメ分野では「ジェンダーレス男子の番組への起用禁止」「タレント育成番組の禁止」など、コンテンツや出演者の裁量を大きく制限しており、中国市場を狙う日本企業やタレントも戦略見直しを迫られそうだ。(2021/9/9)

寄付すると香取慎吾さん作のNFTアートが受け取れる パラスポーツ支援のチャリティー企画
タレントの香取慎吾さんが、日本財団パラリンピックサポートセンターへのチャリティー企画をスタート。3900円を寄付すると、香取さん作のNFTアートを受け取れる。(2021/9/6)

中国政府が芸能界に厳格な規制を発表 アイドル育成番組や“女性っぽい”男性タレントも禁止の方向へ
タレントの人格や政治的な品質も厳しく選定されるとのこと。【訂正】(2021/9/3)

藤田ニコル「こんなビジュ変わる芸能人楽しくない?」 ピンク髪のギャルだった10代から23歳レディーへの変身に反響
大人になったなぁ。(2021/9/1)

ビデオリサーチ調べ:
関東のタレント別テレビCM出稿量ランキング 「綾瀬はるか」を抑えて1位になったのは? 21年上半期
ビデオリサーチ(東京都千代田区)は8月19日、関東・関西・名古屋地区における各民放5局を対象にした2021年上半期(1〜6月)のテレビCM出稿動向の調査結果を発表した。特に活躍したタレントは?(2021/8/19)

「YOASOBI」所属のSony MusicがVTuber事業に参入、約50人のデビュー目指しオーディション実施
音楽ユニット「YOASOBI」などが所属する音楽事務所のソニー・ミュージックエンタテインメントが、バーチャルYouTuber事業に参入すると発表した。VTuber事務所「VEE」(ヴィー)を設立。50人以上のVTuberを輩出することを目指し、タレントを募るオーディションを始めた。(2021/7/26)

CVRが600%UPの企業も:
中小企業150社のプロモーションを、田村淳、前田敦子、ウエンツ瑛士が支援! プロジェクトの全貌は?
タレントの田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)、前田敦子さん、ウエンツ瑛士さんが協力する「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」の第2期が始まった。中小企業のプロモーションを支援するその活動の全貌とは?(2021/7/24)

藤田ニコル、“ワイプうるさい”の声に本音ポツり「お願いしますって言われてるのよ……」 みちょぱも共感「仕事ですからね」
タレント業の難しいところ。(2021/7/10)

「極楽とんぼ」山本圭壱、“めちゃイケ”時代の家賃に後輩芸人が感嘆 「うわーっすごい!」「芸能人っすねー」
山本さん「劇場ギャラをすべて家賃に使う」(2021/7/6)

上半期は「クリティカルヒット」:
「ASMRスイーツ」に「ブリアナ・ギガンテ」 10代女性が注目しているアイテムや芸能人は?
芸能人・インフルエンサーでは「INI(アイエヌアイ)」、「フォーエイト(48)」などが選出された。(2021/6/30)

8月に国内販売:
8.4型で2560×1600ピクセル! アナログスティック付きの超小型ゲーミングPC「ONEXPLAYER」が登場!
超小型PCを相次いで投入している中国のONE-NETBOOK Technologyから、アナログスティック付きゲーミングPC「ONEXPLAYER」が発表された。国内では8月から販売開始とのことで、発表会にはタレント/ストリーマーの池田ショコラさんが登場した。(2021/6/30)

アマゾン、不正商品管理に不備 名誉毀損やわいせつ物頒布の疑い
電子商取引(EC)大手のアマゾンジャパン(東京)のECサイトで、女性芸能人への名誉毀損(きそん)やわいせつ物頒布などの疑いがある不正な商品が多数販売されていることが20日、分かった。一部の出店者による不正商品の販売に対するアマゾンの管理に不備がある形で、アマゾン自体の責任が問われる可能性もある。政府もアマゾンに聴取するなどの検討に入った。(2021/6/21)

巨大ITに問われる責任 Amazonに不正商品多数 質向上へアメとムチ
EC大手のアマゾンジャパンのECサイトで、女性芸能人への名誉毀損(きそん)やわいせつ物頒布などの疑いがある不正な商品が多数販売されていることが分かった。同社を含むプラットフォーマーは、不正出品をAIで検出して強制排除したり、質の高いコンテンツを優遇したりするなど、アメとムチを使い分ける対策を進めている。(2021/6/21)

「12時の方向に○○!」戦争映画でよく聞くせりふ、視覚障害者にも便利って知ってた? 「クロックポジション」を紹介する漫画がためになる
作者は漫画家でコメディアンの中山少年さん。(2021/6/20)

1億6000万円の投げ銭集めたVTuber「桐生ココ」活動停止 理由は「言えない」
VTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーが、所属タレントの「桐生ココ」が7月1日に卒業すると発表。理由については「言えない」(桐生ココ)という。(2021/6/9)

竹内愛紗、パニック障害の治療で退所 事務所はタレントの独立巡るトラブル報じられた過去も
2021年2月から心身不調に。(2021/6/1)

野球女子・椿梨央、女性芸能人最速の107キロを記録 平均90キロ台からの進化に「普通にエグい」「凄すぎ!」の声
始球式で見てみたい。(2021/5/18)

Z世代のなりたい職業ランキング、3位芸能人、2位保育士・幼稚園教諭 1位は?
デジタルネイティブのZ世代(1990年代半ば〜2000年代の初め生まれ)は、将来をどのように考えているのか。15〜21歳の女性114人になりたい職業を聞いたところ、1位は……。(2021/4/7)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「内輪だからいい」では済まない侮辱発言、ハラスメントが続く組織は“コミュニケーション能力が低い”
女性タレントの容姿を侮辱する演出を提案したとして、東京五輪の開閉会式演出の総合統括クリエイティブディレクターが辞任した。「内輪のことだから」と擁護する声もあるが、ハラスメントのほとんどは「内輪」で起きた出来事だ。こうしたハラスメントや差別発言は、無意識の思い込みと、コミュニケーション能力の低さから起こっている。(2021/3/26)

木村拓哉そっくり芸人・元木敦士、Cocomi&Koki,&工藤静香のものまねタレントと“家族写真” 「チームとして頑張りたい」
特徴捉えてる。(2021/3/25)

元チャイドル・吉野紗香、第1子男児の出産を報告 “タレント犬”だった愛犬の旅立ちも
たくさんの思い出の写真とともに伝えています。(2021/3/21)

「調子に乗って出したアイデア」 女性タレントをブタに見立てた五輪演出統括、謝罪文全文を公開
チームメンバーの批判を集め、撤回していたといいます。(2021/3/18)

ジミー大西をAI化 音声対話アプリ「携帯人間AIジミー」開発 ドコモの技術で
タレントのジミー大西さんを再現したAIとの音声対話を楽しめるアプリ「携帯人間AIジミー」がリリースされる。人やキャラとの対話を高精度に再現するというNTTドコモの技術を活用した。(2021/3/16)

「応援してくださっている皆様へ」 ゆりやん&ハマ・オカモトのにおわせ投稿に大勢が釣られてしまう
芸能人、今後ともよろしくお願いしがち。(2021/3/12)

仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
人気女優の演技レッスンがすごい。(2021/3/10)

「日本で注目されるの待ってた」 「NCT 127」YUTA、山Pや山崎賢人を抑え日本人男性タレント部門インスタフォロワートップ
若手ボーイズグループ「NCT 127」のメンバーとして活動。(2021/2/27)

ジャニーズ事務所、所属タレントの名前を使ったクラウドファンディングに注意促す
非公式のプロジェクトについては、内容を慎重に確認するようにと呼びかけています。(2021/2/6)

城田優かと思ったら武井壮でした 勘違いされる芸能人あるあるに「混乱していたのでは」「どっちもいい漢」
こんがらがって参りました。(2021/1/18)

圧倒的勝ち組感 上地雄輔、だだっ広い自宅リビング公開 アンミカすらビビらせる
ザ・芸能人の自宅って感じ。(2021/1/7)

自衛隊出身タレント・かざり、初ダイエット本の魅了詰まったアザーカット 「自衛隊体操」で注目集める
凛々しさとかわいらしさの融合。(2020/12/28)

芸能人たちのクリスマスイブは? 本並健治&丸山桂里奈夫妻は自宅でディナー、加藤茶は妻にダウンジャケットをプレゼント
自宅でのんびり過ごす人が多そう。(2020/12/24)

突然のヤマンバギャル! 朝日奈央、「MAX」新曲MVで女優として開花しそうになる「オチをつけようとすな」
あなたは立派なバラエティータレントだ。(2020/12/11)

VTuber支援の「upd8」、年末で終了 「事業的に継続が難しくなった」
Activ8が、バーチャルタレント支援プロジェクト「upd8」を12月31日に終了する。終了の理由は「事業としては力不足で黒字にできなかった」としている。(2020/11/2)

VTuberが歌声合成ソフト音源に CeVIO AI音源「可不」を冬発売
タレント事務所KAMITSUBAKI STUDIOが、歌声合成ソフト「CeVIO AI」向けにVTuber「花譜」をモデルにした音源「可不」を冬に発売する。(2020/10/12)

“イエモン”吉井和哉の息子・吉井添、姉との2ショットに驚きの声 「めちゃくちゃ美形」「イケメン芸能人の遺伝子ってすごい」
まぶしすぎる。(2020/10/8)

“ディープフェイクポルノ”初摘発 AIで演者と芸能人の顔を差し替え公開した疑い 千葉県警
警視庁と千葉県警が、“ディープフェイクポルノ動画”を公開したとして、男性2人を名誉毀損と著作権法違反の疑いで逮捕した。ディープフェイクによるポルノ動画を巡る逮捕は初。(2020/10/2)

VTuber「にじさんじ」事務所、タレントを誹謗中傷から守るチーム設置 通報も受け付け
VTuber集団「にじさんじ」のいちからが、所属VTuberやタレントをストーカー行為やネット上での誹謗中傷から守るための「攻撃的行為及び誹謗中傷行為対策チーム」を設置。ファンからの通報も受け付ける。(2020/9/1)

【公開終了】好きな芸能人にタメ口でリプライ→ブロック NGなSNS利用にダメ出しする『アスクミ先生に聞いてみた』16時間目
【本記事は公開終了しました】SNS上の相手との距離感、間違ってない?(2020/8/17)

手越祐也、著書の女性芸能人“実名記載”を謝罪 ジャニーズ時代は“守られていた”ことを「痛いほど痛感」
著書に女性芸能人の実名を列挙した理由をあらためて説明した手越さん。(2020/8/11)

三浦春馬さんの訃報に、西川貴教、斎藤工、小手伸也ら芸能人から追悼の声 「ブラッディ・マンデイ」共演の吉瀬美智子は「寂しすぎる」
ご冥福をお祈りします。(2020/7/19)

「ヘキサゴン時代とは大違い」 つるの剛士、大学初の試験結果が“おバカタレント”返上の好成績
保育士を目指して短大生となったつるのさんの初試験。(2020/7/11)

Nizi Projectの完結に「GLAY」TERU、指原莉乃ら芸能人も涙 「13人のみんなに本当にたくさんのことを教えてもらいました」
夜更かしした人も、しなかった人もとりあえず泣いた。(2020/6/26)

「キュンとした」「かわいさが異次元」 安達祐実、YouTuberの“一番大好きな芸能人から祝われるドッキリ”動画出演で神対応
女神ですね(ニッコリ)。(2020/6/23)

「誹謗中傷ログを自動保存」 弁護士事務所が有名人向けサービス 仕組みに疑問の声、一時停止に
アトム法律事務所弁護士法人は、タレントや有名人などに対する中傷ツイートを自動保存し、発信者に対して警告文を送付するサービスを始めた。しかし、「各方面から『Twitter内での表現を萎縮させる』との意見が来た」として、一時的にサービスを停止している。(2020/6/10)

「影分身の術スゴイ」「どちらが本物?」 小林幸子、そっくりタレントと“おうちデュエット”に反響
小林さんが自分とデュエットしてるのかと思った。(2020/6/5)

吉本興業とUUUMが資本業務提携 吉本所属タレントの約800チャンネルがUUUMと共同運営に
強力タッグ。(2020/4/28)

UUUMと吉本興業が資本業務提携 芸人YouTubeチャンネル強化やYouTuberのテレビ進出も
吉本興業に所属するタレントのYouTubeチャンネルを共同で運営する他、UUUM所属クリエイターのマスメディア進出などで協業する。(2020/4/28)

バーチャルタレント「キズナアイ」が独立 新会社「Kizuna AI」設立
Activ8からキズナアイのプロデュース・マネジメント事業を分社化します。(2020/4/24)

芸能人“自撮り繋ぎ”浜辺美波、中村倫也、神木隆之介へ 池田エライザ&橋本環奈も参戦で「神リレー」と話題
映画「屍人荘の殺人」で共演した浜辺美波さん、中村倫也さん、神木隆之介の3人がそろう。(2020/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。