ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

副業:
逆風の紳士服 はるやまの勝負手は
紳士服大手の業績が悪化している。大手4社の2019年3月期連結決算は、全社が減収減益に陥った。こうした中、はるやま商事はスーツ販売以外の収益で底支えしようと、“副業”を本格化させている。(2019/5/23)

雨の日でも平気だワン レインスーツでお散歩に行くコーギーのワンちゃんが楽しそう
ニッコニコです。(2019/5/12)

「高級スーパーで流れてる曲です」 優雅な曲調から聞こえてくる「ポポーポポポポ♪」のメロディーが聞き覚えしかない
蝶ネクタイとスーツを着た呼び込み君の姿が浮かぶ……。(2019/4/19)

「だんだん瓜二つに」 羽田美智子、野際陽子の娘・真瀬樹里のスーツ姿に驚き ファンも「本当にそっくり!」
真瀬さんは第2話のゲストとして出演。(2019/4/17)

迎えに来た死神がなぜか「スーツ着たゴリラ」 シュールと思いきや切ない創作漫画にホロリ
語られる物語の順番が秀逸……。(2019/4/14)

ガッキーがアニキになってる! 新垣結衣、ソフトリーゼントの“着崩しスーツ”姿で危うい色気を放つ
池上遼一さんの漫画に出てきそうでキュンとする。(2019/4/10)

自由な服装、自由なメイクで就職活動を―― 伊勢半の「顔採用、はじめます。」が生まれた理由
「スーツ」や「黒髪」がマナーとなった既存の就職活動に対するアンチテーゼ。(2019/3/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
スーツ姿のビジネスマンが「時代遅れ」になる日
米金融大手ゴールドマン・サックスが社内のドレスコードを緩めると発表した。米国企業では、職場の服装がカジュアル化しつつある。ビジネススーツが「過去の産物」となる日も遠くないかもしれない。(2019/3/14)

「情けなく、申し訳ない」:
ZOZOが初の減益 要因を検証してみた
インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)が平成10年の会社設立以来初の減益となる。採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。ツイッターで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、主力のネット通販サイト「ゾゾタウン」では出店を取りやめる“ゾゾ離れ”が顕在化。時代の寵児(ちょうじ)の足元は決して盤石ではない。(柳原一哉)(2019/2/25)

ZOZO初の減益へ ゾゾスーツのPB大誤算、アパレル各社離反も痛手
ZOZOが1998年の会社設立以来初の減益となる。「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。Twitterで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、出店を取りやめる“ZOZO離れ”が顕在化している。(2019/2/21)

日航、パワーアシストスーツを公開 羽田に導入、腰の負担を軽減
日本航空は12日、パナソニック子会社のロボットベンチャー、ATOUNの開発した力仕事をサポートする機器「アトウン モデルY」の羽田空港での導入状況を報道陣に公開した。(2019/2/13)

通勤中にスーツで発電 スマホを充電、AOKIなど試作
理化学研究所は紳士服のAOKIなどと共同で、柔らかい素材でできている太陽電池を貼り付けた「発電スーツ」を試作したと発表した。スマートフォンの充電や災害時の非常電源として使えるほか、着ている人の脈拍をモニタリングするなどの電子機能を持った衣服の電源に活用できると期待される。(2019/2/1)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー
はるやまグループに学ぶ基幹系システム刷新、理想的なクラウド移行の秘訣とは?
オンプレミスの仮想化基盤では、ハードウェアの定期的な更改コスト・業務負担が付きまとう。スーツ専門店などを展開する、はるやまグループのクラウド化事例から、課題解消に加え、コスト削減と処理速度の向上を実現する方策を探る。(2019/1/25)

これぞ“最強の盾” ワークマンの防水防寒スーツ「イージス」を着てポケモンを追う
ワークマンの「イージス」をご存じでしょうか。ここ数年、バイクに乗る人や「つりびと」の間で温かいと評判の防水防寒スーツ。それがポケGOトレーナーの間でも話題になっています。(2019/1/18)

「こんなかわいい社員いたら仕事にならん」 永野芽郁、制服を脱ぎ捨てた“スーツ姿”が120点の初々しさ
着られている感かわいい。(2018/12/30)

国内生産3分の1以下:
年中「ノーネクタイ」広がる……クールビズの影響か
クールビズの初夏から初秋の期間だけでなく、1年中、ノーネクタイで通すサラリーマンらの姿が目立つようになった。大阪市中心部で観察すると、スーツ姿の男性の半分近くがノーネクタイで、着用していないサラリーマンらに聞くと、「ほとんどつけない」や「顧客や外部の人に会うとき以外は着用しない」などという声が8割超を占めた。ネクタイの国内生産はクールビズ前と比べ3分の1以下、家庭の支出は6割減にまで落ち込んだ。だれもが着用しなくなる日が来るのだろうか。(張英壽)(2018/12/28)

紳士服のコナカ、採寸アプリに本腰 服を着たまま写真4枚でスーツを提案
紳士服を販売するコナカが、スマートフォンで撮影した写真を使って服のサイズを測れるアプリを改良。スーツやコートの採寸・注文を可能にした。(2018/12/20)

リカちゃんサイズでもZOZOスーツに対応してたのか……!? 水玉全身スーツで計測→例の黒い箱届く
ボンジュールリカちゃん。(2018/12/8)

アシストスーツ:
大林組がアシストスーツ「パワード・クロージング」を開発した米・Seismic社に出資
大林組は、次世代建設プロセスの構築として同社が掲げる「Obayashi Construction 4.0」の一環として、アシストスーツ「パワード・クロージング(Powered Clothing)」を開発した米国のベンチャー企業「Seismic Holdings」へ出資することを発表した。(2018/11/27)

「合皮製の靴」はOK:
「スーツにリュック」は本当に非常識? プロのマナー講師に聞いてみた
「スーツにリュックサックを合わせるのはマナー違反」との声をよく耳にする。だが、リュックには機能性などのメリットがある点も事実だ。なぜ、ビジネスリュックは批判を集めるのか。本当に非常識なのか。日本サービスマナー協会の講師に見解を聞いた。(2018/11/17)

洋服の青山、子どもの面接や入卒園に使える「女性向けフォーマルスーツ」のレンタル開始 紳士服店大手で初
フォーマルスーツで臨みたいけど、着る機会が少ないから買うのは……と悩んでいるお母さん向け。(2018/11/15)

施工ロボ・遠隔管理・BIMを柱にした「鹿島の生産性向上ビジョン」、“18のICT技術”を新築ビル工事で実証
鹿島建設は、建築工事に関わるあらゆる生産プロセスの変革を推進して生産性の向上を目指す「鹿島スマート生産ビジョン」を策定した。第一段階として、名古屋市中区錦二丁目の自社ビル新築工事で、施工ロボットや巡回するドローン、作業者の負担を軽減するアシストスーツの他、BIMを基軸に出来形検査やAR/VR技術など、18項目もの新技術の集中実証を行う。(2018/11/14)

ZOZOの新たな一手は「体型データを勝手に推測」する新技術 前澤社長の狙いは
「ZOZOTOWN」を運営するZOZOが、採寸用スーツ「ZOZOSUIT」なしで最適なサイズの服を提案できる新技術を発表。前澤友作社長は「ビジネススーツすらフルオーダーで作れるのでは」と期待を込める。(2018/10/31)

「待ってましたぁ〜!」 弁護士役で「まんぷく」出演の菅田将暉、マッシュヘア&真面目スーツ姿を披露
爽やかな弁護士姿よく似合ってる。(2018/10/30)

Japan Robot Week 2018:
30kgの重量物をラクラク肩まで持ち上げ!人工筋肉でサポートするロボットスーツ「マッスルアッパー」
イノフィスは腕と腰の動きをサポートするロボットスーツ「マッスルアッパー」を開発した。空気圧式の人工筋肉を搭載し、最大35kg(キロ)の荷重まで補助。建設現場で重量のある物を簡単に高い位置や上下左右に持ち上げることが可能になる。(2018/10/26)

ロボット開発ニュース:
油圧ならトン単位の力も出せる、ブリヂストンのゴム人工筋肉
ブリヂストンは、「Japan Robot Week 2018」において、アシストスーツや歩行トレーニング装置などに最適な空気圧式ゴム人工筋肉を展示した。(2018/10/18)

「新社会人かと思った!」 安達祐実、ドラマ「リーガルV」のフレッシュなスーツ姿がやっぱり若い
時が止まっているようだ。(2018/10/11)

AOKI、スーツのレンタルサービス「suitsbox」の顧客サービス向上に「Salesforce Service Cloud」を活用
AOKIは、月額制のスーツレンタルサービス「suitsbox」の顧客管理基盤として、SalesforceのCRMプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」を導入。顧客ごとのサービス最適化を図るとともに、リアルタイムデータを基にしたKPIなどを参照できるようにした。(2018/10/2)

アシストスーツ:
空気圧式の“人工筋肉”を搭載したマッスルスーツ3タイプ、鉄筋工など前屈みの作業をサポート
PALTEKは、イノフィスが開発した空気圧式アシストスーツ「マッスルスーツ」シリーズに、導入しやすい低価格化・軽量化を図った「Edge」モデルが新たに加わり、販売を開始した。マッスルスーツは、これまでに3400台以上が導入されており、今後引き合いの多い建設業界にも本格的にPRしていく。(2018/9/13)

記者も着用、重量物の持ち上げも:
産業向け「パワードスーツ」の黒船、ドイツから到来
ドイツのロボティクス企業であるGBS German Bionic Systems(以下、GBS)は2018年9月11日、同社の産業向けパワードスーツ「Cray X」を日本で販売開始すると発表した。多くの有力企業がひしめく激しい競争下にある日本市場で、GBSはどのような戦略を取るのか。(2018/9/12)

物流業などの利用を想定:
2万円台で0.5キロの“安くて軽い”アシストスーツ登場 腰のサポートに特化
ユーピーアールが、2万5000円〜2万8000円と安価なアシストスーツ「サポートジャケットBb+FIT」を発表。腰のサポートに特化した機能を持つ。0.5キロ〜0.6キロと軽量な点も特徴だ。(2018/9/10)

ZOZOSUITなくても“ぴったりの服“推定 スタートトゥデイが新サービス
スタートトゥデイは、利用者が採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」で体型を計測したデータがなくても、個々の体型を推定してTシャツなどを提供するサービスを始めた。(2018/9/7)

映画「アントマン&ワスプ」インタビュー前編:
「スーツはウルトラマン、巨大化はゴジラを意識」 映画「アントマン&ワスプ」のペイトン・リード監督、特撮好き歓喜の撮影秘話語る
特撮好きには絶対に見て欲しい一本です。(2018/8/30)

ムーディ勝山のジワるインスタ、ニルヴァーナの名作ジャケット再現に「雰囲気は出てる」など反響
でもスーツは脱がないムーディさん。【訂正】(2018/8/17)

「ZOZO」ブランドで毎週新商品発売 まずはインナー向けTシャツから
スタートトゥデイが、採寸用スーツ「ZOZOSUIT」で計測した結果に合わせて最適なサイズの服を注文できるプライベートブランド「ZOZO」の新商品を拡充する。まずはインナー向けTシャツから始め、毎週新商品を発売予定という。(2018/8/15)

スーツのような作業着「ワークウェアスーツ」にライトモデル 約2分の1に軽量化
ジャケットの裏地を付けないことにより軽量化。(2018/8/7)

ZOZOSUITの“ゲリラ配布”も視野:
PBに積極投資のZOZO、「女性用スーツ」など発売へ ZOZOSUITでオーダーメイド
スタートトゥデイが、PB「ZOZO」の今後の戦略を発表。8〜9月にネクタイ、ニット、長袖Tシャツを発売。10月以降は女性用スーツ、コートなどを展開する予定という。(2018/7/31)

ロボットスーツ、被災地活躍の舞台裏 「社内でかき集め、大急ぎでプログラム書き換えた」──西日本豪雨で
西日本豪雨の被害を受けた岡山県で、人の作業負荷を軽減する「ロボットスーツ」が活躍。当時の状況を担当者に聞いた。(2018/7/23)

だらっとしたポーズを描きたい絵描きのためのカタログに新作 スーツ姿のだらっとポーズも収録
描きづらいポーズもこれで大丈夫です。(2018/7/13)

赤いZOZOSUIT、1000着限定で発売 最短で注文した翌日に届く
スタートトゥデイが1000着限定で赤い採寸用スーツ「ZOZOSUIT RED」を発売。価格は2000円(税込)。(2018/7/12)

水曜インタビュー劇場(水道発公演):
なぜ「スーツみたいな作業着」をつくって、しかも売れているのか
スーツのような作業着「WORK WEAR SUIT(ワークウェアスーツ)」が売れている。製造しているのはアパレルメーカーでもなく、作業着メーカーでもない。水道工事などを行っている会社がつくったわけだが、なぜこのような商品を開発したのか。その狙いを聞いたところ……。(2018/7/11)

スーツにこだわる層を増やしたい:
自分専用スーツの“レンタル”サービス レナウンの「着ルダケ」
レナウンが「スーツを所有しないで利用する」をコンセプトにした「着ルダケ」のサービスに本腰を入れる。自分専用のスーツを“レンタル”できるのが特徴で、5年間で1万人以上のユーザー獲得を目指している。(2018/7/10)

胸板が盛り上がって見えるインナー「Funkybod」 スーツの中に着れば誰でも007に
ジェームズ・ポンドのようなカッコいいスーツスタイルに。(2018/7/6)

自分にピッタリのスーツが家で買えるZOZOSUITを「NEWS TV」で議論した
(2018/7/3)

初のフォーマル商品:
「ZOZO」ブランドにビジネススーツ登場 「ZOZOSUIT」計測でぴったりフィット
「ZOZO」に初のフォーマル衣料が登場。「ビジネススーツ」「ドレスシャツ」を7月3日午後6時に発売する。「ZOZOSUIT」 で計測したデータを基に、一人一人の体形に合わせて仕立てる。(2018/7/3)

7月3日午後6時30分ごろ放送:
【番組予告】ZOZOSUITでビジネススーツを注文? 「NEWS TV」で試してみる
(2018/7/3)

「ZOZO」ブランドで「ビジネススーツ」発売 ZOZOSUIT活用で「肩傾斜や体形の左右差も考慮」
スタートトゥデイは、プライベートブランド「ZOZO」の商品ラインアップを拡充する。メンズの「ビジネススーツ」「ドレスシャツ」のセットを2万4800円で提供する。(2018/7/3)

一流の営業マンはやっている:
サラリーマンが5分でできる、簡単な服装チェック術
「大事な商談があるのに、どんな服装にすればいいのかよく分からない」「いつもと同じスーツで」といった人も多いのでは。身だしなみに自信を持てない人はどのようにすればいいのか。スタイルアドバイザーのたかぎ・こういち氏が、たった5分でできるチェック術を紹介する。(2018/6/25)

積水ハウスが開発した「会話する施工ロボット」と「アシストスーツ」の実機デモ
積水ハウスは、住宅施工現場での作業負荷軽減を目的に、「天井石こうボード施工ロボット」をテムザックと、「上向き作業用アシストスーツ」をダイドーと、それぞれ共同開発した。ロボットは、ゼネコンなどで導入されている産業用ロボットと異なり、AIを搭載し、互いに通信でコミュニケーションを取りながら施工する珍しいタイプ。アシストスーツは、作業者の腕をサポートし、長時間の辛い上向き作業を楽にする。(2018/6/19)

夏目の「経営者伝」:
コナカの「Tシャツのように洗えるスーツ」は、こうして生まれた
株式会社コナカの湖中謙介社長は、「たびたび同じ悪夢を見る」という。連結売上高700億円の企業に成長したのに、なぜ悪夢を見るのか。話を聞いてみると……。(2018/6/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。