ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!大学・短大→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で大学・短大関連の質問をチェック
質問!大学院→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で大学院関連の質問をチェック
「大学生」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Googleでの抗議デモ主催者がまた退社 ニューヨーク大のAI倫理機関ディレクター専任に
Googleの職場でのハラスメントに対する抗議やAI倫理についての運動で活躍した従業員、メレディス・ウィテカー氏が同社を去り、在職中に立ち上げたニューヨーク大学のAI倫理機関AI Now Instituteのディレクター専任になる。(2019/7/17)

これまでは「熟練者による訓練」が必須:
AIによって「自分の介護技術の客観的評価」が確認できるように 京都大学
京都大学の研究グループは、介護技術「ユマニチュード」の技術をAI(人工知能)で評価する手法を開発した。熟練介護者と初学者の間での「目線の使い方」などの違いによって、介護者が被介護者を見る技術を明らかにした。(2019/7/17)

SAP導入事例
SAP導入のベストプラクティスは「カスタマイズしない」こと
英オープン大学CIOのユールズ氏は、SAP製品の導入に際してカスタマイズしないという方針を打ち立てた。どのような問題が生じたのか。それでもカスタマイズしなかった理由とは何か。(2019/7/17)

医療技術ニュース:
メタボリックシンドロームの未病を科学的に検出
富山大学は、動的ネットワークバイオマーカー理論に基づくデータ解析により、メタボリックシンドロームの未病を科学的に検出した。予防および先制医療への活用が期待される。(2019/7/16)

平成一桁生まれが「社会人になってから」YouTuberにハマったワケ
大学時代は全く見なかった。でも気付けば、大好きでしょうがなくなっていた。(2019/7/14)

Facebookとカーネギーメロン大学開発のAI「Pluribus」、ポーカーの6人ゲームでプロに勝利
Facebookとカーネギーメロン大学が共同開発したAI「Pluribus」が、5人のトッププロとの「テキサスホールデム」ゲームで勝利した。(2019/7/12)

蓄電・発電危機:
期待のペロブスカイト太陽電池、東大がミニモジュールで効率20.7%の快挙
東京大学の研究グループが、次世代太陽電池として期待されているペロブスカイト太陽電池のミニモジュールで20%を超える変換効率を達成した。これまでにない成果だという。(2019/7/12)

“DoS攻撃並み”のトラフィックでまひ寸前! 福岡大学NTPサービスの悩み
福岡大学が提供している公開NTPサービスは、最大で約265Mbps、毎秒33万クエリと“DoS攻撃並み”のトラフィックに。1つの大学の手に余る規模になってしまったが、そう簡単にサービスを停止できない事情があるという。(2019/7/10)

これはネタバレ? それとも違う?:
書籍や番組のレビューに含まれる「ネタバレ」をAIで検出? カリフォルニア大
カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが、書籍やテレビ番組のオンラインレビュー投稿の中から“ネタバレ”を検出し、フラグを付けるAIベースのシステム「SpoilerNet」を開発した。(2019/7/11)

近畿大、全教員が「Slack」利用へ “お堅い”やりとりなくす
近畿大学が、全教員向けに「Slack」を導入する計画を発表。まずは建築学部(33人)、薬学部・薬学総合研究所(62人)の教員から利用を始め、他学部に順次展開する。メールなどによる“お堅い”やりとりをなくす狙い。(2019/7/9)

医療技術ニュース:
空気中の異物を体内に取り込む細胞を発見
慶應義塾大学は、呼吸によって吸い込んだ空気中の異物を取り込む呼吸器M細胞が呼吸器疾患の病変部に存在することを確認した。また、機能を維持した呼吸器M細胞の培養に成功した。(2019/7/9)

DNAストレージよりコンパクトなメタボロームストレージ、ブラウン大学が開発に成功
DARPAの支援でメタボロームストレージの開発に取り組むブラウン大学が、2KBサイズの猫の画像データの分子へのエンコードと読み取りに成功したと発表した。(2019/7/8)

TOEICが大学入試共通テストから撤退 2020年度開始予定の新試験に影響
理由は、当初想定より仕組みが複雑だったため。(2019/7/3)

モノづくり×ベンチャー インタビュー:
東大発ベンチャーが打ち破るLPWAの限界、マルチホップ無線「UNISONet」の可能性
東京大学発ベンチャーのソナスが開発した省電力のマルチホップ無線「UNISONet」は、LPWAネットワーク技術として独自のポジションを築いている。橋梁やビルなどの構造物振動モニタリングの用途で、本格採用に向けた実証実験が進んでおり、工場や倉庫内設備の予知保全という新たな用途に向けた事業展開も広げようとしている。(2019/7/3)

医療技術ニュース:
体内リズムの発現に必要なDNAのスイッチを発見
京都大学は、体内リズムの発現に必要なDNAのスイッチを発見した。体内時計の制御機構に加え、これまで重要とされながらも確認されていなかったゲノムのノンコーディング領域におけるDNA配列の役割が、日々の活動制御のレベルで解明された。(2019/7/2)

医療機器ニュース:
歯科口腔外科向け骨再生材料を製品化
東北大学は東洋紡と共同で、歯科口腔外科領域の骨欠損を対象とした骨再生誘導材を製品化した。商品名は「ボナーク」で、2019年秋から販売を開始する。(2019/7/1)

Amazon EC2を採用
京都大学が基幹系をオンプレミスから「AWS」へ移行した理由
旧式のITインフラやシステムを刷新するに当たり、京都大学は「Amazon Elastic Compute Cloud」(Amazon EC2)を採用した。システムが抱えていた課題は、なぜオンプレミスでは解決できなかったのだろうか。(2019/7/2)

日本全国の河川を見守り、増水や氾濫状況をリアルタイムで予測 三井共同建設コンサルタントら3社が開発
三井共同建設コンサルタントと京都大学防災研究所、NECの3社は、全国の河川を対象とした、リアルタイムに増水や氾濫状況を予測するシステムを開発した。現在は1時間先を予測でき、NECのベクトル型スーパーコンピュータへの実装が完了すると6時間先までリアルタイム予測できる見込み。(2019/7/1)

就活の極意:
就職活動を始めた時に取り組んでほしいこと
大学3年生から始まる就職活動。いわゆる“就活”は、人生を左右する超重要イベントです。「就職活動を始めてみたら、予想以上に自分は準備が遅れていることに気づいた」と思う学生は多いようで……。(2019/6/28)

電気自動車:
優勝を狙う工学院大学ソーラーカー、宇宙用太陽電池と軽量低抵抗ボディーが武器
工学院大学は2019年6月27日、ソーラーカーレース「2019 Bridgestone World Solar Challenge」(2019年10月13〜20日、オーストラリア)に参戦する新車両「Eagle」を披露した。(2019/6/28)

落ち目の鮨屋を世界に名だたる名店に変えた男:
「鮨屋はもう斜陽」――四代目はなぜ、ジリ貧の店を継ぐと決めたのか
鮨屋としての事業環境が厳しくなっていく中、次男には、明治から続く老舗という看板を背負う義務はない。大学に進学して普通のサラリーマンになってほしい――。そんな父の願いを知りながらも、なぜ四代目は「店を継ぐ」と決意したのか。(2019/6/28)

Apple、自動運転AIの「Drive.ai」を買収
Appleは、スタンフォード大学発の自動運転AI開発企業「Drive.ai」を買収した。(2019/6/26)

神奈川沖浪裏を1mmのサイズで作製:
インク使わず、北斎の浮世絵をフルカラーで印刷
京都大学のシバニア・イーサン教授と伊藤真陽特定助教らの研究グループは、インクを全く使わずに、葛飾北斎が描いた絵画「神奈川沖浪裏」を、フルカラーで作製した。その大きさはわずか1mmサイズである。(2019/6/26)

組成の異なるTMDを連続成長:
首都大学東京ら、TMDの新たな合成技術を開発
首都大学東京と筑波大学の研究チームは、新たに開発した遷移金属ダイカルコゲナイド(TMD)の合成技術を用いて、半導体原子層の接合構造(半導体ヘテロ接合)を実現し、その構造と電気的性質を解明した。(2019/6/27)

医療技術ニュース:
3Dスキャンを用いて異なるスケールの脳活動を連結する技術
京都大学は、3Dスキャン技術を解剖生理学に応用し、細胞分布の解像度に迫る精度で、脳全体のスキャン画像を重ね合わせる技術を開発した。さまざまな規模の脳活動を連続的に分析できるようになるため、脳のシステムを深く理解するのに役立つ。(2019/6/25)

プロジェクト:
東京都市大学、100周年に向け世田谷キャンパス約3分の1をリニューアル
東京都世田谷区の東京都市大学では、2019年度から23年度にかけて、同大学の世田谷キャンパスにおいて敷地面積の約3分の1をリニューアルする「東京都市大学キャンパス再整備事業」を実施する。(2019/6/25)

物質の対称性に強く依存:
東大ら、ナノチューブで巨大な光起電力効果発見
東京大学らの共同研究グループは、二硫化タングステンナノチューブにおいて、バルク光起電力効果(BPVE)が大幅に増幅されることを発見した。(2019/6/25)

医療技術ニュース:
次世代がん遺伝子パネルに関する共同研究開発を開始
東京大学はコニカミノルタおよび国立がん研究センター研究所と共同で、DNAとRNAを解析する東大オンコパネルを基盤とし、遺伝子診断技術の知見を融合させる研究を進め、次世代包括的がん遺伝子パネル検査を開発する。(2019/6/24)

FPGA導入の高い壁
GPUより低コスト、ハイパフォーマンスのFPGAが抱える“泣きどころ”
Amadeus IT Groupとスイス連邦工科大学の共同研究により、FPGAはGPUよりも4倍高速で、同じワークロードを7分の1のコストで実行できることが分かった。AIにとって非常に有効だが、FPGAには弱点もある。(2019/6/24)

分散セキュリティオペレーション構想とは:
慶應義塾大学と中部電力、日立製作所 サイバー攻撃の予兆検知を実証
慶應義塾大学と中部電力、日立製作所は、これまでは検知困難だったサイバー攻撃の予兆検知が可能であることを実証した。複数の組織で観測した不審な通信に現れる、共通した特徴に着目した。(2019/6/20)

Photoshopで加工された顔画像を見抜く技術 Adobeが開発
米アドビリサーチはPhotoshopで加工された顔画像を検知し、元画像を復元するツールをカリフォルニア大学と共同開発したと発表した。(2019/6/19)

東大の学術資産を横断検索、新サイト公開 APIも提供
東京大学は、学内のさまざまな部署が公開してきた学術資産などのコレクション約15万件を横断検索できるサイト「東京大学学術資産等アーカイブズポータル」をリリースした。検索用APIとハーベスト用APIも提供。APIを通じ、学外のシステムから同サイトのデータを活用することもできる。(2019/6/18)

人工知能ニュース:
脳の空間認知機能を再現する、小型の脳型AIハードウェアを開発
東芝は、ジョンズホプキンス大学と共同で、小型の脳型AIハードウェアを開発し、海馬の空間認知機能の一部を模倣・再現することに成功した。脳機能研究の進展や、高い空間認知能力が求められる自律型ロボットなどの小型化、低電力化に貢献する。(2019/6/18)

医療技術ニュース:
液体のりの主成分を用いて、造血幹細胞を増幅させることに成功
東京大学は、高価なウシ血清成分やアルブミンの代わりに、液体のりの主成分「ポリビニルアルコール」を用いることで、細胞老化を抑制した造血幹細胞を長期培養系で安価に増幅することに成功した。(2019/6/18)

京大、業務系システムをクラウドに全面移行 AWS、G Suiteなど導入の舞台裏
京都大学が業務系システムをAWSに全面移行。グループウェア、教職員用のメールなど情報系システムも、サイボウズの「Garoon」「kintone」、Googleの「G Suite」に切り替えた。(2019/6/13)

IoTセキュリティの手法を開発:
スマートメーターのセキュリティ対策、カナダの大学が手法を開発
ブリティッシュコロンビア大学の研究チームは、スマートメーターとスマートグリッドのセキュリティ対策を向上させる2種類の手法を考案した。この手法により、製造前の時点でIoT機器をセキュアにできるという。(2019/6/12)

製造マネジメントニュース:
徳島発の新産業創出へ、ジェイテクトと徳島大が包括連携協定締結
ジェイテクトと徳島大学は2019年6月11日、研究開発において包括連携協定を締結したと発表した。ジェイテクトが持つ既存事業での共同研究だけでなく、新領域分野の研究開発や事業化を加速するため横断的産学共同研究事業を立ち上げる計画を示す。(2019/6/12)

無線で光同様の通信を実現:
5Gのその次へ、日欧共同プロジェクト「ThoR」とは?
 5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス実現が2020年に迫る中、5Gのさらに次の世代となる「Beyond 5G」の研究も始まっている。日本と欧州の産学官が共同で研究を進めるプロジェクト「ThoR(ソー)」について、プロジェクトリーダーを務める早稲田大学理工学術院教授の川西哲也氏が、2019年5月29〜31日に東京ビッグサイトで開催された「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2019」で、その研究内容について説明した。(2019/6/12)

言い間違いを容易に編集:
話者の動画を与えると単語を容易に修正できる手法を開発、スタンフォード大などの研究チーム
スタンフォード大学などの研究者のチームが、話者の動画を容易に編集する手法を編み出した。人物の肩から上の映像を使うだけで、口にしていない単語を埋め込み、修正できる。修正方法は文字起こししたテキストを編集するだけという手軽さだ。(2019/6/11)

画像解析:
熊本大学×凸版印刷、“熊本城”崩落石垣の位置特定を自動化
熊本大学と凸版印刷は、熊本地震で崩落した熊本城の石垣を対象に、石がもともとあった位置を特定する「石垣照合システム」を開発した。(2019/6/11)

医療技術ニュース:
インフルエンザウイルス感染時の解熱の必要性を細胞レベルで証明
東北大学は、インフルエンザウイルス感染時の発熱に相当する、39〜40℃の高温下における呼吸器細胞の生存率を研究。感染時の治療において、解熱の必要性があると細胞レベルで証明した。(2019/6/11)

大学CIOが語る「Web会議システム」の魅力【後編】
米大学がWeb会議「Zoom」で実現、対面の会議が減ると何がうれしい?
Web会議システム「Zoom」を導入したカリフォルニア州立大学。学生や教職員の反応や実体験を通じて、その有効性をどう評価しているのか。(2019/6/11)

視覚認識の性能が向上:
高性能なディープニューラルネットのフレームワークを開発、ノースカロライナ州立大
ノースカロライナ州立大学の研究チームが、ディープニューラルネットワーク(DNN)を構築するための新しいフレームワークを開発した。標準的なベンチマークテストで性能を検証したところ、視覚認識の性能がこれまでのフレームワークを上回った。(2019/6/10)

注目を浴びる背景:
米富豪が学生ローン43億円肩代わり 重い負担は社会問題に
高校、大学の卒業式が相次ぐシーズンとなった米国のある大学で、卒業生を驚喜させるニュースがあった。卒業式に出席した大富豪が、卒業生が抱える学生ローン約4000万ドル(約43億5000万円)を肩代わりすると明らかにした。大富豪の申し出が注目を浴びる背景には……。(2019/6/10)

「大学1年生の恋愛」の生々しい質感が刺さる 青春ガールズラブ漫画『付き合ってあげてもいいかな』のリアル
18歳の生々しいエネルギー。【1話試し読みあり】(2019/6/7)

組み込み開発ニュース:
モバイル機器のモデルチェンジに素早く対応する画像用ASIC向け自動設計ソフト
東京都市大学は、スマートフォンなどのモバイル機器に内蔵可能な小型画像用ASICを、短時間で自動設計するソフトウェアを開発した。従来と同量の情報を半分の面積に収めるとともに、書き換え時間を1000分の1に短縮した。(2019/6/6)

医療機器ニュース:
自宅のTVで実施する運転技能向上トレーニング・アプリを開発
東北大学は、自宅のTVで実施できる運転技能向上トレーニング・アプリを開発した。高齢者を対象に効果を検証したところ、自動車運転技能、認知力(処理速度)と抑制能力、ポジティブ気分(活力)が向上した。(2019/6/6)

SSD内のデータを「タイムトラベル」:
イリノイ大がランサムウェア対策のデータ復元支援ツールを開発、SSDの性質を利用
イリノイ大学の研究チームは、ランサムウェアに感染しても、ファイルを復元できるツールを開発した。PCに搭載された一般的なSSDの動作を制御して、作成後3日目までのファイルを復元できるようにした。(2019/6/5)

医療技術ニュース:
脳情報動態の多色HiFi記録を可能にする超高感度カルシウムセンサーを開発
東京大学は、脳情報動態の多色HiFi記録を可能にする超高感度カルシウムセンサーの開発に成功したと発表した。自閉症などの精神疾患や、てんかんなど神経疾患の病態解明につながることが期待される。(2019/6/4)

13万本のレポートでニューラルネットを訓練:
課題レポートの代筆を90%近い精度で識別可能、コペンハーゲン大学
コペンハーゲン大学の研究チームは、高校生が提出した課題レポートを読み取り、「本人が書いたものか代筆されたものか」を90%近い精度で識別できるAIプログラムを開発した。(2019/6/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。