ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「漫才」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「漫才」に関する情報が集まったページです。

携帯キャリアが“VR最前列”に熱視線? ドコモも8KVRライブを配信 5Gが追い風に
NTTドコモが、8KのVR映像を配信するサービスを始める。アイドルのライブのVR映像配信も行い、新規ユーザーの獲得を狙う。5Gの商用化を見越し、携帯キャリア3社は現在、同様の取り組みに注力している。(2020/1/22)

ネコちゃんたちの奇跡の一瞬 『必死すぎるネコ〜前後不覚篇〜』の写真展 東京・京橋で開催
そんなポーズする!?(2020/1/19)

企業SNS「中の人」がいま考えるべきこと:
これからのSNS運用で必要なものがケロッグ、バーガーキングの成功事例から見えてきた
SNSは、今や必要不可欠な存在となっている。企業側も、マーケティング手法の一環として活用するのが当たり前の時代になってきた。消費者との新たな関係性を築ける一方で、いわゆる「中の人」がトラブルになったり反感を買ったりしてしまうケースも。電通メディアイノベーションラボ主任研究員を務め、SNSに詳しい天野彬氏は、これからの企業SNSは「ファスト」になるべきだと解説する。国内外の成功事例をひもときながら、解説する。(2020/1/16)

組み込みエンジニアの現場力養成演習ドリル(23):
スマホで極秘通信するには? 米高官が使った「簡単なのにバレない」情報の送受信法
今回は、8年前、アメリカで実際に起きた有名なスキャンダルを題材に、スマートフォンで極秘に通信する“簡単な方法”を考えてもらいます。(2020/1/9)

ドラマ「来世ではちゃんとします」5人のセフレが明らかに キャスティングにおばたのお兄さん「セフレかーーーーーい!」
1月8日から放送スタート。(2020/1/8)

ミルクボーイをコーンフレークで表現→「並べて似顔絵が描けるらしい」「ほなコーンフレークちゃうな」とTwitterで漫才始まる
でも牛乳かけると手軽な朝食になるらしい→コーンフレークやないか!(2020/1/7)

「あ〜セフレ欲し〜」と漏らす女子高生の心の嘆き 恋愛トーク漫画のラストに待っていた本心が切ない
深山はなさんの単行本『一端の子』収録の“愛”の物語です。(2019/12/29)

「えらいことです!」 M-1優勝の「ミルクボーイ」内海崇、公式サイト閲覧者数が約150倍で驚き
M-1優勝の影響すごいな。(2019/12/24)

「M-1グランプリ」最終決戦をVR配信 KDDIが提供
KDDIが「M-1グランプリ 2019」最終決戦のVR映像を配信する。番組の放送は22日で、VR映像は25日から配信する。(2019/12/20)

アンタ山崎、相方・柴田英嗣を通して第2子誕生を報告 「なんだか泣けますね」と“コンビ愛”に大反響
おめでたい〜〜!(2019/12/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「ビーフン」に成長の余地があるのか 最大手「ケンミン食品」が狙う空白市場
ビーフン最大手のケンミン食品。2016年には年間約1000万食だった売り上げは、17年以降は約1500万食へと1.5倍に増えた。どのような成長戦略を描いているのか。(2019/12/17)

京都の市民団体、吉本芸人の“ステマツイート”で市に100万円返還を求める
吉本興業所属のコンビ芸人が京都市の依頼を受け、市政を宣伝するツイートを宣伝表記なしに投稿した問題をめぐり、市民団体が京都市長に100万円の返還を勧告するよう求めた。(2019/12/16)

大戸屋のドキュメンタリーが、かなりの深手になるかもしれない件
テレビ東京「ガイアの夜明け」が定食チェーン大戸屋を取り上げた。経済や企業を深掘りする番組なので、抜群のPR効果になると思いきや……。(2019/12/13)

コンビ再起動のアンタッチャブル、2人での宣材写真撮影にファン歓喜 「泣ける」「最&高」「感無量です」
直近のプロフィール写真は2人別々でした。(2019/12/10)

「“格ゲー勢の発言まとめ”でイケると確信しましたわ」 話題沸騰の「ゲーミングお嬢様」、作者に取材したらお嬢様口調で答えてくれた
「ちなみにリュウとザンギはどっちがクソキャラだと思いますか?」 → 「ザンギに決まってんですわよ」(2019/12/8)

「正直、めちゃくちゃ嬉しかった!!!!!」 オードリー若林、芸人仲間からの“サプライズ結婚祝い”で満面の笑顔
サプライズも素直に喜べるようになった若林さん。(2019/12/7)

アンタッチャブル柴田、“復活劇”直前に特大フラグ 「コンビ復活はある?」「ある!」と意図せず予告し「すごいタイミングだ」の声
なんという大きなフラグ。(2019/12/5)

みんなかわいぃぃぃ! オスカー美女が恒例の晴れ着撮影会 小芝風花や藤田ニコルらが集結
今回は尾崎真花さん、井頭愛海さんが新たに参加。(2019/12/4)

高橋名人の仕事哲学【後編】:
高橋名人の働き方 「ゲームは1日1時間」はテレビゲームを“インベーダーハウス化”させない戦略だった
かつて「ファミコン小僧」と呼ばれた子どもたちにはヒーローがいた。高橋名人(60)だ。子どもたちの前では「名人」として全国各地を渡り歩き、テレビゲームの普及活動に務めた。大人の顔としてはハドソンの宣伝マンとしてテレビゲームの普及活動に努め、ゲーム史に残る数々の偉業を残している。だが、実はそんな名人も元は口下手であったといい、その素顔についてはあまり知られていない。「名人」本人が自身の仕事哲学について語った。(2019/11/30)

「アンタッチャブル」10年ぶりの“復活劇”に芸能界も揺れる のん、三村マサカズ、新木優子、武井壮らが感動&祝福メッセージ
やったあああああああ!(2019/11/30)

辻希美と杉浦太陽夫妻がYouTubeチャンネル開設 2人がイチャイチャするところを眺める恐るべきリア充空間
お幸せそう。(2019/11/22)

ホットペッパーの関西弁アフレコCMが12年ぶり復活! マッドマックスみたいな2人のかけあいに脱力必至
世紀末感あふれる世界のベタな漫才。(2019/11/19)

森田まさのりの肖像【後編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが語る「『べしゃり暮らし』は一生描き続ける」宣言の真意
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』著者の森田まさのりさんが、『べしゃる漫画家』の出版イベントで、『ろくでなしBLUES』にまつわる秘話などを語った。森田さんはなぜ50歳を過ぎてから漫才コンクールの「M-1グランプリ」に出場したのか? 前後編で余すところなくお届けする。(2019/11/10)

森田まさのりの肖像【中編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが50歳を過ぎてから「M-1グランプリ」に挑戦した理由
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』著者の森田まさのりさんが、『べしゃる漫画家』の出版イベントで、『ろくでなしBLUES』にまつわる秘話などを語った。森田さんはなぜ50歳を過ぎてから漫才コンクールの「M-1グランプリ」に出場したのか? 前後編で余すところなくお届けする。(2019/11/9)

血液クレンジングに京都盛り上げツイート、ステマ騒動に学ぶSNSの自己防衛
10月はステマ疑惑が話題になった。「京都市盛り上げ隊」としてツイートしていたお笑いコンビ「ミキ」、血液クレンジングを繰り返し紹介していた芸能人たち、彼らはどこまで意図していたのか。(2019/11/7)

洗濯バサミがヒロインの漫画が人類には早すぎる ネタ案を提案された編集さん「キミの脳内が怖いよ」
作者「あの半円のとこのライン実に女性的」(2019/11/5)

森田まさのりの肖像【前編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが明かす「人を笑わせる仕事哲学」
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』作者の森田まさのり氏の「人を笑わせる仕事哲学」に迫る――。(2019/11/9)

吉本興業「ミキ」が1ツイート25万円でPR表記なしの宣伝ツイート 依頼した京都市は「誤認させる投稿ではない」とステマ認めず
【追記】吉本興業のコメントを追記しました。(2019/10/28)

不幸な男性の前に降り立ったポンコツ天使の漫画 コントのような掛け合いからのどんでん返しにグッと来る
悪態の裏には……?(2019/10/2)

「月に行く」「えっ!?」 ZOZOを離れる前澤氏の会見、孫社長がサプライズ登場で舞台裏明かす
孫社長は月旅行について「行かない」と即答。(2019/9/12)

突然の猫パンチに「にゃんでやねん!」のツッコミパンチ 漫才コンビみたいな猫兄弟がほっこりかわいい
怒られても続けます。(2019/8/23)

医療技術ニュース:
笑いの測定方法を開発、笑いが緊張・不安などを改善することを実証
近畿大学は、笑いを医学的に検証する共同研究を実施し、笑いの測定方法を開発するとともに、笑いがもたらす身体的および心理的影響を解析した。(2019/8/6)

技術的に可能ならできる仕組みを整えるべき――総務省が「JPQR」を推進する理由
総務省が主導して作られた、コード決済の統一規格「JPQR」。明日(8月1日)から、一部サービスが同規格に準拠する他、岩手県など4件で実証事業も始まる。そもそも、なぜ総務省はJPQRを推進しようとしているのか。その一端を、同省の統括審議官が語った。(2019/7/31)

本当に50歳ですか? 「かつみ・さゆり」さゆり、「ラブライブ!」南ことりのコスプレで美脚を強調
変わらないスタイル。(2019/7/29)

【追記あり】ナイツ、“吉本興業”と“ジャニーズ”に触れた漫才の動画が削除 切り込んだ内容で話題に
好意的な意見が多数寄せられていました。(2019/7/26)

「タイムリー過ぎる笑」 ナイツ、“吉本興業”と“ジャニーズ”に切り込んだ時事ネタ漫才がネットで話題に
マセキ芸能社の公式YouTubeチャンネルで公開されています。(2019/7/24)

声優・速水奨と野津山幸宏が漫才コンビ結成で「M-1」出場! イケボ漫才に期待の声
あのイケボで漫才だと……?(2019/7/13)

カワウソの赤ちゃん、ついに泳ぐも母親に回収される 親子漫才のようなカワウソのやりとりがかわいい
元気に育ってね。(2019/7/12)

「50歳まで1ヵ月きりましたぁ〜」 「かつみ・さゆり」さゆり、“人生で唯一”のビキニショットが年齢感じさせない美ボディー
芸歴30年とは思えないフレッシュ感。(2019/6/19)

「知り合いからしか仕事が来ない慣習を変えたい」 ガキ使・激レアさん担当作家が「日本放送作家名鑑」を作ったワケ
今取材したい人は「秋元康さん」だそうです。秋元さん、どうかなにとぞよろしくお願いします……!(2019/6/15)

キンコン西野の仕事術【後編】:
キングコング西野が「ディズニーを超える」と公言する3つの理由
キングコングの西野亮廣――。会員数2万5000人を誇る国内最大のオンラインサロンのオーナーでもある彼に、バッシングへの対応策と、「ウォルト・ディズニーを超える!」という宣言の真意をお届けする。(2019/5/25)

キンコン西野の仕事術【前編】:
キングコング西野亮廣が考える仕事観――お金と挑戦は切り離せない
キングコングの西野亮廣――。会員数2万5000人を誇る国内最大のオンラインサロンのオーナーでもある彼に、お金に対する考え方と、ビジネスにおける仕組み作りのコツを聞いた。(2019/5/24)

芸人とゴミ清掃員の二足のわらじで学んだ“1本道じゃない生き方” 漫画「ゴミ清掃員の日常」インタビュー(4)
「3年以内にやめろよ」といわれた仕事がアイデンティティーに。(2019/5/30)

オードリー春日の「結婚」は二度目? 現実のほうがドラマチックな「春日プロポーズ事件」の裏を読み込む
あの結婚式場でのドッキリは実は2回目。(2019/4/22)

勝地涼、妻・前田敦子を“ゴリラ扱い”で一喝される 「イチャイチャしてる」と夫婦漫才にファンほっこり
かわいい夫婦だ。(2019/4/16)

創業19年のお好み焼き店が「うっかり」廃業しそうになった話 ガスの元栓にひやり→ほっこりする実録漫画
うっかり……!(2019/3/25)

“ネット鎖国”のジャニーズが放った「バーチャルジャニーズ」 ジャニオタは何に戸惑い、何に希望を見たのか
「ジャニーズ再評価」につながってほしい一手。(2019/3/11)

これからのAIの話をしよう(ダジャレ編):
AIがダジャレ判定→面白いと布団が吹っ飛ぶ “Qiita映え”バッチリ、話題のAI開発した若手チームを直撃
ダジャレを入力するとリアルに布団が吹っ飛ぶ装置が登場。AI(人工知能)がダジャレの面白さを判定する。(2019/2/6)

浅野忠信の長男・佐藤緋美がドラマデビュー! 2018年に俳優デビューしたばかり、今後にも意欲
これからが楽しみ!(2019/1/27)

弟「風呂上がりの姉ちゃんはマシェード」→姉「呪ってやる」 姉をポケモンで例える弟のLINEが楽しい
ギャグセンスのある弟さんと冗談の通じるお姉さんのLINE。(2019/1/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。