ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「卒業式」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

注目を浴びる背景:
米富豪が学生ローン43億円肩代わり 重い負担は社会問題に
高校、大学の卒業式が相次ぐシーズンとなった米国のある大学で、卒業生を驚喜させるニュースがあった。卒業式に出席した大富豪が、卒業生が抱える学生ローン約4000万ドル(約43億5000万円)を肩代わりすると明らかにした。大富豪の申し出が注目を浴びる背景には……。(2019/6/10)

「先生、彼女できた?」教師に聞き続ける女子高生の真意は 卒業式で明かされる本音にキュンとくる漫画
そういうことか!(2019/6/6)

武闘派CIOに聞く、令和ニッポンの働き方改革【後編】:
日清食品HDのIT部門トップに聞く 「変化に強いリーダー」はどうやったら育つのか
これまでの当たり前を疑える目を持ち、社内外からさまざまな情報を集めてくるフットワークの軽さがあり、変化に対応できる柔軟なマインドを持っている――。そんな“変化の時代に必要とされるリーダー”は、どうやったら育つのか。(2019/6/4)

MONOist IoT Forum 大阪2019(後編):
自動車部品製造業が「見える化」システムを開発しITベンダーになるまで
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2019年1月22日、大阪市内でセミナー「MONOist IoT Forum in 大阪」を開催した。後編ではi Smart Technologies CEOの木村哲也氏の講演「1時間で始まるスマートファクトリー」とその他のセッションの内容をお伝えする。(2019/5/30)

大富豪が学生の借金を全額肩代わり 大学卒業式のビッグなサプライズが話題に
総額44億円にも上るとのこと。(2019/5/20)

痛みを感じる光だけが君を救う光になる:
地獄の始まりまであと1時間30分―― 春、入学式、帰り道、もう、魔法少女にはなれない
変わりたい。(2019/4/20)

「沢山の夢を見つけてきなさい」 つるの剛士、海外へ旅立つ長男へ“親子ショット”とともに激励メッセージ贈る
アップした写真の数々に長男との思い出。(2019/4/17)

堀ちえみ、食道がんが見つかるも早期発見でステージ1 家族からは「早く見つかって良かったね!」と励ましの声
4月16日に手術とのこと。(2019/4/15)

痛みを感じる光だけが君を救う光になる:
卒業とはからだを売る魂の汚れない部分に触れること――大人の定義を教えて
今はまだこのままがいい、なんて。(2019/3/23)

「顔つきがすっかり大人」 つるの剛士が制服をビシッとキメた長男公開、成長に驚くファン
中学校の卒業式で。(2019/3/20)

「はっぴぃ」「プリンセスキャンディ」……キラキラネーム本人が“意外な思い”激白
「王子様(おうじさま)」という名前の18歳の男性が改名したことで脚光を浴びる「キラキラネーム」。一般的に使わない言葉や漢字の当て字のインパクトはよくも悪くも大きい。キラキラネームを名付けられた当人に話を聞いてみると、困ったエピソードが少なくない一方、意外な思いも明かしてくれた。(2019/3/18)

「変わらない美しさ」「可愛いママ羨ましい」 井川遥、細川直美、新山千春ら“美人ママ”の卒業式コーデに注目集まる
井川さん本当カワイイな……。(2019/3/17)

「おニャンコの中で一番かわいい」 渡辺美奈代、31年前の“堀越卒業式”ショットが美少女でしかない
ストレートにかわいい。(2019/3/16)

堀ちえみ、舌の手術で発音に苦労 コンビニでうまくしゃべれず注目集めるも「負けるもんか!」
堀ちえみさん「またテレビに出られるくらい努力して、喋れるようになる!」。(2019/3/13)

「自分の事を商品だと思っている」 川栄李奈、「3年A組」最終回を受けネットでバッシングされた過去を告白
アイドルと女優を経験した川栄さんだからこそ説得力がある。(2019/3/11)

「癌は全て取りきれた」 堀ちえみ、手術後の検査結果に安堵 リハビリ支える“夫婦愛”に反響も
本当によかった……!(2019/3/9)

働き方改革関連法施行後の「自己防衛術」:
未払い残業代を取り戻せ! あなたにもできる「ブラック企業との戦い方」
働き方改革関連法の施行は、これまでただ働きしてきたサービス残業による未払い残業代を取り戻すチャンスだ。(2019/3/8)

「あたしも頑張らなきゃ」「前向きですごい」 堀ちえみ、舌がん切除後のリハビリ姿がファンの心を打つ
見ている側が元気をもらっています。(2019/3/7)

「本当に美少女」「さすが首席!」 小柳ルミ子、約50年前の“宝塚音楽学校”時代がスターの輝き
かっわええ……。(2019/3/4)

「卒業証書を受け取る姿に感極まってしまいました」 はなわ、長男の高校卒業式で思わず涙
ご卒業おめでとうございます。(2019/3/2)

TKO木下、スタイル抜群な娘の卒業式で見つめ合う“親子ショット”公開 「愛情がにじみ出てます」と反響集まる
オシャレなパパだ。(2019/3/1)

堀ちえみ、術後初めてのブログで近況報告 「心を奮い立たせ、頑張りました」「日毎に回復の兆しを感じる」
経過順調で一安心。(2019/2/26)

蛇口をひねるとカルピスが出てくる! 子どもたちをお祝いする「『カルピス』じゃぐち」が登場
カルピスを出す「じゃぐち君」とともに全国を巡回します。(2019/2/21)

背景に意外な心理メカニズム:
目指せ蛍の光 “つい帰宅したくなる”新曲、USENが制作
USENがオフィス向けの「帰宅したくなる」効果を狙った曲を制作。職場の人間の帰宅に至る心理を分析、3部構成で自然と帰りたくなるよう促す。(2019/2/21)

「素晴らしい試練を与えて頂いた」 堀ちえみ、ステージ4の舌がん手術を控え現在の心境を明かす
ファンから熱いメッセージが次々届いています。(2019/2/21)

「私はまだ生きなければならない」 堀ちえみ、ステージ4の口腔がん公表 闘病に向けてエール殺到
絶対に戻ってきてください。(2019/2/19)

「労働者」の前に「留学生」を:
改正入管法で浮き彫りに 日本語学校の“知られざる”役割
2019年4月1日に「改正出入国管理法」が施行される。これによって存続の危機に直面する業界がある。日本語学校だ。そもそも多くの日本人にとって、日本語学校が持つ役割を知る人は少ないという……。(2019/1/30)

Go AbekawaのGo Global!〜Danielle Royston編:
“紫のリス”の大冒険――ある女性エンジニアが、テレコム業界を変革するCEOになるまで
全米屈指の経営改善のスペシャリストとして知られ、テニス選手としても活躍する、OptivaのCEO、Danielle Royston(ダニエル・ロイストン)氏。世界を飛び回る彼女は、もともと経営者になりたかったわけではなく、「エンジニア一筋」のキャリアを目指していた――そんな彼女が語る転身のきっかけと、全てのエンジニアに向けたメッセージとは?(2019/1/15)

ハッキリ言って「学校」は地獄だ。それでも私が教員として学校にとどまり続ける理由
何度も悩んで、今でも教壇に立っている。(2018/12/23)

朝ドラコンビ最高! 広瀬すず&永野芽郁、「なつぞら」撮影現場での“なつ&鈴愛”2ショットにファン歓喜
「なつぞら」楽しみ。(2018/11/8)

「これ犯罪だよね…?」 東大卒アイドル「仮面女子」桜雪、中年男性からの暴行被害を告白
警察に届けてほしい……。(2018/10/26)

仮面女子、神谷えりなら5人の年内卒業を発表 リーダー、センター、エースの一挙卒業にファン動揺
仮面女子の転換期になるか。(2018/10/18)

紙からWebへのシフト:
人工知能にカワイイ服を“作って”もらう? カタログ大手「ニッセン」のディープラーニング活用
かつて紙のカタログで人気を博した通販大手の「ニッセン」だが、今は売り上げが伸び悩み、Web通販へのシフトを迫られている。売り上げ回復のカギとして、同社は今ディープラーニング活用に本腰を入れているのだという。(2018/10/15)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
リスクを取って砂漠の中のオアシスを見つける、それがビジネス成長――アプレッソ 代表取締役社長 小野和俊氏
安定したエンジニア生活から一転、アプレッソに代表取締役として引き抜かれ、ベンチャーの荒波にもまれることになった小野氏。「心が動いたらブレーキをかけない」をポリシーとする小野氏が編み出した、一点突破でスキルを伸ばしていく“ラストマン戦略”や、事業成長の見極め方、エンタープライズソフト市場の価値構築法とは?(2018/9/14)

「だから今の自分がここにいる」 広瀬すず、約6年間在籍の『Seventeen』卒業に感無量 姉・アリスへの思いも明かす
11月号で卒業。(2018/8/25)

乙女ゲームの“攻略される側”、本当はこんな気持ち? 男子キャラの視点で葛藤を描いた漫画
私に興味がなさそうだったあのキャラも実はこう思ってたのかも……。(2018/8/2)

「最高で最強のスリートップ!!」 26歳になった本田翼、大政絢と波瑠に祝われた“non-noショット”で至福顔
プラベートでも仲良しな3人。(2018/7/2)

ショートヘアの最高峰! 27歳になった波瑠、本田翼とのお祝い2ショットが美しいの極み
ファッション雑誌『non-no』専属モデルを務めた2人。(2018/6/18)

「あたしの振袖一枚しか……」 石田ひかり、民法改正で娘2人の“同時成人式”問題に頭を抱える
2023年の成人式どうなる。(2018/6/14)

Rakuten GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER:
本田翼、ガルアワで“non-no卒業式” 笑顔で有終の美飾る
non-noステージで有終の美を飾りました。(2018/5/19)

“AI市長候補”が市長選に出馬して分かったこと 「握手ができないAIは選挙活動が苦手」
突如現れた奇抜な候補者はいったい何を目指していたのか。(2018/5/1)

ねとらぼタイアップで「本当に読まれる記事広告」を作りませんか?
月間2億PV超えのねとらぼ編集部のノウハウを駆使して、「ネットで読まれる記事広告」を作成。ねとらぼテイストで「製品/サービス」をアピールします!(2018/5/1)

涙するお母さんに駆け寄る女の子が渡すのは…… 娘の卒園式を描いた漫画に「電車で泣いた」「涙が止まらない」の声
心が温かくなるステキなお話です。(2018/4/17)

PR:スーパーカブで通学する種子島の高校生 卒業式にHondaが新聞の「全面広告」で祝福
島に根付いた「カブ文化」に感謝を込めて。(2018/3/23)

第2ボタンください! 手作りの学ラン風首輪を付けた猫ちゃんの「にゃん中総代」がかわいい
僕たち、私たちは、にゃん中を卒業します!(2018/3/22)

クセがすごくてジワジワくる猫イラスト 『世にも不思議な猫世界』著者が初のサイン会
顔出しNGの著者に会えるチャンスです。(2018/3/20)

つるの剛士、スタイル抜群な長女と卒業式に親子ショット 「嬉しいやら儚いやら」
大人になったなあ。(2018/3/17)

「究極のスタイル」 9頭身モデル熊江琉唯、脚の長さ際立つはかま姿で卒業式
はかまが本体かな?(2018/3/16)

「仰げば尊し」「蛍の光」はなぜ卒業ソングの定番になったのか
当たり前だと思ってたけど。(2018/3/13)

「影響力がまだ残っているうちは続けるよ」 GACKT、初の女子校で卒業式シークレットライブ
そこにシビれる憧れるゥ!(2018/3/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。