ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「投稿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「Yahoo!防災速報」に新機能、周辺ユーザーと災害状況を共有可能に
ヤフーは10月11日、スマートフォン向けのアプリ「Yahoo!防災速報」(iOS/Android)に新機能として「災害マップ」を追加。ユーザー自身が現在地の状況を投稿したり、周辺にいる他のユーザーの投稿を地図上で確認したりできる。(2019/10/11)

水に飛び込む動画を逆再生して“アベンジャーズ・アッセンブル”! SNS投稿にメダリストも参戦
アスリートの演技が見事。(2019/10/11)

「親が子どもについて無断でSNSに投稿するのは問題」と答えた10代は42%──Microsoft調べ
Microsoftが25カ国で行った調査で、親が自分の知らぬ間に自分の写真や動画を投稿し、そのせいで問題になったと答えた10代が全体の42%に上った。(2019/10/10)

App Storeで不審な「星5レビュー」が大量に投稿される謎現象 わずか1週間で5000件、「星5」でも開発者が恐れる理由とは
レビューの意図は何なのか、被害者に見解を聞きました。(2019/10/10)

Androidの父、とても細長いスマホ「GEM」を披露 「根本的に異なるフォームファクタ」
“Androidの父”と呼ばれるアンディ・ルービン氏が、新しいスマートフォンと思われる製品「GEM」をTwitterに投稿した。(2019/10/9)

自分の家計簿、公開できる? お金のユーザー会が人気の理由
家計簿ソフト「マネーフォワードME」と、株取引アプリ「STREAM」の利用者が集まったユーザー会では、匿名の場もあって、自分の具体的な収入や、支出内訳となる家計簿を公開し合っていた。Instagramでも、家計簿公開の投稿が増えている。お金について話すことの価値とは?(2019/10/4)

「経済的に破綻するまでYouTubeに挑戦する」 “魂のこもった猫動画”を投稿し続けるCaTuberとは
動画が増えるのが楽しみです。(2019/10/5)

Instagram、いじめ対策機能を追加 特定アカウントとのやりとりを相手に知られないよう制限
相手を傷つける可能性のあるコメントが投稿されようとしたとき、AIが検知して再考を促す機能も。(2019/10/3)

「決してそのような行為は、致しておりません」 堀ちえみが夫の飲酒運転疑惑について否定、警察に相談も
ブログに投稿した記事が誤解を呼んだようです。(2019/10/3)

Twitterで障害 「画像ツイート」投稿できず【追記あり】
Twitterで10月2日午後、システム障害が発生。運営元のTwitter Japanによると、ツイートや通知の受け取り、ダイレクトメッセージの表示が正常に機能しない場合があった。午後8時ごろ「ほぼ復旧した」という。【追記】(2019/10/2)

【ほぼ復旧】Twitterで障害発生、画像やURL付きツイートが投稿できず利用者に混乱も
ねとらぼ編集部、業務終了のお知らせ。【追記】(2019/10/2)

リノベ:
住宅・インテリア情報共有サイト「fully」が写真投稿メディアとしてリニューアル
WAKUWAKUが提供する写真共有サイト 「fully」がリニューアルオープンした。登録ユーザーが住宅やインテリアに特化した写真を投稿・共有することで、理想の住まいを求める人の情報収集ツールとなるほか、設計・施工会社やデザイン会社とユーザーとのマッチングも期待できる。(2019/10/1)

ヤフコメ、返信の表示順も変更 「建設的な内容」自動判定して優先表示
「Yahoo!ニュース」のコメント欄で、投稿されたコメントに対する返信コメントの表示順が変更。従来は時系列だったが、「建設的な内容のもの」を自動判定し、優先的に表示する方法に変更した。(2019/9/30)

「古代からの装束をビジュアルで伝える資料本がすごい」読者のツイートが拡散→出版社に問い合わせが殺到し重版決定
ツイートの投稿者へは、著者から直々のお礼が。(2019/9/27)

内田朝陽、2016年から髄膜腫を患っていたと告白 「もう治ったので投稿」と写真も
本当に良かった……。(2019/9/25)

最も働いているのは? 国家公務員残業ランキング
「国家公務員=長時間労働」といったイメージがあるが、実際のところどうなのか。就職・転職のための口コミサイト「OpenWork」に投稿されたデータをまとめたところ……。(2019/9/25)

「インスタ映え」目的で大量食べ残し、法的責任は問えず?
飲食店で食べきれないほどの料理を注文し、大半を残す行為が批判の的になっている。いわゆる「インスタ映え」に代表されるSNSへの投稿が背景にあったとみられ、過度な客を“出入り禁止”にするなどの自衛策を取る店舗もある。こうした行為の法的責任は問えるか?(2019/9/24)

「ブラック企業を許さない!」議員候補が印刷会社にムチャな要求 “クソ現場”体験描いた漫画に反響
現場で経験したひどいことを共有するハッシュタグ「#クソ現場祭り2019」とともに投稿された漫画です。(2019/9/24)

LINEの個人向けローン、顧客の個人情報が漏えい 担当者が「OpenChat」に誤って投稿
個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」に申し込んだ顧客の個人情報の一部が、一時的に第三者から閲覧可能な状態に。LINEの担当者が作業中、「OpenChat」に個人情報が入ったExcelファイルを誤って投稿したという。(2019/9/20)

「アストラギウス銀河に新たな通信機が目を覚ます」 「どう見てもボトムズ」な新iPhoneの手作りPVが“むせる”
ナレーションも投稿主が銀河万丈さんのモノマネで演出。「次回『5G』、銀河に電波の咆哮が聞こえる」(2019/9/19)

「もう推すしか」「新曲楽しみにしてます」 COWCOW多田、「ヒプマイ」白膠木簓との衣装被りで話題→ネタ動画投稿へ
良い流れ来てる。(2019/9/16)

「どうしたの?」「何があったんですか」 野沢直子、突然の泣き顔写真にファンざわつく
投稿したのは長女でした。(2019/9/16)

スポーツチームの応援Tシャツを自作した小学生がからかわれる→教師の投稿が公式に届いてグッズ化、収益をいじめ防止へ寄付
教師からの相談で大学が動いた。(2019/9/13)

Amazon、Alexaが答えられなかった質問をユーザーがサポートする「Answers」開始
AmazonのAIアシスタント「Alexa」が答えられなかった質問の回答をユーザーコミュニティに投稿してもらう「Alexa Answers」が米国で一般公開された。(2019/9/13)

梶裕貴、宮野真守ライブ後に2人で抱き合う姿を投稿しファン歓喜 「まもかじ最高かよ」「仲良し……!」
共演も多い2人です。(2019/9/11)

水原希子「襖の前でテーブルに座って下着M字開脚」写真投稿に賛否両論 「かっこいい」「下品では」
ドイツのファッション誌での撮影だったようです。(2019/9/10)

「再現度高すぎ」「こういう人いる」 オタクは共感してしまう“あるある動画”投稿のアイドル・末吉9太郎に反響
それなー。(2019/9/10)

Twitter、SMS経由のツイート機能を一時停止 ドーシーCEOの偽ツイート事件後に
Twitterが、米国などで提供しているSMS経由のツイート機能を一時停止すると発表した。8月末にジャック・ドーシーCEOの公式Twitterアカウントがハックされて問題のあるツイートをSMS経由で投稿した事件を受けたものとみられる。(2019/9/5)

石田ゆり子、批判受けインスタの投稿を削除も再びコメント 「勝手に物語を作りすぎ」「善悪で語られてしまう怖さ」
多く取材を受ける中で思うことがあったようです。(2019/9/4)

なんだコイツ? キウイにキウイ兄弟が混入 兄弟が各家庭を満喫している様子が次々と投稿される
キウイ食って アゲリシャスー。(2019/9/3)

「バブル」弾ける兆しはあるのか:
タピオカに「おじさん」は結局飛び付いたのか ブームの構造にインスタ分析で迫る
はやり続けるタピオカについて、Instagramの投稿データから分析。ブームの構造や動向、果たして「おじさん」は飛びついたのかに迫る。(2019/9/3)

京アニ容疑者発言「ぱくられた」可能性低く 各社投稿取り扱いは厳重・慎重
京アニ事件では、青葉真司容疑者(41)が事件直後に「ぱくられた」と発言し、京アニに小説を投稿していたとみられることが判明した。京アニ側は、投稿作品は形式的な問題で1次審査で落選するなどしており、「類似点はないと確信」と発信しているが、一部ファンには「もし類似していたら作品が見られなくなるのか」と不安がる声も。果たして一般公募の創作物がプロによって盗用される事態は起こり得るのだろうか。(2019/9/2)

見た目は好きでも自作しない!?:
中国人の間で日本の「のり弁」が話題沸騰 SNS分析でその「意外な真相」を追う
中国人向けSNSで日本の「のり弁当」の投稿数が急増している。背景には日本人の知らない「不思議な事情」が。SNSと中国市場の分析から迫る。(2019/9/2)

Twitterで画像表示障害発生 投稿画像の一部がURL表示になるも現在は解消へ
バルスとは多分関係ないです。(2019/8/31)

Twitter社のジャック・ドーシーCEO、Twitterアカウント乗っ取り被害を受ける 差別的なツイートを複数投稿
現在は問題ない状態。(2019/8/31)

TwitterのドーシーCEOのアカウントがハックされ、差別的なツイートを投稿(解決済み)
Twitterのジャック・ドーシーCEOのTwitterアカウントが乗っ取られ、約20分間にわたって差別的なツイートを投稿した。約90分後、Twitterは同アカウントが安全になり、システムは侵害されていないとツイートした。(2019/8/31)

ニコニコ動画で「ニコる」が復活 たくさんニコられたコメントが動画上に残りやすくなる機能も
たびたび動画で「ニコりたい」のコメントが投稿されていました。(2019/8/29)

YouTube初の登録者1億人突破チャンネル個人はPewDiePie
2010年から投稿を続けている人気YouTuberのPewDiePieことフェリックス・シェルベリ氏(29)のYouTubeチャンネルの登録者数が、1億人を突破した。個人のYouTuberとしては初だ。同氏は8月19日の自身の結婚式の動画も投稿している。(2019/8/27)

相次ぐ無線音声のネット公開 電波法への意識低く
警視庁の警察無線とみられる音声が動画公開サイト「ユーチューブ」に投稿された問題では、現職警察官だった男性によって録音された音源が複数の転売を経て公開された構図が明らかになった。電波法は無線通信の内容漏洩を禁じているが、インターネット上には無線とみられる音声の公開事例が目立ち、一部の無線愛好家のモラルを懸念する声も上がっている。(2019/8/26)

ITはみ出しコラム:
LINEとFacebookにみるグループ悪用対策の難しさ
LINEが友だち以外ともトークできる「OpenChat」機能を始めました。原則的に実名で参加するFacebookグループでもいろいろ問題が起きているのに、匿名にできるOpenChatはどうなることやら……。と思ったら、やはり不適切な投稿が問題になっています。(2019/8/25)

YouTube、香港デモに関するフェイク動画に関連する210のチャンネルを無効に
YouTubeが、香港デモに関する動画を“調整された方法で動作”するチャンネルのネットワークが投稿していることを発見し、210のチャンネルを無効にしたと発表した。TwitterとFacebookに続く動きだ。(2019/8/23)

スタジオグラフィックス、RAW現像写真を募集する「SGギャラリーフォトコンテスト」を開催
スタジオグラフィックスは、同社運営の写真投稿共有サイト「スタジオグラフィックス ギャラリー」でRAW現像を前提としたフォトコンテストを開始した。(2019/8/22)

TikTokがソニー・ミュージックと提携 楽曲を使った動画投稿が可能に
TikTok運営のByteDanceがソニー・ミュージックマーケティングとライセンス契約を結び、8月から同社が配信中の楽曲をTikTokで使えるようになったと発表した。(2019/8/22)

京アニに複数の小説応募 青葉容疑者、少なくとも数年前から執筆か
京アニの第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警が殺人などの容疑で逮捕状を取った青葉真司容疑者(41)と同姓同名の人物から京アニに対して複数の小説の応募があったことが21日、関係者への取材でわかった。青葉容疑者は事件直後に「小説をぱくられた」という趣旨の発言をしていたとの目撃情報もあり、府警は、青葉容疑者が小説を投稿する中で一方的に恨みを募らせていった可能性もあるとみて調べている。(2019/8/22)

LINE「OpenChat」、違反行為の取り締まり強化 ユーザーには「通報」呼び掛け
LINEが「OpenChat」について「違反行為への取り締まり強化に努めている」とのコメントを出した。違反行為に対し、措置を講じるとあらためて強調。児童ポルノなどの投稿には、警察への通報など厳しい対応を行うという。(2019/8/21)

ツイッター、フェイスブック 中国政府の情報操作アカウントを削除
 【ニューヨーク=上塚真由】米短文投稿サイトのツイッターと、米交流サイト大手のフェイスブックは19日、香港の抗議活動をめぐり、中国当局が関与したアカウントを排除したと発表した。中国当局がソーシャルメディアを使って情報操作を行った可能性があるという。(2019/8/20)

LINE「OpenChat」で「出会い募集」相次ぐ 運営元「強制退会、利用停止など行う」
LINEが「OpenChat」について、交際相手を募集する投稿などの違反行為を禁止。違反者には、投稿の削除や強制退会、サービスの利用停止などの措置を行うという。(2019/8/20)

「キズナアイたらしめるもの」とは何か:
「このまま消えてしまうのでは」──VTuberの先駆け「キズナアイ」に起きた「分裂騒動」 “1号”の投稿動画減少、ファンの不安に本人や運営元が説明
キズナアイが4人に分裂したことをきっかけに、ネット上で騒動が起きている。何があったのか。事の始まりから現在までを振り返る。(2019/8/19)

「光がエスカレーターを降りてる!」と叫ぶ息子 感受性豊かな視点の動画、投稿2日で257万再生たたき出す
ステキな表現に注目が集まっています。(2019/8/18)

任天堂、Switch向けに「スーファミ風」コントローラーを準備中?
任天堂がスーパーファミコン風のコントローラーを、Switch向けに開発しているようだ――ネット上で、そんな投稿が話題を呼んでいる。(2019/8/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。