ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「投稿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Googleドライブのエロ画像が消された」ネットで話題 削除の基準は? 誰が判断? Googleに聞く
「Googleドライブのエロ画像が消された」という投稿が「はてな匿名ダイアリー」で話題に。ネット上では「何が削除対象になるのか分からない」「目視で人間が確認しているの?」といった不安の声が上がっている。Google日本法人の広報担当者に、対応を聞いた。(2019/11/15)

大阪「なんばCITY」1階で自転車集団が暴走する動画が拡散 施設側は「憤りを覚えており、警察に相談する予定」
暴走を行った集団のTwitterアカウントは14日に謝罪ツイートを投稿しています。(2019/11/14)

Twitter、ディープフェイク投稿対策でアンケートを実施中
Twitterが、手が加えられたり捏造されたりした写真や動画、いわゆるディープフェイクを含む投稿にどう対処すべきかをユーザーに問うアンケートを開始した。警告ラベルを貼るべきか、削除すべきかなどの項目がある。(2019/11/12)

せっかくだから俺は完パケでいくぜ! 「タモリ倶楽部」の空耳コーナー、動画投稿も可能に
テロップや音楽のタイミングを自分で作り込んだ動画を投稿できます。(2019/11/11)

これはマルフォイじゃなくてドビーだフォイ! トム・フェルトンが「年取るってつらい」と自虐投稿、ネビル役俳優も降臨し大にぎわいに
イケメン化したネビル役俳優は「一緒にするなよ」。(2019/11/11)

ほぼ全店への導入を推進中:
すき家の新型レジに「非常に残念」と客が苦言? 何がダメだと考えているのか
すき家の「セミセルフレジ」を利用したと思われるお客の投稿が話題に。お金の受け渡し行為がないことを残念がっている。すき家で導入が進むセミセルフレジとは?(2019/11/11)

集まる不満は1日1万件:
その不満、買い取ります 日々の“もやもや”を何でも買い取る「不満買取センター」が社会を変える?
ユーザーから不満を買い取る「不満買取センター」。日々不満を投稿するユーザーは40万人を超え、1日1万件もの不満が集まる。商品に関するものから人間関係に関するものまで、幅広く買い取っているという。最近では、企業だけでなく、行政も活用し始めている。(2019/11/11)

嵐、相葉雅紀がTwitterに顔出し動画を投稿 3時間足らずで20万「いいね」集めさまざまな言語で声援寄せられる
勢いー!(2019/11/7)

滝沢カレンが完璧な料理に名言の五月雨撃ちのような文章を添えてSNSに投稿しファン魅了 「腹筋崩壊」「改行するたびに面白い」
ダイエットは体に優しく、文章は滝のように激しく。(2019/11/6)

YouTube、クリエイターの新収益化ツール「Super Stickers」提供開始
YouTubeがクリエイター向けの新収益化ツール「Super Stickers」をリリースした。視聴者が実況動画のストリームで購入して投稿する画像やアニメ画像で、価格は200円〜5000円。(2019/11/6)

岐阜県の世界遺産「白川郷」で火災 駐車場にある2棟の小屋に被害、延焼は確認されず
Twitterには火災の目撃情報が多数投稿されています。(2019/11/4)

今日のリサーチ:
インフルエンサーのPR投稿を参考にする人はたったの9%――Teadsが美容・スキンケア消費者調査を実施
日本を含む世界8カ国で実施した美容・スキンケア業界における消費者の購買行動・カスタマージャーニーの最新研究結果です。(2019/11/1)

首里城火災、ネットでも「ショック」の声 夜空に燃える映像の投稿相次ぐ
2000年には世界遺産に登録されていました。(2019/10/31)

「流産しろ」「放火する」元AKBへのネット中傷はこうして特定された
3年前からネット上で「流産しろ」「自宅を放火する」などと中傷を受けるようになったアイドルグループAKB48の元メンバーが10月、プロバイダ責任制限法に基づく「発信者情報開示請求」に踏み切り、投稿者を特定できたと明かした。(2019/10/31)

鈴木奈々、Popteen時代のギャル写真を投稿 青春時代を思い出したファン「まねしてた」「憧れでした」
ギャルのカリスマだった頃の鈴木さん。(2019/10/29)

Instagram、自傷行為関連投稿の取締強化 映画やコミックのシーンも削除へ
Instagramが自殺や自傷行為を助長するコンテンツの取り締まりを強化すると発表した。リストカットの傷の写真などのリアルなものだけでなく、英がやコミックのシーンなども禁止する。(2019/10/29)

Facebook、動画の顔認識を回避する技術を発表
Facebookが、動画内の人物を顔認識で特定できないようにする技術を発表した。動画をAIで加工することで、人の目には自然なまま、顔認識はできないようにする。公開フォーラムなどに安全に動画を投稿できるようにする目的としている。(2019/10/28)

吉本興業「ミキ」が1ツイート25万円でPR表記なしの宣伝ツイート 依頼した京都市は「誤認させる投稿ではない」とステマ認めず
【追記】吉本興業のコメントを追記しました。(2019/10/28)

「iPhoneでモバイルデータ通信ができない」 圏外じゃないのに発生 iOS 13が原因?
iPhoneでモバイルデータ通信ができない――。インターネットでこのような投稿を見る機会が増えた。「iPhone 11 Pro Max」を使っている筆者も、この不具合に何度か遭った。他のiPhoneでも起きているのか? Twitterでアンケートを取ったところ……。(2019/10/25)

「パクリ商品でーすっ」 人気電子楽器「オタマトーン」の模倣品がAmazonで販売→明和電機社長自ら「ばっちりコピーできてます」とのレビュー投稿
明和電機の社長を取材しました。(2019/10/20)

専門家のイロメガネ:
【前編】食べログはなぜ何年も炎上し続けるのか?
たびたび炎上する食べログ。先日も、Twitter投稿を元に有料加盟とレビューの点数操作をめぐる疑惑が話題になっている。炎上が続く根本の原因としては、一番の理由は広告料の存在だ。口コミサイトを名乗りながら広告を売るというは矛盾が内包されている。(2019/10/17)

AI:
SNS投稿への内容をAI分析し街の状態を可視化、竹中工務店
竹中工務店は、AIが位置情報のあるSNSへの投稿内容を分析し、質的な評価を可視化するツール「ソーシャルヒートマップ」を開発した。(2019/10/15)

「Yahoo!防災速報」に新機能、周辺ユーザーと災害状況を共有可能に
ヤフーは10月11日、スマートフォン向けのアプリ「Yahoo!防災速報」(iOS/Android)に新機能として「災害マップ」を追加。ユーザー自身が現在地の状況を投稿したり、周辺にいる他のユーザーの投稿を地図上で確認したりできる。(2019/10/11)

水に飛び込む動画を逆再生して“アベンジャーズ・アッセンブル”! SNS投稿にメダリストも参戦
アスリートの演技が見事。(2019/10/11)

「親が子どもについて無断でSNSに投稿するのは問題」と答えた10代は42%──Microsoft調べ
Microsoftが25カ国で行った調査で、親が自分の知らぬ間に自分の写真や動画を投稿し、そのせいで問題になったと答えた10代が全体の42%に上った。(2019/10/10)

App Storeで不審な「星5レビュー」が大量に投稿される謎現象 わずか1週間で5000件、「星5」でも開発者が恐れる理由とは
レビューの意図は何なのか、被害者に見解を聞きました。(2019/10/10)

Androidの父、とても細長いスマホ「GEM」を披露 「根本的に異なるフォームファクタ」
“Androidの父”と呼ばれるアンディ・ルービン氏が、新しいスマートフォンと思われる製品「GEM」をTwitterに投稿した。(2019/10/9)

自分の家計簿、公開できる? お金のユーザー会が人気の理由
家計簿ソフト「マネーフォワードME」と、株取引アプリ「STREAM」の利用者が集まったユーザー会では、匿名の場もあって、自分の具体的な収入や、支出内訳となる家計簿を公開し合っていた。Instagramでも、家計簿公開の投稿が増えている。お金について話すことの価値とは?(2019/10/4)

「経済的に破綻するまでYouTubeに挑戦する」 “魂のこもった猫動画”を投稿し続けるCaTuberとは
動画が増えるのが楽しみです。(2019/10/5)

Instagram、いじめ対策機能を追加 特定アカウントとのやりとりを相手に知られないよう制限
相手を傷つける可能性のあるコメントが投稿されようとしたとき、AIが検知して再考を促す機能も。(2019/10/3)

「決してそのような行為は、致しておりません」 堀ちえみが夫の飲酒運転疑惑について否定、警察に相談も
ブログに投稿した記事が誤解を呼んだようです。(2019/10/3)

Twitterで障害 「画像ツイート」投稿できず【追記あり】
Twitterで10月2日午後、システム障害が発生。運営元のTwitter Japanによると、ツイートや通知の受け取り、ダイレクトメッセージの表示が正常に機能しない場合があった。午後8時ごろ「ほぼ復旧した」という。【追記】(2019/10/2)

【ほぼ復旧】Twitterで障害発生、画像やURL付きツイートが投稿できず利用者に混乱も
ねとらぼ編集部、業務終了のお知らせ。【追記】(2019/10/2)

リノベ:
住宅・インテリア情報共有サイト「fully」が写真投稿メディアとしてリニューアル
WAKUWAKUが提供する写真共有サイト 「fully」がリニューアルオープンした。登録ユーザーが住宅やインテリアに特化した写真を投稿・共有することで、理想の住まいを求める人の情報収集ツールとなるほか、設計・施工会社やデザイン会社とユーザーとのマッチングも期待できる。(2019/10/1)

ヤフコメ、返信の表示順も変更 「建設的な内容」自動判定して優先表示
「Yahoo!ニュース」のコメント欄で、投稿されたコメントに対する返信コメントの表示順が変更。従来は時系列だったが、「建設的な内容のもの」を自動判定し、優先的に表示する方法に変更した。(2019/9/30)

「古代からの装束をビジュアルで伝える資料本がすごい」読者のツイートが拡散→出版社に問い合わせが殺到し重版決定
ツイートの投稿者へは、著者から直々のお礼が。(2019/9/27)

内田朝陽、2016年から髄膜腫を患っていたと告白 「もう治ったので投稿」と写真も
本当に良かった……。(2019/9/25)

最も働いているのは? 国家公務員残業ランキング
「国家公務員=長時間労働」といったイメージがあるが、実際のところどうなのか。就職・転職のための口コミサイト「OpenWork」に投稿されたデータをまとめたところ……。(2019/9/25)

「インスタ映え」目的で大量食べ残し、法的責任は問えず?
飲食店で食べきれないほどの料理を注文し、大半を残す行為が批判の的になっている。いわゆる「インスタ映え」に代表されるSNSへの投稿が背景にあったとみられ、過度な客を“出入り禁止”にするなどの自衛策を取る店舗もある。こうした行為の法的責任は問えるか?(2019/9/24)

「ブラック企業を許さない!」議員候補が印刷会社にムチャな要求 “クソ現場”体験描いた漫画に反響
現場で経験したひどいことを共有するハッシュタグ「#クソ現場祭り2019」とともに投稿された漫画です。(2019/9/24)

LINEの個人向けローン、顧客の個人情報が漏えい 担当者が「OpenChat」に誤って投稿
個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」に申し込んだ顧客の個人情報の一部が、一時的に第三者から閲覧可能な状態に。LINEの担当者が作業中、「OpenChat」に個人情報が入ったExcelファイルを誤って投稿したという。(2019/9/20)

「アストラギウス銀河に新たな通信機が目を覚ます」 「どう見てもボトムズ」な新iPhoneの手作りPVが“むせる”
ナレーションも投稿主が銀河万丈さんのモノマネで演出。「次回『5G』、銀河に電波の咆哮が聞こえる」(2019/9/19)

「もう推すしか」「新曲楽しみにしてます」 COWCOW多田、「ヒプマイ」白膠木簓との衣装被りで話題→ネタ動画投稿へ
良い流れ来てる。(2019/9/16)

「どうしたの?」「何があったんですか」 野沢直子、突然の泣き顔写真にファンざわつく
投稿したのは長女でした。(2019/9/16)

スポーツチームの応援Tシャツを自作した小学生がからかわれる→教師の投稿が公式に届いてグッズ化、収益をいじめ防止へ寄付
教師からの相談で大学が動いた。(2019/9/13)

Amazon、Alexaが答えられなかった質問をユーザーがサポートする「Answers」開始
AmazonのAIアシスタント「Alexa」が答えられなかった質問の回答をユーザーコミュニティに投稿してもらう「Alexa Answers」が米国で一般公開された。(2019/9/13)

梶裕貴、宮野真守ライブ後に2人で抱き合う姿を投稿しファン歓喜 「まもかじ最高かよ」「仲良し……!」
共演も多い2人です。(2019/9/11)

水原希子「襖の前でテーブルに座って下着M字開脚」写真投稿に賛否両論 「かっこいい」「下品では」
ドイツのファッション誌での撮影だったようです。(2019/9/10)

「再現度高すぎ」「こういう人いる」 オタクは共感してしまう“あるある動画”投稿のアイドル・末吉9太郎に反響
それなー。(2019/9/10)

Twitter、SMS経由のツイート機能を一時停止 ドーシーCEOの偽ツイート事件後に
Twitterが、米国などで提供しているSMS経由のツイート機能を一時停止すると発表した。8月末にジャック・ドーシーCEOの公式Twitterアカウントがハックされて問題のあるツイートをSMS経由で投稿した事件を受けたものとみられる。(2019/9/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。