ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「投稿」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「やばい上手いww」「表情管理完璧」 徳島のアナウンサーが突如投稿した“キレッキレのダンス”に注目集まる
“好き”が伝わってくる。(2024/2/25)

「ブスじゃん」 整形アイドル、ビラ配り中の“心ない声”に「涙が止まらなくなってしまい」 経験明かした投稿へのエールに感謝
アイドルグループ「整形アイドルプロジェクト」のメンバー。(2024/2/24)

今日のリサーチ:
Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しました。(2024/2/24)

完熟フレッシュ・池田レイラの初グラビアに“相方”の父は SNSの「ショック」投稿に反応「おかしな事でしょうかね?
「今この瞬間しかない物」と強調。(2024/2/24)

オイシックス会長、X(旧Twitter)での不適切発言で辞任 「放射能汚染水」投稿
懲罰委員会で今年度末(2024年3月末)までの停職処分となりましたが、本人から辞任の申し出があったとしています。(2024/2/22)

クリスタに画像生成AIを搭載する予定ない──提供元セルシスが発表 「データセットがクリーンなものしか使わない」
クリスタに画像生成AIが搭載する予定はない──イラスト作成ソフト「CLIP STUDIO PAINT」(クリスタ)を販売するセルシスは、そんな声明をX上に投稿した。(2024/2/22)

ロシア監獄で急死したナワリヌイ氏の妻、InstagramとTelegramで発信 Xはアカウント停止後再開
ロシアの監獄で突然志望した反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の妻は、InstagramとXで夫の遺志を継ぐと語る動画を投稿した。Xのアカウントは一時停止されたが、3時間後復活した。(2024/2/21)

足立梨花、二重アゴ&半目の“事故画”投稿やSNSの言動に困惑の声 「最近どうした?」に本人反応「ビックリしないでね」
「割と昔からそんな感じです」(2024/2/20)

「日本語が話せない」理由に海外からの旅行者を宿泊拒否 山口県の温浴施設が謝罪
韓国のYouTuberが動画を投稿していました。(2024/2/20)

「デリバリーきたから玄関開けたら猫飛び込んできたw」 トルコあるあるなハプニングに投稿者「ここ5階なんだけど」とビックリ
なんてかわいい訪問者……!(2024/2/20)

カルディが「コーヒーグッズ ミニチュアフィギュア」プレゼント企画 「かわいい」「全部欲しい」の声
SNSでは早速入手した人が写真を投稿。(2024/2/18)

オイシックス会長のSNS投稿 同社「極めて不適切」
有機野菜や無添加加工食品などの販売を手掛けている「オイシックス・ラ・大地」の藤田和芳会長が、自身のX(旧ツイッター)のアカウントで、東京電力福島第1原発の処理水について「放射能汚染水」と投稿したとして、同社は「多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまったことに対して深くお詫び申し上げます」と公式サイトを通じて謝罪した。(2024/2/16)

朝倉海、“好物”のアナフィラキシーで「死にかけた」 “特殊メイクより壮絶”な顔になるも……未練たっぷりな投稿にツッコミ
「この兄弟何回カキに引っかかるんだよ」という声も。(2024/2/16)

オイシックス、藤田会長の不適切な投稿を謝罪 Xで「放射能汚染水」 懲罰委員会も
オイシックスは15日、藤田和芳会長の不適切な発言を謝罪した。X(旧Twitter)に「放射能汚染水」などと投稿していた。(2024/2/16)

オイシックス、会長の不適切発言を謝罪 Xで「放射能汚染水」投稿 懲罰委員会を開催へ
「極めて不適切で容認できるものではない」としています。(2024/2/16)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(5):
RustとActix Webで投稿アプリに状態管理を導入しよう
第5回は、第4回の続きとして、テンプレート化した投稿アプリにセッションによる状態管理の仕組みを導入し、それを利用した入力情報の記憶やフラッシュメッセージの実装例を紹介します。(2024/2/16)

東栄住宅、「営業所内での性被害に関するSNS投稿」は派遣社員によるものと発表 「しかるべき措置をとるべく弁護士に相談」
別の従業員が加害者であるかのような投稿が見られるとして、「誹謗中傷に該当しますので、厳に慎んでいただきますようお願いいたします」と述べています。(2024/2/15)

「ここでしか手に入らない」と書かれていたのに…… 角川「くじ引き堂」への不満訴える投稿に注目集まる 運営元と弁護士の見解は
KADOKAWAが運営するオンラインくじサービス「くじ引き堂」の対応が物議を醸しています。(2024/2/16)

MetaのザッカーバーグCEO、「Apple Vision Pro使ってみたけどQuest 3の方が優秀」
Metaのマーク・ザッカーバーグCEOは、Appleが2日に発売した「Vision Pro」を実際に使ってみた感想動画をInstagramに投稿した。いくつか理由を挙げて「Questの方が確実に良かった」と語った。(2024/2/15)

「King Gnu」常田大希、ライブの“スマホライト論争”をバッサリ 関係者名乗る投稿に苦言「大体よく知らん人」「気をつけて」
コロナ禍から増えたライブでのスマホライト。(2024/2/14)

三重交通、「個人アカウントの勤務先に苦情の連絡をした」とするXの投稿を誤情報と否定
投稿にあるような対応をした事実はなく、一切関係はないとしています。(2024/2/13)

NEWS Weekly Top10:
NHK時計のアプリは「ひどすぎる」? これぞ“ジェネレーションギャップ”か……
若者世代によるXへのこんな投稿が話題になった。「NHKの時計アプリ見つけたんだけど酷すぎて泣いてる今」。「NHK時計」は2009年にNHKが初めて出したiOSアプリだ。その存在を懐かしがる昭和世代との反応にジェネレーションギャップが生じている。(2024/2/13)

「ガーベラが10本で299円だった!」投稿が390万表示されたワケに爆笑 「もう駄目お腹痛いww」「イッヌにしか目がいかねぇ笑」
う、後ろぉぉ……!(2024/2/13)

東栄住宅、SNSで拡散の「営業所内で性加害」投稿に声明 「当局による捜査中」
社内で性加害行為を行っている様子をSNSに投稿しているアカウントがあるとの投稿が拡散していました。(2024/2/10)

「なぜフランスにはないんだ……」 日本のアパートを訪れた外国人夫妻が絶賛した“意外な住宅設備”とは
投稿者は日本在住のフランス人YouTuber、bebechanさん!(2024/2/10)

ドラマ「セクシー田中さん」脚本家、芦原妃名子さんを追悼 「今もなお混乱の中にいます」 SNSは削除の意向
Instagramにコメントを投稿しました。(2024/2/8)

小学館で連載の漫画家「編集で納得してる人はいない」 芦原さん急死受けた小学館の対応めぐり投稿
小学館で働く編集者たちも動揺している様子もつづられている。(2024/2/8)

「ちいかわ」作者・ナガノさんがSNS「Bluesky」にアカウント作成 早速マンガ投稿
マンガ「なんか小さくてかわいいやつ」(ちいかわ)の作者・ナガノさんのものとみられるアカウントが、SNS「Bluesky」に登場。(2024/2/7)

Meta、InstagramなどへのAI生成画像投稿のラベル表示、OpenAIなど他社ツールでの画像にも
Metaは、InstagramなどへのAI生成画像に表示するAIラベルを、DALL・Eなど他社のツールで生成した画像にも表示する計画を発表した。将来的には音声や動画にもラベルを表示するとしている。(2024/2/7)

乙武洋匡、車いす生活の大雪「怖い」 “リアル”伝える写真を投稿→「やばい怖そう」心配の声
車いす生活の大変さをにじませました。(2024/2/6)

関東の大雪の中で雷が! 珍しい光景、SNSに投稿や「初めて体験」の声
日本海側では冬に雷が鳴ることは珍しくはないのだそうです。(2024/2/6)

「広島マツダ」会長、松本人志の報道巡り「私は圧倒的に味方」投稿に批判 「これはひどい」「吐きそうな内容でした」
ヒロマツHDに問い合わせました。(2024/2/6)

準備も楽になりそう! ノートや教科書を間違えないようにするアイデアに「これは賢い!」「6歳長男に提案してみよう」
時間割表をわかりやすく色分けする方法も投稿。(2024/2/3)

SNSで注目集めた「能登からの漂着物」の今 白丸区の太鼓は無事保管が決定、同時期発見の「サウザンドサニー号」はどうなったのか
新潟県の旅館・サウナ経営者が発見からの経緯をSNSに投稿し話題になっていました。(2024/2/3)

エルモ、生放送で“暴行”される 被害後の対応がさすがと話題に「エルモは立派だなぁ」「危うく大事件になるところ」
「みんな元気?」投稿が話題になっているタイミングで。(2024/2/2)

大谷翔平着用の“デジタルブラジャー”は最先端のトレーニング機器 走行距離など瞬時に計測
ドジャースのX公式アカウントで、見慣れない器具を装着してトレーニングをこなす大谷翔平選手の姿が投稿され、SNSでも話題になった。「デジタルブラジャー」とも呼ばれる最先端のトレーニング器具を使い、新天地での活躍に向けて鍛錬を積んでいる。(2024/2/2)

携帯料金、払いすぎてないですか? 楽天グループの三木谷氏がXで「スマホ通信費のチェック」を促す理由
「携帯料金払いすぎてないですか?」──。楽天グループの代表取締役会長兼社長である三木谷浩史氏は2024年2月1日、X(旧Twitter)にそんな投稿をした。携帯電話料金の確認だけで、100ポイントを付与するサイトへのアクセスを促している。(2024/2/1)

「サイレントヒル」新作、PS5向けに無料配信開始 独立した短編ゲーム、投稿ガイドラインも公開
シリーズでは約10年ぶりのゲーム作品。(2024/2/1)

「条件満たしてない投稿してやがる」 仲里依紗、しぶしぶ開設のスタッフインスタにNG ブッ飛んだ姿合格で“盛れた写真”には「NO!!」
こんなことってあります……?(2024/2/1)

なぜ似たコスメを大量に購入するのか → 皆納得の投稿「我らはコスメでデッキ組んでコンボ決めてる」で相互理解が激烈に進む歴史的偉業がなされる
ブルベデッキに環境トップチークと鉄板リップが今シーズンのぶっ壊れです。(2024/1/31)

「『セクシー田中さん』公式SNSは芦原さん脚本回の批判コメントだけ『いいね』している」 投稿拡散も……日テレ否定「全ての投稿にいいね」
SNSで情報が拡散されていました。(2024/1/31)

漫画家協会「契約の悩み、相談して」 漫画家の訃報受け
日本漫画家協会は1月30日、会員に対して「契約などの悩みがあれば協会に相談してほしい」と公式Xに投稿した。(2024/1/31)

『セクシー田中さん』『砂時計』作者の芦原妃名子さんが急逝 物議を醸した“ドラマ化脚本”巡り日テレがコメント「許諾いただけた脚本を放送」
28日の投稿を最後にX(Twitter)更新が途絶えていました。(2024/1/29)

吉本芸人、制作会社の社長に殴られるパワハラ被害訴え 大御所芸人は見ても「笑ってるだけ」? 波紋も投稿削除
該当の制作会社と吉本興業ホールディングスに事実関係などについて問い合わせました。(2024/1/28)

梅宮アンナ、留学中22歳娘の緊急事態に何もできない歯がゆさ 人工呼吸器姿も投稿し「離れ離れの時が一番辛い」
ぜんそく発作&インフルエンザによる気管支炎・高熱という状況。(2024/1/27)

Cybersecurity Dive:
ランサムウェアグループAlphVが摘発後から数時間で“復活” 専門家も驚く異例の事態に発展
法執行機関はランサムウェアグループ「AlphV」のインフラを摘発したが、その数時間後、同グループは再登場して新たなリークサイトで投稿を行った。(2024/1/27)

「パリピ孔明」スタッフ再集結のP.A.WORKS制作オリアニ「真夜中ぱんチ」発表 2024年7月放送
世界最大の動画投稿サイト「NewTube」を舞台に活動するNewTuberたちの姿を描いた“動画投稿少女”コメディー(2024/1/26)

FF14、人気漫画家起用のコラボ投稿を一部取り下げ 運営謝罪「一部の方に不快な思い」
ファンの間で物議をかもしていました。(2024/1/24)

災害時の情報取得、ネットにつながらない場合はどうすべき? スマホで「FMラジオ/ワンセグ」の現状
「災害のときはラジオ大事」「東日本大震災のときはワンセグで津波のニュース映像を見た」──。1月1日16時過ぎに起きた能登半島地震の数日後、X(旧Twitter)でこのような投稿が目立った。震災時にネットが使えない場合、どうすべきかを考えた。(2024/1/24)

イラスト投稿サイト「pixiv」総登録ユーザーが1億を突破 記念の投稿企画など実施
pixivは2007年にスタートしました。(2024/1/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。