ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「注意喚起」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「注意喚起」に関する情報が集まったページです。

Exchange Serverの脆弱性情報まとめ US-CERTが連日注意喚起を発する異例の事態に
2021年3月に入ってからMicrosoft Exchange Serverの脆弱性に関する発表が続いている。次々と新しい情報がでていることから、対応済みの場合も、新しいセキュリティアドバイザリや当局からの発表をくまなく確認する必要がある。(2021/3/8)

見た目がそっくり:
「アイス」や「1万円」プレゼントで個人情報を狙う? セブン&アイ、Instagramの偽装アカウントに注意喚起 
セブン&アイ・ホールディングスが公式を名乗るInstagramの偽装アカウントが確認できたと発表した。同社は該当アカウントをフォローしたり、提示されるアドレスにアクセスしたりしないよう呼び掛けている。(2021/3/5)

楽天カードかたる詐欺メールに注意 偽のログイン画面に誘導しクレカ情報を窃取
フィッシング対策協議会が、楽天カードをかたるフィッシングメールを確認したとして注意喚起。ECサイト「楽天市場」が障害から復旧したなどと偽ってフィッシングサイトへ誘導するという。(2021/3/4)

Indeed Japanは事実関係を調査中:
「バイトル」運営会社が「インディード」のCMに注意喚起 YouTube上のCMは取り下げ
求人広告サイト「バイトル」を運営するディップが「IndeedのCMに関する注意喚起」という文書を発表した。これを受け、Indeed JapanはYouTube上で公開していた自社CMを取り下げた。Indeed Japanは現在、社内で事実関係を確認している。(2021/2/19)

漫画『鬼滅の刃』 紙の海賊版がメルカリなどで流通 集英社が注意喚起
週刊少年ジャンプの公式Twitterで発表。正規品との「見分け方」を公開している。(2021/2/18)

『鬼滅の刃』紙の海賊版がメルカリやAmazonマケプレで出回る 集英社が注意喚起
(2021/2/18)

集英社、「鬼滅の刃」コミックスの海賊版を確認、注意喚起 メルカリやAmazonマケプレで23巻セットが売られている
集英社は「鬼滅の刃」のコミックスを違法にスキャンし、印刷した紙の海賊版がネット上で販売されているとして注意喚起を行った。(2021/2/18)

導入事例:
大和ハウス工業らが物流施設でAI映像解析ソリューションによる感染症対策の効果を実験
大和ハウス工業は、同社の物流施設で、マスク着用の有無に関する検知と注意喚起が行え、あらかじめ指定したエリア内の混雑度をリアルタイムに計測し可視化するAI映像解析ソリューション「COTOHA Takumi Eyes」の実証実験を開始した。実証実験の結果を踏まえ、一部のマルチテナント型物流施設にCOTOHA Takumi Eyesを標準で採用することを検討する。(2021/2/18)

ヒロシ、“1万円プレゼント”うたう詐欺アカウント発生に注意喚起 「わしゃ、わざわざ金を人に配ったりせんよ」
気を付けてください。(2021/2/17)

Clubhouseに連絡先を提供してもいいの? 米メディアが注意喚起
人気急上昇中の音声SNS「Clubhouse」はログイン時にスマートフォン内の連絡先リストへのアクセス許可を求める。許可すると連絡先の友人を招待できるが、思わぬ可能性もあると米OneZeroが注意喚起した。(2021/2/12)

電話やメールでの“コロナワクチン詐欺”に消費者庁が注意喚起 そもそも「接種は無料」
消費者庁が新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、電話で金銭や個人情報を求められたとする相談が相次いでいるとして、専用の相談窓口を15日に開設すると発表。受付時間は午前10時から午後4時、土日祝も相談を受け付ける。(2021/2/9)

M1 MacとBig Sur対応で確定申告ができるICカードリーダーライター エレコムが非接触式・接触式2タイプ
国税庁が注意喚起していたM1 Macの問題をクリアしたICカードリーダーライターがエレコムから。(2021/2/9)

Amazon取り扱いの「珪藻土バスマット」からアスベスト検出 厚労省が注意喚起
商品説明欄では「検査に合格」「認証済み」とアスベストがないことが記されていた。(2021/2/3)

新作iPhone、ペースメーカー利用者に注意喚起のワケ 15センチ離して使用呼びかけ
 日本のスマホ市場で圧倒的な人気を誇る米IT大手アップルは、最新スマートフォン「iPhone(アイフォーン)12」シリーズについて、端末の磁石や電磁場が医療機器に干渉する恐れがあるとして、15センチ離して使用するよう注意喚起した。ほかのスマートフォンや携帯電話はどうなっているのか。(2021/2/3)

ATMで電波遮断、AIが通話警告……コロナ禍でも止まぬ特殊詐欺被害、根絶に“水際対策”強化
巧妙なうそで高齢者らから現金をだまし取る特殊詐欺。警察当局や関係機関が力を入れているのが、ATMでの携帯電話の電波遮断やAIを活用した注意喚起といった“水際対策”だ。警察幹部は「あらゆる手で被害を封じ込める」と力を込める。(2021/2/3)

iPhone 12、ペースメーカー利用者に注意喚起のワケ 15cm離して使用呼びかけ 他のスマホは?
米Appleは、iPhone 12シリーズについて、医療機器から15cm離して使用するよう注意喚起した。総務省は他のスマートフォンや携帯電話についても、携帯端末との距離が15cm程度以下にならないよう注意喚起している。(2021/2/3)

「設定を見直して」 NISC、「Salesforce」利用企業に注意喚起 楽天やPayPayの情報流出を受け
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が意図せずに情報が外部から参照される可能性があるとして、米Salesforce.comの製品に関する声明を発表。設定の確認などを呼び掛けている。(2021/2/2)

アナウンサーが赤ちゃんのお遊びを本気で実況→手に汗握る神試合に 「赤ちゃんだから口に入れたーっ!」
緊迫感をあおりつつ、きちんと注意喚起に着地させるあたりがすごい。(2021/1/28)

メルカリ、高額出品のアラート機能を実装へ マスク、PS5など“悪質出品”に対抗 個人間取引の原則を策定
メルカリが、高額出品物に対して購入者へ注意喚起を行う機能を実装する。フリマアプリなど個人間取引の在り方を定めた原則も公開した。(2021/1/27)

メルカリ、高額出品対策の「アラート機能」を実装予定 価格が高騰している商品の購入前に注意喚起
今春から今夏での実装を予定しているとのこと。(2021/1/27)

Linuxサーバが標的 検出しにくいマルウェア「DreamBus」
Linuxサーバを標的とした「DreamBus」と呼ばれるマルウェアおよびそのマルウェアで構成されるbotネットについてZscalerが注意喚起を発信した。現段階でセキュリティ製品の多くがDreamBusモジュールを検出できていないという。(2021/1/26)

ドコモ、宅配事業者の不在通知や銀行を装ったSMSへ注意喚起
NTTドコモは、宅配事業者の不在通知や銀行などを装ったSMSへ注意喚起。記載されたURLのリンク先で不審なアプリのインストールを促すケースや、個人情報の入力を促されるケースなどが確認されている。(2021/1/26)

宅配業者かたる詐欺SMS出回る 「dアカウント」の偽ログイン画面に誘導 ドコモが注意喚起
宅配業者や銀行をかたる不審なSMSを確認したとして、NTTドコモが注意を呼び掛けた。「dアカウント」のログインページに似た偽サイトに遷移し、個人情報の入力を求められるという。(2021/1/25)

iPhone 12やMagSafe製品はペースメーカーから15cm以上離して Appleが注意喚起
AppleがiPhone 12シリーズやMagSafeアクセサリーに関してサポートページで注意喚起。ペースメーカーや除細動器などに影響を与える恐れがあるという。これらの機器から、iPhone 12やMagSafe対応アクセサリーは15cm以内に近づけないよう呼び掛けている。(2021/1/25)

Apple、「iPhone 12」はペースメーカーなどから15センチ以上離すようサポートページで注意喚起
Appleが、MagSafe搭載の「iPhone 12」シリーズは、ペースメーカーや植込み型除細動器から15センチ以上、無線充電中は30センチ以上の距離を保つよう注意喚起した。(2021/1/25)

「PUI PUI モルカー」非公式グッズに番組Twitterが注意喚起 公式からは「ジグソーパズル」「缶バッヂ付きスイーツ」が順次発売
3話見た?(2021/1/19)

『鉄腕アトム』偽原稿がオークションに出品、手塚プロ公式サイトで注意喚起 「素人目には分からない」「やたらリアル」
これは騙される……。(2021/1/18)

AI予測でドラレコが警告「事故の危険性が高い地点です」
損害保険会社が契約者に提供するドライブレコーダーから音声を流し、運転手に注意を促す取り組みが香川県で始まる。県がAIを活用して作ったマップを基に、交通事故が起りそうな場所をリアルタイムに運転手に伝える。(2021/1/14)

事故を抑止:
AI予測でドラレコが警告「事故の危険性が高い地点です」
「この先、事故の危険性が高い地点です」。損害保険会社が契約者に提供するドライブレコーダーから音声を流し、運転手にリアルタイムで注意を促す取り組みが香川県で始まる。(2021/1/11)

国税庁、M1搭載Macでの電子申告に注意喚起 一部のICカードリーダーが正常に動作しない
ID・パスワード方式の届出は可能。(2021/1/7)

「ば、ばっちが…きたーー!!!」 石田ゆり子、インスタの“認証バッジ”取得で大喜び 12月に偽アカウント出現で注意喚起
これでひと安心。(2021/1/7)

国税庁、M1 Macでの確定申告書類提出に注意喚起
ICカードリーダーライターやプリンタが正常に動作しない場合があるという。(2021/1/6)

携帯電話「頭金」の正体 歪んだ仕組みが生まれたワケ
2020年11月に総務省と消費者庁が注意喚起を出した、携帯電話の「頭金」。一般的な頭金とは何が違い、なぜこのような仕組みが生まれたのか。元ケータイショップ店員が解説。(2021/1/5)

TechTarget発 世界のITニュース
NSAがVMware製品の脆弱性に注意喚起 「Workspace One Access」などに影響
NSAは、攻撃者が「Workspace One Access」をはじめとするVMware製品の脆弱性を悪用していると報告した。VMwareは既にパッチを公開しており、NSAは政府機関に早急適用を勧告した。(2021/1/5)

テレワークで高まるサイバー攻撃リスク 注意喚起を強化 埼玉県警
テレワークが浸透する中、埼玉県警は、会社の外で業務をする人らを狙ったサイバー攻撃のリスクが高まっているとして、被害予防の取り組みを強化している。人を集めた研修会を開くのが難しいため、YouTubeに手口を解説する動画も公開している。(2020/12/16)

三井住友カードかたる詐欺メールに注意 アカウント情報・クレカ情報を窃取
三井住友カードをかたるフィッシング詐欺の報告が増えている。フィッシング対策協議会が注意喚起。詐欺サイトに誘導し、アカウント情報やクレジットカード情報を抜き取るという。(2020/12/11)

Switch・PS5の偽販売サイトに注意 消費者庁、年末の需要増を前に注意喚起
消費者庁が、Nintendo SwitchやPlayStation 5などのゲーム機を販売しているように見せかけている偽のECサイトを確認したと発表した。(2020/12/11)

偽サイトに注意:
お金を振り込んだのに「Switch」が届かない! 多数の相談を受け、消費者庁が注意喚起
通信販売サイトで人気の家庭用テレビゲーム機を注文して代金を支払ったのに、商品が届かないという相談が多数寄せられている消費者庁は偽サイトの被害に注意するよう呼び掛けている。(2020/12/11)

消費者庁が携帯料金プランで注意喚起 適切なプラン・事業者の選択を呼びかけ
消費者庁が、携帯電話の料金プランに関して注意喚起。サービス品質や乗り換え手続きを誤解しないよう、適切な事業者や料金プランを選ぶよう呼び掛けている。(2020/12/10)

「自分に合った料金プランになっていますか?」 消費者庁、携帯料金の払いすぎに注意喚起
消費者庁が、利用状況に合った携帯電話の料金プランを選べていないユーザーが多いとして注意喚起を行った。普段のデータ使用量を把握し、利用状況に応じて通信キャリアのサブブランドやMVNOに乗り換えるよう呼びかけている。(2020/12/9)

「これは私ではないです!!」 石田ゆり子、自身の“インスタ偽アカウント”に注意喚起 “ゆりごろう王国”アイコンも変更へ
早く認証バッジつけてあげて!(2020/12/9)

消費者金融や暗号資産事業者を装うフィッシング詐欺が多発 SMSを使い偽サイトに誘導
日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が、消費者金融や暗号資産事業者を装ったフィッシング詐欺や偽サイトが11月以降に確認されているとして注意喚起を促すレポートを公開した。(2016/12/8)

Amazonかたる詐欺SMSに注意 「Amazonがロックされました」「異常ログインの可能性があります」など
Amazonをかたる詐欺SMSが増加しているとして、フィッシング対策協会が注意喚起。Amazonのアカウントに支払いの問題や不正なログインがあると偽り、文中のリンクから偽サイトに誘導するという。(2020/11/27)

「説明書」でプラグインのバージョンを把握:
WordPress用File ManagerとDockerAPIを標的としたアクセスが増加 警察庁が注意喚起
警察庁は、WordPress用「File Manager」プラグインの脆弱性を標的としたアクセスと、「DockerAPI」を標的とした探索行為の増加を観測したと発表した。WordPress用FileManagerプラグインがバージョン6.9以降であることを確認するよう促している。(2020/11/25)

ブラウザハイジャッカー「WebNavigator Browser」が拡大中か Malwarebytesが注意喚起
Webブラウザの表示を横取りするブラウザハイジャッカーが拡大しているという。今のところクリックによる広告収益を得る目的が中心のようだが、別の用途に利用できる仕組みのため、駆除が推奨されている。(2020/11/18)

【電化製品が燃えた体験談】電気ケトルをコンロにかけた結果→燃えちゃった 実は注意喚起している消防局もある事故例
でも「うっかり」ってそういうものだから……。(2021/1/20)

Emotetに続き「IcedID」が日本でも拡大中 トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロは、マルウェア「IcedID」を拡散させる日本語マルウェアスパムを確認したとして、注意を促した。マルウェア「Emotet」と同様に添付ファイルからの感染を狙うマルウェアスパムの手法が確認されている。(2020/11/11)

「頭金0円」広告は優良誤認の恐れあり 総務省と消費者庁が注意喚起
総務省と消費者庁が、携帯電話における「頭金」について注意喚起を行った。頭金とは、割賦で購入する際に、販売価格の一部として支払う金額のことをいう。しかし携帯電話業界では異なる意味で頭金が使われている。(2020/11/10)

総務省、携帯電話の「頭金」に注意喚起 「消費者に誤認与える」
総務省らが携帯電話業界の「頭金」表示について、あらかじめ決められた本体価格の上乗せの意味で使われている場合があるとして消費者に注意を呼び掛けている。(2020/11/10)

TikTok、「いいね」や「フォロー」を行うアルバイトに注意喚起 「このような行為は一切実施、推奨しておりません」
募集している企業や代理店とTikTokは一切関係がないと明言。(2020/11/7)

PR:注意喚起|LAC WATCH 株式会社ラックの提供する「注意喚起」に関する記事


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。