ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「注意喚起」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「注意喚起」に関する情報が集まったページです。

車載ソフトウェア:
車載シートの振動デバイスをリアルタイムで制御できる技術を開発
デンソーテンは、音響信号から振動信号をリアルタイムで自動生成する技術を開発した。ユーザーインタフェースとして車両のシートなどに組み込むことで、注意喚起や進路指示を振動で伝えられる。(2022/5/26)

伊藤健太郎の所属事務所が悪質な詐欺発生に注意喚起 「すぐに警察に相談していただきますようお願いします」
悪質な詐欺にご注意。(2022/5/20)

ヤフオク!とPayPayフリマ、子どもが誤飲するおそれのある出品に新ルール マグネットや水で膨らむボールなど
ヤフーは13日、子どもが誤って飲み込んだりすると危険なおもちゃを出品する際には商品説明で注意喚起するよう「ヤフオク!」と「PayPayフリマ」の出品ルールを変更すると発表した。(2022/5/16)

「朝日新聞がチェーンメールの拡散性を検証中」不審メールに注意
「朝日新聞がチェーンメールの拡散性検証中」こんな内容の不審メールが拡散しているとし、朝日が注意喚起。(2022/5/11)

「自殺報道、SNSでの拡散・閲覧気を付けて」厚労省などが注意喚起 「心が苦しいときは距離置いて」
芸能人の自殺報道があったことを受け、厚労省がSNSでの影響などについて注意喚起した。「自殺報道は、SNS上で拡散させるだけで自殺リスクを高める可能性がある」という。(2022/5/11)

連休明けのメールチェックに潜む“罠” IPAなどが警戒呼びかけ
連休明けのメール確認をきっかけにマルウェアに感染するリスクが高まっているとして、IPAなどが注意喚起している。連休明けは確認するメールの量が増えることから警戒が弱まり、不審なメールやその添付ファイルを開きやすいという。(2022/5/9)

フィッシング対策協議会をかたるフィッシング詐欺に注意──フィッシング対策協議会
フィッシング対策協議会は6日、フィッシング対策協議会をかたるフィッシング詐欺の報告を受けているとして注意喚起した。(2022/5/6)

にじさんじ運営、公式グッズのコピー商品に注意喚起 「違法な海賊版の製造、販売は法的措置をとる」
バーチャルYouTuber(VTuber)グループ「にじさんじ」を運営するANYCOLORは、英語圏を中心に活動するVTuberプロジェクト「NIJISANJI EN」で販売している商品を利用し、非公式・違法グッズが販売されていると注意喚起した。(2022/4/28)

「このままでは固定電話が使えなくなる」――光回線の“便乗”勧誘でトラブル 国民生活センターが注意喚起
「このままでは固定電話が使えなくなる」――光回線の契約を進められるトラブルが増えているとして国民生活センターが4月26日に注意喚起した。(2022/4/27)

Javaに認証なしで不正操作できる脆弱性 影響範囲広く「早急に修正プログラム適用を」
情報処理推進機構が、Javaの基本的な実行環境「Java SE」に重大な脆弱性があるとして注意喚起した。活用範囲が広く攻撃された場合の影響が大きいため、早急に修正プログラムを適用するよう呼び掛けている。(2022/4/21)

“世界最恐マルウェア”「Emotet」、3月の検知数は前月比3倍に 露カスペルスキーが注意喚起
セキュリティ製品などを手掛ける露カスペルスキーが、メールの添付ファイル経由などで感染するマルウェア「Emotet」(エモテット)が活動を再開したとして、企業に注意を呼びかけている。同社によると、3月のEmotet検知数は前月比で3倍になったという。(2022/4/21)

北朝鮮が支援するAPTグループが暗躍 ブロックチェーン関連企業を標的に
CISAらは、北朝鮮が支援するAPTグループがブロックチェーンを標的としたサイバー攻撃を実行していると注意喚起を促すアラートを発行した。複数の企業や取引所、個人が標的にされており注意が必要だ。(2022/4/20)

スマホがエレベーターの隙間から落下 → 粉砕 思わぬ落とし穴の注意喚起に「鍵落としたことある」「いつも怖い」
意外と隙間は大きい。(2022/4/19)

「シン・ウルトラマン」の偽Twitterアカウントに注意 「DM開封しないで」 公式が呼び掛け
映画「シン・ウルトラマン」の偽Twitterアカウントを確認したとして、公式Twitterアカウントが注意喚起した。偽アカウントは不審なURLを添付したダイレクトメッセージを送信しているといい、本物は開封しないよう呼び掛けている。(2022/4/18)

にじさんじが所属VTuberへの中傷に注意喚起 「月ノ美兎」の配信には“闇のオタク”出没
VTuberグループ「にじさんじ」運営元が、所属タレントに対する中傷行為を確認したとして、注意を呼び掛けた。VTuberへの迷惑行為を巡っては、月ノ美兎さんの配信に執拗なメッセージ送信を行う人物が出没し、タレント自身も注意を呼び掛けていた。(2022/4/18)

日本年金機構をかたるフィッシング 住所やクレカ情報など盗まれる恐れ
日本年金機構をかたるフィッシング詐欺による被害が報告されているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起した。「国民年金口座が停止された」として、氏名や住所、クレジットカード情報などを盗み取ろうとする。(2022/4/18)

HIKAKIN、コメント欄の“荒らし”巡り注意喚起 良かれと思った一部対応は相手の「思うがままというか狙い通り」
荒らしには昔から一択!(2022/4/18)

「SNSでPRすれば実質無料」でトラブル多発 国民生活センターが注意喚起
独立行政法人国民生活センターは、SNSで商品やサービスのPRをすれば一切の負担がないなどと勧誘し、商品を契約させる手口について注意喚起した。(2022/4/15)

「誰でも1日数万円稼げる」 “副業マニュアル”でトラブル多発 消費者庁が注意喚起
消費者庁は4月13日、「誰でも1日当たり数万円を稼ぐことができる」などと謳った副業マニュアルのトラブルについて注意喚起した。(2022/4/14)

auをかたる不審なメールにご用心 「重要なお知らせ【月間のデータ通信量の通信速度制限】」の件名で
auを装いフィッシングサイトへ誘導する手口の偽メールが出回っているとして、フィッシング対策協議会とKDDIが注意喚起を行っている。何者かが「重要なお知らせ【月間のデータ通信量の通信速度制限】」という件名やauのロゴを使い、個人情報を盗みとる不正サイトに誘導する詐欺メールが出回っており、同様のメールはauを利用していない人にも届いているという。アクセスしないでほしいと注意を呼びかけている。(2022/4/12)

非純正バッテリーの事故が多発、NITEが注意喚起 安さの裏に潜む危険
発火する事故が多く報告されている。(2022/4/3)

「ラストオリジン」の画像を盗用したNFTコインが発行され公式が注意喚起 元関連会社の職員による犯行か
なんと……。(2022/3/31)

はてブ、不正ブクマ依頼に加担しないよう注意喚起 不自然なら検索結果から除外措置
ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」(はてブ)を運営する、はてなは、不正なブックマーク依頼などに応じないよう、ユーザーに注意喚起した。情報まとめサイトの運営業者を名乗る者が、不正にブックマークを集める行為を行っているという。(2022/3/29)

シャープ、Instagramで複数のなりすましアカウント確認、注意喚起
シャープは29日、Instagramで「スマートフォンAQUOS」アカウントを装った“なりすまし”を確認したとして注意喚起した。偽サイトに誘導し、個人情報を入力させようとするという。(2022/3/29)

緑色のジャガイモは「絶対に食べてはいけません」 強い毒性が目に見えるツイートに「冗談でも試すな」「1週間入院した」の声
農林水産省も食中毒の注意喚起をしています。(2022/3/26)

充電器に迷ったら「純正(公認)品」か「MCPC認証品」を――ドコモ、KDDI、ソフトバンクが発火対策で呼びかけ
スマートフォンの発火事故が相次いだことを受けて、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが一斉に注意を喚起する情報を掲載した。充電器(ACアダプター)選びに迷った場合は、キャリアの純正(公認)品か、MCPC認証を取得したものを使うようにも呼びかけている。【追記】(2022/3/25)

ディズニー、メルカリと転売対策で連携 注意喚起や出品取り下げ措置も
メルカリとオリエンタルランドは3月24日、フリマサービス「メルカリ」上で東京ディズニーリゾート(TDR)の商品が不適切な転売をされている実態を受け、連携して転売対策を実施する。(2022/3/24)

同人誌印刷の「アクシス出版」かたる不審なメール 「レンタルサーバ会社に問い合わせて、原因を究明中」
同人誌の出版業務などを手掛けるアクシス出版は、同社をかたる不審なメールを確認したと発表した。メールには、ZIP形式またはXLSM形式の添付ファイルが付いており、届いた場合は決して開かず、削除するよう注意喚起している。(2022/3/17)

フロム、ゲーム配信ガイドラインを更新 YouTubeの「Super Thanks」利用に注意喚起
フロム・ソフトウェアが、ゲーム実況などにおけるゲームの利用について定めたガイドラインを更新した。YouTubeの収益化機能「Super Thanks」利用時の配信について「(視聴者に対し)金銭を送らないよう注意喚起して」と呼び掛けた。(2022/3/16)

市川海老蔵、義姉・小林麻耶への“心無い言葉”に注意喚起 元夫からの非難には触れず「一緒に応援して頂けたら幸い」
麻耶さんの元夫から非難されていた海老蔵さん。(2022/3/14)

Emotetのbotネットが日本で大規模発生中 Lumenが観測データを公開し注意喚起
LumenはEmotetに関する観測データを公開した。データによれば、Emotetのbotネットは日本をはじめとしたアジア地域に多く分布していることが分かった。(2022/3/12)

標的型ランサムウェア「Conti」活発化の恐れ CISAらが再度注意喚起
CISAらは、ランサムウェア「Conti」に注意を促すアラートをアップデートした。Contiはマルウェア「Trickbot」の活動終了に伴い、今後活発化する懸念が強まっており事前の対策が求められる。(2022/3/11)

Emotet、3月はすでに300件超えの被害相談 “先月比7倍”で大幅拡大中 IPAが注意喚起
情報処理推進機構(IPA)は3月1日から8日までに、Emotetの感染被害についての相談が323件あったと明かした。先月同時期(2月1日〜8日)に比べ、約7倍の相談件数に上るほど大幅に拡大しているとして、改めて警戒を呼び掛けている。(2022/3/10)

水道局かたる不審なメールについて注意喚起、東京都水道局 「割引は行っていない」
東京都水道局は7日、水道局をかたる不審なメールが確認されたとしてTwitterで注意喚起した。「東京水道マイネット」利用者向けの割引きサービスをうたう。(2022/3/7)

Vtuberになりすますアカウントに運営が注意喚起 メンバーの音声を録音して使用か
メンバーの一ノ瀬うるはさんは「とても怖いなと感じています」と投稿しました。(2022/3/5)

Emotet感染爆発で謝罪企業相次ぐ 沖縄県、気象協会、いすゞなど【訂正あり】
マルウェア「Emotet」の再拡大が進み、各地で感染報告が相次いでいる。2月以降、沖縄県やリコー系列会社、NPO法人、食品会社などさまざまな業界の企業が、おわびと注意喚起を発している。(2022/3/4)

はじめしゃちょー、3億円豪邸に“女性用の下着”届く 迷惑行為に「完全にいたずら」「極悪ですよ」と注意喚起
過去には、ストーカー被害にあったことも。(2022/3/3)

「クレカ情報が漏えい」とする詐欺に注意 メタップス不正アクセス問題に便乗
メタップスペイメントの不正アクセス問題に便乗し、カード情報を盗もうとする詐欺メールやSMSが出回っているとして、ローソン銀行が注意喚起した。(2022/3/3)

Emotet感染メールアドレス数、2020年の5倍に 取引先からの添付ファイル、URLにも注意
JPCERT/CCによると、Emotetに感染した.jpメールアドレス数が2020年の感染ピーク時の5倍にまで急増している。取引先などから送られているように見えるメールでも安易に添付ファイルやURLを開かないよう注意喚起している。(2022/3/3)

Twitter、ロシアメディアへのリンクツイートに注意喚起のラベル付け開始
Twitterは、ロシア国家関連メディアのWebサイトへのリンクを共有するツイートに注意喚起ラベルを付けると発表した。オレンジ色の[!]と「このツイートはロシア政府と関連のあるメディアWebサイトにリンクしています」が表示される。(2022/3/1)

消費者庁、「鍵のレンジャー」等の鍵開け業者に業務停止命令 Web広告で安価をうたい現場では高額な作業料金を請求
今後も同様の手口が行われる可能性があるとして、注意喚起しています。(2022/2/28)

「IEモード」は有効だが、2029年でサポート終了:
IEコンテンツの提供者はサポート終了までに「Web標準仕様」に改修を IPAが注意喚起
IPAは、2022年6月16日にサポートが終了するWindows 10向けのIEに関して注意を促した。IEでの閲覧を前提に作られたコンテンツの利用者や提供者は、他のブラウザへの移行やコンテンツの改修などの対策が必要だ。(2022/2/28)

この頃、セキュリティ界隈で:
相手は本物のCEO? ビデオ会議やコラボツール悪用の成り済ましにFBIが注意喚起
コロナ禍で普及したオンライン会議ツールやコラボレーションツール悪用した、成り済ましの被害が増えている。従業員の電子メールアカウントを乗っ取り、オンライン会議に参加。CEOなどに成り済まして、従業員へ送金を促すという。(2022/2/25)

「その警告画面は偽物です」 国民生活センターが「サポート詐欺」に注意喚起
国民生活センターは24日、PCの画面に偽のセキュリティ警告を表示し、サポート窓口をうたう番号に電話をかけさせる「サポート詐欺」について注意喚起を行った。(2022/2/24)

金融庁「サイバー攻撃の潜在的リスク高まった」 金融機関に注意喚起、ウクライナ情勢が影響か
金融庁は、金融機関に対してサイバー攻撃に警戒するように注意喚起する声明を発表した。「昨今の情勢を踏まえるとサイバー攻撃事案の潜在的なリスクは高まっている」と説明している。経済産業省も23日に、企業の経営者などに対して同様の注意を促していた。(2022/2/24)

テレワーク普及で配線器具の発火事故が増加 未然に防ぐ5つのポイントは
工業製品の評価などを手掛ける製品評価技術基盤機構(NITE)が、テーブルタップや延長コードなどの配線器具による発火事故が2019年から2年連続で増加していると発表。テレワークの普及が原因にあるとして、注意喚起している。(2022/2/24)

2000年問題再来? 間もなくバージョン“100”になるChromeとFirefoxに「リスクあり」とMozillaが警告
Webブラウザ「Google Chrome」と「Firefox」が、間もなくバージョン100にアップデートされる。バージョンの桁数が2桁から3桁に変わるため、かつての「2000年問題」と同じく、システムに不具合が発生する可能性があるとして、米Mozillaは注意喚起している。(2022/2/22)

知らない人からもらった実行ファイルは開いちゃダメ! “コミカルに注意喚起するexe”のデモ動画が「伝わりやすいし平和」
本物ははるかにエグいことをしてくるので、不審なexe(実行)ファイルを起動するのはやめましょう。(2022/2/18)

スマホで3Dスキャンする新手の“データ泥棒”にワンフェス運営は警戒感 注意喚起と対策へ
スマホで展示品を3Dスキャンしていたのではないか? ワンフェス会場でのある入場者達の行動に、出展者や実行委員会が神経を尖らせている。(2022/2/16)

雪に飛び込んだら崖から落下…… ついやりたくなる「大雪にダイブ」に潜む危険を描いた注意喚起に「雪国育ちはやらない」「突起物があると命に関わる」
ご注意を。(2022/2/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。