ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「注意喚起」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「注意喚起」に関する情報が集まったページです。

Chatworkに「不正ログインの試行」相次ぐ 提供元が「二段階認証を使って」と注意喚起
第三者が「Chatwork」への不正ログインを試みる例が増えていることが発覚。外部からユーザーのメールアドレスやパスワードを不正に取得し、ログインできるか否かを試している可能性が高いという。同社はユーザーに、二段階認証を利用するよう呼び掛けている。(2019/7/12)

ジャパンネット銀行、デマに注意喚起 「システム障害で入金遅れ」と嘘つき支払いを免れようとする
「ジャパンネット銀行のシステム障害で振込入金が遅れている」と支払い先に嘘の説明をし、支払いを遅らせたり、免れようとしたりするするケースが複数発生しているという。(2019/7/12)

「PayPay送りあうと約束したのに返金されない」トラブル 見知らぬ人との残高送り合いに注意喚起
「お互いにPayPay残高を送りあうと約束したが、実際には、送り返さないという事例が確認されている」として、PayPayが7月9日、見知らぬ人との残高送り合いを控えるよう、注意を呼び掛けた。(2019/7/10)

「お悔やみ欄を見て連絡」「故人が違法物を所有」と金銭を要求する手紙 受取人が注意喚起
お悔やみ欄を見て無差別に送付?(2019/7/4)

7pay、一部アカウントで不正アクセス確認 IDとパスワードに注意喚起
IDとパスワード、「認証パスワード」の管理に注意を呼び掛けています。(2019/7/3)

「記録的な大雨」と気象庁が注意喚起 7月3日〜4日にかけ西日本では土砂災害の恐れ
24時間の雨量が平年1カ月分を超えるかも。(2019/7/2)

感染を検知したら注意喚起も:
NICTら、IoT機器のセキュリティ対策を調査
総務省と情報通信研究機構(NICT)および、ICT-ISACは、サイバー攻撃などに対して脆弱(ぜいじゃく)なIoT(モノのインターネット)機器の調査と、IoT機器利用者への注意喚起を行っており、その状況をまとめた。(2019/7/2)

弱いパスワードのIoT機器割り出し「NOTICE」、147件に注意喚起 「現時点で数は少ない」
弱いパスワードを使っているIoT機器の所有者に注意喚起する取り組み「NOTICE」の状況を総務省が発表。容易に推測できるID・パスワードでログインでき、注意喚起の対象になったのが延べ147件だったという。同省は「現時点では数は少ない」としている。(2019/7/1)

「Windows 10 May 2019 Update」適用で階調表現に不具合か EIZOが注意喚起
「Windows 10」の大型アップデート「May 2019 Update」(バージョン1903)を適用したPCで、階調が正しく表示されない場合があるとし、ディスプレイメーカーのEIZOが注意を呼び掛けている。(2019/7/1)

「楽天株式会社から緊急のご連絡」フィッシングメールに注意喚起
「【重要】楽天株式会社から緊急のご連絡」という件名で、楽天からの連絡を装って楽天IDやパスワードを詐取するフィッシングメールが出回っているとし、日本サイバー犯罪対策センターが6月25日までに、複数回にわたって注意を呼び掛けている。(2019/6/27)

「GMOコイン」検索広告にフィッシングサイト確認 注意喚起
Google検索で「GMOコイン」などを検索した際、GMOコインの正規サイトを装ったフィッシングサイトの検索連動広告が掲載されていたことを確認。GMOコインが注意を呼び掛けた。(2019/6/27)

富士フイルム、偽フィルムに注意喚起 35ミリパトローネに映画用フィルム詰める
「FUJIFILM」のロゴを不正使用した35ミリフィルムの非正規品が、日本国内の現像取扱店に持ち込まれた。使用済みの35ミリフィルムのパトローネの内部に映画用フィルムが詰められたもので、店舗では現像を断っているとして注意を呼び掛けている。(2019/6/26)

携帯電話事業者を詐称した「スペシャルクーポンの発行」「からあげプレゼント」の詐欺メールに注意喚起
「都道府県型JPドメイン名」には特に注意しましょう。(2019/6/23)

東京五輪観戦チケットの抽選発表をかたる偽メール 警視庁が注意喚起
警視庁サイバーセキュリティ対策本部がTwitterで東京オリンピック観戦チケットの抽選発表を語る偽メールに気を付けるようにと注意喚起した。(2019/6/20)

総務省など、マルウェアに感染しているIoT機器ユーザーに注意喚起 「NOTICE」とは別に
マルウェアに感染していると検知したIoT機器について、ISPから利用者に対して注意喚起を行う取り組みを、総務省とNICTなどが6月中旬から新たに始める。「NOTICE」とは別の取り組みだ。(2019/6/17)

JEITAが「Windows 7の延長サポート終了に関する注意喚起」を更新 通知メッセージ例を追加
JEITA(電子情報技術産業協会)が掲載しているWindows 7のサポート終了に関する注意喚起が更新。通知メッセージの例を掲示するようになった。サポート終了に向けて、対策を進めよう。(2019/6/13)

「撮影に支障がでております」 福山雅治、公式サイトがファンの“マナー違反”に注意喚起
迷惑掛けたらダメ。(2019/6/10)

焼肉で生肉を扱うときは必ずトングで! ある体験談の拡散きっかけであらためて注意喚起される
頭では分かっていても、なかなか徹底できないこともありますし、これを機会に肝に銘じておきましょう。(2019/6/7)

モニタリングシステム:
大日本印刷と京都電子工業、熱中症注意喚起ボードを共同開発
大日本印刷(DNP)は京都電子工業と共同で、熱中症対策のためのモニタリングシステム「DNP電子ペーパー 熱中症注意喚起ボード」を開発。熱中症指標計と連動し、WBGT値と外気の温度などから熱中症の危険度を電子ペーパーに表示する。(2019/6/4)

液漏れグリッターケースに注意 スマートフォンケースやけどで国民生活センターが調査
国民生活センターが、液体の入ったスマートフォンケースからの液漏れに注意喚起。(2019/5/31)

ライブ配信サービス「SHOWROOM」の演者狙った悪質なスカウト行為 運営が注意喚起
「SHOWROOMがサービス終了するかもしれない」と事実無根のうわさを流すスカウトも。(2019/5/30)

「配信者への悪質なスカウトがあった」SHOWROOMが注意喚起 「サービス終了かも」などのうわさ流される
SHOWROOMが、配信者を狙った悪質なスカウトが行われているとの声明文を発表。「サービス終了するかもしれない」といったうわさを流し、他社サービスに引き抜こうとする悪質な例もあったという。同社はスカウトを受けた人に対し、慎重に検討するよう呼び掛けている。(2019/5/30)

JEITAが「Windows 7の延長サポート終了に関する注意喚起」を公開
JEITAが延長サポート終了を迎えるWindows 7について注意喚起を促すページを公開した。(2019/5/21)

消費者庁、「ゲーム感覚で毎日3万稼げる」とうたう事業者に注意喚起 「1年後1080万円完全保証」との広告も
不審な点があった場合は消費生活センターや警察に相談を。(2019/5/21)

「ゲーム感覚で毎日3万円稼げる」とうたい金銭要求、アプリ「Tech Box」に消費者庁が注意喚起 「開発者の南栄作」も「架空の人物」
「ゲーム感覚で毎日3万円稼げる次世代の複合型アプリTech Boxを利用できる」などとうたい、「入会費用」などとかたって多額の金銭を支払わせていたとして、消費者庁はこのほど、「CCS」という名の事業者について注意喚起を行った。アプリの開発者をうたう「南栄作」も、CCS代表が演じた架空の人物だったという。(2019/5/20)

クラウド上で判定:
通話内容をAIで解析して特殊詐欺を防止、NTTが実証実験
NTTは、通話内容をAIで解析して特殊詐欺を防ぐ取り組みの実証実験を実施する。通話内容を録音したデータをクラウド上のAIで解析し、特殊詐欺が疑われる場合は注意喚起メールを送信する。(2019/5/13)

「目に余る行為」「由々しき状況」 坂道グループ、一部ファンの迷惑行為にあらためて注意喚起
“ごく一部”のファンによる迷惑行為に苦言。(2019/5/10)

iOS向けChromeユーザーは特に注意、ConfiantがiOSのユーザーを狙った不正広告を注意喚起
Confiantは、iOSのユーザーを狙った不正な広告が横行し、ユーザーセッションが乗っ取られる被害が多発しているとブログで伝えた。その中でもiOS向けChromeに存在するセキュリティ問題が不正広告に悪用され、ポップアップ防止機能がかわされていたことが分かった。(2019/4/19)

あなたのスマホが危ないかも――BroadcomのWi-Fiチップセットに脆弱性、CERT/CCが注意喚起
BroadcomのWi-FiチップはスマートフォンからノートPC、スマートTV、IoTデバイスに至るまで幅広い製品に使われているため、脆弱性が見つかった場合のリスクは大きい。(2019/4/19)

「ノートルダム大聖堂への寄付」を装った詐欺の恐れ NISCが注意喚起
内閣サイバーセキュリティセンターが、ノートルダム大聖堂への寄付金募集を装ったフィッシング詐欺が起こる可能性を指摘した。(2019/4/17)

「改元」対応に落とし穴あり:
「令和」への改元が目前、経済産業省と日本マイクロソフトがシステム改修への注意を喚起
経済産業省と日本マイクロソフトは、改元に伴う情報システム改修などへの対応に注意を促している。特にシステム間で日付データを文字列で交換している場合は注意が必要だ。(2019/4/17)

「購入した商品をSNSで宣伝すると報酬がもらえる」 国民生活センターが注意喚起
仕組みのよく分からない“うまい話”は鵜呑みにしないようにしましょう。(2019/4/12)

アニメ「ラブライブ!」公式サイトが乗っ取られる 運営はむやみなアクセスは控えるよう注意喚起
4月5日未明から正常に表示されなくなっていました。(2019/4/5)

メルカリ装った詐欺メール出回る 本物そっくりのログイン画面で個人情報狙う
フィッシング対策協議会が、メルカリを装った詐欺メールが出回っているとして注意喚起。メール内のリンクをクリックすると、ログイン画面に酷似したWebサイトに遷移するが、遷移先は個人情報を不正に入手するための偽サイトだという。(2019/4/4)

「新元号キャンペーン」うたうメールにご用心 改元に便乗した詐欺にNISCと通信事業者が注意喚起
文中のリンクは踏まないよう、注意を呼びかけています。(2019/4/4)

OB訪問という罠:
就活生暴行事件を生んだ真犯人
就職活動中の学生と個人的に会い、性的暴行を加えた一流企業社員が懲戒解雇されました。大学のキャリア支援の現場でも学生に注意喚起をしていますが、一方で事件を生む土壌も現在の就活システムには潜んでいるのです。(2019/4/4)

新元号便乗、詐欺メール出回る ソフトバンク・ドコモが注意喚起
「新元号の発表に伴い、ソフトバンクがキャッシュバックキャンペーンを行う」などとかたる偽のメールが出回っているとしてソフトバンクが注意喚起。ドコモ同日、「新元号に伴う料金改正のお知らせ」との連絡を装ったメールが出回っているとして注意喚起した。(2019/4/2)

気付かず閉じ込めてしまうかも…… 引き出しの奥に猫が入り込む可能性についての注意喚起が話題に
これは覚えておきたい。(2019/4/2)

「KODAK」のロゴが入った中国製「レンズ付きフィルム」の偽造品が流通 購入と現像をしないよう注意喚起
偽装品は外装に中国語などが記載されています。(2019/3/30)

「アルバイトにも残業代や有給休暇はつく」 岡山県が若者向け啓発動画でブラックバイトに注意喚起
県が展開しているドラマ仕立てのシリーズ。(2019/3/28)

叶姉妹が“詐欺広告”に注意喚起 ファン守るため収入源明かす「芸能のお仕事以外にも約30年以上前から」
ファンが詐欺広告に巻き込まれないよう、お知らせしたとのこと。(2019/3/28)

「太郎くんは特別だから、40万円にしてあげる」 国民生活センター、「恋愛ゲーム風動画」でデート商法の注意喚起
国民生活センターが「デート商法」への注意を呼び掛ける動画を公開。「実際に自分がデート商法の被害にあっているかのような体験ができる」恋愛ゲーム風動画。(2019/3/8)

酸を使ったフットケア商品の使い方に注意! やけどや痛みの報告も 国民生活センターが注意喚起
約5年間で26件の事故情報が寄せられていました。(2019/3/8)

「ただのフェイクニュース」 恐怖映像で子どもに自殺を促す「モモ・チャレンジ」はデマだった
一部では警察が注意を促すなどの騒動に。(2019/3/4)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
政府のIoT機器調査、無差別の「力業」に踏み切った背景は
政府が、サイバー攻撃に悪用される恐れのあるIoT機器を洗い出し、ユーザーに注意喚起を行う「NOTICE」を始める。なぜ、こうした力業に踏み切ったのか。(2019/2/14)

緑色のイクラのような見た目が人気の「わさビーズ」 転売行為について販売元が注意喚起
一般販売開始からSNSで人気を集め、現在売り切れが続いています。(2019/2/10)

「救急車は“映えスポット”ではありません」「搬送中の写真撮影はやめて」 医師の注意喚起ツイートが話題に
ネット上では「緊急時にそんな余裕があるのか」と驚きの声。(2019/2/9)

国によるIoT機器”侵入”調査、その名も「NOTICE」サイト公開 「不正アクセスではない」と理解求める
弱いパスワードを使ってIoT機器へのログインを試み、ログインできた機器のユーザーに注意喚起する試み「NOTICE」を、総務省が2月20日から始める。「国による事実上の不正アクセス行為では」といった批判もあるが……(2019/2/4)

「Fate/stay night」が15周年 1月30日19時より秋葉原UDXビジョンにてメッセージムービー上映 注意喚起も
15周年をお祝いするファンの声が多く届いています。(2019/1/30)

Android版Twitterアプリで「ツイートを非公開」にしたつもりが公開になるバグで注意喚起
Twitterが、Android版公式アプリでツイートを非公開に設定した後、アカウントの設定を変更すると非公開設定がオフになる問題があったと発表。問題は1月14日に修正したが、非公開設定にしているユーザーに確認を呼び掛けた。(2019/1/18)

PR:注意喚起|LAC WATCH 株式会社ラックの提供する「注意喚起」に関する記事



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。