ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「謝罪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「謝罪」に関する情報が集まったページです。

「里芋とイカの煮物を『芋煮』と呼称していたことに対するお詫び」 スマホゲーム「アリス・ギア・アイギス」の不具合が前代未聞
あまりの事態に芋煮戦争が休戦するレベル。(2019/11/15)

大阪「なんばCITY」1階で自転車集団が暴走する動画が拡散 施設側は「憤りを覚えており、警察に相談する予定」
暴走を行った集団のTwitterアカウントは14日に謝罪ツイートを投稿しています。(2019/11/14)

佐野史郎、放送作家からの謝罪を報告 「あやまちがあれば、そこから学び直すのみ!」と寛容に受け入れ
スタッフから聞いた言葉を、しっかり確認することなく話してしまったとのこと。(2019/11/12)

絵文字の連打が原因か 人気YouTuberのファンが多数アカウント停止 YouTubeが謝罪
人気YouTuberのMarkiplierさんが「YouTubeには大きな問題がある」と訴え。(2019/11/11)

“カノジョ”に会えない「ラブプラス EVERY」、再開時期は未定に コナミが謝罪
サービス開始直後から正常に遊べない状態が続いているスマートフォンゲーム「ラブプラス EVERY」について、コナミデジタルエンタテインメントが謝罪。サービス再開日時は未定で、11月中に告知するという。(2019/11/6)

トレンドマイクロ、海外ユーザーの詐欺被害で謝罪 元従業員が個人情報を第三者に販売
従業員(当時)が個人情報を持ち出し、第三者に提供していたとのことです。(2019/11/6)

アニメ「星合の空」、EDダンス酷似で謝罪 今後は振付師と“協力”
TBSなどが10月から放送しているアニメ「星合の空」で、ネットに公開されているダンスの振り付けを事前の確認なくエンディングアニメーションに利用したとして、製作委員会が謝罪した。(2019/11/1)

アニメ「星合の空」製作委員会、エンディング映像めぐり謝罪 踊り手に事前確認せず
「踊ってみた」動画にそっくりだと指摘されていました。(2019/10/31)

ネットショップ作成サービスのBASE、売上金失効問題で謝罪 「説明が不十分だった」
ネットショップ作成サービスを運営するBASEが、「ユーザーに不利な規約だ」と指摘されている売上金の失効期限について「説明が不十分だった」と謝罪した。(2019/10/30)

「売上金14万円を没収されてしまいました」 ショップ作成サービス「BASE」、“売上金失効”問題で謝罪、今後は改善を検討
「利用者に不利な契約ではないか」と問題視する声も一部では上がっていました。(2019/10/30)

学校の闇とコンプライアンス意識 ハラスメントは光を嫌う原則
神戸市で起きた教員間いじめ問題について、現校長の謝罪会見に続き、暴行事件当時の責任者である前校長もインタビューで「知らなかった」との釈明を行った。学校業界のコンプライアンス意識欠如を如実にさらけ出している。(2019/10/30)

任天堂、「幻影異聞録♯FE Encore」めぐり謝罪 事前の告知に不足や誤り
「幻影異聞録♯FE」の欧米版がベースであることが告知されていませんでした。(2019/10/19)

お客の混乱を回避する狙い:
「100円×3個=301円」問題でセブンが公式に謝罪 見習うべきは「イオン方式」か
「税込100円×3個=301円」問題で混乱が起きたセブン。お客が困惑した根本原因は事前告知が不足していたことだ。ただ、イオンが採用する価格表記を採用する道もあったかもしれない。(2019/10/11)

「ポケモンマスターズ」、プレイヤーの不満に運営が長文謝罪 「バトル中心のゲーム性への疑問」にまで言及する異例対応
「一部の技に、表示された通りの効果がない」などの不具合が問題視されていました。(2019/10/10)

「幼稚な発言だったと思います」 木下優樹菜、実姉のタピオカ店をめぐる発言を謝罪  “流出DM”の真偽には触れず
木下さん「一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」。(2019/10/10)

「自身の未熟さを痛感」「家内からもかつて無い程叱られ」 個性派バイプレイヤー・小手伸也、不倫報道で関係者やファンに謝罪
『週刊文春』が伝えていました。(2019/10/10)

Twitter、2要素認証用の個人データを誤って広告に使っていたと謝罪(停止済み)
Twitterが、2要素認証用に集めたユーザーのメールアドレスと電話番号を誤ってターゲティング広告に流用してしまっていたと報告し、謝罪した。影響を受けた人数は公表せず、謝罪して再発防止に務めると約束した。(2019/10/9)

「人生の師匠に感謝」 小出恵介、明石家さんまへの思いつづる 2017年にさんま役降板、“直接謝罪の日”を回顧
さんまさん優しい。(2019/10/7)

「詐欺レベル」ふるさと納税返礼品に“ほぼ脂身の肉”で批判殺到 宮崎県美郷町が謝罪し返礼品停止を発表
今後については「原因を究明し、対策を講じる」としています。(2019/10/7)

夫が恐喝容疑で逮捕の道端アンジェリカが謝罪 事件発覚後、初めてコメント
10月4日には所属事務所がコメントを発表していました。(2019/10/5)

ライブドアニュース、“相棒で成宮復帰”ツイート削除 「誤解を招く情報を掲載した」と謝罪
ポータルサイトへの批判も。(2019/10/3)

YouTube、チャンネル認証プログラム変更でバッジ剥奪→批判噴出→プログラムを再変更
YouTubeが、これまで登録者数が10万人以上なら取得できた認証バッジ(グレーのチェックマーク)の資格要件を厳しくする。この変更で多数のクリエイターにバッジ剥奪通知を送って批判が高まり、CEOが謝罪。認証プログラムを再修正した。(2019/9/22)

社員がTwitterで差別発言 DeNAが謝罪
DeNAは、同社の社員がSNSの個人アカウントで差別的な表現を行っていたとし、Webサイトに謝罪文を掲載した。「当社は、あらゆる差別についてこれを容認するものではない」としている。(2019/9/19)

社員がSNSで差別的発言、DeNAが謝罪
「当社は、あらゆる差別についてこれを容認するものではありません」とDeNA。(2019/9/18)

9月12日放送の「映像ビックリエイター」で映像無断使用 読売テレビ「当社の制作過程に誤りがありました」と謝罪
読売テレビは関係者に対し、「速やかに直接謝罪したい」としています。(2019/9/13)

「EXIT」りんたろー。が相方・兼近大樹の逮捕歴報道に謝罪 兼近もあらためてSNSを更新、報道に言及
『週刊文春』が報じていました。(2019/9/5)

「個人情報どう使われた?」就活生に広がる不信 リクナビ内定辞退予測問題、データビジネスにも影響
「リクナビ」を利用した学生の内定辞退率を予測したデータが無断で企業に販売されていた問題で、政府の個人情報保護委員会は、サイトを運営するリクルートキャリア(東京)に組織体制の見直しなどについて勧告し、同社が謝罪する事態となった。就職活動中の学生にとっては人生を左右しかねない個人情報が軽く扱われたことになり、成長が見込まれるビッグデータを活用する「データビジネス」にも影響を与えそうだ。(2019/9/3)

意外と悩ましい:
ビジネスの「謝罪」や「お祝い」に何を持参する? 百貨店のプロに聞いてみた
ビジネスの場で欠かせない手土産。「謝罪」や「お祝い」の場で注意すべき点はどこか? 多数の相談に応じてきた百貨店のプロに聞いてみた。(2019/9/3)

週刊ポスト「韓国なんて要らない」特集に批判、編集部が謝罪 作家の連載ボイコットも
特に「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」記事について、誤解を広めかねず、配慮に欠けていたと謝罪。(2019/9/2)

リクナビ問題:
「個人情報どう使われた?」就活生に広がる不信
就職情報サイト「リクナビ」を利用した学生の内定辞退率を予測したデータが無断で企業に販売されていた問題で、政府の個人情報保護委員会は、サイトを運営するリクルートキャリアに組織体制の見直しなどについて勧告し、同社が謝罪する事態となった。(2019/9/2)

テレビ番組でバレエを習う英国王子を揶揄 SNSに抗議のハッシュタグ「BoysDanceToo」、NYでは300人の抗議ダンスも
問題の発言をした司会者は謝罪しています。(2019/8/28)

IT用語解説系マンガ:食べ超(169):
記者会見に出ようとすると、記憶がnullになります
謝罪会見専用のAIを開発したら、煽りを学習していたことが会見中に判明しました。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2019/8/28)

失墜した就活サイトの信頼:
リクナビ、内定辞退率予測サービス問題で謝罪 根本的な問題は「学生視点の欠如」
リクナビを利用する学生の「内定辞退率」を予測して企業に販売していた問題について、同社の小林大三社長が会見を開き謝罪した。(2019/8/27)

「驚かせてしまってごめんなさい」 AKB48横山由依、大東駿介との“コンビニデート”報道を謝罪 絶大な信頼感が伝わる結果に
稽古着が地味すぎて信頼感が増すことに。(2019/8/26)

「マイルドカフェオーレ」の“ストロー穴”復活 謝罪ツイートの背景に何があるのか江崎グリコに聞いた
ストローは復活しない。(2019/8/21)

大麻所持のKenKen被告、JESSE被告が謝罪コメント 「ただただ反省」「今後のことは何も決まっていません」
KenKen被告「お返しできることを考え、実行していこうと強く思っております」。(2019/8/19)

YKK、リクナビの「内定辞退予測」利用で謝罪 「合否判定には一切使用していない」
YKKがリクルートキャリアの「内定辞退率」予測サービスを利用していたと明かし、「学生の皆さまに不安な気持ちを抱かせていることを深くおわびする」と謝罪した。(2019/8/16)

吉野家、「特撰すきやき重」品切れ続出で謝罪 販売は「その日の食材がなくなり次第終了」に
50万食限定商品が、1日ほどで完売。(2019/8/15)

コミケ準備会が謝罪 「長時間の待機で5人救急搬送」「並んでいるのに入場規制解除」に批判
熱中症で倒れる人が出た状況や、あとから来た人が先に入場できるようになっていたことが批判されていました。(2019/8/11)

Twitter、ユーザーの個人データを誤って広告に使用していたと謝罪 現在は修正済み
設定を見直したい場合は、Twitterのホーム画面から「設定→プライバシーとセキュリティ→カスタマイズとデータ」から確認可能。(2019/8/8)

店内で走り回るネズミの動画 ファミマが謝罪、当該店舗は営業休止に
営業再開の可否を検討。(2019/8/6)

リクナビ、就活生の動向データを同意不十分のまま企業に提供し謝罪 サービスは廃止決定
同意を取得するフローの不備がもとで、7983人の学生から適切な同意を得られていなかったとのこと。(2019/8/6)

「小説ドラクエV」作者・久美沙織さん、映画ドラクエ製作委員会を提訴 「主人公の名前『リュカ』を無断で使用された」とクレジット求める
「小説ドラゴンクエストV」作者の久美沙織さんが8月2日、映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」の製作委員会を、長野地裁に提訴した。久美さんが創作した小説の主人公の名前が無断で改変されて映画に使われ、名誉が毀損されたとし、映画に久美さんの氏名をクレジットすることや、謝罪などを求めている。(2019/8/5)

BOOK☆WALKER、8月1日恒例の「竹書房の日」企画忘れ謝罪 後日に漫画の“詫び読み放題”を実施
8月5日19時から翌日の1時59分まで、竹書房の全漫画が読み放題。3日間の半額セールも開催されます。(2019/8/2)

不正ログイン続出の「7pay」、わずか3カ月で終了 セブン&アイHDが謝罪、再挑戦も示唆
7月1日にスタートしたモバイル決済サービス「7pay」が9月30日で終了する。3カ月での幕引きは異例だ。原因はサービス開始直後から相次いだ不正ログインだ。セブン&ワイHDは被害者に謝罪する一方で、キャッシュレス事業への再挑戦も示唆している。(2019/8/1)

専門家のイロメガネ:
吉本興業がテレビ業界から干される日
不祥事で謝罪会見を行えば、ある程度、トラブルは鎮静化するものだが、「グダグダ」「意味不明」と批判された会見によってさらに報道はヒートアップ。今後の吉本は、テレビ局各局から「干される」可能性すらある。そしてその動きはすでに表面化している。(2019/8/2)

宮迫・田村亮の謝罪会見、AbemaTV視聴数は1100万超 19年度最多記録
タレントの宮迫博之さんと田村亮さんが20日に開いた謝罪会見が、AbemaTVの総視聴数1100万を突破した。(2019/7/24)

スピン経済の歩き方:
吉本興業の謝罪会見が、壮絶にスベった理由
吉本興業が謝罪会見で、壮絶にスベってしまった。と言っても、説明の中に気のきいたギャグがなかったとかそういう類の話をしているわけではない。筆者の窪田氏が言いたいことは……。(2019/7/23)

若槻千夏、教師の時間外勤務に関する発言に批判集まる インスタで謝罪「悲しさを覚えてしまった」
「news zero」での発言に批判の声が多く上がっています。(2019/7/22)

専門家のイロメガネ:
「テレビ局が株主だから大丈夫」宮迫・亮の謝罪会見に見る、吉本興業の深刻な勘違い
宮迫・亮の謝罪会見で注目されたのが、「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫」といわれた、という発言だ。これは吉本が「テレビ業界の子会社」のような位置づけに近いことを意味する。事務所を辞めるべきは芸人なのか、それとも事務所幹部なのか? そして甘い対応をすれば、テレビ局にも責任が発生する可能性もあるのではないか?(2019/7/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。