ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「謝罪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「謝罪」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

東京都美術館、トラブルへの対応について謝罪 漫画家・峰なゆかさんが殴られたとツイート
峰なゆかさんが車いすの男性に急に殴られたと報告していた件について、美術館側の対応に批判が集まっていました。(2019/6/17)

YOSHIKI、ジャッキー・チェンとの2ショットに批判殺到で謝罪 「逃亡犯条例」改正問題の余波広がる
余波がここにも。(2019/6/15)

顧客のフォトブックを無断で店頭に展示 ビックカメラ広島駅前店が謝罪
廃棄するべき落丁本をメーカーからのサンプルと誤認したと説明しています。(2019/6/15)

dアニメストア、公式Twitterの不適切な投稿を謝罪 政治について個人的な見解を述べていた
運営は「投稿は当社の見解でない」とし、ツイートを削除しました。(2019/6/14)

YouTubeのCEO、LGBTQコミュニティに謝罪するも「決定は間違っていない」
ゲイのジャーナリストがYouTubeに対し、極右YouTuberの自分への嫌がらせ動画の対策を求めたが、YouTubeは動画を削除しないことについて、YouTubeのCEOがLGBTQコミュニティを傷つけたことについては謝罪したが、削除しない決定は間違っていないと語った。(2019/6/11)

カラテカ矢部、 “相方であり友”入江慎也の「闇営業」騒動を謝罪 コンビ名を残す決意にファン「愛情を感じました」
コンビ愛。(2019/6/9)

「そこらへんのパンチは余裕で受けなれています」 山里亮太、宋美玄の“容姿イジり”謝罪にユーモア含んだ神対応
いい男すぎる。(2019/6/7)

メディア芸術祭、展示作品を紛失して謝罪 ずさんな管理に作者から失望の声も
たんぽぽの綿毛を使ったインスタレーション作品。スタッフがスペアとの取り換え中に、作品を紛失。(2019/6/6)

スーパー戦隊シリーズ“ルパパト”出演者、USJでのマナー違反を謝罪 「ご迷惑をおかけして、本当にすみません」
1日に工藤さんが投稿した画像が物議を醸していました。(2019/6/5)

「ミレーヌおかえりなさい!」 声優・櫻井智、突然の引退から約3年ぶりに活動再開 「全ては、私の責任です」と謝罪も
待ってました!(2019/6/1)

新潟大学、学内で未登録の核燃料物質が発見され謝罪
大学からの点検依頼メールを学生がツイートして話題になっていました。(2019/5/31)

NHK番組で“レンタル家族”事業者がやらせ スタッフに利用客演じさせる
NHKは番組制作過程でスタッフが出演者の問題に気付けなかったとして、謝罪しています。(2019/5/29)

コウカズヤ、妻・上原多香子をめぐるTwitter炎上を謝罪「心から深く反省しております」 劇団は退団処分に
コウさん「本当に申し訳ございませんでした」。(2019/5/29)

幻冬舎、社長の部数公表ツイートを謝罪 「作家の信頼性を著しく損なう言動」
幻冬舎の公式サイトに謝罪文が掲載されました。(2019/5/23)

ダスキンが元ミスド店員の不適切動画について謝罪 厨房の中に入って動画撮影
設備を紹介しながら調理器具などにも触れていました。(2019/5/21)

「違和感には気づいておりました」「反省しています」 藤崎マーケット、読売テレビ「ten.」での“性別確認”コーナーについて謝罪
率直な胸の内をつづっています。(2019/5/14)

読売テレビ「ten.」の一部コーナー放送休止を発表 「人権に関して強く意識すべき放送局である当社がこのような事態を招いた」と謝罪
読売テレビの公式サイトトップにお詫び文を掲載。(2019/5/13)

出品停止勧告騒動のデザインフェスタ、運営が謝罪 今回は「手作り素材・パーツは販売禁止対象とはしない」と発表
既に参加を断念した出展者には返金対応もするとのこと。(2019/5/12)

「令和元年」と「平成元年」を勘違い? 北陸銀行、ATMで「2019」が「1989」と記載されてしまう不具合について謝罪
ある意味レアな現象。(2019/4/29)

「真摯に向き合っていきたい」 「AAA」メンバー、浦田直也容疑者の逮捕をあらためて謝罪 近況報告にファン安堵
ファンからは応援メッセージが届いていました。(2019/4/29)

「あなたの番です」が「あなたの番ナリ」に 民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」が不正アクセス認め謝罪
TVerは不正アクセスの事実を認め、とTwitter上で謝罪しています。(2019/4/29)

「真空竜巻旋風脚」とタイヤに回し蹴り イエローハットが不適切動画で謝罪、撮影は1〜2年前
関与者は6人。うち5人が在籍中とのこと。(2019/4/26)

勝海麻衣さんの盗作騒動で事務所サイトに謝罪文 「元の絵の構図を無断で使用した」
「アーティスト以前に1人の人間としても取り返しのつかない過ちを犯した」(2019/4/26)

ガスト「24日で全国1361店舗まわれば1000万円山分け」企画を中止して謝罪 「事実上不可能」と批判の声
「1時間当たり2.4店舗以上で飲食、25日間、全国で」という条件は無理ゲー。(2019/4/24)

「けものフレンズ」なぜか“場外乱闘”ばかり 第1作でも炎上、第2作は監督が前作監督へ当てこすり
少女化した動物たちが活躍する人気アニメ「けものフレンズ」がネット上の場外乱闘ばかりが目立つ異常事態だ。先日まで放送されていた第2作をめぐり、テレビ東京がプロデューサーのツイッター発言を謝罪する事態も。第1作でもトラブルがあり、炎上ばかりだ。(2019/4/19)

Zaif、「買いあおりメール」で協会から厳重注意 「関心集めたかった」
4月4日にZaifユーザー向けに配信したメールの内容が、仮想通貨の購入をあおるものだったとして、11日に謝罪・撤回した。(2019/4/12)

商品PRイベントで描かれた絵、「他人の作品に酷似」と指摘 大正製薬「真摯に受け止める」
炭酸飲料「RAIZIN」のPRイベントで、モデルで銭湯絵師の勝海麻衣さんがライブペインティングで描いた絵が、他のイラストレーターの作品に酷似しているとネットで炎上。大正製薬はRAIZINの公式Twitterから、作品の写真が含まれる投稿のRTを削除し、勝海さんも謝罪したが、他人の作品を参考にしたかどうかなど、事実関係には言及していない。(2019/3/29)

「新元号『安久』に対応」発表文が話題→即削除 「仮置きのまま公開」と謝罪
「新元号『安久』に対応する検索エンジンのパッチリリースを発表」と題した企業の発表文でネット騒然。動作確認のため仮置きしていた元号をそのまま発表文にも掲載・公開してしまったとし、謝罪している。(2019/3/29)

IT企業の「新元号『安久』に対応」発表文にネット騒然 「仮置きだった」と謝罪
「新元号を知らされていた企業が漏えいしたのでは?」という声もありましたが、新元号を仮置きしていたまま公開してしまったとのこと。(2019/3/29)

「ホットペッパービューティー」広告に“トレス”疑惑 作者には既に謝罪済み
若林稔弥さんの漫画『徒然チルドレン』との類似が指摘されていました。(2019/3/27)

「謝罪を要求されました」 NGT48山口真帆と運営側の“食い違い” 会見へのリアルタイム反論でコミュニケーション不足が浮き彫りに
会見の途中で山口さんがツイートで反論する一幕も。(2019/3/22)

「女性を軽視する内容」 湯布院のユースホステルの投稿めぐり日本ユースホステル協会が謝罪
混浴に関するツイートが批判を呼んでいました。(2019/3/18)

「夫とは別の男性と関係」 後藤真希、不倫疑惑を認め謝罪 夫には“許し受け入れて”もらったと説明
アパ不倫はいけない……。(2019/3/13)

赤江珠緒アナ、ピエール瀧容疑者の逮捕で涙の謝罪 博多大吉「1人で背負わなくてもいい」
リスナー「瀧さん、この涙を裏切るなよ!」。(2019/3/13)

『enzaマガジン Vol.4』が画像間違いで謝罪 Twitterで「コラ画像を使ったのか」の指摘
このコラ画像は少なくとも2018年9月には存在したもの。(2019/3/5)

「東海地震情報」メール誤配信 中部電力が謝罪
3月4日朝、「東海地震情報」と書かれた、事実ではない内容のメールを中部電力が誤送信。「ご迷惑、ご心配をおかけしましたことをお詫び申しあげます」と謝罪している。(2019/3/4)

トヨタが女性に「やっぱり、クルマの運転って苦手ですか?」Twitterアンケート 批判を受けて謝罪
「女性の運転技量が男性よりも劣るかのような不適切な表現がございました」。(2019/3/1)

市立船橋高校が謝罪 合格通知と不合格通知を逆にして送付
作成マニュアルが周知徹底されていなかったことが原因。(2019/2/21)

統計不正問題さなかに「統計の日」標語募集、総務省が謝罪 「重大さ分かっていないと指摘された」
政府による統計不正問題が紛糾中の2月1日、総務省が今年の「統計の日」(10月18日)の標語募集を始めたことに批判が集まり、同省が謝罪した。標語の募集は続ける。応募は3月31日まで。(2019/2/19)

フィフィ、蓮舫議員に怒りのツイート→謝罪へ 児童虐待防止法改正の事実誤認で炎上
蓮舫議員「大手メディアもファクトチェックをせずに記事を配信しているようで…、残念です」(2019/2/18)

タニタ子会社、販売スタッフの不正入手公表し謝罪 「ヒプノシスマイク×タニタカフェ」レア缶バッジ転売騒動
当該の販売スタッフはシークレット缶バッジを選別して購入した点について否認。(2019/2/15)

バカッターの次は「バカスタグラム」? 変わる“バイトテロ”の発火点
「すき家」や「くら寿司」のバイト店員の不適切な動画が炎上し、運営企業が謝罪した。不適切な動画は主にTwitterで拡散されるため「バカッター」と呼ばれるが、今回の動画が最初に投稿されたのはInstagramだった。(2019/2/12)

セブン‐イレブン、従業員の不適切動画を謝罪 「厳正な処分を検討」
当該の従業員は解雇されています。(2019/2/12)

バーミヤンが従業員の“不適切動画”で謝罪 キッチンのコンロの炎でタバコに引火し喫煙
不適切動画発掘の流れが止まりません。(2019/2/11)

カジサックと宇野常寛の「失礼な絡み」騒動、イベント運営が謝罪 急なオファー変更など経緯説明も
梶原さんの意見が気になる。(2019/2/10)

唐揚げを床に……ビッグエコー店員の不適切動画“再炎上” 第一興商、改めて謝罪
昨年12月に炎上した「ビッグエコー」店員の不適切動画が再び拡散。第一興商が改めて謝罪した。(2019/2/8)

ビッグエコー店員がから揚げを床に、謝罪文発表 元動画は2018年以前に投稿
新たにネット上に拡散されたことについては「厳正に対処する」としています。(2019/2/7)

シンガポール発「ティラミスヒーロー」、海外イラストレーターから指摘されたキャラの類似について謝罪
Gemma Correllさんのスタイルを踏襲していたと認め、「不幸と迷惑をもたらしてしまったことを非常に申し訳なく思っています」と謝罪しています。(2019/2/7)

「火事作」「炎と謝罪のミルフィーユ」 キンコン西野、炎上続きの相方・梶原への正論正論アンド正論に反響
直接本人に言ってほしい。(2019/2/6)

ローソン、加盟店の不正行為を謝罪 商品のシールを貼り替え消費期限を延長
埼玉県の2店舗で店内調理商品の消費期限を故意に延長していました。(2019/2/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。