ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「舞台」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「舞台」に関する情報が集まったページです。

「出演者より目立ってる」「スマホ見てないで舞台見ろよ」 客席でスマホを使用する人が舞台上からどう見えるか実験したツイートに共感続出
いいか、スマホの電源はオフだ。分かったな?(2019/5/12)

横浜流星がラップ生披露、浅香航大とのハグに大歓声 映画「チア男子!!」初日舞台あいさつ
浅香航大さんの横浜流星さんへの胸打つ語りは必聴。(2019/5/11)

「まさか推しが磯野カツオになる日がくるとは」 舞台「サザエさん」カツオ役・荒牧慶彦にネットざわつく
カツオが10年後、荒牧慶彦になるとは誰が予想しただろうか。(2019/5/9)

「崎山つばさと鈴木拡樹とか神か」 『幽☆遊☆白書』が舞台化、キャスティングに早くもファンの熱視線
荒木さんのおしゃぶり姿が好き。(2019/5/9)

春高へ向け、激闘必至! ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“東京の陣”公開ゲネプロ
今度の舞台は東京都代表決定戦。(2019/4/27)

初の「春組」単独公演! 満開に咲き誇った舞台「MANKAI STAGE『A3!』〜SPRING 2019〜」公開ゲネプロ
始まりましたー!(2019/4/25)

サイコパスが初の2.5次元に! 主演の鈴木拡樹「早く舞台に上がりたい」、「舞台 PSYCHO-PASS」ゲネプロまとめ
ついに始まる!(2019/4/18)

キュウレンジャーは“お笑い芸人の集団” ツッコミが追い付かないトークが展開された「ルパパト」舞台あいさつ
國島直希さんのサプライズ登壇もありました。(2019/4/17)

ヒロアカが初の2.5次元舞台に! 「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stageはファン納得の完成度
シリーズ化しないかなあ。(2019/4/13)

Sって何だよ! 実写映画「東京喰種」最新作、「東京喰種 トーキョーグール【S】」に
脚本は同作のテレビアニメシリーズや舞台、ミュージカル「刀剣乱舞」シリーズの脚本も手掛けた御笠ノ忠次さん。(2019/4/11)

代アニに「YouTuber科」「2.5次元舞台演出・制作科」……ジャンル急拡大、13学科新設
代々木アニメーション学院は、2020年度から13学科を新設する。YouTuberやVTuberの企画や制作を学ぶ「YouTuber科」や、2.6次元舞台表現や演出を学ぶ「2.5次元舞台演出・制作科」、ゲームプログラミングを習得する「ゲームプログラミング科」など。(2019/4/8)

代々木アニメーション学院が「YouTuber科」新設へ 2020年4月度から
他にも「ゲームクリエイター科」や「2.5次元舞台演出・制作科」など合計13学科を新設する予定。(2019/4/6)

永遠にかわいいな! 小西真奈美、40歳の“すっぴん笑顔”に「美人すぎです」「ノーメイク若い」とファン驚き
舞台で共演する草なぎ剛さんと2ショット。(2019/4/6)

「翔んで埼玉」の都庁前ロケ、「3日間の道路完全封鎖」の迫力
東京が今度は、映画の舞台としても飛躍を遂げようとしている。これまで街頭での大規模撮影では警察や消防などの許可が下りにくかったが、東京観光財団が運営するフィルムコミッション(FC)「東京ロケーションボックス」が支援に乗り出し、次々に都内各地がロケに使われた作品が誕生。最近、「埼玉いじり」で注目を浴びている「翔んで埼玉」(武内英樹監督)でも、新宿区の都庁前の道路が全面封鎖されてロケが敢行された。(2019/4/4)

「新サクラ大戦」今冬発売 キャラデザは『BLEACH』の久保帯人さん
「サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜」から12年後の帝都・東京が舞台。(2019/3/30)

シリーズ初の舞台「『仮面ライダー斬月』-鎧武外伝-」が開演! 久保田悠来「歴史的瞬間を目の当たりにしていただきたい」
迫力のゲネプロ映像も公開。(2019/3/10)

ライダー俳優・上遠野太洸が所属事務所を退所  “チェイス”の決断に「変わらず応援します!」とファンはエール
まずはフリーで舞台出演。(2019/3/6)

「ガルパン戦車」再現した男性 ガルパンも戦車も知らなかったが、「大洗に来るファンに喜んでほしい」と
女子高生が戦車を使った架空の武道「戦車道」を学ぶ人気アニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台として全国からファンが集う茨城県大洗町。そのガルパンに登場する戦車を手造りで再現し、圧倒するスケールと精緻な構造で訪れたファンをもてなしている男性がいる。(2019/3/4)

「ルックス完璧」「10代の可愛さ」 元モー娘。田中れいな、主演舞台「赤毛のアン」ビジュアルに“歴代最高”の声
かっわええええええ!(2019/3/1)

VMwareによるハイブリッドクラウドの実現:
PR:“VMware Cloud™ on AWS”でシンプル&確実なクラウド移行を後押し――TIS×SB C&Sによる検証作業の裏舞台
企業での活用が加速するパブリッククラウド――。これとオンプレミスを組み合わせたハイブリッドクラウドが注目を浴びている。その中でひときわ存在感を放つのが、VMwareとAmazon Web Services(AWS)が共同開発したクラウドサービス「VMware Cloud on AWS」だ。TISとSB C&Sは、企業のクラウド移行を強力に支援するため、VMware Cloud on AWSの事前検証を共同で実施した。(2019/3/11)

芥川龍之介の作品を守るため、太宰治らが立ち上がる 舞台「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌(エレジー)」公開ゲネプロ
ゲネプロの動画もご注目。(2019/2/22)

ヤンデレな軍神が情熱に舞う 舞台「イケメン戦国 THE STAGE 〜上杉謙信編〜」ゲネプロ&囲み取材
ゲネプロと囲み取材の様子を動画とともにお届け。(2019/2/21)

めっちゃ強そう! 舞台版「銀牙 -流れ星 銀-」のメインキャラ5人がまさに“犬(おとこ)”
明かされていない赤カブトのビジュアルが気になる。(2019/2/21)

元FREETEL増田薫社長が語る「経営破綻の理由」と「変態スマホへの思い」
端末メーカー、MVNOのプラスワン・マーケティングが2017年に破綻。社長の増田薫氏は自己破産を申請し、表舞台から姿を消した。その増田氏が、TAKUMI JAPANとして事業を再開。経営破綻の反省をどう生かし、今後どのような方向に進んでいくのか?(2019/2/20)

市民を盾にして最後まで生き残れば勝者! サメ映画が舞台の「モノポリー」=「サメポリー」登場
「市民はサメから市長を守る盾」。実にサメ映画。(2019/2/13)

映画「キャプテン・マーベル」公式サイトが古典的で懐かしい 「ロゴが虹グラデ」「過剰なGIFアニメ」
本編は1990年代が舞台。(2019/2/12)

冴羽リョウのセリフに大歓声! 神谷明らメインキャストが集結した「劇場版シティーハンター」公開記念舞台あいさつ
「俺を呼んだのは、“君たち”だろ?」。(2019/2/10)

「ドイツ勢を見てみろ」:
「スープラ」復活を渇望したのは豊田章男社長だった その思いとは……
17年ぶりに表舞台に帰ってくる人気車種「スープラ」。その復活を誰よりも強く望んでいたのは他でもない、トヨタ自動車の豊田章男社長だ。いま自動車業界は自動運転や電動化が進むなど「100年に一度」と言われる大変革期を迎えているが、時代に逆行しているようにも思えるピュアスポーツカーの復活劇には、どんな思いが込められていたのだろうか――。先月開催された東京オートサロン(TAS)のトークショーで、友山茂樹副社長らが披露したエピソードを交えながら紹介する。(文・写真 大竹信生/SankeiBiz編集部)(2019/2/7)

都道府県擬人化漫画『四十七大戦』が舞台化! 鳥取県知事もコスプレして応援「全国を制覇できるんじゃないか」
2019年10月下旬〜11月上旬に掛けて、東京と鳥取の2会場で上演されます。(2019/2/3)

「秋組」「冬組」も見事に咲き誇る! 舞台「MANKAI STAGE『A3!』〜AUTUMN & WINTER 2019〜」囲み&ゲネプロ
公開初日の囲み会見とゲネプロの様子をお届けします。(2019/2/1)

「PSYCHO-PASS サイコパス」初の舞台化! 完全オリジナルのスピンオフ作品を2.5次元俳優、鈴木拡樹主演で
4月に東京で、5月に大阪で上演。(2019/1/19)

舞台「逆転裁判 -逆転のGOLD MEDAL-」は“異議なし”のクオリティー! ゲネプロを動画と写真でお届け
物語の舞台は、世界のスゴ腕弁護士・検事たちが競い合う「国際司法オリンピック」。(2019/1/17)

こうして「平成最後のコミケ」は始まった 知られざる舞台裏「コミケ0日目(設営日)」に密着してみた
コミケ前日に何が行われているか、見て来ました。(2019/1/1)

平成仮面ライダーが初の舞台化! 舞台「仮面ライダー斬月」-鎧武外伝が2019年3月に、スタッフも再集結
主演も、仮面ライダー斬月・呉島貴虎役だった久保田悠来さんに。(2018/12/26)

乙女がむせび泣いてしまう! 柊あおい『星の瞳のシルエット』が新連載、舞台は20年後
コミックタタンで12月28日からスタート。(2018/12/25)

「全力で向き合っていきます」 山本裕典、舞台&映画主演で2年ぶりの俳優復帰を発表
山本さん「いただいたお仕事を1つ1つ丁寧に」。(2018/12/21)

バブル期を象徴する経済事件:
イトマン事件OB激白「裏側伝えたい」
大阪の中堅商社イトマンを通じて3千億円が闇社会に消えたとされる平成3年のイトマン事件。バブル期を象徴する戦後最大の経済事件といわれたが、平成も終わりに差しかかり、当時の関係者の多くが表舞台を去り、社会からその記憶が薄らぎつつある。「生きているうちに事件の舞台裏を伝えたい」。同社常務として社長の電撃解任などの節目に立ち会い、現在は大阪市内の会社で役員を務める傍士倶明(ほうじ・ともあき)氏(82)が、マスコミに初めて体験を語った。(井上浩平)(2018/12/20)

「ありがとね。烏野高校排球部」 舞台「ハイキュー!!」を卒業した須賀健太、“仲間”とのクールな集合写真にファン感動
約3年間、烏野高校排球部の日向翔陽を演じました。(2018/12/18)

100年前は“激アツ”だったのか? 「宝塚歌劇」最初の公演はまさかの“あの童話”
どんな舞台だったんだろう……。(2018/12/19)

舞台は前作の約10年後 “攻殻”新作アニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」、Netflixで2020年配信決定!
きたぁぁぁ!(2018/12/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
この冬話題の鉄道映画2本! 描かれたのは「地方鉄道」が果たす役割
この冬、地方鉄道が舞台となった映画が2本公開された。どちらも女性が主人公で「家族」をテーマにしている。もちろん、地方鉄道の現状の様子や美しい風景などもふんだんに盛り込まれている。この機会に楽しんでみては。(2018/12/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“あの事件”の舞台・新潟県十日町市で味わう自然 「サンクス・ツーリズム」のススメ
首都圏に住む人々は新潟県十日町市に借りがある。かつてJR東日本が「事件」を起こしたが、7年前には電力不足を救ってくれた。できれば観光に行こう。暮らしを支えてくれる地域に感謝して訪ねる「サンクス・ツーリズム」を提案したい。(2018/11/16)

アニメ「けものフレンズ2」の新ユニット「Gothic×Luck」が誕生 ユニット名は“極楽鳥”をモチーフ
11月8日からの舞台「『けものフレンズ』2〜ゆきふるよるのけものたち〜」でデビューします。(2018/11/5)

「カメラを止めるな!」の原案舞台DVD、突然発売中止に 発売元「(DVD化は)映画との問題を解決してから」
どうなっているのでしょうか。(2018/11/2)

Acer、賞金総額40万ドルの国際e-Sportsトーナメント国内予選を開催 11月5日からエントリー受付
Acerは、アジア地域を舞台にした国際e-Sportsトーナメント「Predator League 2019 Asia Pacific」の開催を発表した。(2018/10/31)

「ただいまだよ」 大島優子、30歳を迎えて表舞台復帰を報告 ファンからは歓喜の声
おかえり優子!(2018/10/23)

東北ずん子の3Dアニメ制作プロジェクトが開始から24時間以内に達成 ファミレスが舞台のショートアニメ
コツコツ作って長く続けることを目的としています。(2018/10/19)

資生堂、45年来の舞台用化粧品を生産終了 「売上が限られていたため」
愛用者から生産終了を惜しむ声が出ています。(2018/10/12)

投げキッス&ダンス&MCまで 吉沢亮が映画「あのコの、トリコ。」初日舞台あいさつで魅力を全解放しファンを“トリコ”にしまくる
会場に響き渡る黄色い声援。(2018/10/6)

不朽の名作『麻雀放浪記』が35年ぶりに再映画化! 斎藤工主演で“2020年の未来”を舞台にした完全新作に
大胆に設定変えてきた。(2018/10/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。