ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人生」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「4カ月の里帰り中に父親としての自覚がなくなった」? 朝帰りを繰り返す夫に、離婚を考える相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
付き合って4カ月で結婚し、すぐに妊娠。長女を出産して1カ月、結婚11カ月目で早くも離婚話。(2020/1/20)

人生ギリギリ刑事、ヤクザの捜査中になぜかフライドチキン屋で大成功 映画「エクストリーム・ジョブ」は見るフライドチキン
実は韓国で2019年最大のヒット作。(2020/1/19)

好きなアイドルの1分1秒が私の人生には必要なんです! 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」1話 愛ゆえの暴走が止まらない
君は人生を賭けてアイドルを推せるか?(2020/1/16)

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第5回「SSS by applibot」:
絵を描くだけだったのが、ものを作るようになった 高木正文&BUNBUN&米山舞インタビュー
三者三様の人生曲線。(2020/1/15)

「娘が、孫に尋常じゃない叱り方をしている」悩みに潜んだ相談者のトラウマ 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
娘が孫を叱る声で、夫から受け続けてきたDVの日々がフラッシュバック。(2020/1/14)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
国の支援も手遅れ……「就職氷河期第一世代」の女性が味わった絶望とは
今更ながら国が支援を始めた就職氷河期世代。その女性たちが味わった就職や仕事の苦難は実は多様だ。「第一世代」の女性は果たしてどんな人生をたどったか?(2020/1/6)

【第1回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「人生の“選択”には意味がない」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長の経営哲学
2020年がいよいよ幕を開けた。年初にふさわしい企業経営者のインタビューを前後編でお届けする。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長だ。前編ではOWNDAYSが海外に進出する際に何を重視していたのか、なぜ日本企業の海外進出は奏功しにくいのかを聞いていく。(2020/1/3)

「仮面ライダーX」速水亮、自宅で倒れる 現在は回復も「ここで俺の人生も終わりか…」と“命の危機”を回顧
とりあえず無事でよかった……。(2019/12/30)

「施設に入れる金を出せ」「死んだら喪主をしろ」死んだ夫の母や姉たちと縁を切れるのか? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
姻族関係終了届、効果ある?(2019/12/31)

森昌子、48年の芸能人生の終止符 「とても幸せな歌手生活でした」と最後のメッセージを届ける
長い間おつかれさまでした!(2019/12/28)

徹底したデータ分析と社員教育でリピーターは驚異の「9割」 人生変えるストレッチ
急成長を遂げているストレッチ専門店。“イタ気持ちいい”施術の裏には、徹底したデータ分析と社員教育があり、なんとリピーター9割という驚異的な数字に結びついている。(2019/12/25)

Uberの共同創業者で前CEOのカラニック氏が取締役を退任「人生の一部だった」
Uberの共同創業者で前CEOのトラビス・カラニック氏が12月31日付で取締役を辞任する。既に保有していた株式をすべて売却しており、今後は現在CEOを務めるデリバリーサービス支援企業CSSと慈善事業に専念する。(2019/12/25)

PR:リステリンのCMがお口のトラブルどころか人生のいろんな問題をトータルケアしすぎている件
編集部でも実際に試してみました。(2019/12/25)

義母の窃盗癖に怒りが収まらない相談者「万引きを繰り返す義母をどうしても好きになれない」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者は、自分の問題を義母の万引きに押しつけている?(2019/12/23)

マルフォイ&ハーマイオニー&ネビルらが勢ぞろい! ホグワーツなクリスマス会が大人の魅力マシマシ
「これをずっと待ってた」「泣いた」「私の人生」「天国!」などの反応が。(2019/12/19)

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」デュボア監督インタビュー 完結編は「2人の人生に訪れる、避けられない変化」の物語
ついに「ヒクドラ」が日本のスクリーンに帰ってくる! (2019/12/19)

妻を殴って離婚を切り出された相談者「900万円の慰謝料は妥当?」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「その時にちょっと女房殴ったもんですから」相談内容は金&暴力!(2019/12/16)

Pichai氏がAlphabetのCEOを兼任:
Google創設者のBrin氏とPage氏、46歳で退任
Googleの共同創設者であるSergey Brin(セルゲイ・ブリン)氏とLarry Page(ラリー・ペイジ)氏が、同社の親会社であるAlphabetの役員職を退任した。両氏は46歳で、退任は両氏にとって新たな人生の幕開けとなる。(2019/12/16)

「人生やり直せるならあいつとは絶対結婚しない!」→本当にやり直した結果 やり直せたとしても変わらない、大切な何かを描いた漫画
やり直したって変わらないものが。(2019/12/16)

YouTuberの企画“聖夜にデリヘル嬢と一晩過ごす様子を動画化”が「人として最低」と批判殺到 怒り心頭のデリヘル代表者に取材
「一歩間違えれば誰かの人生を破壊していた」と怒りをあらわにしました。(2019/12/14)

追い抜きざまに「え? お前みたいなもんが?」て顔された “免許取りたてでシャコタンに乗ることになった”漫画が面白い
人生は思いがけないことの連続だ。(2019/12/13)

人はなぜ“将棋”に人生を捧げるのか 最長手数の詰将棋「ミクロコスモス」(1525手詰)作者に聞く「詰将棋と向き合ってきた40年間」
登場当時、コンピュータでも解けなかった超長編詰将棋はなぜ生まれたのか。(2019/12/24)

こんなにうれしそうなYOSHIKI見たことない! “人生変えた”バンドKISSとの共演、歓喜のXポーズも披露
YOSHIKIのロックの扉を開いたKISSの音楽。(2019/12/12)

日常に抵抗無く忍び込む“倫理”:
断捨離で人はなぜ“人生リセット”したがるのか――「自己啓発と意識させない自己啓発」ブーム
息の長いブームが続く断捨離、「片付ければ人生も変わる」という言説が多い。筆者はそこに巧妙な「自己啓発」のメソッドをみる。(2019/12/12)

「同期のサクラ」このドラマが持つメッセージは何なのか? 「自分の人生だけでいっぱいいっぱい」の残酷な展開に救いはあるのか
寄り添うべきサクラに依存し、尻を叩き続ける同期4人……。(2019/12/11)

【漫画】人生に疲れたお姉さんが拾ったのは「馬タクシー」 不思議で尊いハッピーエンドに「好き」「優しい世界」
4ページに人生と癒やしと尊さが詰まってる……。(2019/12/11)

就活も授業もバイトもこなし、自由に生きる娘にコンプレックスを抱く母親「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「ダーツバー」を知らない3人によるボンヤリ相談。(2019/12/9)

「ずっと探してる人がいるんです」 探している人と探されている人、2人の人生を4ページに凝縮した漫画が奥深い
お話に引き込まれます。(2019/12/9)

CLT:
晴海に隈研吾氏が監修した「CLTパビリオン」が誕生、1年後には産地の真庭市へ移築
東京都中央区晴海に国産材活用のシンボルとなるパビリオンが誕生した。CLTを680立方メートル使用した木の現しが特徴的な建物は、隈研吾建築都市設計事務所がデザイン監修したもので、これまでCLTの一般的な用途だった壁や床ではなく、梁として使用されている。解体後に移設・再築が可能な構造で設計されており、1年間の運用後には、木材が生産された岡山県真庭市で建築物として第2の人生を送るという。(2019/12/6)

就活だけでなく就職後も苦労……:
「世代間格差」が明らかに? 人生、仕事への満足度、ともに「氷河期世代」が突出して最低 対照的に満足度が高かった世代は……
PGF生命が「人生の満足度に関する調査2019」の結果を発表した。人生、仕事とともに「就職氷河期世代」の40代が突出して低かった。つらい時代を乗り越えて就職しても、その後の満足度が低くとどまっているようだ。対照的に、両方とも高い満足度を感じている世代は?(2019/12/5)

たぶん世界初の“1200キロをロードバイク・90時間で駆ける腐女子”だと思います 『弱ペダ』で変わったあるオタクの人生
「パリ・ブレスト・パリ(走行距離約1200キロ)」を完走した腐女子・PEKOさんにインタビューしました。(2019/12/18)

人生設計をサポート:
新しくなった東急プラザ渋谷は「アクティブシニア」に支持されるか
東急不動産は12月5日、東京・渋谷駅西口の再開発ビル「渋谷フクラス」の中核商業施設「東急プラザ渋谷」をオープン。“成熟した大人たち”を主なターゲットとして、「人生100年時代」を見据えたライフスタイルを提案する店舗を展開する。(2019/12/3)

窪塚洋介&PINKYがハワイで挙式 青空の下、タキシード&ウエディングドレス姿で見つめ合う2人に「ステキすぎ」の声
「愛と幸せに満ちた人生をこれからも共に歩んでいきましょう」とPINKYさん。(2019/12/3)

「マゾゲー」が教えてくれた大事なこととは? へたくそなゲーマーの挑戦を描く漫画に共感の声
挑んだゲームは「Bloodborne」。つまりフロムは先生で、フロムゲーは人生だった?(2019/12/7)

「生んだのは夫の子ではない」と最後まで隠し通すべきだったのか? 電話口で泣く赤子の声が悲しい「テレフォン人生相談」先週のハイライト
他人の子を身ごもったまま結婚した相談者。(2019/12/2)

「女ってやつは」「男ってやつは」 幼なじみ夫婦の人生をそれぞれの視点で描いた漫画に涙腺崩壊する人が続出
2人はいつもいい関係。(2019/12/2)

売り上げは9年でおよそ100倍:
人生100年時代の到来 「30年ぶり現場復帰」の美容師が活躍する急成長美容院
美容院業界の課題「休眠美容師」。うまく活用して売り上げを伸ばし続けている美容院がある。研修制度や現場の効率化を果たし、働いている美容師の半数以上が休眠美容師だ。中には30年ぶりに現場復帰した美容師もいる。(2019/11/29)

倒れた夫のカバンから風俗のカード15枚! 相談者は夫を介護できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
疑心暗鬼の相談者を今井通子の一言が救う。(2019/11/25)

「人生初のサプライズでカッコいい」 エハラマサヒロが結婚10周年、“夫婦2ショット”入り特大ケーキを贈り妻を感涙させる
大成功のサプライズ。(2019/11/21)

金を扱うオリジナル版ゲームも開発:
1億5000万円の純金製人生ゲーム、“真の狙い”は? 「老後2000万円」問題でサービスも注目
田中貴金属工業は、時価総額1億5000万円相当の「純金製人生ゲーム」を公開。主力商品「純金積立」への理解を広めたい考え。同社オリジナル版の人生ゲームも制作しており、家族で楽しみながら資産としての金の価値を知ってもらうきっかけにする。(2019/11/20)

相談者は妻を殴って勾留10日間のDV夫 アドバイスは意外にも「離婚しない」方向に……?「テレフォン人生相談」先週のハイライト
暴力は振るうけど、犬の世話も家事もやる「言うことない夫」だと。(2019/11/18)

「一度きりの人生、どこまでも行くよ!」 NICO Touches the Wallsが活動終了を発表、ファンから悲しみの声
突然すぎるよ……。(2019/11/15)

「貴方の人生の半分を一緒に過ごしている」 梨花、6歳年下の夫と出会って20年を報告
長い付き合いだ。(2019/11/13)

娘「テレフォン人生相談に電話して!」 毒親の自覚なき相談者にアドバイスは響いたのか?「テレフォン人生相談」先週のハイライト
YouTube「毒親の講座」を見させられて逆ギレ。(2019/11/11)

日本の「はんこ文化」が逆風 デジタル化の対応苦慮
 日本社会に根付く「はんこ文化」が逆風にさらされている。土地購入や婚姻届といった人生の節目で必要な印鑑だが、最近は手続き簡略化のために「脱はんこ」を推進する企業も。国も行政手続きをオンライン化する「デジタル手続き法」を成立させるなど、ペーパーレスでの効率化は時代の流れだ。一見、相反するデジタル化とはんこ。両立できるのか。(桑村朋)(2019/11/8)

生後5日で里子に出した13歳の娘からの「会いたい」という連絡 うろたえる相談者の本音は……「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「会いたくない」。(2019/11/5)

「未来が楽しそうでない」回答も:
人生100年時代「望んでない」割合は? 20代は8割が“生きづらい”世の中に
ビッグローブの調査によると、7割以上が“人生100年時代”を「望んでいない」と回答。「自分に介護が必要になる」「未来が楽しそうではない」などが理由。また、若い世代ほど現在の世の中を「生きづらい」と感じているという結果になった。(2019/10/31)

堀江貴文の『捨て本』【後編】:
ホリエモンが語る「修業期間」を真っ先に捨てるべき、これだけの理由――職人ではなく「経営者」になれ
本当にそれは必要ですか? 経営者としての「ホリエモン流」人生哲学。ビジネスにまつわる「捨てる」ことの意義を、3回に分けて紹介していく。後編は修業期間というものがいかに無意味かに加えて、経営者視点に立つことの重要性をお伝えする。(2019/10/28)

「人生を変える訪問になりました」 博物館のアトラクションカメラで乳がんを偶然発見
博物館の責任者も予想しなかった出来事です。(2019/10/30)

川田裕美アナ、大阪出身の一般男性と結婚発表「力を合わせて楽しい人生を」 青木源太アナ、辛坊治郎らが祝福メッセージ
川田ちゃんおめでとう〜〜!(2019/10/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。