ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「仕事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仕事」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

大差付けられた:
後発「ジャンプ」大躍進 「マガジン」意地の再逆転
田中万里子(まりこ)(83)は「週刊少年サンデー」創刊(昭和34年)時のメンバー。13人の編集部員中、ただ1人の女性だった。「事務と読者のページ(投稿欄)、科学のコーナーを担当しました。当時、各出版社にあった『少年社員』制度で、仕事をしながら夜間高校・大学を卒業したのです」。田中の小学館入社は26年、そのころ姉妹会社の集英社は同じ社屋にあり、社員採用も労働組合も同じだった。「たまたまですが、サンデー編集部で私の隣席は集英社社長の親類の方でしたよ」(2019/4/19)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
“天才写真家”を次々と発掘 業界に風穴空ける女性創業者の「目利き力」
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2019/4/19)

ビジネスの健全化を促す
「AIで仕事がむしろ増える」は本当か 第3の選択肢について語ろう
AI技術による自動化は、従業員の仕事を奪う代わりに、別の仕事を増やす可能性がある。それはどういうことなのか。(2019/4/18)

水10「白衣の戦士!」にネット大荒れ 「ナースのお仕事」的王道コメディーテイストは吉とでるのか心配している
あまりにも「ナースのお仕事」。今にも「あ〜さ〜く〜ら〜!」が聞こえてきそう。(2019/4/17)

火10吉高由里子「わたし、定時で帰ります。」  無茶苦茶ブラック上司に立ち向かえ! 「定時で帰る」vs「死ぬ気でやろう」のお仕事ドラマ
「敵」はユースケ・サンタマリア? それとも向井理?(2019/4/16)

タイムアウト東京のオススメ:
旅気分は車内で味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/4/16)

ノルマのきつそうな会社は嫌:
20年卒学生はどんな会社で働きたい? 「やりたい仕事ができる」よりも……
マイナビが2020年卒業予定の学生に就職意識調査を実施した。「どんな会社で働きたいか」という項目では、これまで19年間トップだった「自分のやりたい仕事ができる会社」が2位に転落。1位になったのは……。(2019/4/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(52):
つまらない仕事にアサインされて“やさぐれる”前に
「別に、やりたいことがないから」と上司に何もアピールしないのは、ひょっとしたら「つまらない仕事でも何でもやりますよ」とアピールしているのと変わらないのかもしれません。(2019/4/10)

“22歳差婚”の大浦龍宇一、妻と15歳息子がゲームで遊ぶ姿に幸せかみしめる 「仕事後の眠さも吹っ飛びます」
結婚後の生活も順調のようです。(2019/4/9)

タイムアウト東京のオススメ:
ミニマルに生きる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/4/9)

就活でも超人気! 「コンサル」とはどんな仕事なのか?
名前はよく聞くけれど。(2019/4/8)

恵まれた環境:
仕事のストレス度が低い都道府県ランキング、1位は?
ストレスをあまり感じていないのは、どこで働いている人たちなのか。「キャリコネ」のユーザーによる「仕事のストレス度評価」(5点満点)の平均をランキング化したところ……。(2019/4/8)

有給を取ったのに気が休まらない…… 仕事がちらついて休日を楽しめない人の漫画がつらい
共感する人も多いですが、「自分1人くらいいなくても業務は回ると思って気楽に」といった声もみられます。(2019/4/8)

Google、AI倫理諮問委員会「ATEAC」解散 メンバーに問題ありとの反対を受け
Googleが、AI倫理原則順守目的として3月末に立ち上げた外部諮問委員会ATEACを早々に解散する。メンバーとして反LGBTQ発言を繰り返す保守系シンクタンクの所長やかつて米軍からドローンの仕事を請け負った企業のCEOを指名したことに内外からの批判が高まっていた。(2019/4/5)

モバイルdeワークスタイル変革:
移動に費やす時間を短縮! 社会人なら知っておきたい交通関連モバイルサービス3種
「仕事の効率化」とは「時間短縮」だと思っている人も多いだろう。とりわけ重要なのは「事務作業」や「移動時間」の短縮だ。今回は、移動時間の短縮に資するサービスを3つ紹介する。(2019/4/5)

サダタローの「お仕事サボったろー」:
息抜きしたい漫画家、入場料があるオシャレな本屋「文喫」に迷い込む
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールを試していく、そんな連載です。(2019/4/5)

腰痛持ちの救世主になるか? 机に置くだけで立ったまま仕事ができる「デスク用昇降台」をキングジムが発表
「健康経営」推進を受けて。(2019/4/3)

「平成」から「令和」にクルッ 針金を使ったトリックアートに「すごい芸術」「仕事の早さにも感動」
すごい!(2019/4/2)

「仕事が原因で離婚したい」と思われる夫、1位は「年収1500万円以上」 その理由は?
20〜40代の既婚女性600人に「離婚したくなる夫の仕事」についてリスクモンスターが調査を実施。その結果は?(2019/4/2)

「仕事のストレス度が低い都道府県ランキング」1位は……
温暖な気候も関係ありそう。(2019/4/2)

タイムアウト東京のオススメ:
ベトナムのファストフードにハマる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/4/2)

ゴールデンボンバー、新元号ソング「令和」を爆速発表! 「紅白決定」「時代の幕開け感がすごい」と大反響を呼ぶ
仕事早すぎるって!(2019/4/1)

新元号「令和」を発表する官房長官、いらすとやがさっそくイラスト化
仕事の早さに驚いているうちに、「令和」の説明をする首相までイラストに。(2019/4/1)

いらすとやに「令和」のイラスト 「仕事早すぎ」と話題
フリー素材サイト「いらすとや」に新元号「令和」に関するイラストが追加された。(2019/4/1)

やっぱり給料:
入社の決め手は? 平成元年組と30年組で違い
平成元年に入社した人と、平成30年に入社した人――。仕事に対する考え方にどのような違いがあるのだろうか。会社に入社した決め手を聞いたところ……。スタッフサービス・ホールディングス調べ。(2019/3/30)

目に見える自動化と、目には見えない自動化の違い
人間、チャットbot、協働ロボットが共存する労働環境に必要な管理スキルとは
チャットbot、協働ロボット、人工知能(AI)が仕事に及ぼす影響、そしてデジタルな労働力が人間の職場に混在する環境には新たな管理スキルが求められる理由について、エキスパートに話を聞いた。(2019/3/29)

夫の仕事、妻の半数が不満 「給料低い」が理由トップ
世知辛い。(2019/3/28)

叶姉妹が“詐欺広告”に注意喚起 ファン守るため収入源明かす「芸能のお仕事以外にも約30年以上前から」
ファンが詐欺広告に巻き込まれないよう、お知らせしたとのこと。(2019/3/28)

Mostly Harmless:
AIに仕事を奪われないために、私たちにできる唯一のこと
AIの台頭が著しい昨今、AIに仕事を奪われないためにはどんな心構えが必要なのでしょうか。(2019/3/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
仕事の成果は、最も弱いスキルに影響される
最も弱いところを守ると、強くなる。(2019/3/28)

月収100万円を稼ぐ女子大生のお仕事って?
女子大生のお仕事も情報化・IT化。(2019/3/26)

地方発26歳女性プロゲーマー「たぬかな」さんに聞く(上):
ゲームが「部活」だった
格闘ゲーム「鉄拳」専門の女性プロとして世界で活躍しているのが、たぬかな選手(26)だ。「好きなこと」を仕事にした女性プロのパイオニアの素顔は、堅実に未来を見据えて技を磨く、ストイックな女性だった。(2019/3/26)

タイムアウト東京のオススメ:
新宿をディープに散策する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/3/26)

キャリアニュース:
仕事に関する学習――70%が「取り組んだことがある」
「エン転職」が「社会人の学習習慣」についてのアンケート調査結果を発表した。仕事に関する学習に「取り組んだことがある」と70%が回答し、学習をしたことで「自分に自信が持てた」「仕事の幅が広がった」と考えていることが分かった。(2019/3/22)

「音に殺される」 ブラックな仕事で聴覚過敏になった実体験を描いた漫画 「本気でダメだったら逃げて」が胸に刺さる
聴覚過敏(感覚過敏)は誰にでも起こりうる。(2019/3/21)

タイムアウト東京のオススメ:
昭和レトロでそろえる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/3/19)

仕事に使える“皇帝の印鑑” バンダイ、横山光輝「三国志」をカプセルトイに
「むむむ」「しかしそこをなんとか」「ことわる」。横山光輝さんの漫画「三国志」をモチーフにしたカプセルトイが登場。(2019/3/18)

もう失敗したくないあなたへ:
PR:仕事で使うソフトウェア・クラウドサービスを利用者視点で丸裸にするレビューサイトが好評なわけ
仕事に便利なソフトウェア・クラウドサービスが急増する中、どれを利用するかで悩むビジネスパーソンは多いはずだ。それもそのはず、ツール選びに役立つ情報は実は極めてまれで、そのことが導入の失敗につながっていた。こうした課題を解消しようと登場したのが、ソフトウェア・クラウドサービスに対する“口コミ投稿”をユーザー側の視点でとりまとめたITレビュー(口コミ・評判)サイト「ITreview」だ。果たしてどのようなものなのか?(2019/3/18)

PR:ツールで会社も仕事の質も変えられる シスコの“無償”コラボツール「Webex Teams」がビジネスで本当に使える理由
(2019/3/18)

「テレワーク=サボり」と疑う上司:
働き方改革を「やってよかった」は少数派。「元のままでいい」「やらされている」と現場が感じる理由
リクルートマネジメントソリューションズがこのほど、「働き方改革が成果につながっている企業は少ない」との調査結果を発表。同社の研究員とコンサルタントが、その要因を解説した。「残業をしてはいけない」などという型を押し付けているだけで、企業の仕事内容や評価制度を変えない企業が多いためという。(2019/3/15)

サイバーセキュリティに特効薬なし
Windows Sandboxで実現する使い捨て可能なアプリ実行環境 利便性とリスクは?
Microsoftの「Windows Sandbox」は、使いやすいサンドボックスツールだ。この機能は、IT担当者やユーザーの仕事を楽にするかもしれない。しかし企業にはセキュリティの問題をもたらす恐れがある。(2019/3/15)

PR:「15分の昼寝」で仕事の質が変わる 寝具の西川が提案する、眠りの働き方改革とは
(2019/3/15)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
男女雇用機会均等法の「第1期生」 キリンで子会社社長に上り詰めた女性に学ぶ仕事術
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2019/3/14)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(51):
仕事はツラいが、何とかしたい
生活のため、お金を稼ぐために働いていただけで、「仕事が楽しい」とは思ったことなどありませんでした。(2019/3/13)

レイザーラモンRG、想像上回る完成度のゴーン&弁護人モノマネにファン「予想できなかった」「見事な二役」
仕事が早い。(2019/3/12)

タイムアウト東京のオススメ:
伝説の店を訪れる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/3/12)

特選プレミアムコンテンツガイド
スマホ1台で仕事ができる 仮想デスクトップの想像を超える新機能とは
スマートフォン画面の大型化が進み、ビジネスの現場でスマートフォンを本格的に活用することが現実的になっている。デバイスだけでなく、モバイルワークに有用な製品やサービスが進化しているためだ。(2019/3/12)

Chatworkが月曜朝から一時ダウン、利用者のやる気を奪う
ビジネスチャットツール「Chatwork」11日午前9時過ぎごろから一時的につながりにくい状態に。ユーザーからは、「このタイミングはキツい」「仕事にならないのでもう帰りたい」といった声も。(2019/3/11)

フルカイテン・瀬川直寛社長:
世のために生きたい トップ営業マンの地位を捨てて起業するも3度の倒産危機、そこから漂着した世界とは?
世の中の人たちにとって役に立つ仕事がしたい。そう思って起業した瀬川直寛さんは3度の倒産危機に直面した。しかし、その苦境から新たな事業の種が生まれたのだった……。(2019/3/11)

PR:全ての会社員の夢「有給取り放題」を実現 株式会社ゆめみが社員に手厚すぎる理由が深かった
「給料を自分で決める」「あらゆる勉強代は会社が全額負担」「仕事しながら世界一周可能」など夢みたいな話が聞けました。(2019/3/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。