ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「評価」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「評価」に関する情報が集まったページです。

産業動向:
多様な再エネ熱を熱源としたヒートポンプシステムの実証試験を開始、NEDO
NEDOは、鹿島建設とゼネラルヒートポンプ工業ともに、「再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発」の事業で、愛知県大府市の豊田自動織機大府工場に「天空熱源ヒートポンプ(SSHP)システムを設置し、実証試験を進めている。今回の実証試験では、鹿島建設とゼネラルヒートポンプ工業が、日建設計総合研究所と東海国立大学機構 名古屋大学と共同で、SSHPシステム運転データの収集・解析に取り組む。さらに、システムの実証運転を通して、試験で活用するSSHPと給湯用ヒートポンプチラーの効率とシステム全体の性能評価を行い、機器容量の最適化でイニシャルコストの低減を実現し、運転制御の高効率化でランニングコストの低減を達成して、実用化に向けた技術の確立を目指す。(2022/1/17)

施工:
「後施工部分スリットによる柱の耐震補強工法」が適用範囲拡大、2方向スリットを追加
長谷工コーポレーションは、ロンビックジャパンとともに、完全スリットと同等の耐震補強効果が得られる「後施工部分スリットによる柱の耐震補強工法」で適用範囲の拡大を行い、日本建築防災協会の技術評価を更新した。後施工部分スリットによる柱の耐震補強工法は、2011年3月〜2020年9月の期間で、集合住宅や学校などで145件の採用実績がある。今回の技術評価更新を考慮し、長谷工コーポレーションは、同工法の特徴である住まいながら耐震補強が可能な点を引き続きアピールしつつ、長谷工リフォームを通じて、新耐震基準以前に施工されたマンションの管理組合に提案していく。(2022/1/13)

世界デジタル政府ランキング 日本が9位に転落、なぜ?
早稲田大学電子政府・自治体研究所が「第16回早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」を公表した。ICT先進国64カ国のデジタル政府の進捗度を、主要10指標で多角的に評価する。第16回では「デンマーク」が1位を獲得し、日本は前回の7位より2つランクを落とし、9位となった。(2022/1/13)

さまざまな評価測定機能を集約:
東陽テクニカ、液晶物性評価システムの販売を開始
東陽テクニカは、液晶パネルの不良検出や液晶材料の評価を、高い精度で効率的に行える液晶物性評価システム「LCE-X」シリーズを開発、2022年1月14日から全世界で販売する。(2022/1/13)

人工知能ニュース:
超軽量エッジAIアルゴリズムをWeb上で試用できる開発環境をリリース
エイシングは、AIモデルを構築するための開発環境「AiiR Cloud β版」をモニター企業へ順次展開する。超軽量エッジAIアルゴリズム「MST」を試用可能で、モデルの性能評価や活用イメージの具体化を支援する。(2022/1/11)

連載「9割の会社が人事評価制度で失敗する理由」:
シッカリした人事評価が失敗して、アナログな人事評価が成功することがある なぜか?
シッカリとしたビジョンの下に構築された、精緻な人事評価制度であれば必ず成功するわけではなく、逆にビジョン自体はザックリとしていて、アナログな人事評価制度のほうが上手くいく場合があります。その理由は……?(2022/1/11)

全7品を発表:
ビール好きの9割が評価した「黒胡椒にんにく餃子」発売 味の素冷凍食品の狙いは?
味の素冷凍食品は、家庭用冷凍食品の新製品3品とリニューアル品4品を2月6日から全国で販売すると発表した。冷凍食品市場拡大の波に乗り、消費者の需要を取り込んでいく。(2022/1/6)

B2Bコミュニティーマーケティングの実践【前編】:
B2Bではなぜ「ユーザー会」が重要なのか?――ユーザーとベンダー両方の立場を経験して見えたこと
多くの企業でMA導入が進み、B2Bマーケターが活躍する機会が増えている。一方、思うように成果が出なかったり営業との関係や経営からの評価に悩んだりすることが多いのも事実。その悩み解決の糸口は、社内ではなく外部のコミュニティーにあるのかもしれない。(2022/1/6)

TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
そもそも誰に対しても誹謗・中傷はやめましょう。(2022/1/5)

「ただいま!」 コミケが2年ぶり開催、「開催できてよかった」「泣いた」の声
「徹夜組がいなくなった」ことを評価する声も。(2021/12/30)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2021年アニメ”ランキングTOP20! 『バック・アロウ』『ゲキドル』ら快作を抑えた1位は?
映画部門には意外な作品もランクイン。(2021/12/29)

組み込み開発ニュース:
高耐圧酸化ガリウムSBDの開発に成功、トレンチ型でアンペア級・1200V耐圧を実現
NEDOとノベルクリスタルテクノロジーは、「世界初」となるアンペア級・1200V耐圧の「酸化ガリウムショットキーバリアダイオード(SBD)」を開発したと発表した。今後は製造プロセスの確立と信頼性評価を進めて、2023年の製品化を目指す。(2021/12/27)

新工法:
三井住友建設、プレキャスト部材接合部の鉄筋継手システムで国際規格評価認定
三井住友建設は、タイのDEXTRAと共同で、SQRIM工法のプレキャスト部材接合部に用いる鉄筋継手システムで、国際規格評価認定を取得した。これにより、設計者による機械式継手の性能保証が不要となり、同工法の海外での適用が容易になった。(2021/12/27)

CO2排出権や非化石価値証書なども管理:
日立エナジーがエネルギー取引に向けたリスク管理ソリューションを提供開始
日立エナジーは、日本のエネルギー市場参加者に向けて「TRMTracker」の提供を開始する。TRMTrackerは、エネルギー取引に向けたリスク管理ソリューションで、取引登録やデリバリーからリスク評価、決済までのビジネスプロセスを自動化する。(2021/12/25)

関節柔らかすぎぃ! 画伯・星野源、サンタとトナカイのイラストに「幸薄いし色も薄いwwwwww」「え、怖い けど可愛い」と好評価集まる
メリークリスマスということで。(2021/12/24)

エッジコンピューティング:
AIエッジコンピューティングの社会実装拡大へ、OKIがコンテストを実施
OKIは2021年12月15日、AI(人工知能)エッジコンピュータの社会実装を広げることを目指したイベント「AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト2021」を開催。AIエッジコンピュータの世界の広がりを訴えるカンファレンスを開催するとともに、同社のAIエッジコンピュータ「AE2100」を活用した新たなソリューションの成果を評価するコンテストを実施した。(2021/12/24)

品質不正問題:
三菱電機の品質不正解明は道半ば、非常用電源で設計ミス判明も全数交換せず
三菱電機は2021年6月末に判明した一連の不適切検査に関する調査報告書の第2報と、不適切検査に対する経営陣の責任を評価するガバナンスレビュー委員会の報告書を公表するとともに、同年10月に発表した「品質風土」「組織風土」「ガバナンス」から成る3つの改革の取り組み状況を報告した。(2021/12/24)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(93):
業績の悪い社員を解雇して何が悪いんですか?
昭和の経営者は、社員のことを一生面倒見るつもりで雇用してきたじゃないか。それなのに、たった数年評価が低いだけで解雇だなんて……!(2021/12/20)

「最高の駅弁」を決める戦い JR東日本「駅弁味の陣2021」受賞駅弁が発表 最も評価が高かった「駅弁大将軍」に山梨県「ワインのめし」選出
みんなが選んだ駅弁14種!(2021/12/19)

「OMORI」の日本語版が突然配信開始! ひきこもりの少年が奇妙な精神世界を冒険する“圧倒的”高評価のインディーRPG
いきなり来た!(2021/12/16)

組み込みAIプラットフォーム開発:
Edge Impulseが3400万米ドルを調達、評価額が3倍に
組み込みAI(人工知能)の開発者向けプラットフォームベンダーであるEdge Impulseは、シリーズBの資金調達ラウンドで3400万米ドルを調達し、同社の評価額は3倍の2億3400万米ドルに上がった。同社は、7カ月前に1500万米ドルのシリーズAラウンドを終了しており、これまでに調達したベンチャー資金は5400万米ドルに上る。(2021/12/16)

特選プレミアムコンテンツガイド
SSDでもHDDでもなく今こそ「テープ」の理由
「テープ」の再評価が進みつつある。テープならではのメリットがあるからだ。データ伝送速度や容量の向上といった技術進化が続くテープの魅力と、新規格「LTO-9」について詳しく説明する。(2021/12/16)

文単位で「いいね」がつく小説投稿サイト「ソナーズ」β公開 「決めぜりふが評価されたらうれしい」「承認欲求満たされそう」と話題
「マシュマロ」の運営元による尖ったシステム。(2021/12/15)

サダタローのシェアさせていただきますR:
キャラゲーに“全集中” ゲーム好きの漫画家が「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」の評価に困った理由
人気アニメのゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」をプレイしたサダタローさんは「俺はあんまり面白くなかった。でもゲームの出来が悪いわけではない」といいます。どういうことでしょうか?(2021/12/12)

自動車業界の1週間を振り返る:
販売好調で各所からの評価も高い、あのクルマに何が起きたのか
今週の気になるニュースといえば、三菱自動車と日産自動車で軽自動車の生産と販売を停止している件ですよね。日本経済新聞などが報じています。(2021/12/11)

人事担当者300人に調査:
リモートワーク導入企業の4割超「人事評価の問題が発生」 どんな問題?
リモートワーク導入によって、新たな問題が発生・拡大した企業は47%――人材サービスを展開するビズリーチは、10月にビズリーチを利用する人事担当者316人を対象にアンケートを実施し、こうした結果が判明した。(2021/12/8)

【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
使いたい、この表現。(2021/12/8)

医療機器ニュース:
より高い安全性を求めて、微弱な皮膚刺激を検出する試験法を考案
第一三共ヘルスケアは、これまでの動物実験代替法では難しかった、微弱な皮膚刺激を検出できる試験法を考案した。より高い安全性が求められる低刺激性スキンケア製剤の安全性評価に利用できる。(2021/12/8)

AI・機械学習の用語辞典:
コサイン類似度(Cosine Similarity)とは?
用語「コサイン類似度」について説明。2つのベクトルが「どのくらい似ているか」という類似性を表す尺度で、具体的には2つのベクトルがなす角のコサイン値のこと。1なら「似ている」を、-1なら「似ていない」を意味する。主に文書同士の類似性を評価するために使われている。(2021/12/8)

待機時間は従来の60倍以上に:
ローム、小型薄型IoT機器向けBMS評価ボード開発
ロームは2021年12月、小型IoT機器に向けたバッテリーマネジメントシステム(BMS)の評価ボード「REFLVBMS001-EVK-001」を開発、インターネットでの販売を始めた。(2021/12/7)

量子コンピュータ:
NTTデータが量子コンピューティングクラウドサービスのパートナー契約締結
フィックスターズは、量子コンピューティングクラウドサービス「Fixstars Amplify」のパートナー契約をNTTデータと締結した。イジングマシンを効率的に実行できる点が評価され、パートナー契約に至った。(2021/12/7)

「寝ても寝ても寝足りない」「完璧な睡眠って二度と取れないのかな」 中年男性の絶望をありのまま描くエッセイ漫画に意外な評価
素材本来の味わいが生かされています。(2021/12/5)

“Vシネ帝王”小沢仁志、チョコプラと「仁義なき”死に様”選手権」 窓ガラスが割れるハプニングに松尾は顔面蒼白
小沢さんは「2人とも悪くない」と評価。(2021/12/4)

導入効果にはおおむね満足しているが……:
「思ったよりもコストが削減できなかった」 IDCが国内クラウドに関する調査結果を発表
IDC Japanは国内クラウド需要調査の結果を発表した。クラウドの「導入のしやすさ」や「運用のしやすさ」「機能」に対する評価が高い一方で、期待の裏返しで「コスト」への不満が多かった。(2021/12/3)

「使いやすさ」それとも「コスト」? IDCのクラウド需要調査から見えたユーザーの不満
IDC Japanは、国内クラウド需要調査の結果を発表した。「導入のしやすさ」などへの評価が高い一方で、不満点も見えてきた。(2021/12/2)

山市良のうぃんどうず日記(220):
こんにちは新サーバ、いろいろ詰め込み過ぎてゴメーン
前回は、筆者の古い古いテスト/評価用サーバ(Hyper-V用)の電源回りがとうとう、いかれてしまったという話をしました。そして、新しいサーバにリプレースするための準備まで行いました。新しいサーバが到着したので、早速セットアップし、ディスクやデータを移行しました。(2021/12/1)

コロナ禍がもたらした変化:
なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本と他の市場で異なっていることが判明した。この格差をどう見るべきか。Tableauで日本のカントリーマネージャーを務める佐藤 豊氏が解説する。(2021/11/26)

製造業IoT:
Bluetooth 5.0の長距離通信性能の評価結果を発表、最大通信距離が3倍以上に
ムセンコネクトは、Bluetooth 5.0から採用されている長距離通信機能「LE Coded PHY」に対応したBluetooth Low Energyモジュール「LINBLE-LR1」の開発と、同モジュールの通信性能の評価結果について発表した。(2021/11/26)

施工:
PCa部材接合部の鉄筋継手システムで国際規格評価認定を取得、三井住友建設
三井住友建設は、タイに本社を構えるDEXTRAとともに、「SQRIM工法」の鉄筋継手システムで国際規格の評価認定を取得した。これにより、海外の耐震設計を必要とする地域でSQRIM工法を適用時に、設計者による機械式継手の性能保証が不要となり、同工法の海外での適用が容易になった。(2021/11/26)

キャリアニュース:
50代の社員本人よりも、20〜40代社員は50代を評価
フォー・ノーツが、「50代社員に関する意識調査」の結果を発表した。20〜40代の社員は、50代社員の会社への貢献度や期待する能力について、50代自身よりも評価していることが分かった。一方で、課題と感じている点には世代間でギャップがあった。(2021/11/25)

“どんな匂いに感じるか”を定量評価する「官能評価AI」 人間頼りの作業を機械化
REVORNが、AIを活用して食品や化粧品などの匂いを感覚的に評価するシステム「官能評価AI」の提供を始めた。一定の品質で匂いを評価でき、製品開発を効率化できるとしている。(2021/11/24)

電子カルテから薬物効果の情報抽出、日本初 宮崎大、NTTデータ、ファイザー
宮崎大学、NTTデータ、ファイザーの3者が、日本で初めて、がん患者の電子カルテから薬物治療効果などを評価するために有益な情報を得られたと発表した。(2021/11/24)

Twitter、偽情報対策「Birdwatch」はエイリアスでの投稿を可能に
Twitterは現在米国でパイロットテスト中の偽情報対策「Birdwatch」の協力者にTwitterアカウントとは別の「エイリアス」を提供する。これにより、嫌がらせを恐れずにツイートを評価できるようになりそうだ。(2021/11/23)

「富岳」のコロナ飛沫研究にスパコンのノーベル賞「ゴードン・ベル特別賞」
理化学研究所や神戸大の研究チームがゴードン・ベル賞の特別賞を受賞した。理研が運用するスパコン「富岳」を使って、せきや発話で生じる飛沫をシミュレーションし、新型コロナの感染予防対策に貢献した成果が高く評価された。(2021/11/22)

ソリューション型への転換:
PR:空圧と電動の組み合わせで描く新たな工場の課題解決
製造現場を取り巻く環境が大きく変化し課題が山積する中、これらを支える機器メーカーにも「ソリューション型」が求められるようになっている。こうしたソリューションシフトに力を入れるのが空気圧関連製品で高い評価を得てきたコガネイである。同社の取り組みを紹介する。(2021/11/24)

「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」と「Tensor」の実力【前編】
「Pixel 6」は“有名なのに売れないPixel”を過去にする
「Android」スマートフォンの代表的機種でありながら、市場での存在感を十分に示せていない――。そうした「Pixel」シリーズへの評価は、「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」で変わる可能性があるという。それはなぜなのか。(2021/11/21)

社内副業は“クエスト”:
「人事評価の対象外」で社内副業 損保ジャパン新制度は、なぜこの設計になった?
損害保険ジャパンの社内副業制度は、就業時間のうち2割を社内副業に充てられるが、本来の仕事を減らすなどのルールは特段設けておらず、また副業先での業務は人事評価の対象にはならないという。本当に機能しているのか。(2021/11/19)

パッチ適用率98%超のPC管理ツールとは
永遠に適用されないセキュリティパッチに終止符を、テレワーク時代のPC管理術
ハイブリッドワークの実現にはPCやモバイル端末のセキュリティ対策が欠かせない。だが要となるセキュリティパッチやアップデートを「確実に」適用するのは難しく、状況把握も困難だ。この問題を解消するツールが市場の高い評価を得ている。(2021/11/22)

CAEニュース:
解析プラットフォームに機構解析向けUIを搭載、モデル構築ワークフローを革新
エムエスシーソフトウェアは、機構解析ソフトウェア「Adams」のための新しいユーザーインタフェース「Adams Modeler」をリリースした。洗練されたモデル構築のワークフローにより、機械システムの組み立てと性能評価にかかる時間を大幅に削減する。(2021/11/18)

今こそ知りたい電池のあれこれ(8):
リチウムイオン電池を長持ちさせたいときに気を付けること
今回は電池の寿命や劣化に関するあれこれについて、電池評価に携わる立場からの所見をまとめていきたいと思います。なお、昨今のスマートフォンや電気自動車(EV)などに使用されている電池の多くは「リチウムイオン電池」であるため、本稿はその前提で話を進めていきます。(2021/11/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。