ニュース
» 2013年11月06日 15時30分 公開

自動補正機能も:キングジム、200グラムを切る“軽量+コンパクト”なA4対応スキャナ

キングジムが原稿を裁断することなくスキャンできる非接触型スキャナ「デスクショット」を発売する。コンパクトなボディが特徴で、重量も約185グラムと軽い。これならデスクに置きやすそうだ。

[池田憲弘,Business Media 誠]
photo 非接触型スキャナ「デスクショット」。コンパクトかつ軽量なボディが特徴だ

 キングジムは11月6日、非接触型スキャナ「デスクショット」を2013年11月29日に発売すると発表した。価格は1万5440円(税込み)。

 本製品は非接触でスキャンする卓上スタンドタイプのドキュメントスキャナだ。800万画素のCMOSセンサーを搭載しており、名刺サイズからA4サイズの原稿を裁断することなく読み取れる。本体サイズが65(幅)×78(奥行き)×386(高さ)ミリとスリムなボディも特徴だ。重量は185グラム。

 スキャン原稿のサイズを認識して画像データを成形して台形補正を行う機能や、黄色、青色、ピンクの蛍光ペン(動作確認製品はこちら)で囲んだ部分だけデータ化する機能“マーカーモード”を備えた。専用ソフトでトリミングやコントラスト調整といった補正も行える。

 本体とPCをUSBケーブルで接続して使用する。データの保存形式はPDF、JPG、PNGの3種類で、専用ソフトの対応OSはWindows 8/7だ。Micro USBケーブル(1.2メートル)や固定用シールが付属する。

photophoto 専用ソフトで台形補正が自動で行われる(写真=左)。マーカーで囲んだ部分だけをデータ化する“マーカーモード”を備えた。複数のエリアを囲んだ場合はソフト上で1つずつ選択して都度データ化する(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -