ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スキャナ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ScanSnap Park:誠 Biz.ID
質問!プリンター&スキャナー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプリンター&スキャナー関連の質問をチェック

PFU、大容量スキャンにも適したフラグシップ仕様の業務用A3スキャナー
PFUは、ADFを搭載した業務用A3スキャナー「RICOH fi-8820」「RICOH fi-8930」「RICOH fi-8950」を発表した。(2024/1/11)

3Dスキャナーニュース:
5μmの高精度スキャンに対応、極小/小型オブジェクト向け卓上型3Dスキャナー
Artec 3Dは、プロフェッショナル向け自動卓上型3Dスキャナーの新製品「Micro II」を発表した。前機種の「Micro」からさらに精度を高め、最大5μmでの3Dスキャンに対応する。(2023/11/27)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
住重アテックスの毎秒176ミリで壁面点検するロボ、壁面から天井も体をひねって移動
住友重機械工業のグループ企業である住重アテックスは、コア事業の1つ「検査診断事業」で、ドローン、3Dレーザースキャナー、フェーズドアレイ-UT(PA-UT)法、自動走行スキャンの4タイプの検査診断ソリューションと、新たに鉄鋼壁面を点検するロボット開発にも注力している。(2023/11/16)

3Dスキャナーニュース:
およそ1×1mの3Dスキャンに対応する工業用3Dスキャナーを発表
Creaformは大型部品向けの3Dスキャナー「HandySCAN 3D」に、工業用3Dスキャナー「MAX」シリーズを追加した。およそ1×1mの3Dスキャンに対応し、大きく複雑な表面を3D測定できる。(2023/11/14)

キヤノンMJ、写真入り文書のスキャンにも向くA4ドキュメントスキャナー「DR-S250N」
キヤノンマーケティングジャパンは、ドキュメントスキャナー「imageFORMULA」シリーズの新モデル「imageFORMULA DR-S250N」を発表した。(2023/11/10)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(5):
3Dスキャナーを活用したサステナブルなモノづくりとは
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第5回のテーマは、サステナブルなモノづくりと3Dスキャナー活用の関係性についてだ。(2023/11/6)

PFU、同社製スキャナー向けモバイルアプリ「ScanSnap Home」をアップデート Chromebookにも正式対応
PFUは、同社スキャナー「ScanSnap」シリーズ向けアプリ「ScanSnap Home」モバイル版のアップデートを発表した。(2023/10/31)

AI:
AIで外壁クラックを検査、東急リバブルらがアプリ提供開始
東急リバブル、ジャパンホームシールド、Ristの3社は、共同開発したAIによる外壁クラック検査アプリ「CRACK SCANNER(クラックスキャナー)」の外部提供を2023年9月に開始した。(2023/10/13)

第5回 建設・測量生産性向上展:
Haloworldが点群データを手軽に取得する「携帯型3Dスキャナー」を参考展示
国土交通省が推進するi-Constructionの進展とともに、測量や3次元設計、施工管理など、現場を3Dデータ化する需要が高まっている。だが、3Dデータ取得には高価な機器を手配し、運用にもある程度の知識が必要となる。Haloworldが開発した携帯型3Dスキャナーは、手軽さと低コストで新たな選択肢を提示するものだ。(2023/9/27)

3Dスキャナーニュース:
高精度な3Dデータを取得できるハンディー型カラー3Dスキャナー
APPLE TREEは、ハンディー型カラー3Dスキャナー「IREAL M3」の販売を開始した。赤外線平行レーザーと赤外線VCSEL構造光の2種の光源を採用し、作業現場で産業デザイン製品や美術品、人体などの高精度な3Dデータを取得できる。(2023/8/15)

産業動向:
2次元的な配筋状態を非破壊で可視化、点検時間を大幅に短縮
NEDOと大阪大学の研究グループと協栄産業は、1回のスキャンでコンクリート構造物内の鉄筋の配筋状態を非破壊で可視化できる新たなセンサーモジュールを開発。2次元スキャナーに搭載することで作業時間を大幅に短縮した。(2023/8/14)

Tech TIPS:
PDFファイルにキーボードから直接文字入力する方法【本家Acrobat Reader編】
いまだにPDFファイルで配布されている申込書や申請書に、必要事項を記入して提出しなければならないこともある。このような場合、手書きで入力して、スキャナーで読み込み、PDF化してメールで送信、というのは面倒だ。Acrobat Readerを使うと、簡単な入力が行える。その方法を解説しよう。(2023/8/14)

PFU、ScanSnap用モバイルアプリをリニューアル
PFUは、同社スキャナー「ScanSnap」用となる新しいモバイルアプリ「ScanSnap Home」を発表した。(2023/8/7)

ams OSRAM PLT3 450GB、PLT5 450GB:
スキャナー用途など、青色/緑色レーザーの新世代品
ams OSRAMは、新たなレーザーダイオードエミッターチップを採用した青色および緑色レーザー「PLT3 450GB」「PLT5 450GB」を発表した。前世代品と比べてビーム品質が改善している。需要が高まる緑色レーザースキャナーなどの用途に適する。(2023/8/4)

第5回 建設・測量生産性向上展:
軽量/高性能なレーザースキャナーシステムと国産ドローンで、測量シーンをアップデートするアミューズワンセルフ
アミューズワンセルフは「第5回 建設・測量生産性向上展」で、さまざまなシーンで活用可能な3つの高性能レーザースキャナーシステムと、2機の新型国産ドローンをPRした。(2023/8/2)

「電帳法スキャナ保存」導入で9割が業務効率化を実現 PFUがアンケート調査結果を発表
PFUは、同社製スキャナー「ScanSnap」を利用している企業/個人事業主を対象としたスキャナー活用実態についてのアンケートの調査結果を発表した。(2023/8/1)

PFU、「ScanSnap iX1600」をアップデート ネットワークフォルダへの直接保存が可能に
PFUは、同社製ドキュメントスキャナー「ScanSnap iX1600」のアップデートを発表した。(2023/7/25)

ペーパーレス化の第一歩「スキャナー」の役割【後編】
よくある「使えないスキャナー」の特徴とそれでも企業が求める理想像
業務を円滑に進めるために、企業がスキャナーに求めるのはどのようなポイントなのか。企業が求める「理想のスキャナー」を、調査結果から探る。(2023/7/14)

ペーパーレス化の第一歩「スキャナー」の役割【中編】
企業が不満を募らせる「期待外れスキャナー」のがっかりポイント
企業が使うスキャナーにはさまざまな機能が求められる。ただしある調査によると、スキャナーに不満を抱いている企業は少なくない。何が不満の原因なのか。(2023/7/7)

機器の小型化や部品点数を削減:
ST、超音波スキャナーに向けた超音波ICを発表
STマイクロエレクトロニクスは、応用機器の小型化や簡略化、部品点数の削減を可能にする超音波IC「STHV200」を発表した。医療用超音波エコーシステムや産業用非破壊検査装置といった用途に向ける。(2023/7/6)

スマートコンストラクション:
iPhone向けLiDAR活用のお手軽な計測アプリ「ConstLiDAR」を萩原建設工業とネクステラスが開発
萩原建設工業は、iPhone ProおよびiPad Proに搭載されるLiDARスキャナーの建設業での活用の活動の一環として、同社土木部技術管理課を中心にネクステラスの協力を得て、スマートフォンアプリ「ConstLiDAR」を共同開発した。(2023/7/5)

FAニュース:
現場作業を自動化、効率化する固定型産業用スキャナーとマシンビジョンを日本で発売
ゼブラ・テクノロジーズは、固定型産業用スキャナーと産業用マシンビジョンを日本で販売する。製造業や倉庫業の作業工程で、トラック&トレースや品質検査の自動化が可能になるため、生産性と品質の向上に貢献する。(2023/7/4)

画像センシング展2023:
固定型産業用スキャナーからマシンビジョンに変身、ソフトウェアで機能拡張可能
ゼブラ・テクノロジーズ・ジャパンは「画像センシング展 2023」において、新たに日本で販売を始めた固定型産業用スキャナーおよびマシンビジョンソリューションなどを用いたデモンストレーションを披露した。(2023/7/12)

PR:申込書や本人確認書類の入力/チェックで困っている? 「Kodakドキュメントスキャナ」と「ABBYY Flexicapture」を組み合わせたキャスティングロードのソリューションで解決!
顧客から届く「申込書」や「本人確認書類」といった書類をデジタルデータとして取り込む手間を省くために、スキャナとOCRソフトを導入する際には“高い精度”を確保することは大切だ。今回は、高い精度でのデータ取り込みを実現するコダックアラリス(Kodak)のドキュメントスキャナと、ABBYY(アビー)のOCRソフト「Flexicapture」を組み合わせたソリューションを紹介する。(2023/6/29)

3Dスキャナーニュース:
航空機から犯罪現場まで幅広い用途に対応した高速高精度な長距離用3Dスキャナー
Artec Europe(Artec 3D)は、大型の対象物や建物などの3Dスキャン/デジタルツインの作成に最適な長距離用ワイヤレス3D LiDARスキャナー「Artec Ray II」を発表した。日本での販売は2023年7月末を予定し、価格は900万円程度になる見込みだ。(2023/6/22)

3Dスキャナーニュース:
一般向け広範囲3Dスキャナーとデュアルレンズ搭載の3Dスキャナーを発売
APPLE TREEは詳細にキャプチャーできる一般ユーザー向けの広範囲3Dスキャナー「Magic Swift Plus」と、幅広いスキャニングニーズに対応するデュアルレンズ搭載3Dスキャナー「Whale」の取り扱いを開始した。(2023/6/21)

キヤノンMJ、A4対応のエントリードキュメントスキャナー
キヤノンマーケティングジャパンは、エントリークラスモデルとなるA4対応ドキュメントスキャナー「imageFORMULA R30」を発表した。(2023/5/22)

FAニュース:
iAS搭載で生産を効率化、ミドルクリティカルレイヤー向けArF液浸スキャナー
ニコンは、ミドルクリティカルレイヤー向けArF液浸スキャナー「NSR-S625E」を発表した。スループットを約1.3倍向上して稼働安定性を大幅に改善したほか、iASを搭載しており、さまざまな半導体デバイスの効率的な生産に貢献する。(2023/5/22)

PR:紙書類の「デジタル化」 本気で進めたいならKodakのドキュメントスキャナ「S2085f・S3000シリーズ」をチェック!
電子帳簿保存法の制定に伴い、2023年12月までに国税にかかわる帳簿の電子保存に対応しなければならない。業務の効率化も兼ねて紙の帳簿や書類をデジタル化を進めるなら、コダックアラリス(Kodak)のドキュメントスキャナをお勧めしたい。その理由をチェックしていこう。(2023/5/22)

ドローン:
DJI JAPANの事例発表会にみるドローン活用の最前線―豊橋市の「レッドゴブリンズ」の事例など
ドローンが急激に普及する中、2022年は100グラム以上の機体登が義務化されるなど、とりまく環境にも大きな動きがあった。また、搭載するカメラやスキャナーの性能も向上し、ドローンの用途にも進化が起きている。(2023/5/12)

エプソン、省スペース設計のA4対応ドキュメントスキャナー新モデル
エプソンは、A4判スキャンに対応したドキュメントスキャナー計2製品を発表した。(2023/5/10)

3Dスキャナーニュース:
NIR光源を採用したポータブル3Dスキャナーを発表
APPLE TREEは、JimuMetaが展開する3Dスキャナー「3DMakerpro」シリーズの新製品「Mole」を発表した。素材の特性をより正確に捉えるNIR光源を採用し、ポータブル電源機能によりコードレススキャンができる。(2023/5/2)

3Dスキャナーニュース:
シンプル構成の3Dスキャナーシステム、ワンクリックで高精細3Dデータを生成
OMデジタルソリューションズは、Arcana製作所と共同開発した3Dスキャナーシステム「FacTrans Pro/E-M1 III」を発表した。シンプルなシステム構成で、ワンクリックで高精細な3Dデータを高速生成できる。(2023/5/1)

アメテック株式会社提供Webキャスト:
PR:鋳造模型の品質管理を改善、酒井木型製作所の事例に学ぶ3Dスキャニングの実力
鋳造模型の専門企業である酒井木型製作所では、出荷前検査の最終評価が社長1人に属人化し、その間は営業活動が行えないという悩みを抱えていた。この状況を打破した、ポータブル型の高精度な3Dレーザースキャナーの実力とは?(2023/4/28)

3Dスキャナーニュース:
直感的に操作できる軽量なハンドヘルド3Dレーザースキャナーを発売
丸紅情報システムズは、ハンドヘルド3Dレーザースキャナー「ZEISS T-SCAN hawk 2」の販売を開始した。リモートワークフロー機能を搭載するため、PCの前でソフトウェアを操作しなくても、手元のボタンで直感的に操作し、測定できる。(2023/4/25)

メカ設計ニュース:
検査、編集機能を強化したポリゴンデータ編集ソフトの最新版
UELは、ポリゴンデータ編集ソフトウェアの最新版「POLYGONALmeister Ver.8.0.0」を発売した。解析や3Dプリンタで、3DスキャナーやCTで得たポリゴンデータを利用するための検査、編集機能を強化している。(2023/4/10)

ScanSnapに「RICOH」のロゴ PFUのスキャナー全製品、リコーブランドで販売開始
PFUが販売するイメージスキャナー「ScanSnap」「fiシリーズ」「SPシリーズ」をリコーブランドで順次販売を開始した。リコーはPFUを2022年4月に買収すると発表。23年1月からイメージスキャナー製品をリコーブランドで展開すると予告していた。(2023/4/6)

PFUがリコーブランドのドキュメントスキャナー2製品を発売 小型タッチパネル付きモデルなど
PFUが、小型タッチパネルを備えたA4対応ドキュメントスキャナー「RICOH fi-8040」など2製品を発表した。いずれも「富士通」ブランドではなく「リコー」ブランドでの発売となる。(2023/4/6)

ドコモ、「Xperia Ace II」をAndroid 13にアップデート Bluetooth LE Audioには対応せず
NTTドコモは4月4日に「Xperia Ace II SO-41B」をAndroid 13へアップデートした。カラーテーマのカスタマイズや、QRコードスキャナーをクイック設定パネルから起動などが可能になった。一方でBluetooth LE Audioには対応しない。(2023/4/4)

PFU、ScanSnap用アプリ「ScanSnap Home」のライセンス制限を緩和
PFUは、同社製ドキュメントスキャナー用アプリ「ScanSnap Home」のライセンス制限を改訂した。(2023/3/27)

買う前に「ScanSnap」を試せる! ゲオあれこれレンタルでScanSnap全シリーズがレンタル可能に
ゲオが運営する物品レンタルサービス「ゲオあれこれレンタル」で、PFU製のドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズのレンタル提供が始まった。(2023/3/21)

「クリスタ2.0」提供開始 “ハンドスキャナー”など新機能多数 サブスクに買い切り版も
セルシスは3月14日、イラスト作成ソフト「CLIP STUDIO PAINT」のバージョン2.0を公開した。3Dデッサン機能を強化した他、リアルな混色を実現するブラシ混合、自動陰影などの機能を実装する。(2023/3/14)

写り込みを抑える「ノングレアアクリル板」が便利そう 書類や資料をスマホできれいに撮影できる
かさばらないし、スキャナーの導入しにくい環境にちょうどよさげ。(2023/3/2)

ドローン:
パスコ、ドローン搭載型レーザースキャナー向けの測量支援サービス
パスコは、アミューズワンセルフのドローン搭載型レーザースキャナー「TDOT」のユーザーに向けて、測量支援クラウドサービス「TDOT SmartSOKURYO」を提供する。(2023/3/1)

キヤノンMJ、窓口業務などに適した省スペース設計のA4/A3対応ドキュメントスキャナー2製品
キヤノンマーケティングジャパンは、限られたスペースでの利用に適した小型設計のドキュメントスキャナー「imageFORMULA DR-M140II」「imageFORMULA DR-M1060II」を発表した。(2023/2/15)

デジタルエンジニアの重要性と育成のコツ(7):
3Dスキャナーの活用とデジタルエンジニアの育成
連載第7回は「3Dスキャナー」を題材に、形状品質の検査(CAT:Computer Aided Testing)やリバースエンジニアリング(RE:Reverse Engineering)での活用とそのポイント、そして3Dスキャナーを適切に使いこなせるデジタルエンジニア育成の重要性について説く。(2023/2/1)

製造マネジメントニュース:
PFUのスキャナーが富士通からリコーブランドへ、2025年度に売上高720億円目指す
PFUは、世界シェアトップとする同社のイメージスキャナー「fiシリーズ」「SPシリーズ」「ScanSnap」のブランドオーナーをリコーに変更すると発表した。(2023/1/25)

製品名に変更はなし:
PFU製スキャナーのブランドが「富士通」から「リコー」に 4月から順次
PFUが、主力商品の1つであるスキャナーのブランドを「富士通」から「リコー」に順次変更する。新たに同社の親会社となったリコーとの事業面でのシナジー効果を高めるための取り組みで、製品ブランドやラインアップに変更はない。(2023/1/24)

3Dスキャナーニュース:
対象物サイズ15〜2000mmの高精細スキャンが可能な3Dスキャナーの予約販売開始
3DMakerproは、対象物サイズ15〜2000mmの高精細スキャンが可能な3Dスキャナー「3DMakerpro Whale」の予約販売を開始した。デュアルレンズを搭載し、2種類のスキャナーを内蔵するため、幅広いサイズの対象物のスキャンができる。(2023/1/23)

デジタルエンジニアの重要性と育成のコツ(6):
メカ設計者でも知っておきたい! CAMを使った加工プログラムの作成方法
現代のモノづくりにおいて、3D CADやCAE、CAM、3Dプリンタや3Dスキャナーといったデジタル技術の活用は欠かせない。だが、これらを単に使いこなしているだけではデジタル技術を活用した“真の価値”は発揮できない。必要なのは、デジタル技術を活用し、QCDの向上を図り、安全で魅力ある製品を創り出せる「デジタルエンジニア」の存在だ。連載第6回では「CAMを使った加工プログラムの作成方法」について解説する。(2023/1/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。