ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「業務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務」に関する情報が集まったページです。

「企業風土を変革」「安定稼働に必要な人材の配置」 みずほ、業務改善計画を公開
みずほフィナンシャルグループとみずほ銀行が、多発するシステム障害を巡る業務改善計画を金融庁に提出した。計画書の中では「障害対応力の向上」「経営管理面での対応強化」「人材と組織の持続的強化」などの項目について改善策を示した。(2022/1/17)

みずほ、システム情報3社で共有へ 障害再発防止で
みずほ銀行で続発したシステム障害を受け、みずほフィナンシャルグループが、金融庁に提出する業務改善計画に、システムの管理態勢を強化するためみずほFG、みずほ銀、システム子会社の3社が情報などを共有する仕組みを新たに作る。(2022/1/17)

ロボット:
インフラ設備点検にハイボットの革新的なロボット技術を活用
RaaS事業を展開するハイボットは、ベルギーの検査・認証団体Vincotteと協業関係を結んだことを発表した。Vincotteが行う点検業務に、ハイボットの最先端ロボット技術を導入する。(2022/1/17)

Excelに潜む時間泥棒に気を付けろ:
PR:DXが進んでもExcelけい線出力の呪縛から逃れられないのはなぜか
生産性向上をうたったさまざまなITツールが登場しているが、いまだに多くの人が「当たり前」と思い込んでいて、気付かぬうちにそれなりの時間を割いてしまっている業務がある。CSVデータを元にしたちょっとした社内資料作成や提出するためだけの書類作成がそれだ。(2022/1/17)

業務情報、フリマで流出 退職者がHDD売却 情報セキュリティのラックが謝罪
ラックは、同社の社内ビジネス文書が保存されたHDDがフリーマーケットに出品され、購入者に情報が流出したと発表した。HDDは回収済みで、情報の拡散はない。(2022/1/14)

ビックカメラ、ライブコマースに参入 SHOWROOMと資本業務提携
ビックカメラはライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」を運営するSHOWROOMと資本業務提携を結んだと発表した。コロナ禍で実店舗での売り上げが伸び悩む中、ライブ配信で商品を販売する「ライブコマース」に参入し、新たな顧客層の獲得を図る。(2022/1/14)

SHOWROOM、ビックカメラと資本業務提携 ライブコマース強化【訂正あり】
ビックカメラとSHOWROOMが資本業務提携。ライブコマース分野でシナジーを生み出す狙い。【訂正あり】(2022/1/14)

駐車場にもキャッシュレス化の波 コロナ対策 スマホで支払い、集金省力化
コロナ禍で有料駐車場のキャッシュレス化が進んでいる。機器・サービス企業はスマートフォンでの支払いを可能にする決済システムを提供。駐車場運営会社にとっては集金・管理業務の省力化につながることが期待されている。(2022/1/14)

みずほ、若返りで体制一新へ
システム障害の続発で揺れるみずほフィナンシャルグループが、木原正裕執行役を次期社長に昇格させる方針を固めた。再発防止策の構築に加え、金融庁の業務改善命令で突きつけられた「組織風土の改革」という難題に取り組む。(2022/1/14)

業務プロセスのマイニングサービスをTISが提供開始
TISは、SAP S/4HANAの導入を検討する企業向けに「プロセスマイニングサービス」の提供を開始する。(2022/1/14)

今こそ見直すべき文書管理の在り方:
PR:電帳法にも対応! コンテンツクラウド「Box」と業務システムをつないで情報資産管理を変革するべきこれだけの理由
令和3年度の改正により大幅に要件が見直された改正電子帳簿保存法。ついに1月1日に施行されたが、急な対応を迫られ勝手が分からない、うまく対応できない――といった声も根強い。混乱が続く電帳法対応のベストプラクティスはどこにあるのか? Box Japanとアステリアに話を聞くことで、情報ガバナンス強化にもつながる新たな電帳法対応へのアプローチが見えてきた。(2022/1/14)

Sansan、契約業務DXに参入 Contract One正式提供開始
Sansanは1月13日、契約業務をオンライン上で完結し、一元管理を可能にするクラウドサービス「Contract One」を発表した。クラウドサイン、GMOサイン、ドキュサインなど電子契約サービス主要7社と連携し、契約業務のDX化を支援する。(2022/1/13)

MONOist 2022年展望:
工場のリモート対応は2022年も加速、映像活用拡大もネットワーク環境が課題に
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)以降、多くの業務のリモート化が進められてきたが、これまで「現地現物現実」が基本として徹底されてきた製造現場でも部分的にリモート対応を取り入れる動きが広がってきた。2022年はこうした仕組みの整備が進み、さらにより広く取り入れられる見込みだ。(2022/1/13)

不動産テック:
不動産情報を地図上で一元管理するパスコの仲介業者向けサービス、ニーズとのマッチングで「両手仲介」へ
パスコは、不動産仲介向けに、不動産情報を地図上で可視化し、一元管理と情報共有が可能なサービス「LandManager Realestate(LMR)売買版」の提供を開始した。LMRでは、担当者のノウハウや知見に依存することなく、クラウド方式の不動産仲介業務に特化したシステム上で売物件情報と購買ニーズの情報をマッチングさせ、営業機会の損失を防ぎ、ビジネスチャンスの最大化が図れる。(2022/1/13)

パナソニック、空間除菌事業の売上高4倍増の500億円目指す
パナソニックが空間除菌脱臭機「ジアイーノ」事業について、2025年度までに20年度の約4倍となる売上高500億円を目指すことを明らかにした。業務用を中心に国内外に販路を拡大し、北米市場への参入も検討する。(2022/1/13)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
「紙で保存」を続けるとマズい? 放置したくない6つのリスク 電子帳簿保存法Q&A
改正電子帳簿保存法が施行されましたが、当面は紙をベースにした業務を変えないでも問題ないのでしょうか? 税務対応の観点だけであれば問題はないようですが……公認会計士の回答は? 公認会計士の中田清穂氏がお答えします。(2022/1/13)

ベテラン技術者の勘やコツを可視化:
PR:技術伝承、紙マニュアル、OJT……現場教育の課題を動画で解決する現実的方法
製造業の現場教育における「技術伝承」の課題が深刻になっている。対面OJTや紙マニュアルの作成・更新といった従来手法が限界を迎える中、教育工数の削減/業務の標準化/生産性向上/多能工化に寄与する“動画マニュアル活用法”とは?(2022/1/13)

「セキュリティに理解のない経営者」にならないために:
「セキュリティに理解のない経営者」にならないための考え方 専門家に聞く4つの心構え
情報漏えいだけでなく、業務停止などの経営リスクにもつながるサイバー攻撃。もはやセキュリティ対策は、IT部門だけでなく経営者自身も取り組むべき課題になっている。経営者はどんな姿勢で自社のセキュリティ対策と向き合うべきか、専門家に聞く。(2022/1/12)

メカ設計ニュース:
業務提携により、Smart Cityの実現に向けた取り組みを加速
NTTコミュニケーションズは、ダッソー・システムズと、日本で初めてSmart City分野での業務提携を締結した。3D統合技術と高度なデータプラットフォームを融合し、Smart Cityの具現化に向けた取り組みを加速する。(2022/1/17)

日本独自のハイパーオートメーション実現のカギは:
“クラウド抵抗国”日本における業務自動化の未来とは エバンジェリストが語る“RPAの限界”と“iPaaSでできること”
多くの企業が自社の業務プロセスを自動化して生産性向上を目指す中、RPAに代わり注目を集めるのがiPaaSだ。本連載は日本企業がiPaaSを使いこなして「ハイパーオートメーション」を実現するポイントを全3回で紹介する。(2022/1/12)

セガ、札幌に新規スタジオ 現地採用で地方の優秀な人材を獲得
セガが、ソフトウェア開発・デバッグ業務を担う拠点「セガ札幌スタジオ」を設立した。地元の人材採用を見込む他、U・Iターンを希望する従業員にとっては勤務地の選択肢にもなるという。(2022/1/11)

設計業務DX:
PR:日立が実践する、日本のモノづくりを飛躍に導く設計業務革新「EngineeringDX」とは
製造業のDX推進を成功に導くには、設計業務において「フィジカル空間」の情報を「デジタル空間」へフィードバックする「EngineeringDX」が必要になる。このEngineeringDXに積極的に取り組む日立製作所が、同社の成果を広く活用できるようにクラウドサービスとして構築したのが「日立クラウド型設計業務支援サービス」だ。「従量課金型プライベートクラウドサービス」と組み合わせれば、さらに活用のレベルを向上できる。(2022/1/11)

アプリは431万ダウンロードを突破:
りそなホールディングス南昌宏社長が語る コロナ禍でも業績好調の理由
りそなホールディングスは2022年3月期の中間決算を発表。銀行本来の業務からの利益である「資金利益」「フィー収益」「その他業務利益」の合計である業務粗利益は、前年同期比58億円増の3231億円で、親会社株式に帰属する中間純利益は同244億円増の808億円だった。同社の南昌宏社長にコロナ禍でも好業績の理由や今後の戦略を聞いた。(2022/1/8)

パナ不正アクセス、被害サーバに採用応募者の個人情報や取引先の情報などを保存していたと判明
パナソニックが受けたファイルサーバへの不正アクセス事案について、攻撃を受けたサーバに、採用応募者の個人情報や取引先から得た業務上の情報が保存されていたことが分かった。情報の流出については「確証を得る事実は見つかっていない」としている。(2022/1/7)

BIM:
耐火性能検証とBIMのデータ一元化で7割以上の業務削減、大林組の設計システム「SHAREDTIK」
大林組は、BIMと相互連携させることで、耐火性能検証に用いるデータの抽出、計算、出力のフローを自動化する設計システム「SHAREDTIK」を開発した。設計システムは、デジタライゼーションを駆使しており、建物の価値向上を図り、設計業務の変革にも寄与する業界初の取り組みと位置付けている。(2022/1/7)

「インテリジェントワークプレース」は是か非か
オフィス業務を自動化しても社員が幸せにならない理由
オフィスワークの自動化やコラボレーションツールを活用した「インテリジェントワークプレース」は、業務効率化に貢献する技術だ。ただし「導入すれば従業員が幸せになるとは限らない」と懸念を示す専門家もいる。(2022/1/7)

4つのミス:
頻発する「経理ミス」 対処法と予防法を考える
業務の正確性とスピードが求められる経理部ですが、実際にはどの会社でも経理ミスが発生しているのも事実。発生しがちなミスを取り上げ、その対処法・予防法を考えます。(2022/1/7)

マネックス証券と新生銀行、金融商品仲介サービス開始
 マネックス証券、新生銀行、新生証券は1月4日より、2021年1月27日に公表した金融商品仲介業務における包括的業務提携に基づく、サービスの提供を開始したと発表した。(2022/1/6)

テレワーカーの監視は是か非か
「監視ソフト入り業務端末」が招く、予想通りの悲惨な結末
セキュリティあるいは生産性の観点からテレワーカーを監視したいという考えは理解できる。だが従業員の業務端末に監視ソフトウェアをインストールするとどうなるか。もちろん、予想通りの結果になる。(2022/1/6)

免許更新時の認知機能検査、オンライン予約が可能に 年間11万件の電話受け付け業務を軽減
運転免許更新時の認知機能検査について、オンラインでの予約受け付けが始まった。これまでは電話のみで対応していたが、オンライン化で職員の負担軽減、利用者の利便性向上につなげる。(2022/1/5)

大阪府、IT業務民営化検討 2023年度にも新会社設立
大阪府が庁内のIT関連業務を民営化させるため、民間企業と共同出資する新たな事業会社の立ち上げを検討している。“縦割り行政”を新会社が打破し、システムの調達から開発、運用までを統合。民間に比べて遅れているデジタル改革を加速させるのが狙いだ。(2022/1/5)

Excel業務の課題に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2022/1/5)

オンプレミスとクラウド連携対応で業務自動化を実現:
PR:基幹システムのクラウド移行が進む中、ジョブ管理の負担増に対応するには
基幹システムをクラウドに移行することで柔軟性や拡張性が増す。しかし、基幹システムの安定稼働に必要なジョブの管理が難しくなり、運用担当者の負担が増すことがある。ジョブ管理の自動化や業務効率化を進めるにはどうすればよいだろうか。(2022/1/5)

「社内システムの課題と業務効率化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/1/5)

クリニカルパスのデジタル化がもたらす価値【後編】
検査待ち時間7割減 「デジタル患者パス」導入の医療機関が語る“驚きの効果”
オーストラリアの医療グループCALHNが導入した「デジタル患者パス管理システム」は、時間がかかりがちな検査プロセスを大きく短縮し、医療スタッフの業務負荷低減に貢献している。具体的な成果は。(2022/1/5)

Computer Weeklyリバイバル
自動化を導入しても業務が効率化しない理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/1/1)

アフターコロナはどうなる?:
本社がWeWork、オフィスを3分の1に……ユニークな「2021年のオフィス改革」事例5選
コロナ禍が2年目に突入した2021年。フィスの移転やリニューアルを実現する企業が企業が相次ぎました。ITmedia ビジネスオンラインが21年に掲載した記事の中から、オフィスに関するユニークな取り組みや、オフィス変革と共に業務改革を行った取材記事を5本ご紹介します。(2021/12/31)

ドローン重量緩和検討 300kgへ倍増も
業務用ドローンについて、政府が重量規制の緩和を検討することが分かった。航空機製造事業法の総重量規制を緩和し、運搬効率の高い大型のドローンをより簡単な手続きで製造できるようにする方向。(2021/12/28)

2021年BUILT年間記事ランキング:
【年間記事Top10】2022年1月フルハーネス政省令が完全施行、建設業の働き方改革など
前年から続く、新型コロナウイルス感染症のまん延防止措置に伴う、労働環境の変革を促す流れが継続し、現場でも遠隔での業務をはじめ、Web会議や現場管理アプリに代表される各種ITツールの導入、ワークプレースの多様化など、withコロナに即した働き方が業界内の裾野まで浸透し、日常に定着したともいえる1年でした。また、一時は開催も危ぶまれた東京オリンピック・パラリンピックも無事に開かれ、五輪特需に沸いた建設需要も一段落。大都市圏での新築マンションや大規模再開発はまだ残存するものの、今後は国が掲げる国土強靭化計画に基づく、“防災・減災”や“インフラ老朽化対策”が需給のメインとなっていくのではないでしょうか。2021年にBUILTで公開されたランキングTop10の記事を紹介しながら、関連する年間トレンドも振り返ります。(2021/12/28)

CADニュース:
仮想GPUを用いて3D CAD設計業務をVDI化するトヨタの取り組み
NVIDIAの仮想GPUを用いて、トヨタ自動車が3D CADによる設計業務のVDI化を進めている。CAD VDIの導入は目標の約5割を達成し、管理、設計、モデリング、実験、解析といったさまざまな業務で活用されている。(2021/12/28)

PR:イマドキの“監視システム”を知っているか? AIで自動化、音声で警告――「撮って見返す」を拡張し、業務を省人化
(2021/12/28)

PR:今こそ「Windows Autopilot」で新たな一歩を踏み出そう!
緊急事態宣言の解除以降、日によって働く場所が異なるハイブリッドワーク環境下では、PCなどの業務デバイスのキッティングから利用者に届ける作業1つを取っても非常に煩雑だ。こういった時間と手が掛かる作業を少しでも軽減できないか……。ここでは、システム管理者の悩みを解消してくれるMicrosoftの「Windows Autopilot」を取り上げる。(2021/12/28)

Weekly Memo:
ビジネスAIの真価は「分析」にあらず NECが研究開発で説いた次のビジョンとは
企業の業務改革におけるAIの本当のインパクトとは何か。NECのメディア向け研究開発説明会でこんな興味深い話を聞いたので紹介したい。(2021/12/27)

製造現場向けAI技術:
純銅鋳造製造工程での品質維持技術を学習したAIモデルの実証実験
三菱総研DCSは、純銅鋳造製造工程での品質維持技術を学習したAIモデルが、実業務へ適用できるか否かを検討するための実証実験を、中島合金と共同で実施する。(2021/12/24)

クラウド:
建設プロセスだけでなく人事や経理も含む全データをクラウドに集約、竹中工務店が「建設デジタルプラットフォーム」の運用開始
竹中工務店は、建設生産プロセスの営業から維持保全までに加え、人事や経理なども含む、全データを一元的にクラウドへ集約する「建設デジタルプラットフォーム」の運用を開始した。建設デジタルプラットフォームにより、建物及び業務プロセスのデジタルツイン構築を目指し、建設業界のデジタル変革を牽引していくとしている。(2021/12/23)

サンワ、コールセンターなどでの利用に向く軽量設計のUSBヘッドセット
サンワサプライは、コールセンター業務などに適したUSBヘッドセット計2製品の販売を開始した。(2021/12/23)

Kyash、銀行介さぬ法人送金 ギグワーカーの報酬支払いプラットフォームに
Kyashは12月23日、法人向けの送金サービスを開始した。企業が、業務委託先や取引先に報酬などを送るプラットフォームとしての活用を目指す。まずはデリバリーサービスmenuに提供し、menuは配達員への報酬支払いに利用する。(2021/12/23)

依頼が遅い“常習犯”にはどう対応?:
むちゃな納期で依頼される契約書レビュー 法務は理不尽な業務負荷に、どう対応すべきか?
(2021/12/23)

人手不足の現場が本当に望む「工事プロセス全体のDX」へ:
PR:作業者の安全に寄り添い、管理者の負担を軽減する、ハンズフリーで実現する「現場DX」とは?
慢性的な人手不足や管理業務の複雑化に悩む現場には、デジタル技術による効率化や負担軽減が有効だ。しかし、部分的なデジタル化では逆効果になるリスクがある。安全確保と管理の効率化、負荷軽減を実現する「本当に必要なデジタル」とは。(2021/12/22)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「業務自動化とRPA」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。