ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「業務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務」に関する情報が集まったページです。

PR:kintoneやAppSheetなど、自社に合ったノーコードツールを選ぶ秘訣は?
kintoneやAppSheetをはじめとするノーコードツールは現在、数多く存在している。しかし、豊富な選択肢の中から自社に適したツールをどのように選定すれば良いだろうか。自社にあった製品を探している業務リーダーに向け、それぞれの特性や選び方をUSEN Smart Works代表取締役社長の大下幸一郎氏に聞いた。(2024/2/20)

業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
YouTubeなどで取り上げられる人気商品でした。(2024/2/21)

Uber Eats、“ロボットでの配送サービス”を日本で展開へ 3月から都内で提供開始
フードデリバリーサービス「Uber Eats」を提供するUber Eats Japanは、日本でロボットデリバリーサービスを展開すると発表した。これに伴い、三菱電機とロボットメーカーの米Cartkenとの業務提携する。(2024/2/21)

脱炭素:
製造業特有のCO2排出量算定/報告業務を支援、サプライチェーン全体を可視化
アスエネは、製造業向けCO2排出量算定/報告業務支援サービス「Asuene Manufacturing」の提供を開始する。製造現場の排出量を自動算定し、プロセスごとの排出量も可視化できる。(2024/2/22)

製造ITニュース:
量販店の本部業務全般をサポートするクラウドシステムを開発
東芝テックは、量販店の本部業務全般をサポートするクラウドシステム「KX-1」を開発した。2024年4月に発売する。(2024/2/21)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
いつもお世話になっている「メモリ」の基礎を理解しよう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第17回は「メモリ」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/2/21)

メカ設計メルマガ 編集後記:
Magicに魅せられて「ぐむむ……」となった米国イベント取材
設計業務におけるAI活用とは?(2024/2/20)

製造マネジメントニュース:
千代田化工建設、センシンロボティクスに出資 産業分野の業務効率化を加速
千代田化工建設は、ロボティクス技術やAIなどを活用した業務ソリューションを開発するセンシンロボティクスに出資する。協業により、産業分野における業務効率化と高度化を加速する。(2024/2/20)

スマートビル:
オープン化で次世代の「ビルOS」構築 パナソニックと福岡地所が実証実験
パナソニック エレクトリックワークス社と福岡地所は、福岡市内で「次世代オープンビルプラットフォーム(ビルOS)」の実証実験を行っている。ビルOSを活用して管理スタッフの位置情報データAPIを生成。このデータをもとに業務管理アプリを開発して有効性を検証する。建物内の設備や人などの情報を統一的なAPIにより外部に提供する、新たな建物モデルの構築を進める。(2024/2/19)

Go AbekawaのGo Global!〜アリシアさん from マレーシア(前):
父のようなエンジニアなりたい そして少女は海を渡った
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はNTTデータ ニューソンでセキュリティ業務に携わるAlicia Lee(アリシア・リ)さんにお話を伺う。高校卒業と同時に来日を決めたアリシアさん。その背中を押したのは母の「やってみたら」という優しい助言だった。(2024/2/19)

株式会社ラクーンフィナンシャル提供Webキャスト
B2Bでのニーズ高まる「決済代行サービス」、その理由と導入メリットとは
決済周りの業務は当事者間で行うだけでなく、第三者に決済業務を代行してもらう形が浸透しつつある。特にB2Bだ。このような決済代行サービスの特徴とともに、B2Bにおける導入メリットを解説する。(2024/2/19)

郵便局での「マイナンバーカード」交付申請の受付を開始 イオンモール都城駅前内郵便局から
2023年6月9日から、郵便局での「マイナンバーカード」の交付申請が可能となった。その初対応事例として、2月21日から都城市がイオンモール都城駅前内郵便局に交付申請の業務を委託する。今後、都城市に次ぐ動きが出てくるかどうか、注目が集まる。(2024/2/16)

マーケティング業務の自社主導へのシフトを支援:
NTTデータグループのクニエが「マーケティングリーダーシップ支援サービス」提供開始
デジタル化の進展に伴うマーケティング業務の高度化をはじめ、マーケティング部門の本来業務を自社主導で行う力(マーケティングリーダーシップ)の強化を支援する。(2024/2/16)

「私の仕事は経理事務です」は通用しなくなる:
AIで「将来仕事がなくなるぞ」という脅しはもういらない 今伝えたい、建設的な経理のキャリアチェンジ
AIの普及により「将来、事務仕事はなくなる」――そんな話を耳にする機会が増えた。AIの企業導入や活用はいまだ発展途上にあることも事実だが、DX推進による業務のデジタル化が現在進行形であることに変わりはない。中でも、影響が色濃いと考えられる職種は経理だ。(2024/2/16)

「人との関係性」が鍵に
個人や企業の生産性、イノベーションを加速させる「生成AI」活用のポイント
企業での生成AI活用の“熱”が高まっている。業務を根本的に変えるかもしれない生成AIだが、どういった分野に適応させればいいか迷う企業もあるだろう。部分最適で終わらせないためにはどうすればいいか。有識者に話を聞いた。(2024/2/16)

業務用端末のリサイクルで得られる利点【後編】
「PC」や「スマホ」を“ごみ”にするよりリサイクルするのがお得な理由
不要な業務用端末を廃棄するときは、できる限りリサイクルを選択することが企業経営にも良い影響を与える。それはなぜか。適切な廃棄プロセスとリサイクル戦略を策定するためのヒントを説明する。(2024/2/16)

顧客情報流出のドコモとNTTネクシア、個人情報保護委員会から指導を受ける
「ぷらら」「ひかりTV」の顧客情報流出問題で、政府の個人情報保護委員会がNTTドコモと業務委託先のNTTネクシアに対して指導した。個人情報保護委員会とドコモが2月15日に発表した。ドコモは、同様の事態の再発防止を徹底するとしている。(2024/2/15)

美容業界における新たな顧客体験の創出を目指す:
アイスタイルがトレンダーズと資本業務提携 「@cosme」外のプラットフォームとの連携推進へ
アイスタイルがトレンダーズと資本業務提携の契約を締結。SNSを活用した新サービスの開発などにより、化粧品業界のさらなる活性化に貢献することを目指す。(2024/2/15)

産業動向:
施工管理アプリのアンドパッド、不動産向けMAツールを提供するコンベックスを買収
施工管理アプリを提供するアンドパッドは、住宅/不動産向けの営業自動化ツールを運営するコンベックスを買収することで基本合意した。両社のシステムを連携させることで、営業活動から施工管理、アフター管理までの業務を効率化する。(2024/2/15)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
伊藤忠の実例で分かる「成果を出し続けるRPA」に変える方法とは?
「業務の一部しか自動化できず、効果が頭打ちになる」。RPA導入企業からよく聞かれる声だ。想定した効果が思うように得られない原因はどこにあるのだろうか。(2024/2/15)

開発者の稼働を2カ月で6.8%削減:
AIを活用しノンコア業務を削減 APCが「Value Tracer」を開発
APCは、開発回りの補助的な業務を削減するAI活用型の新ツール「Value Tracer」を開発した。開発者がより良い機能の開発に集中し、迅速に製品を開発できるよう支援する。SOLIZEとの共同検証では、開発者の稼働を2カ月で6.8%削減した。(2024/2/15)

用途が広がるMicrosoftの「Copilot」【後編】
「Copilot」の“検索”は何がすごいのか? Microsoftの業務アプリで考察
Microsoftの「Copilot for Service」と「Copilot for Sales」は、業務アプリケーションの操作や検索を生成AIで支援するサービスだ。Copilotは、エンドユーザーの業務アプリケーションの使い方をどう変えるのか。(2024/2/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーこそDX人材になれ! 常識を壊す旭鉄工の経営
旭鉄工のDXは、製品やサービス、ビジネスモデルの変革、業務、組織、プロセス、企業文化・風土の変革を実現し、競争上の優位性を確立した。どのように進めたのだろうか。(2024/2/15)

SD-WANの自動化は何をもたらすのか【後編】
「SD-WAN」がより賢くお得になる? 意図を理解する“AIネットワーク”の利点
SD-WANをベースにしてネットワーク関連の業務の自動化を進めることで、コスト抑制など複数の視点からメリットが得られるようになる。AI技術を用いることで将来的にはより自律したネットワークを構築できる。(2024/2/22)

「グラノラの遺影あった」 スーパーで撮影されたケロッグのパッケージが手を合わせたくなる遺影ぶり
業務用なら、ビジュアルにコストかける必要ないってことかしら。(2024/2/14)

月額1万2000円から:
ChatGPTと連携してコンテンツ作成を支援 「シャノン コンテンツアシスタント」を提供開始
マーケティングのコンテンツ制作業務における「時間がかかりすぎる」や「複数案の提案が難しい」といった課題解決を目指す。(2024/2/14)

BAS:
2024年度は「デジタル技術による人手不足支援と建物の脱炭素」に注力 ジョンソンコントロールズ
ジョンソンコントロールズは2024年度、デジタル技術を活用した人手不足への支援、建物の脱炭素化支援などを加速する。業務の効率化や自動化の先にある「自律的に進化するビル」の実現に向けた取り組みを、代表取締役社長 吉田浩氏が語った。(2024/2/14)

施工:
鹿島建設、柱や梁の少ない超高層ビルを実現する新構法を浜松町再開発に初適用
鹿島建設は、柱や梁の少ない複合用途の超高層ビルを実現する「K-ARCS」構法を開発し、「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」に初採用した。最適な構造、耐震/制震技術の組み合わせにより、住宅系と業務系の複合用途に対し、自由度の高い空間を実現する。(2024/2/14)

脱炭素:
グリーン冷媒「R1234yf」を採用した冷蔵庫を対象に冷媒ガス漏れ修理を10年無料
フクシマガリレイは、グリーン冷媒「R1234yf」を採用した業務用冷凍冷蔵庫(タテ型/ヨコ型)とキューブアイス製氷機小型タイプを対象に冷媒ガス漏れの修理費を10年間全額保証するサービス「冷媒ガス漏れ10年保証」を2024年4月から開始する。(2024/2/14)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
ChatGPTで「企業の公式ビジュアル」を作成してみた 試行錯誤を救う“2つの必須スキル”
ChatGPTをはじめとする生成AIを使う業務としては議事録作成や資料の要約、電子メールの下書きなどが代表的ですが、今回は全く別の使い方を紹介します。筆者が経営する企業の「公式ビジュアル」が出来上がるまでの思考錯誤から浮かび上がった、生成AIを使いこなすために欠かせない2つのスキルとは。(2024/2/14)

「コンタクトセンター」でAI活用が加速 「ヒト」がやるべき業務は残っているのか
(2024/2/14)

パナ、AIで駅内放送を調整 島津製は初心者も使える分析器 省人化へ製品・サービス続々
企業の人手不足が深刻化する中、大手の電機・機械メーカーが業務の省力化につながるサービスや製品の投入を始めている。(2024/2/13)

物流のスマート化:
富士通とYE DIGITAL、物流センター関連サービスで協業
富士通とYE DIGITALは、両社が保有する物流センター関連サービスを相互提供することで合意した。協業により、顧客の物流センターの自動化や業務効率化を支援する。(2024/2/13)

PR:「RPAが社内スケールしない」問題を解決に導く、稼働の視覚化と現場特化型RPAのススメ
RPAは業務を効率化する強力な手段として普及してきたが、社内へのスケールの際に課題が生じることがある。この課題を解消するためには「視覚化」と「現場利用」が重要なポイントだという。(2024/2/13)

Computer Weekly日本語版+セレクション
どんな働き方でも困らない「ノートPC」を選ぶポイントとは?
コロナ禍を経て、業務に必要な「ノートPC」の条件は変わった。どのような条件で選ぶことが望ましいのか。選定のポイントを解説する。(2024/2/12)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【前編】
「第二のシリコンバレー」はどこだ イケてる高額年収エンジニアが働く都市5選
ITエンジニアとしてのキャリア形成を考えた時、業務内容や給与だけでなく「どの都市で働くか」も重要なポイントになる可能性がある。世界中のITエンジニアが熱視線を送る、IT産業が活況な5都市を紹介する。(2024/2/10)

製品動向:
住友林業、木造化推進へ混構造建築の梁接合金物を発売 設計業務を省力化
住友林業とカナイグループは、木造の小梁をS造やRC造の大梁や柱と接合する混構造用金物を発売した。形状規格化により設計業務を省力化、低コスト化し中大規模木造建築を推進する。(2024/2/9)

1100人に調査:
「休日は対応しない」3割 つながらない権利、進展してる?
「つながらない権利」への関心が高まる中、国内でも「就業時間外は業務に対応しない」という考え方を持つ人が増えていることが、NTTデータ経営研究所の調査で分かった。(2024/2/9)

「ローソンでドコモのd払い、dポイントを利用してもらえるように努力していく」 NTT島田社長がコメント
「ローソンで引き続きd払い、dポイントを利用してもらえるように努力していく」──。NTTの島田明社長は2月8日に開催した決算会見でこのように述べた。三菱商事、KDDI、ローソンによる資本業務提携契約の締結を受けたコメントとなる。(2024/2/8)

採用業務は“社内ChatGPT”で効率化できるか? SIerが実証実験 「年間400時間の工数削減となる試算」
SIerのトランスコスモス・デジタル・テクノロジーは、大規模言語モデル「GPT-3.5 Turbo」を利用した採用業務に関する実証実験の結果を発表した。約1カ月半の間運用したところ、年間で約400時間の工数削減ができる試算と結論付けた。(2024/2/8)

SD-WANの自動化は何をもたらすのか【前編】
SD-WANから始める次世代ネットワーク 自動化に欠かせない手法とは?
2025年までに25%の企業が、ネットワーク関連業務の半分以上を自動化するという予測がある。自動化の基礎となるのはSD-WANであり、これはより高度な自動化に取り組むための最初の一歩にもなる。(2024/2/8)

スマートビル:
スマートビル事業の拡大へ、エクシオグループがホテルOSや独自BASを持つ「X1Studio」と提携
エクシオグループは、IoTテクノロジーデザインやソフトウェアアプリケーションの開発を手掛けるX1Studioと、データセンターやスマートビルの事業拡大を目的に業務提携を締結した。(2024/2/7)

KDDI高橋社長「ドコモのdポイントと争う気はない」 三菱商事、ローソンとの共同会見で明言
三菱商事、KDDI、ローソンが2月6日、共同で記者会見を開催した。3社が資本業務提携契約を締結した他、KDDIが4月をめどにローソンの株式をTOBで取得する。その会見の中で、KDDIの高橋誠社長が「ドコモのdポイントと争う気はない」との考えを明らかにした。(2024/2/6)

古いシステムから脱却できていない業種 2位「商社」、1位は?
古い技術や仕組みで構築され、現在の技術や要件に適応できないシステムは「レガシーシステム」と呼ばれる。情報通信サービスを提供するオロ(東京都目黒区)の調査によると、バックオフィス業務において、レガシーシステムから「脱却できていない」と回答した企業は31.6%だった。(2024/2/6)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「生成AIの業務利用/検討状況と課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/2/6)

厚労省職員、緊急連絡先メアドを誤登録 業務メール第三者に漏えい 個人情報も
厚生労働省は、職員が緊急連絡先として登録した私用メールアドレスが誤っていたことで、関係者に一斉送信されたメールが第三者に誤送信されていたことが分かったと発表した。(2024/2/5)

Building Together Japan 2023:
明大 生田新校舎で挑戦した日建設計の設計BIM 基本計画から実施設計まで「BIMで考える、BIMと考える」
日建設計の茂住勇至氏は、明治大学 生田キャンパスの新校舎設計で、プロポーザル段階から、基本設計、実施設計に至るまで、BIMソフトウェア「Archicad」を活用した。設計業務では、基本計画の大学側との合意形成や日影シミュレーション、100分の1の詳細度でBIM作成などの新たな設計BIMの試みに挑んだという。(2024/2/13)

業務用端末のリサイクルで得られる利点【前編】
「PC」や「スマホ」をいいかげんに捨てたら“絶対NG”な理由
企業のIT管理者は、業務用デバイスの調達だけでなく廃棄のプロセスも入念に計画を立てるべきだ。デバイスを廃棄する際に、できる限りリサイクルを選択することにはさまざまな利点がある。それは何か。(2024/2/3)

企業ごとのカスタマイズも容易:
日本語精度が高い130億パラメーターのLLMを開発
リコーは、日本語の精度が高い130億パラメーターの「大規模言語モデル(LLM)」を開発した。顧客の業種や業務に合わせたカスタムLLMを2024年春より順次、クラウド環境で提供する。(2024/2/2)

株式会社NTTネクシア提供ホワイトペーパー:
PR:CX向上も業務効率化も実現、次世代コールセンターに進化する方法とは?
近年のコールセンターは、顧客体験の向上や、従業員の業務負担削減といった、新たな役割を担うことが求められている。そこで注目されるのが、多様な製品を組み合わせ、ヒトとデジタルのハイブリッド運用を実現するソリューションだ。(2024/2/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。