連載
» 2015年03月27日 06時00分 公開

スピーチは「自己演出」――内容、表現方法をマネジメントする表現のプロが教えるスピーチの兵法(1/2 ページ)

スピーチで自分をよく見せようと飾り立ててもうまくいきません。伝えたいメッセージをより明確に伝え、余計な部分をそぎ落とす必要があります。そして、繰り返し表現することで身体に覚え込ませましょう。

[企業実務]

月刊誌「企業実務」とは

Photo

企業実務」は、経理・総務・人事部門の抱える課題を解決する月刊誌。仕事をすすめるうえで必要な実務情報や具体的な処理の仕方を正確に、分かりやすく、タイムリーにお届けします。1962年の創刊以来、理論より実践を重んじ、“すぐに役立つ専門誌”として事務部門の業務を全面的にバックアップ。定期購読はこちら

 本記事は企業実務のコンテンツ「表現のプロが教えるスピーチの兵法」から一部抜粋・編集して掲載しています。


「兵法」は聞き手のために使う

 私がお伝えしたいのは、「自分の話す内容・話し方など表現すべてをマネジメントし、兵法として身につけていただきたい」ということです。

 ポイントは、伝えたいことの本質が正しく伝わるように余分な言葉を省き、誤解される話しグセをやめることです。これは「自己演出」ともいえます。

 「自己演出」と聞くと、抵抗を感じる人もいるかもしれません。先日、私のセミナーで同じような提案をしたときのことです。参加していた50代の男性経営者が「自己演出は、あざとい気がする。正直に勝負しないと相手の信頼は得られないのではないか?」と質問されました。

 自己演出は、自分をよく見せようと飾り立てる行為ではありません。「スピーチの兵法」としての自己演出は、伝えたいメッセージをより明確に伝えるためのものであり、余計な虚偽をそぎ落とす作業です。

 例えば、スピーチ内容の脚色や紋切り型の台詞、大げさなジェスチャーなどをやめて、ありのままの真実を語り、正統に演出することです。つまり、話し手である自分のためではなく、聞き手である相手のために兵法を使うのです。

 人前では飾らず、実直に、事実のみを伝えること。そのために分かりやすく演出することが、聞き手からの信頼を勝ち取る近道なのです。

「考えなくてもできる」状態を目指す

 この自己演出を続けていると、次第に自分独自のスタイルができあがってきます。ぜひ、当連載のなかで紹介したポイントをふまえ、自分の話し方の「形(かた)」をつくってください。

 故中村勘三郎さんが朝日新聞のインタビューで紹介していた、次の言葉が印象に残りました。

「形を持つ人だけが形を破れる」

 勘三郎さんによると、かつて無着成恭さんが「形を持つ人が、形を破るのが型破り。形がないのに破れば形なし」と語っていたそうです。「形」とは規範となる形式のこと。形を持つことが大事なのは、歌舞伎の世界も私たちの日常表現も同じです。

 形をつくるためには、人前で同じテーマを何度も話してみることです。ひたすら同じことを繰り返すことで、形が見えてきます。

 例えばこれが英会話の勉強やゴルフの練習だった場合、「時間がない」というのは多忙なビジネスパーソンの言い訳として許されるかもしれません。

 しかしスピーチでは、時間がないという言い訳は許されません。なぜなら、私たちは四六時中表現し続けているからです。取引先との打ち合わせも、社内の同僚との何気ない雑談も、通勤電車での立ち姿もすべてが表現なのです。

 ちょっとした意識の持ちようで表現を磨くことが可能です。要は、マネジメント感覚。意識するかしないか、です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ