ニュース
» 2005年02月02日 19時23分 公開

国内無線LAN機器市場、右肩上がりに成長

IDC Japanによれば、2004年の国内無線LAN機器市場は出荷ユニット数で前年比37%増、エンドユーザー売上金額で9%増。今後も順調に成長する見込みだ。

[ITmedia]

 IDC Japanはこのほど、2004年の国内無線LAN機器市場規模予測を発表した。アクセスポイントと無線LANカードを合わせた出荷ユニット数は485万2000ユニット、エンドユーザー売上金額は430億円となる見込み。2003年の実績と比べた成長率は、出荷ユニット数で37%、エンドユーザー売上金額で9%になる。

 2003〜2008年の年間平均成長率(CAGR)は、出荷ユニット数ベースで22.6%、エンドユーザー売上金額ベースで6%になる見込みで、2008年には出荷数が979万9000ユニット、売上金額が529億円に達すると予測している。

 同社が2004年8〜9月にかけて実施した企業ユーザー調査の結果によれば、無線LAN環境の導入割合は51.2%と半分以上を占めたが、導入予定がないとするユーザーも17.9%いた。導入しない理由としては、セキュリティに対する懸念がもっとも大きいという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -