ニュース
» 2005年03月11日 18時40分 公開

日立電子サービス、中規模向けにモバイルセントレックスパッケージを発売

日立電子サービスは、SIPサーバまたはIPセントレックスサービスに、無線LANシステムを組み合わせたソリューションパックを販売、N900iLにも対応する。900万円から。

[ITmedia]

 日立電子サービスは3月10日、IP電話システムに無線LANシステムと認証サーバ、無線IP電話端末を組み合わせたソリューションパックの販売を開始した。端末としては日立電線製「WirelessIP5000」のほか、NTTドコモの無線LAN&FOMAデュアル端末「N900iL」も選べる。

 IP電話システムは、企業内にSIPサーバを置くことも、IPセントレックスサービスを利用してサーバをアウトソーシングすることも可能。無線LAN用コントローラ、アクセスポイントには、米MeruNetworksの機器を採用している。価格は、IPセントレックスサービスを利用し、無線LANコントローラが1台、アクセスポイントが6台、VPNルータが1台、音声ゲートウェイが1台、N900iLが100台のシステムで1000万円程度。同様のシステムでWirelessIP5000が100台の場合900万円程度。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -