ニュース
» 2005年03月15日 19時15分 公開

メールに添付されたWord書類・PDFが携帯で読める「パケットセイバー オフィス」

[ITmedia]

 ユーエヌアイ研究所は3月、メールに添付されたExcel、Word、PowerPoint、PDFの各ファイルを携帯電話で閲覧できる、「PSシリーズ パケットセイバー オフィス」(略称PS-Office)のリリースを開始する。

 PS-Officeは「PSシリーズ パケットセイバーPlus」にシャープ製のメール添付ファイルビューア機能を追加した製品で、メールの添付ファイルが携帯電話で閲覧できる。端末認証やパスワード認証、指紋認証など、セキュリティ面も検証されているため、携帯電話からのアクセスを禁止している企業でも、安心して導入できるという。

 プロキシサーバーのOSはLinux、Solaris、Windows、ドキュメント変換用サーバーのOSはWindows2000/Linux。対応する携帯電話はFOMA 900iシリーズ以降となっている。販売価格は50ユーザー79万6000円から。

 なおPS-Officeのリリースに伴い、従来の「パケットセイバー」などの名称は「PSシリーズ」に統一される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -