ニュース
» 2005年04月04日 20時16分 公開

iモード公式サイトで日本・中国間SNS交換サービスを提供

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズは4月4日より、iモード公式サイト上で中国情報サイト「Cafe China」をオープンし、あわせて日本と中国の携帯電話端末で中国語のメッセージが送受信できるサービス「メール通SMS」の提供を開始する。

 「メール通SMS」は、Hellonaviメールトランスレーション機能とメール形式変換機能を用い、日本の携帯電話端末と中国国内の携帯電話端末間で、中国文によるメッセージのやり取りを可能とするサービス。EZweb、ボーダフォンライブ!では既に提供されており、今回のiモードでのサービス開始により、3キャリアに対応した。中国側の対応キャリアは中国移動および中国聯通。

 「Cafe China」の月額利用料金は315円。ニュース、プチ中国語講座などの有料コンテンツと、ショートメッセージサービスの送信10回分が含まれている。7月31日までにiモードの同サービスに登録した場合は、キャンペーンとして期間中、月々さらに10通送信分がプレゼントされる。中国側は、日本の携帯電話向けに送信1通につき0.5元(約7円)。

 アクセスは「メニューリスト」-「天気/ニュース/情報」-「海外メディア」-「Cafe China」から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -