ニュース
» 2005年04月12日 22時19分 公開

東京大学理学部に無線LANネットワークを構築

[ITmedia]

 ユニアデックスは4月12日、東京大学理学部に最大3000ユーザー対応の無線LANネットワークを構築したことを発表した。

 常時2000ユーザー、ピーク時で3000ユーザーまでアクセス可能な無線LANネットワークで、教育機関としては国内最大級。本郷キャンパスの研究棟8棟をカバーし、研究者や学生の情報共有用インフラとして利用されるほか、小柴昌俊特別名誉教授のノーベル物理学賞受賞を記念して建設された「小柴ホール」での講演のストリーミング配信用としても利用される。

 研究棟での情報共有用ネットワークではAruba Wireless Networks製無線LANスイッチを導入。また小柴ホールでのストリーミング配信用ネットワークでは、Vivato製無線LANアンテナが導入された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -