ITmedia ビジネスオンライン

ニュース
2005/04/20 18:45 更新


最新T9では、音声認識、手書き入力も統合

キーを1回押すだけで文字を入力できる入力方式「T9」。最新バージョン「Tegic Mobile Suite」では、手書き認識や音声認識機能も統合する。

 米Tegic Communicationsは4月20日、文字入力ソフト「T9」シリーズの最新バージョン「Tegic Mobile Suite」のデモを行った。

 T9は、テンキーなど、フルキーボード以外のキーボードから文字を入力するソフトで、携帯電話を中心に採用されている。例えば“HOW”と入力したい場合、通常は「4」キーを2回、「6」キーを3回、「9」キーを1回押して入力するが、T9では「4」「6」「9」キーをそれぞれ1回ずつ押すだけで、ソフトが「HOW」と入力したいのだろうと判断し、入力できる。英語圏だけでなく、中国語、韓国語、アラビア語や、インドで利用されている各言語など、T9は世界中の5億台を超える携帯電話で利用されている。

ay_t01.jpg
“HOW”と入力する例。日本語でも同様で、「おはよう」と入力するときには「1」「6」「8」「1」と押す

 日本では、NEC製のドコモ向け携帯電話現行機種全てで採用されているほか、パナソニックモバイルもFOMA端末でT9を搭載している。また、SonyEricssonもボーダフォン向けの端末でT9とWnnを組み合わせた日本語入力ソフトを搭載した(2004年12月22日)

手書き認識、音声認識技術と融合した統合入力インタフェース〜Tegic Mobile Suite

 今回発表されたTegic Mobile Suiteは、テンキー入力だけでなく、ソフトキーボード/手書き文字認識によるタッチパットからの入力や、音声認識による文字入力もサポートしており、これらの入力方法をシームレスに組み合わせて利用できるのが特徴だ。

 新たに予測入力もサポートしており、他のアプリケーションから得た文字データを予測入力用データとして入力に利用できる。また、開発中の次期バージョン(フェーズ2)では、出力時にフォントや各種書体、イラストアイコンなどのグラフィックスもサポートする予定だ。

 発表会では、テジックコミュニケーションズ日本事務所のジェネラルマネージャーである戸野龍氏が、英語版Tegic Mobile Suiteを行った。「MapQuest(地図検索サービス)にアクセスして喫茶店の場所を検索、その住所をメールに書き写して、友人に送り、待ち合わせ場所を指定する」という設定だ。

 MapQuestを起動して駅名を発音すると、音声が認識されてフィールドに駅名が入力される。その駅のそばにある喫茶店を検索して、住所を調べる。MapQuestを起動したままで“New Message”と発音すると、メール作成画面が起動する。その後は手書き入力やソフトキーボードのタップなどを混ぜながらメールを作成できる。MapQuestで検索した喫茶店の住所は、自動的にTegic Mobile Suiteの辞書に入るので、喫茶店の名前を入力すると、予測変換候補として住所、電話番号が表示され、そのまま入力できていた。この場合、住所データはTegic Mobile Suiteのメモリバッファに保持されているため、どのアプリケーションから得たデータも、文字入力に利用できるという。

ay_t02.jpg
デモは、PocketPCベースの韓国製SmartPhoneを使って行われた。MapQuestで喫茶店を検索(左)、ソフトキーボードや音声認識でメールを作成(中)、喫茶店の名前を入力すると、MapQuestで調べた住所が予測入力される(右)。なお、音声認識は文字入力とコマンド入力の両方に対応しており、間違えて“me”と入力してしまったところを“Select of……me”と発音して文字を訂正する、という実演もあった。ちなみに“of”も“me”も、T9では「6」「3」キーを押して入力する

 Tegic Mobile Suiteは、まずは英語版からスタートし、追って日本語版や中国版などもリリース予定。英語版は、2005年末ごろ端末メーカーへ提供、実際に搭載した端末が出てくるのは2006年第3〜第4四半期になるのではないかとした。

日本語T9の次期バージョンは7月に発表予定

 戸野氏は、日本語版T9のスケジュールについても明らかにした。最新版の「日本語T9 Direct」はFOMA N901iCやN506iで採用されている。現在開発中の日本語版次期バージョンは予測変換機能を搭載予定、7月頃に発表されるという。

 テジックコミュニケーションズでは、T9を携帯電話だけでなく、家電製品や携帯ゲーム端末などにも搭載されるよう、メーカーに働きかけていきたいとしている。

[吉岡綾乃,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.