ニュース
» 2005年04月21日 15時27分 公開

NEC、「UNIVERGE“FOMA”連携お試しセット」など追加

FOMA N900iLを内線として利用するソリューション「UNIVERGE “FOMA”連携ソリューション」に、最長3カ月間利用できるトライアル版と、部門や拠点から導入を考えているユーザー向けに、小規模・廉価に導入できるパッケージが追加された。

[ITmedia]

 日本電気は4月20日、「UNIVERGE “FOMA”連携ソリューション」のラインナップを強化し、トライアル版の「UNIVERGE “FOMA”連携お試しセット」と、廉価な「UNIVERGE “FOMA”スタータ(給電)パック」を追加した。

 「UNIVERGE “FOMA”連携ソリューション」は、FOMA/無線LANデュアル端末「N900iL」を活用し、内線電話と携帯電話の1台2役のモバイル電話システムを提供するソリューション。「お試しセット」は初期費用5万円、月額費用10万円で、「N900iL」を7台用いた同ソリューションを、最長で3ヶ月間試用できる。

 また「UNIVERGE “FOMA”スタータ (給電) パック」は、同ソリューションを部門や拠点から導入しようと考える顧客向けに、「N900iL」を10台から40台の規模で利用することを想定。無線LAN用のアクセスポイントへの給電は、ケーブルを介して通信装置側から行う方式を採用しているため、工事の手間が軽減される。希望小売価格280万円で、「N900iL」は別売りとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -