ニュース
» 2005年04月21日 17時25分 公開

エイチアイとアプリックスが資本・業務提携

携帯向け3Dエンジン開発元のエイチアイが、組込向けJava「JBlend」のアプリックスと提携する。

[ITmedia]

 エイチアイは4月21日、アプリックスと戦略的事業提携を結び、エイチアイの実施した第三者割当増資をアプリックスが引き受けたことを発表した。両社は今後開発・実装面での連携を密にし、「共通の顧客に対して、Mascot CapsuleとJBlendを融合したような製品を提供していく」(エイチアイ広報部)としている。

 エイチアイは3月30日付けで第三者割当増資を行い、アプリックスはエイチアイが発行する新株式1500株を、1株あたり6万8750円、総額1億312万5000円で引き受けた。これにより、アプリックスはエイチアイの株式を6.6%保有することになった。さらに、アプリックスがエイチアイに取締役を派遣することも決定している。

 エイチアイは携帯電話向けソフトウェア3Dエンジン「Mascot Capsule Engine Micro3D Edition」の提供で知られる。ゲームなどの3D描画だけでなく、メニュー画面の3D描画などにも採用されており、国内メーカー製の携帯電話端末で高いシェアを誇る。アプリックスは、組み込み機器向けのJavaプラットホーム「JBlend」を提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -