ニュース
» 2005年04月21日 17時40分 公開

広島紙屋町地下街と心斎橋筋商店街、Edyを導入

広島紙屋町地下街と、大阪の心斎橋筋商店街がEdyを導入する。それぞれ5月1日、4月29日から。

[ITmedia]

 広島紙屋町地下街「シャレオ」の49店舗は5月1日より、ビットワレットが運営するプリペイド型電子マネーEdyを導入する。

 新しい決済手段としてEdyを加えることにより、利用客の利便性の向上を図るもので、中国地方の複合商業施設では初めてのEdy導入となる。特に「シャレオ」の主要ターゲット層である20代から30代の女性を中心に、利用増大が期待されているという。

 また4月29日からは、心斎橋筋商店街63店舗がEdyを導入。大阪の商店街としては初の大型導入となる。NTTドコモ関西、全日本空輸、ビットワレットは、今回のEdy導入を記念して、心斎橋筋商店街でスタートした「2005年春の花道フェスティバル」に共同参画し、4月29日から「心斎橋筋商店街Edyスタートキャンペーン」を展開する。

 5月31日までの期間中、心斎橋筋商店街の対象店舗でのEdy利用に対し、購入金額の5%をEdyギフトで還元する「Edyキャッシュバックキャンペーン」、「ANAマイレージクラブEdyカード」およびおサイフケータイの利用者でモバイルAMC加入者を対象に、Edy利用でマイルが2倍貯まる「ANAダブルマイルキャンペーン」、4月29日と30日の両日、Edyでの購入レシート合計2000円ごとに国内往復ペア航空券空券などが当たる抽選会を行う「Edyハッピーキャンペーン」などが展開される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -