ニュース
» 2005年05月25日 23時48分 公開

「NetFront SMIL Player」などがBREW拡張プラットフォームに

[ITmedia]

 ACCESSは5月25日、「NetFront」の2つの機能が、「KDDI Common Platform」上のコアアプリケーションとして採用されたことを発表した。

 「KDDI Common Platform」は、KDDIの開発による携帯電話用BREW拡張プラットフォーム。EZチャンネルの閲覧機能には「NetFront SMIL Player」が、@メールのアプリケーションには「NetFront M-IMAP Client」が採用された。

 携帯電話端末メーカーは、同プラットフォームを自社の端末に実装し、ACCESSの「NetFront SMIL Player」と「NetFront M-IMAP Client」を搭載することで、短期間でKDDI向けの新機種を開発できるようになるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -