ニュース
» 2005年07月06日 14時40分 公開

ドコモ、SMSで誤請求――FOMA交換機で設定誤り

NTTドコモは、交換機の設定ミスでSMSの料金を誤請求したと発表した。送信料金の返還を行う。

[ITmedia]

 NTTドコモは7月6日、FOMA交換機の設定誤りでショートメッセージサービス(SMS)の料金を誤って請求したと発表した。送信料金の返還を行う。

 SMS受信者が解約、利用休止を行い連絡先番号案内サービスを設定していた場合など、受信不可能なため「送信を受け付けない」よう設定すべきだったところを、送信を受け付けていた。これに伴い送信料金が発生した。2001年5月30日から2005年2月18日にかけての通信が対象で、全国のユーザーに影響があった。

 利用記録が残っているユーザーは、記録に基づき通信料を返還する。2004年11月6日以前は利用記録が保存されていないため、一定期間の利用記録から推計した金額を返還するという。

 金額は、2005年7月請求分から減算して返還する。利用状況が確認できていないユーザーの料金は、申し出があれば状況を確認でき次第返還に応じるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -