ニュース
» 2005年07月15日 21時29分 公開

NEC、高速走行する移動体で通信可能なモバイルルータ

時速200キロメートルで走行から、6Mbps以上のスピードで安定して通信できるモバイルルータが開発された。

[ITmedia]

 NECは7月15日、車や列車など高速で走行する車両からのブロードバンド通信を可能にする、モバイルルータ「Litebird」(評価機)を開発したことを発表した。

 無線LANや携帯電話の3Gに対応しており、車両への搭載が容易な小型サイズを実現。またMobileIP技術により、無線LANや3G網を結ぶ異メディア間シームレスローミングを実現し、ネットワークをより広範なエリアに適用することが可能だ。独自の高速IPハンドオーバ技術を用いて「無線LAN連続通信(802.11b)の実証を行い、時速200キロメートル走行時に、6Mbps以上の安定した通信を実現したという。

 同社は今後、同ルータを用いて構築したソリューション事例の実証実験を進めていく予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -