ニュース
» 2005年08月25日 16時32分 公開

おサイフケータイ「持っていても使わない」60%〜インタースコープ

インタースコープは、いわゆる「おサイフケータイ」の市場浸透度を調査し、結果を発表した。20代男性が使うケースが多いようだ。

[ITmedia]

 インタースコープは8月25日、iモードFeliCa対応のいわゆる「おサイフケータイ」の市場浸透度を調査し、結果を発表した。

 それによると、おサイフケータイの所有率は全体で9.4%。男性では10.9%、女性では8.0%と、やや男性のほうが所有率が高い。所有者のうち「おサイフ機能を使っている」と答えたユーザーの割合は、38%に留まっている。

 各年代別に調べると、おサイフケータイ所有者がおサイフ機能を使っている割合は、20代男性が最も高く60%強。25〜29歳や30〜34歳男性も、60%弱となっている。逆に、女性は男性に比較して機能使用率が低い。

Photo おサイフケータイを所有し、かつ使用している割合(おサイフケータイn=677)

 アンケート対象者のうち、今後おサイフケータイの購入を「考えている」と答えたのは34.8%。ただし43.1%は、購入を「考えていない」と回答している。

 調査は8月10日から11日にかけて、同社会員を対象にネット上で実施されたもの。性別、年代別に各サンプルを用意し、合計7200の有効回答数を得た。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -