ニュース
» 2005年12月19日 18時19分 公開

ネットビレッジ、便利ツール系ポータル事業をスタート

“インターネット便利ツール”をコンセプトとするポータルサイト「Rtool」がオープン。携帯写真のストレージサービスから始まる。リモートメールユーザー向けのサービスともつながりながら、PCと携帯の連携を目指す。

[ITmedia]

 ネットビレッジは12月16日、「インターネット便利ツール」をテーマとした「Rtool」サービスを開始すると発表した。

 「Rtool」は、PCとモバイルの連携をコンセプトの中心としたポータルサイトで、オープンに先行して、iモード、EZweb、Vodafone live!、AIR-EDGEに対応するフォトアルバム「フォトッチャ」が提供される。携帯電話で撮影した画像を手軽にサーバーに保存し、友達や家族に簡単・安全に公開することが可能。アルバム容量は10Mバイトで、無料で提供される。

フォトッチャ

 同社は今回の「フォトッチャ」を皮切りに、スケジュール、ブックマーク、アドレス帳などの情報管理ソリューション、ファイルストレージなどのグループ共有系サービスを順次提供していく。

 また4キャリア向けに提供中の「リモートメール」(2001年8月1日の記事参照)ユーザー向けサービス「リモートメモ」「リモートFAX」「リモートロッカー」についても、「Rtool」内のサービスとして相互に連携させていくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -