ニュース
» 2006年02月02日 11時01分 公開

「子どもに防犯携帯を持たせたい」と考える親は64%

アイシェアが行った子ども向け携帯についての調査によると、子どもに携帯を持たせたいと考える年齢は年々低年齢化してきているという。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 アイシェアは1月31日、子ども向け携帯に関する意識調査を実施した。同社の「CLUB BBQ」(2003年5月16日の記事参照)を利用した、携帯電話に関する意識調査の結果を発表した。メール転送サービス「CLUB BBQ」の無償利用ユーザを対象としたリサーチで、調査期間は1月24日から1月26日まで。有効回答数は880で、男性73%、女性27%となっている。

 「子供に何歳から携帯を持たせたいですか?」の質問に対し、「高校生から」は26%、「中学生から」は16.9%、「6歳〜8歳」は14%。アイシェアでは「最近の凶悪犯罪やライフスタイルの変化によって、高校生主体だった携帯も低年齢化してきている」と分析している。

 子どもに持たせたい防犯機能付き携帯は?の問いに対しては、「GPS機能付で居場所を把握できる」が38%、「緊急電話ができる」33.8%、「防犯ブザーが付いている」が25%。凶悪犯罪対策機能が期待されているようだ。

 子ども向け携帯に必要なものとしては、「GPS機能で居場所の把握」約38%、「通話とインターネットのアクセス先の制限」約42%、「時間指定による接続制限」約20%といった意見が上がっている。子どもに防犯携帯を持たせたいと考えている親は64%。「一般的な制限、防犯なしの携帯電話を持たせたい」18.9%を大きく上回った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -