ニュース
» 2006年02月10日 19時24分 公開

JCB、QUICPay機能を搭載した初の提携カードを発行

これまで、JCBが発行したカードに追加発行する形でしか利用できなかったクレジットサービス「QUICPay」が、ファンケルの提携カードでも利用できるようになる。

[ITmedia]

 ジェーシービーとファンケルは2月10日、QUICPay機能を搭載した初の提携カード「ファンケルプレミアムカード」を発行することを発表。10日から会員募集を開始した。

 ファンケルは化粧品・健康食品の製造販売を行っており、全国に店舗展開している企業。ファンケルプレミアムカードを使うと、ファンケルの店舗での買い物で付くポイントの率が5%から6%に上がるほか、入会日より1年間有効の乳がん保障サービスが付くなどの特典がある。

 2006年4月のサービス開始時点で、全国に185あるファンケルの店舗のうち、21店舗でQUICPayが利用可能になる。利用可能店舗は順次拡大予定。

一般カード(左)とゴールドカード(右)

 従来QUICPayサービスを使うには、JCBが発行するクレジットカードのユーザーおよびその家族が、子カードとしてQUICPayサービス(プラスチックカードまたはおサイフケータイ)を申請する必要があった。ファンケルプレミアムカードでは、提携カードとしては初めてQUICPay機能を標準搭載している。ファンケルプレミアムカードに追加して、おサイフケータイ用QUICPayを発行することもできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -